脱・へた釣りメモ~東京湾編~

遠征ウィリーで魚種限定なのは枝ス5センチだったせいかも

遠征ウィリーで魚種限定なのは枝ス5センチだったせいかも高速からスローなシャクリまで魚種によってどんなシャクリに反応するかというデータは頭に入っている。遠征ウィリーで狙って魚を釣り分けるのはわりと得意だと信じていたが…復活の日釣行では全く通用せず。五目のポイントではイサキばかり釣り続けた。枝スが短すぎたせいかも。

イシダイの聞き上げは本当に竿を持ち上げるだけでよいのか

イシダイの聞き上げは本当に竿を持ち上げるだけでよい?釣れなくても別に~というほど釣りを達観できていないので、なんとか釣れる方法をと船上で足掻く。アラフォーイシダイゲットでなんとか釣行では船長からの「シャクらない方が…」という指示を無視してシャクって釣るしか方法が見つからなかったが、陸で冷静になって答え合わせをする。

きっとまた行く! 久里浜沖イシダイ五目の釣り方の備忘録

きっとまた行く! 久里浜沖イシダイ五目の釣り方の備忘録久しぶりに手にした久里浜沖の縞の消えかけたご立派サイズのイシダイ。トルクのある引きが楽しいし、シャクリ続けて口を使わせるまでの誘いが面白い。平作丸まで問題なく電車&バスでたどり着けることが分かったのできっとまた行く。経験1戦だがこうかな?という釣り方の備忘録を。

マダイ釣りでクロダイ釣れたらタナを1メートル上げるが定石

マダイ釣りでクロダイ釣れたらタナを1メートル上げるが定石序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…で「クロダイしか釣れない~~~!!」と嘆いていたらマダイを2匹釣っていた名人さんから「クロダイが釣れるとタナが低すぎるのでタナを1メートル上げてみる」と教わる。底を仕掛けの長さ分切ったタナのことを「ゼロ」と言っていた。

潮が速い日のアジに名人秘伝の脱力系フワフワ誘いを試す

潮が速い日のアジに名人秘伝の脱力系フワフワ誘いを試す釣りに関して魚とは競うが人とは競わないと決めている。同じ船で上手に釣っている人を見つけるとどうして?とは考える。竿先グングンッ…でもバレる釣行で舳のアジ名人は48匹釣った。その横で33匹。1.5倍の差がついた。名人の釣り方は脱力系フワフワ誘い。ビシと振って釣り負けた。

動かさないウィリーの方にイサキが食ってくる条件を妄想す

動かさないウィリーの方にイサキが食ってくる条件を妄想すウィリーはシャクってシャクって動かした方が釣れると信じている。一方で動かさないウィリーの方に魚(主にイサキ)が食ってくることがあることも知っている。その条件は? 剣崎沖イサキ2019開幕戦で目の前で入れ食いしていたあさなぎ丸の男女ペアがヒントをくれたような気がする。

考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解

考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解あれこれ試作を繰り返したり、他人の意見を聞きだすと無限地獄に落ちそうなので、あまり考えないようにしているのが、吹き流し仕掛けの枝スの長さ。市販の仕掛けに比べてかなり短い枝スを好んで使う傾向がある。ウィリーなら長くても8センチ、アジは15センチ。最適解ってあるのかな?

ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録

ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録秋になると東京湾内にも様々な魚が回遊してくる。アジに混じって、マダイやイナダ、イシダイなどが釣れるようになったら始まるのが金沢八景・一之瀬丸のアミ五目。半日船の釣り物ではLTアジより高級魚への期待が高まるのがうれしい。ヒラメに味を占めてきっと来季もやるので備忘録を。

潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018

潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018あれこれ条件の分岐を増やして釣りを難しくしてしまうのは好きではないが、全く同じ条件ということはないのが海。釣果を高めに安定させようとすると、どうしてもあれこれ条件が増えていく。2018年のイサキ釣りは潮の速さと仕掛けの長さの関係に悩み、ソウダガツオ対策の難しさを知る。

剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け

剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け剣崎沖イサキの179匹は7月期の最多記録というだけでなく8月を含めても自己最多。へた釣りが釣れてるのだから何か怪しい秘密があるのだろうと考えるようで、たまに大漁すると釣り方を質問される。今回はソウダガツオ対策に効果抜群ショート仕掛けの寸法を教えてというのが多かった。

気になる東京湾の話題

もう風いや……明日は安全策で午後LTアジでサクッと釣行

もう風いや……明日は安全策で午後LTアジでサクッと釣行東京湾は終日強風予想だったが東伊豆の宇佐美近辺は風裏になるのか風弱め。ならばとアカムツの予約を入れたが、朝起きると「中止です」との無情な連絡。日曜の予報はというと…午前は少し風が残りそうで、剣崎沖のイサキはつらそうな気がする。安全策で午後LTアジでサクッと。

東京湾は今週末も風強く…相模湾ならワンチャンありかも

東京湾は今週末も風強く…相模湾ならワンチャンありかもそろそろ出始めた今週末の風・波の予報を見て激しく凹む。東京湾だと土曜日は午前中7メートルで午後は9メートルの風。日曜は終日10メートルという予報。先週に続いて今週も釣りに行けない可能性が。土曜日の午前だけならなんとかなるようなならないような……天気予報に心が病む。

エギタコの代替竿はビシアジ竿かイカ竿が適しているらしいぞ

エギタコの代替竿はビシアジ竿かイカ竿が適しているらしい鮫洲・和彦丸エギタコ・LTアジリレー船が出船しているのを知り、妻と子供を喜ばせるためにできれば触りたくないけどタコに挑戦してみるかと思い立つ。道具をそろえるほどハマるとは思えないので調子が似ているらしいカワハギ竿でやると書いたらビシアジ竿かイカ竿でと指導される。

アジで確保してから…和彦丸のLTアジ&エギタコリレー船

アジで確保してから…和彦丸のLTアジ&エギタコリレー船軟体動物恐怖症なのでハマる予定は今のところないが、カワハギで混じったり、桟橋でもらったタコを持ち帰ると妻や子供たちに評判がいいので気にはなっているのがマダコ釣り。テンヤより釣れて、竿とリールで釣るため取り込み時にタコ踊りを踊らなくて済むエギタコはやってみたかった。

シロギスのエサは底を這ってていい。誘うときだけ浮かせる

シロギス胴突き枝ス40センチだとエサが底を這わないの?知ってる人からすると、何を当たり前のことをと言われそうだが、昨日までシロギス釣りのエサは底をほんの少し浮いているのが理想だと思い込んでいた。ムナゾー師匠の解説によると誘うときはエサを浮かせてアピールし、食わせるときは底にエサがあるようにしないといけないみたい。

シロギス胴突き枝ス40センチだとエサが底を這わないの?

シロギス胴突き枝ス40センチだとエサが底を這わないの?6年ぶりにやってみたら面白かったし、子供たちから天ぷらが好評だったため、熱が冷めないうちにもう1回行っておこうとシロギスの仕掛けを買った。名人からオススメされた枝ス40センチの胴突き仕掛けだ。オモリから15センチの位置から枝スが出ている。エサが底を這わないの?

イサキっておらが釣り場の魚が最高って人が多くて面白い

イサキっておらが釣り場の魚が最高って人が多くて面白い推しは剣崎でしょ、と沖の瀬に塩対応されてしまい…で沖の瀬で釣った尺イサキより剣崎沖で釣った20センチくらいのイサキで大喜びしている姿を奇異と感じた人もいるだろう。イサキにはおらが釣り場の魚が最高って釣り人が多い。へた釣りも松輪の根のイサキはハズレなしと思ってる。

神奈川に比べ東京は女性乗船料割引率が低いのはなぜ?

神奈川に比べ東京は女性乗船料割引率が低いのはなぜ?アジのタナが上がったり下がったり…季節的なもんだろうかで、羽田・かみやりょう船長のデビューに少し触れたら、妻との次回釣行はかみやから?と聞かれる。そうしたいのはやまやまだが金沢八景など神奈川の船に比べ東京の船は女性の乗船料の割引率が低く、料金差が大きい。

アジのタナが上がったり下がったり…季節的なもんだろうか

アジのタナが上がったり下がったり…季節的なもんだろうか妻1号から「そろそろ付き合ってあげてもいいわよ」とお誘いがあった。凪で雨が降ってない日にLTアジ30匹チャレンジの再開を計画しないといけない。釣況はあまりよくない。「アタリダナも変わり易く」とある。アジのタナが上がったり下がったりは東京湾二大釣魚に再入門釣行でも…。

「文佳人 夏純吟 うすにごり生」到着。何を肴に呑もうかな?

「文佳人 夏純吟 うすにごり生」到着。何を肴に呑もうかな?ラムネのような軽やかな酸味の後口が特徴の「文佳人」だが中でも初夏仕込の「夏純吟 うすにごり生」は最も鮮烈に鼻に抜ける酸味が楽しめる。予約開始と同時に申し込んでおいた4合瓶が届いた。フレッシュ&ジューシーな美酒は夏に旬を迎える魚に合うに違いない。何を肴に呑もうかな?

「ウィリーのコツはコマセ撒かない」と言うときょとんとされる

「ウィリーのコツはコマセ撒かない」と言うときょとんとされる下手だと名乗っているへた釣りに魚の釣り方を聞いてくる人は滅多にいないが、カイワリだけは狙って釣っている人があまり多くないせいか、「釣り方を教えて」とたまに言われる。「ウィリーのコツはコマセ撒かないこと」と伝えるときょとんとされる。本気でそう考えているのだが……。

かみやのウイリ-五目に良型マハタがコンスタントに混じる

J!NSの偏光グラスが到着。軽くてフィット感もよしでいいかも羽田・かみやからリクエスト乗合で出船しているウィリー五目の釣果報告に毎釣行、50センチ級のマハタを手にした釣り人の写真が掲載されている。高めのタナを探るウィリーに食ってくるとは考えにくいのでしゃちょう船長とっておきのマハタポイントがあるんだろうか? すごく気になるぞ。

剣崎沖イサキは盛り上がり。宇佐美カイワリは凸凹激しそう

剣崎沖イサキは盛り上がり。宇佐美カイワリは凸凹激しそう6月第1週の開幕直後の週末に釣行したものの剣崎沖ではイサキが釣れずにあららららとなってしまった2020年のイサキだが、開幕から2週間以上経って松輪の根でも順調に釣れ始めた。もう1つの候補の宇佐美沖カイワリは潮の速さとアジなどのお邪魔虫のせいで釣果の凸凹激しそうだ。

胴突き・天秤問題があるし天ぷら美味いからシロギスもう1戦

胴突き・天秤問題があるし天ぷら美味いからシロギスもう1戦和彦丸キス・アジリレーで6年ぶりにやったシロギスは8匹だけと大惨敗した。雨、風、そしてアカクラゲの三重苦に加え、あまり慣れていない釣り…手も足も出なかった。釣れたシロギスは天ぷらで食べると美味しかったし、子供たちにも評判よかったのでもう1戦くらいしてみようかなぁっと。

シロギスは胴突きの方がとみなに言われ釣り方調べてみた

シロギスは胴突きの方がとみなに言われ釣り方調べてみた6年ぶりにシロギス行くよと書いたら多くの人から天秤よりも胴突き仕掛けでと勧められる。たまにしかやらない釣りなのに新しい釣り方を覚えてもなぁと最初は考えていたが、矢継ぎ早にいろんな人から胴突きでと言われると気になり始める。仕掛けは持ってるので釣り方を調べてみた。

6年前の仕掛け、10年前の道具を集めてシロギスに備える

6年前の仕掛け、10年前の道具を集めてシロギスに備える鮫洲・和彦丸から土曜日のシロギスアジリレーの出船が決まった。シロギス釣りは調べてみると6年ぶり。あまり得意な釣りではない。何をやれば釣果に3倍、4倍もの差がつくのか…名人さんたちがやっていることを全く理解できず、これ以上上手くなる気がしなくなりやらなくなってしまった。

正真正銘剣崎沖イサキか? 和彦丸に挨拶釣行かで悩む

正真正銘剣崎沖イサキか? 和彦丸に挨拶釣行かで悩む来週末は3カ月ぶりの所用で大阪行きで、6月の釣りは今週末含め2回しか行けない。開幕はしたものの剣崎沖ではオアズケをくらったイサキか、今月開業した増尾船長に挨拶するため鮫洲・和彦丸に行くべきか……。第4週はお刺身最強のカイワリに行きたい! 休みが足りねぇよwww

剣崎イサキは型よし数よし。開幕戦はイキらないをテーマに

剣崎イサキは型よし数よし。開幕戦はイキらないをテーマに2020年の剣崎沖イサキは滑り出し好調。松輪出船の船なら竿頭で50匹以上、へた釣りが乗る金沢八景の船でもトップ30匹超えと、開幕直後にしては数が安定している。型もよいようで35センチ級が連日釣れている。23センチ~と報告されているということは、ウリンボサイズは混じってない?

2カ月半ぶり♪ 電車で自粛警察にからまれませんように!

2カ月半ぶり♪ 電車で自粛警察にからまれませんように!首都圏の緊急事態宣言が解除された。たがを外してコロナ禍以前の状態にというわけにはいかないが、外出自粛要請を守って2カ月半我慢した釣行くらいは許されるはず。明日は金沢八景・一ノ瀬丸から遠征ウィリー五目。不安なのは電車で自粛警察にからまれないかなぁだったり。

首都圏から移動制限で伊豆は6/19以降。北海道遠征も中止

首都圏から移動制限で伊豆は6/19以降。北海道遠征も中止緊急事態宣言が解除されたら2か月間食べられていないお刺身最強魚のカイワリを釣りに宇佐美に行こうと目論んでいたが、首都圏から伊豆にプチ遠征してもよいのは移動制限がなくなる6月19日以降みたいだ。首都圏からの人の流入は相当警戒されているようで北海道遠征も中止が決定。

リールの持ち方怪しい妻1号に「E.G.パーミングサポーター」

リールの持ち方怪しい妻1号に「E.G.パーミングサポーター」外出自粛で釣りに行けずしょんぼり日々をすごしているへた釣りを憐れんでか、妻1号から「行けるようなったらアジ連れてってね」なるお誘い♬ 30匹にチャレンジを再開するぞうだ。妻用にこれどうだろう?と考えていたのが「E.G.パーミングサポーター」。リールを正しく持てるようになる?

治久丸カイワリ不調にあれれ?初島沖立ち入り禁止だった

治久丸カイワリ不調にあれれ?初島沖立ち入り禁止だった外出自粛要請が解除されたら、復活の日釣行の釣り物の候補の1つになっているのが宇佐美・治久丸カイワリ五目だ。2か月間口にできてないお刺身最強魚を釣りたい、そして食いたい。ところがである。どうも最近、釣果が芳しくなくあれれ?となっていた。その理由が分かって安堵!!

かみやLT深場五目でアカムツ船中53匹。柳の下の…あり?

かみやLT深場五目でアカムツ船中53匹。柳の下の…あり?目を疑う釣果に出くわすことはたまにあるが、釣れ盛った魚が赤いダイヤと例えられる超高級魚となると…なんで、俺、乗ってないんだよぉぉおおと地団駄踏みたくなる。5月17日の羽田・かみやLT深場五目でアカムツ船中53匹。淳ちゃん船長が棲家を発見したそうで、柳の下の…ありかな?

懐かしい人からハガキが。元中金の増尾船長が和彦丸開業

懐かしい人からハガキが。元・中金の増尾船長が和彦丸開業「知らない船宿から何か来てるよ」と妻からハガキを受け取る。送り主は「船宿 和彦丸」とある。確かに知らない。本文を読んで随分と懐かしい人からの船宿開業のご挨拶であると分かった。釣りを始めた10年前にお世話になった中金の増尾船長が独立されて鮫洲に和彦丸を開業した。

クーラー満タンも夢じゃない。一ノ瀬丸遠征ウィリー五目開始

クーラー満タンも夢じゃない。一ノ瀬丸遠征ウィリー五目開始釣り自粛前の最後の釣行はアラを狙ってクーラー空っぽ完全ボウズであったため、自粛明けの復活の日釣行は、釣果が手堅い釣り物に行きたい。そう考えていたら金沢八景・一ノ瀬丸で遠征ウィリー五目船が5月22日から開始される。オキメバルをメインにクーラー満タンも夢じゃない!!

釣魚を食べたくて…忠彦丸の「ギョギョセット」に心が揺らぐ

釣魚を食べたくて…忠彦丸の「ギョギョセット」に心が揺らぐ久しぶりにお寿司をテイクアウトする。釣りを始めてから魚屋で魚を買うことはなくなっていた。釣り自粛以降は専ら肉&粉もの食を続けていたが体重が緊急事態宣言。刺身や塩焼き用の魚を買うと新鮮な釣魚と味を比べてしまうため、職人さんが一仕事してくれたお寿司で久々の魚食。

コロナでモエビ不足にメバル終了。来年尺メバルチャンス?

コロナでモエビ不足にメバル終了。来年尺メバルチャンス?毎年6月にメバル釣り大会を開催していた羽田・かみやが4月19日でメバルカサゴ船の出船をやめた。どうしてなんだろう?と思っていたら遅れること数日で金沢八景・一ノ瀬丸でも午前メバルが終了した。その理由が「コロナウイルスの影響もあり、活きエビ餌の入手が困難」と書かれていた。

釣果写真に「外出自粛中に」とケチ。だから写真自粛なの?

釣果写真に「外出自粛中に」とケチ。だから写真自粛なの?見ている船宿サイトの多くで釣り人が魚を持った写真が掲載されなくなった。パチンコ屋と違い船宿は営業自粛要請の対象ではない。釣りに行くんなら堂々と行けばいいのにと思っていたが、写真自粛の理由が分かった。写真に「外出自粛中に…」とケチをつけて回る人がいるらしい。

一ノ瀬丸が夜釣り船の開幕を延期。キャビンを使用するため

一ノ瀬丸が夜釣り船開幕を延期。キャビンを使用するためいろいろ影響が出るもんだなぁと。金沢八景・一ノ瀬丸の夜釣り船全船(午後キスアナゴアナゴ船・夜アジカサゴ・夜カサゴメバル船)の開幕が延期された。例年なら4月下旬には出船していたが、夜間航行では安全を確保するためキャビンを使用するので感染リスクがあると判断したもよう。

一俊丸狙い撃ちシロアマダイが釣れててめっちゃ気になる

一俊丸狙い撃ちシロアマダイが釣れててめっちゃ気になる外出自粛中で釣りに行けないんだから釣果情報なんて見なければいいのにと、自分でも思っているが、毎日欠かさず行っていた釣果チェックまで自粛してしまうと自分の趣味が釣りだったことを忘れてしまいそうで…。茅ヶ崎・一俊丸の狙い撃ちシロアマダイが狙い通り釣れていて気になる。

へたでも釣れるときは釣れる東京湾釣行記

A5ランク絶品アジばかり53匹。時化避けサクッと釣行大成功

A5ランク絶品アジばかり53匹。時化避けサクッと釣行大成功梅雨前線が停滞し連日強風が吹く中、今日の午後だけは風が弱まる予報だった。時化を避けてサクッと午後LTアジへ。来週は大阪行きで釣りに行けないので2週間分のおかずを釣りたかった。目標は50匹。終わってみれば、20センチ以上25センチ以下の絶対美味しいアジ53匹で大満足♪

推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…

推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…2020年のイサキ開幕戦は洲崎沖で23匹のイサキを釣ったものの、剣崎では1匹も釣れず。剣崎イサキ解禁はオアズケをくらってしまった。あれから3週間。そろそろ松輪の根が安定し始める時期、6月下旬ともなれば引きが小気味よい浅場のイサキを楽しめると信じて疑ってなかったが…。

和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた

和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた東京湾の船釣りでまずはこれを学ぼうと考えたのがLTアジシロギス。下手くそすぎて釣れねぇ~釣れねぇ~とボヤキばかりの釣行の面倒を見てくれたのが増尾船長だった。増尾船長鮫洲・和彦丸を開業した。お祝い釣行の釣り物は当時と同じキスアジリレー。少しは上達してるかな?

イサキ開幕戦は尺級5匹込み23匹。でも剣崎は撃ちーん!

イサキ開幕戦は尺級5匹込み23匹。でも剣崎は撃ちーん!6月1日に解禁となる剣崎沖イサキ釣り。20メートル以浅が食ってくるイサキの引きの小気味よさが癖になる。手返しがよく束釣りだって狙えるので、毎年開幕するのを楽しみにしている。2020年の開幕戦は尺級5匹込み23匹とお土産は潤沢。でも剣崎沖では一度も魚信なしで撃ちーん!

復活の日釣行。まずはめでタイ、あとはひたすらイサキで…

復活の日釣行。まずはめでタイ、あとはひたすらイサキで…新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するため外出自粛要請を守った。首都圏の緊急事態宣言が解除され、ようやく釣りに行けるように。実に2カ月半ぶりの釣行だ。金沢八景・一ノ瀬丸から遠征ウィリー五目へ。オキメバルを中心に多彩な魚種でクーラー満タンを狙うはずだったが……。

アラはともかくとして…クーラー真っ白でピント合わねぇよ(泣

アラはともかくとして…クーラー真っ白でピント合わねぇよ(泣アラは釣れたら儲けものくらいのつもりでいた。アラが釣れなかったことにショックはないのだが…な~んにも釣れなかった。魚信すら一度もなかった。8時間筋トレを兼ねて頑張って誘い続けたが……。空のクーラーの写真を撮ろうとすると真っ白でピントが合わない。涙が出そうになった。

釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!

釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!魚だって命がけ、甘く見ていると予期せぬ大惨敗をくらう。2月1日に開幕した東京湾奥のメバル。釣れる日の条件を吟味して釣行するのが楽しいが、昨年は熟考しすぎてやらず仕舞いに。本日はベストな条件ではないが、爆釣は無理でも釣りにはなるだろうと釣行を決断したが…轟沈。

極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる

極鋭CGオニカサゴで入魂完了。人ではなく竿が褒められる禁煙5年生進級祝いで自分へのご褒美として買った極鋭 コンセプト ゲームP HHH-205AGSに魂を入れるため、羽田・かみやからオニカサゴへ。感度も操作性も抜群で期待以上の竿だったことに悦に入る。釣果もへた釣りにしては上出来の35センチ級が2匹。釣れたら竿が褒められた。

満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん

満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん腰がグキッとなりそうなのに選んだ釣り物は羽田・かみやのLT深場五目。オモリ150号の胴付き仕掛けで、水深250メートルくらいで釣れる魚を釣る。アカムツやアラなどの超高級魚をゲットできることもあるが、本命はクロムツ。2020年は初戦から満足サイズ2匹込みで6匹ゲットしえっへん。

あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉

あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉釣り納めは宇佐美までプチ遠征してまさかまさかのクーラー空っぽ。初釣りは安全策をとるべきなんだろうが、ボウズ率76%と最も苦手としているオニカサゴ釣りへ。沖上がりの30分前、14時の時点で釣果なし。心折れそうになりながらタナ取りを続けてなんとか35センチを1匹釣る。小吉!

イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット

イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲットどんな釣趣だったかははっきり書くと覚えていない。でも、ラードのような白い脂がにじみだすその身の味は忘れられない。マダイ船の片隅でイシダイを狙うことの無謀さを悟って、久里浜・平作丸のイシダイ五目へ。風に苦しみ、イナダに邪魔され、辛抱強くシャクってなんとか3匹ゲット♪

久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ

久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ竿さえ握ればいつもニコニコ…とはいかない日だってある。金沢八景・一ノ瀬丸からマダイ五目改め勝手にイシダイ五目へ。出船前に船長に釣況を聞くと「イシダイは釣れても小さいし簡単には釣れない」とのこと。イシダイではなくマダイ五目なのでマダイを狙うようにと型にはめられてしまう。

序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…

序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…観音崎より手前の湾内なら時化ないと思っていたら朝のうちは予想外の海況。苦手な長ハリスに悪戦苦闘しながら良型のクロダイを立て続けに2匹。そのうちマダイも釣れるに違いないと気合を入れて誘い下げ続けたが、何が気に入らないのかそれっきり。マダイへの苦手意識を募らせる。

ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足

ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足これまでにもカイワリのゲストなどでイナダは釣ったことあったが水深12、3メートルで食ってきたイナダの引きは別格だった。食ったと同時に走り出すイナダを竿を立てて止める。ドラグを滑らしながらのやり取り。海面が近づくと最後の足掻きでもうひと暴れ。めっちゃくちゃ面白かったぞ。

タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感

タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感台風19号で被害を受けた桟橋の応急処置が済んだ羽田・かみやにお見舞いを兼ねて釣行。タチアマリレーがリクエスト乗合で出船していたので、2019年のアマダイを開幕させた。台風21号がもたらした大雨で上潮が速くしかも底荒れ気味で厳しいよと事前に言われていたが…アマダイは…。

台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが

台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが来なければよかったとは決して考えない。甚大な被害をもたらした台風19号のせいで三連休の2日間を家に閉じこもって過ごした。もう我慢できない。予報が多少悪いことは知っていたが釣行を強行。土砂降りの雨、10メートルの強風、漂流物、アジの活性までイマイチ…それでも楽しい♪

35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮

35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮4月以来だから半年ぶりの妻1号との釣行。釣果を確認すると目標であるアジ30匹は少しというかかなり厳しい。LTアジではなく、アミ五目に乗って、アジ以外にいろいろ釣って八景沖豪華刺し盛り5種を釣ろうと目標を変えた。釣れれば良型だったが数伸びず、五目どころかアジしか釣れず。

ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目

ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目午前中に浅場タチウオの攻略を今年も失敗した。午後はアジに癒してもらおうとアミ五目に。アジに癒してもらうという思惑はかなえられたが、アミ五目のもう1つのテーマであるゲストの高級魚で豪華刺し盛りチャレンジはサバだけ。ムツ針10号をへし折っていった魚の正体はなんだった?

浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも

浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも魚信はあれど10回に1回くらいしか針掛かりせず、なんともならないのが水深20メートル以浅の夏タチウオ。名人さんたちからアドバイスをたくさんもらい、今度こそはツ抜けをと意気込んで金沢八景・一ノ瀬丸から午前タチウオに。結果は6匹。浅場で釣ったのは2匹だけで残りは観音崎沖で。

路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです

路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです下手だ。本当に下手だと船上で頭を抱える釣りだからハマるのが暑いこの時期限定で楽しめる浅場のタチウオだ。エサ取り名人と呼ばれるカワハギよりも難敵なのではないかと思っている。今日も船上で魚信はあれど針掛かりしてくれないタチウオ相手に涙目になりつつしのぎを削る。

撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪

撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪イサキカイワリに忙しくって久しぶりの羽田・かみやデカッw船長船。苦手なタチウオ、それも超苦手な浅場に挑戦する。リレー船なので目標は10匹。結果は8匹。健闘したともいえるがすぐ横で船長と呼ばれていた人は16匹釣っていたのでダブルスコア。アジも40匹くらいで下手だなぁ。

5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない

5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない2015年から4年連続で達成していた剣崎沖イサキの束釣り。5年目、6年目と記録を伸ばしていきたかったが叶わず。ソウダガツオの邪魔もなくチャンスはあったのだが、追い食い狙って数を稼げるウリンボがほとんど釣れず。25センチ超えお刺身サイズ7匹で満足感はあるのだが…。

一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする

一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする前夜にカツオの水揚げ高日本一を目指す凄腕漁師たちの戦いを見たせいではないだろうが、釣れども釣れどもソウダガツオという悪夢の展開。肝心のイサキは魚信すらほとんどなく、魚信を出せても巻き上げ中に食ってきたソウダガツオに化ける。凄腕カツオ一本釣り師になってげんなり。

台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ

台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ令和初の台風上陸の翌日に釣行する。予報を見ると凪ではないがなんとかなりそうな波・風に見えた。陸で小賢しく悩むより海で竿持ってつんのめる!!と覚悟を決め金沢八景・一之瀬丸からイサキ五目へ。湾奥の釣り物にしとけばとは考えない。どうせ海が悪いなら行きたい物に行くのが正解。

竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ

竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ朝起きて波風予報を確認すると釣行予定の日曜は大時化に。強風を嫌って回避した土曜の午前は凪に。このままでは今週は釣行できなくなる。午後の予報は……悪くなっているが風10メートルまでなので釣りにはなる。午後LTアジに緊急出撃した。釣果は33匹。魚信は多かったがバレまくる。

小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ

小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ本日の時化予報を嫌って、前夜に急遽羽田・かみやから夜アナゴ釣りに。今年は釣況が悪いのでやらないつもりだったが週末に釣りなしは避けたかったので仕事を途中で切り上げて強引に釣行。果たして…小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ。ストック5に救われた。

プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪

プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪1日で状況が一変という釣り物であることは理解しているが前日の釣果が「0~6匹」ではダメかもなと弱気の虫が騒ぎだす。金沢八景・一之瀬丸から剣崎沖イサキの2戦目。予報に反して海はプチ時化。いつも通り釣り座はスーパーお立ち台に。前半はひたすら体幹トレーニングに励むことに。

1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった

1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった解禁初日の松輪の船でも竿頭ツ抜けがやっとという惨状に痺れる展開を覚悟し臨んだ剣崎沖イサキ2019開幕戦。金沢八景・一之瀬丸なら洲の崎遠征五目でお土産はあるはずと剣崎沖で釣る気ほぼゼロで臨んだが、案ずるよりであった。1日剣崎で釣れてイサキは13匹。最大は28.5cm!

好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足

好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足ゴールデンウィークからなぜか釣果に恵まれ続けている。金沢八景・一之瀬丸から手堅く釣れそうな遠征五目で出撃した。アマダイイサキアジときてオキメバル、アカイサキとどのポイントでもそれなり以上に食い気のある魚たちが迎えてく入れた。六目41匹でクーラー八分と大満足!!

G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり

G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまりアラフォーアマダイにイサキお刺身サイズのカイワリで、昨年までのゴールデンウィークは撃沈するという悪いジンクスは払拭されんとしていた。最終戦は羽田・かみやからLT深場五目へ。なにかの間違いでアカムツが釣れたら今年のゴールデンウィークは激旨で最高!!と宣言しての釣行だ。

アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない

アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃないゴールデンウィークはゲキチンウィーク。ここ数年、釣果に恵まれたことがない。それでも休めるから釣行する。初戦は金沢八景・一之瀬丸から遠征五目。撃沈しにくい釣り物を選んだつもりだが……今年はなんとかなった。アラフォー食べ頃アマダイに癒してもらえてそれなり以上のお土産あり。

タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ

タナ取りスピード勝負で妻苦戦し14匹。30匹クリアが遠いよ最近の釣況ならいい日にあたらなくても悪い日にさえあたらなければ半日LTアジで30匹を釣るという妻のアジ釣りの目標はクリアできると考えていた。甘い目論みはたいてい崩れる。前日からアジが急に食い渋った。今日は大丈夫だろうと信じていたが……タナ取りシビアで14匹まで。

不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする

不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする貧果のことはよくある。でも、何かしらここを頑張ったってとこがあるものだが今日は何もなし。氷雨降る時化海でマダイ五目改めアミ五目冬の陣改めマダイ・アマダイリレー。釣況に合わせて釣れる魚を釣るという主旨の釣り物なのは理解しているがアミ五目ではなくアマダイだったとは……。

肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?

肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?釣りに行けてないせいではないと思うが酷い肩コリに苦しんでいた。首から肩甲骨にかけて何かが乗っかっているような感覚が続く、時に激しく痛む。ずっとそんな感じなので気分が沈む。肩コリが釣り始めてものの数時間で完治した。東京湾の海風は万病に効く。魚が釣れなくても効く。

三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!

三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!カンパチってショゴやんかって言うんじゃない!! 雪が降りけあらしが立って三途の川みたいになっていた久里浜沖から洲崎沖を経由して館山沖に至ってやっと手にした高級魚だ。こんな日に釣りに来るんじゃなかったという後悔を吹き飛ばしてくれた一尾だ。沖上がり15分前のドラマである。

ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン

ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーンオモリ150号とはいえ中深場の釣りでロッドキーパーを使うのは仕掛け回収で全力巻き上げするときだけ。へた釣りにとって中深場釣りは魚という御褒美付きの筋トレなのである。二の腕に心地良い疲れ。今日も1日頑張った。御褒美の方はクロムツ3匹、サバ5匹、スミヤキ3匹でチーン。

人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉

人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉剣崎沖の風15メートル超の予報にただでさえ下手なオニカサゴ釣りはボウズ確実と悪い予感しかない。予報通りの風で時化模様。昨年末の釣り納めに比べれば…気持ちを前向きに立て直す。魚信が多かったわけではないが、チャンスは確実に物にできた。人生6、7、8匹目のオニカサゴを!!

有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く

有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く予想通りといえば予想通りだが、海が悪かった。船がポイントに至り、キャビンから出た第一声は「これ、ダメでしょ!!」。釣れる気が全くしない時間が続く。なんとか25センチ級を午前中にゲット。今季のカワハギはこれで終わり? 有終の美を飾る1尾が欲しいと言っていたら本当に来てくれた!!