脱・へた釣りメモ~東京湾編~

次こそツ抜けを! ヤリイカ釣行1回こっきりの人の備忘録

次こそツ抜けを! ヤリイカ釣行1回こっきりの人の備忘録ヤリイカを1回しかやったことがない人が釣り方について備忘録を残す必要があるのかどうか悩んだが、へた釣りにとっては次に行くときに釣り方を思い出すために役立つし、ヤリイカが初めての人には初釣行でハマるかもしれないトラブルに先回りできるかもと考え気になったことを書く。

初めてのLTアジ(コマセ)釣りで覚えてから行くべき8つの事

初めてのLTアジ(コマセ)釣りで覚えてから行くべき8つの事コロナ禍で近場でのレジャーを楽しむ人が増えたおかげで、東京湾の船釣りも週末は予約をとるのが大変なほどに盛況だ。入門に適した釣りの1つであるLTアジやアミ五目などコマセを使う釣りならレンタルタックルで十分楽しめる。これだけ覚えておけばもっと楽しめることを8つメモ。

剣崎イサキが超低活性時にはシャクらない・教えない作戦

剣崎イサキが超低活性時にはシャクらない・教えない作戦反省はしないただしょんぼり」するだけのつもりだったが剣崎沖のイサキ釣りで超低活性時だったときに試してみることを2つだけメモに残しておく。低活性のイサキはビシの速い動きを嫌う傾向があるのでシャクらずにスゥーと持ち上げるを試す。魚信ったタナは聞かれても教えない方が?

遠征ウィリーで魚種限定なのは枝ス5センチだったせいかも

遠征ウィリーで魚種限定なのは枝ス5センチだったせいかも高速からスローなシャクリまで魚種によってどんなシャクリに反応するかというデータは頭に入っている。遠征ウィリーで狙って魚を釣り分けるのはわりと得意だと信じていたが…復活の日釣行では全く通用せず。五目のポイントではイサキばかり釣り続けた。枝スが短すぎたせいかも。

イシダイの聞き上げは本当に竿を持ち上げるだけでよいのか

イシダイの聞き上げは本当に竿を持ち上げるだけでよい?釣れなくても別に~というほど釣りを達観できていないので、なんとか釣れる方法をと船上で足掻く。アラフォーイシダイゲットでなんとか釣行では船長からの「シャクらない方が…」という指示を無視してシャクって釣るしか方法が見つからなかったが、陸で冷静になって答え合わせをする。

きっとまた行く! 久里浜沖イシダイ五目の釣り方の備忘録

きっとまた行く! 久里浜沖イシダイ五目の釣り方の備忘録久しぶりに手にした久里浜沖の縞の消えかけたご立派サイズのイシダイ。トルクのある引きが楽しいし、シャクリ続けて口を使わせるまでの誘いが面白い。平作丸まで問題なく電車&バスでたどり着けることが分かったのできっとまた行く。経験1戦だがこうかな?という釣り方の備忘録を。

マダイ釣りでクロダイ釣れたらタナを1メートル上げるが定石

マダイ釣りでクロダイ釣れたらタナを1メートル上げるが定石序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…で「クロダイしか釣れない~~~!!」と嘆いていたらマダイを2匹釣っていた名人さんから「クロダイが釣れるとタナが低すぎるのでタナを1メートル上げてみる」と教わる。底を仕掛けの長さ分切ったタナのことを「ゼロ」と言っていた。

潮が速い日のアジに名人秘伝の脱力系フワフワ誘いを試す

潮が速い日のアジに名人秘伝の脱力系フワフワ誘いを試す釣りに関して魚とは競うが人とは競わないと決めている。同じ船で上手に釣っている人を見つけるとどうして?とは考える。竿先グングンッ…でもバレる釣行で舳のアジ名人は48匹釣った。その横で33匹。1.5倍の差がついた。名人の釣り方は脱力系フワフワ誘い。ビシと振って釣り負けた。

動かさないウィリーの方にイサキが食ってくる条件を妄想す

動かさないウィリーの方にイサキが食ってくる条件を妄想すウィリーはシャクってシャクって動かした方が釣れると信じている。一方で動かさないウィリーの方に魚(主にイサキ)が食ってくることがあることも知っている。その条件は? 剣崎沖イサキ2019開幕戦で目の前で入れ食いしていたあさなぎ丸の男女ペアがヒントをくれたような気がする。

考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解

考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解あれこれ試作を繰り返したり、他人の意見を聞きだすと無限地獄に落ちそうなので、あまり考えないようにしているのが、吹き流し仕掛けの枝スの長さ。市販の仕掛けに比べてかなり短い枝スを好んで使う傾向がある。ウィリーなら長くても8センチ、アジは15センチ。最適解ってあるのかな?

気になる東京湾の話題

アオイソメの祟りで指の腹がピリピリ。アレルギーなのか?

アオイソメの祟りで指の腹がピリピリ。アレルギーなのか?釣っている最中には何の違和感もなかったのだが、家に帰り風呂に入るとアオイソメを触った左手の親指・人差し指・中指の腹がピリピリと傷むことに気づく。すぐ治るだろうと考えていたが翌日になってもまだ傷んだ。アオイソメの体液でアレルギーを起すことがあると聞くがそれかな?

オニカサゴは洲崎~沖の瀬まで行ったら期待できるかな?

オニカサゴは洲崎~沖の瀬まで行ったら期待できるかな?この数年、初釣りはオニカサゴでということが多かった。釣れるかどうか、サイズの大小でその年の釣り運を測るのにちょうどいい釣り物だったから。昨夏富戸沖で人生最大の47センチ含む14匹釣って東京湾口でオニカサゴをやる気が失せていたのだが…洲崎~沖の瀬なら5匹くらい狙える?

「なかなかテクニカル」と言われて冬シロギスを一夜漬けだ

「なかなかテクニカル」と言われて冬シロギスを一夜漬けだウネリが取れそうにないのでキンメムツを回避し、月曜ならと狙っていたアマダイもこちらもウネリそう。2021年の初釣りは東京湾奥でとなった。1日湾奥で釣るなら行っておきたいのが昨年開業した鮫洲・和彦丸。湾奥で1日船に乗ることはあまりない。こんな機会でないと行けない。

波・風でキンメムツの初釣りは無理かな。湾奥でサクッと?

波・風でキンメムツの初釣りは無理かな。湾奥でサクッと?首都圏の緊急事態宣言は飲み歩き禁止というだけで釣りには影響なさそうなので今週末に初釣りに行けそうだが、最強の寒波の襲来するようで東京湾も冬の嵐になりそう。洲崎沖の予報を確認すると日曜朝まで強風が続き、数日吹き荒れたあとなので波はすぐには収まりそうにない。

昨年は小ぶり主体だったアマダイが年が明けると巨大化?

昨年は小ぶり主体だったアマダイが年が明けると巨大化?アマダイは、昨年はタチアマリレーなどで2戦したが25センチ以下の小ぶりが主体で40センチ超えの満足サイズは船中まったく顔を見せずという釣況だった。年が明けると釣況が一変した。50センチ超えがバンバン揚がり始める。水温の関係なのか東京湾だけでなく相模湾でも?

初釣り前に緊急事態宣言の可能性大って…いきなりか~い

初釣り前に緊急事態宣言の可能性大って…いきなりか~い西京味噌の白味噌雑煮にアマダイの西京漬けを具にするアイデアは大成功。子供2号から「これまた釣ってきて」リクエストがあったため、初釣りはアマダイにするか、予定通りキンメムツ五目に行くかと悩み始めたところに今週末にも首都圏の一都三県に緊急事態宣言の発出との報道が…。

世の中に何の影響もない2020年のへた釣り10大ニュースw

世の中に何の影響もない2019年のへた釣り10大ニュースw毎月の大阪行きに加えてコロナ禍による自粛で2020年は釣行回数が大幅に減少してしまった。その中でオニカサゴ、カイワリ、アカムツで自己最多を更新できたのはうれしい。自粛の反動というわけでもないのだろうが金ピカリールと極鋭で腕に見合わない超高級な釣り具を解禁してしまう。

釣り納めの目標は紅白アマダイ西京漬け入り白みそお雑煮

釣り納めの目標は紅白アマダイ西京漬け入り白みそお雑煮食い意地の張った目標を立てると釣りの神様に嫌われることは重々承知している。2020年の釣り納めに何を釣ろうかと考えていると西京漬けしたアマダイを焼いて西京味噌で作る関西風のお雑煮にお餅の代わりに入れてみたら絶対に美味しいと思いつく。アマダイ釣りで締めくくる。

祝♪「スローループ」TVアニメ化。関東船釣りもちょっとあり

祝♪「スローループ」TVアニメ化。関東船釣りもちょっとあり読み切りでの掲載のときから面白いかもと気に入っていたうちのまいこの「スローループ」のTVアニメ化が発表されて、50半ばのおっさんが小躍りせんばかりに喜んでいるのであるから我ながらキモい(自覚はある)。漫画でも十分にかわいいし面白いけどしゃべって動くとさらに嬉しい。

ヤリイカ幹糸…ヨリチチワは断念。買った方が安い気がする

ヤリイカ幹糸…ヨリチチワは断念。買った方が安い気がする新しいプラヅノをいくつか買ってきてヤリイカ人生2戦目に向けて仕掛けをストックしておこうと幹糸(船イカリーダー)から作り始めたのだが仕掛け長7メートルのラインにヨリチチワで5個所に枝スを出すチチワを作るのが想像していたより面倒だし慣れない結びなのでムキー!となる。

CX攻技ヤリイカなら6000円かぁ~釣り比べ用に買うか悩む

CX攻技ヤリイカなら6000円かぁ~釣り比べ用に買うか悩むヤリイカデビュー戦を終えて深場の勇者様から言われたのは「安くてもいいからヤリイカ竿を…」。できればオモリ150号~200号の釣りは、「極鋭 コンセプト ゲームP HHH-205AGS」でやりたいのだが調子が7:3で穂先が柔らかいためにイカをしっかり掛けられてないと指摘される。

干物に続いてグローブまで…ハクビシン撃退を本気で検討

干物に続いてグローブまで…ハクビシン撃退を本気で検討釣りで使ったグローブは水を張ったバケツにたっぷり洗剤を入れ漬け置き洗いする。半日ほど漬けてそろそろ臭いは取れただろうからすすいで干そうとすると、あれ? グローブが1つしかない。アミコマセと魚の臭い付きだから小動物が美味しそうと持っていた? 撃退法を調べる。

俺、イカじゃないからどのツノが美味しそうか分からねぇよ!!

俺、イカじゃないからどのツノが美味しそうか分からねぇよ!!仕掛けをあれこれ工夫するのは好きである。「ヤリイカも自分で選んだツノで釣れるとうれしいよ」と言われて、そりゃそうだと釣り具屋にツノを物色しにいったのだが……大きさは同じだし色も大差なし。俺、イカじゃないからどのツノが美味しそうか全く分からねぇよ!!と途方に暮れる。

2020年も残すところあと3釣行。今週は伊豆の釣り納めかな

2020年も残すところあと3釣行。今週は伊豆の釣り納めかなコロナ禍のせいで2020年は釣行回数がめっきり減ってしまった。第3週は大阪行きのため残すところあと3釣行。第2週は勇者様にシマアジに連れて行ってもらう予定なので、釣り物を選べるのは2釣行だけ。冬休みになると伊豆行きの電車が混みそうなので今週で伊豆は釣り納めかな。

1匹2匹だけでも泳ぎイカで食べたいからポンプを持っていく

1匹2匹だけでも泳ぎイカで食べたいからポンプを持っていく釣れるかどうかも分からないのに食い意地の張ったことを考えていると釣りの神様にそっぽを向かれる気がするが、せっかくの釣りイカだから1匹2匹だけでも泳ぎイカ状態で持ち帰って食べたい。エアポンプを持っていけばなんとかなりそうな気がする。重いものでもないし持っていく。

イカ袋に指サック、歯ブラシ…初めては何か忘れてると不安

イカ袋に指サック、歯ブラシ…初めては何か忘れてる気が…洲崎沖の日曜の予報は凪で2年越しのイクイク詐欺を解消するヤリイカ釣りに行けそうである。仕掛けは2年前に5セットほど買ってあった。ほかにいる物はと調べてみると、持ち帰るときにイカが氷に触れないための袋が必要と知る。指サックは2年前に買った気がするが見当たらず再購入。

ヤリイカはゆっくり誘い上げ&ストンと誘い下げでいいのか

ヤリイカはゆっくり誘い上げ&ストンと誘い下げでいいのか洲崎沖の風の予報を見ていたら日曜なら行けそうな気がしてきたので、釣り方を調べる。ゆっくり誘い上げ&ストンと誘い下げが有効のようで、クロムツの釣り方に似ていると考えていいのかな? 底から10メートルくらいをネチネチ攻めるのがよいようだ。ときどき電動で大きく巻き上げる?

今週末は絶賛イクイク詐欺中のヤリイカの予定なのだが…

今週末は絶賛イクイク詐欺中のヤリイカの予定なのだが…羽田・かみやからデビューしようと考えていたがかみやのヤリイカはリクエスト乗合で不定期な出船なので予定が合わず仕掛けなど一式を準備してからちょうど2年が経ってしまった。船宿を選ばないと宣言すると深場の勇者様が同行を申し出てくれ、今週末にデビューする予定だが…。

妻がアジ30匹チャレンジに成功したらご褒美はXシートの竿

妻がアジ30匹チャレンジに成功したらご褒美はXシートの竿風の予報とにらめっこし悩みに悩んで妻の半日アジ30匹チャレンジは明日月曜日の午前船で決行することに。これ以上寒くなると行きたがらなくなるので今季最終戦と思われる。目標をクリアしたらパーミングが楽になるXシート採用の竿をご褒美に買ってあげて、たまに借りることにする。

いい夫婦の日釣行は強風で断念。行けるとしたら月曜午後

いい夫婦の日釣行は強風で断念。行けるとしたら月曜午後妻がアジ釣りにハマりそうで日曜ならいい夫婦の日(11月22日)だしブログのネタ的にいいかなと予約した。風の予報が南風10メートル近くと悪すぎて妻がマグロ化する予感しかしないのでキャンセル。月曜の午後なら北風に変わって吹いても6メートルくらい。行けるとしたらここかな?

「日曜凪そう?」何度も訊かれて…2週連続妻と午後アジへ

「日曜凪そう?」何度も訊かれて…2週連続妻と午後アジへ妻はマグロ化せず良型アジ13匹と急成長?釣行の帰りに寄った立ち飲み屋で「来週も行きたい」という妻に「凪たらね」と応えた。週が明けてからほぼ毎日「日曜凪そう?」と訊いてくる。よほど楽しかったんだろう。釣りに行きたいという気持ちを無碍にはできない。2週連続妻と午後アジへ。

竹岡カワハギトップこそ20匹台だけど船中は100匹くらい?

竹岡カワハギトップこそ20匹台だけど船中は100匹くらい?金沢八景・一ノ瀬丸の11月15日のカワハギの釣果が「2~29匹」とプチ爆発。しばらく釣果が低迷していたので様子見していたがそろそろ第2戦に行くかなという気になった。でもカワハギ釣りの場合、超人さんが一人乗っているとその人だけ釣果が飛びぬけ他はさっぱりということがある。

コチジャン&ニンニクで! イナダはユッケにしてみようかな

コチジャン&ニンニクで! イナダはユッケにしてみようかな食い意地が張っているので食べられる魚は滅多にリリースしないがイナダに関してはたくさん持ち帰えると食べきれずに無駄な殺生になってしまった経験があり、以降大き目の物を1匹2匹だけキープして残りはリリースしている。ユッケにすると何匹でもペロリといけちゃうのにと教わる。

大潮だけどやる気があるうちに土曜は妻アジ30匹チャレンジ

大潮だけどやる気があるうちに土曜は妻アジ30匹チャレンジ凪ぎそうで雨でなければ行くと決めていた。妻が釣行可能な土曜は北寄りの風5メートルくらい。午前より午後の方が風が弱まりそうだったし、日差しもあって寒くもなさそうなので金沢八景・一ノ瀬丸の午後アジ船に予約を入れる。妻のアジ30匹チャレンジは昨年10月以来なので13カ月ぶり。

アマダイの松笠揚げの松笠が開かないのだがなんでだ?

アマダイの松笠揚げの松笠が開かないのだがなんでだ?脂の乗りが足りない魚は油を足して食べる。タチウオはポンコツだけど頑張って9匹。アマダイはちっちゃ!!で釣れた25センチ前後のアマダイ3匹は、松笠揚げにして食べるつもりだったが、なぜかウロコが逆立たず松笠揚げにならない。ただのアマダイの空揚げになってしまった。どうして?

治久丸カイワリ当日朝の出船取りやめ連絡にトホホとなる

治久丸カイワリ当日朝の出船取りやめ連絡にトホホとなるベッドの中で空が白んでいるのを確認しそろそろ起きるかなと時間を見るためスマホを手に取る。SMSが1通。時化で中止?と開いてみると船長から「自分の都合で出てなくなってしまいました」との連絡。よほどの緊急の所用と推察するしかないが夢でカイワリ大漁していたのでトホホ。

土曜は妻とアジ釣りの約束だが風6m…予約しても大丈夫?

土曜は妻とアジ釣りの約束だが風6m…予約しても大丈夫?妻とのLTアジ釣行は10月上旬に企画したが台風14号の接近で中止。寒くなる前に行っとかないとと今週末に行く予定だったが南西の風6~7メートルの予報。1人で行くなら恐れる風ではないが、妻はへた釣り以上の船酔い体質で凪だよねという日にマグロ化したことがある。予約しづらい。

明日はカワハギ開幕戦2020。アサリを剥いて白い粉を合成する

明日はカワハギ開幕戦2020。アサリを剥いて白い粉を合成今年もダメかなぁと様子を見ていた竹岡沖のカワハギだが11月にならんとしたタイミングでようやく上向いた。ここで行っておかないと今年も竹岡沖のカワハギはやらず仕舞いになりかねない。みんな考えることは同じなようで予約締切多数の中、金沢八景・一ノ瀬丸になんとか滑り込む。

獲れた魚か無理な魚か悔やまないためドラグチェッカー?

獲れた魚か無理な魚か悔やまないためドラグチェッカー?緩めに設定したドラグが止まらかったときどう対処すればよかったの?と書くと、いろんなアドバイスをいただいた。基本は魚が止まるまではドラグは触らずに耐えた方がよいとのこと。早く止めたくてすぐにドラグを締めるという傾向…確かにある。悔やまないためドラグチェッカーを買う?

緩めのドラグが止まらない…対処は締めるでいいのかな?

緩めのドラグが止まらない…対処は締めるでいいのかな?大きな魚と勝負した経験が多くないので、大物への対策で少し緩めに設定したドラグが止まらなかったときに、どう対処したらいいのかと悩む。高級魚は運次第?釣行で唯一あった良型の魚信はドラグが出続け、竿を立てて少しドラグを締めるとハリスが切れた。どう対処するのが正解?

へたでも釣れるときは釣れる東京湾釣行記

初釣り2021は東京湾癒しのアジ&シロギス。胴突き面白い

初釣り2021は東京湾癒しのアジ&シロギス。胴突き面白いキンメムツで運試しするか、子供2号からリクエストがあったアマダイに行くかと悩んだ末に2021年の初釣りはハズレが少ない東京湾癒しの二大釣魚を狙うシロギスアジリレーに鮫洲・和彦丸から。バリバリという活性ではなかったがアジキスもそれなりに。キスは胴突きでやり抜いた。

釣り納め2020はアマダイ改めコレジャナイ十目釣りでチ~ン

釣り納め2020はアマダイ改めコレジャナイ十目釣りでチ~ン終わりよければなんて言ってる人の終わりがよかった験がない。2020年の釣り納めは羽田・かみやからお雑煮に入れるアマダイを狙った。魚信は多くて楽しかったものの釣れども釣れでもコレジャナイ。本命ボウズと諦めかけたら十一目めにしてようやくご対面。でもサイズがコレジャナイ。

ヤリイカデビュー戦ツ抜けに届かずも面白いのは分かった

ヤリイカデビュー戦はツ抜けに届かずも面白いのは分かった2年前に行くぞと宣言したもののなぜか行きそびれ続けていたヤリイカ釣りにようやく行けた。凪の剣崎沖から沖の瀬で深場の勇者様、上乗りさん、船長にまであれこれ教えていただいて頑張って釣ったが目標のツ抜けには届かず8杯。次第に釣り方が分かりだし面白さは理解できたよ。

どったんばったん大撃沈しホルモンまさるでがっつり反省会

どったんばったん大撃沈しホルモンまさるでがっつり反省会昨日の午後からの南西強風が北風に変わる午前の数時間が凪てチャンスタイムと予測して妻1号の半日アジ30匹チャレンジを決行したのだが、朝家を出ると既に風が弱まっている。予報が早まったのかもという嫌な予感通り、どったんばったん時化状態。夫婦そろって大撃沈する。

ちょい時化でも妻はマグロ化せず良型アジ13匹と急成長?

ちょい時化でも妻はマグロ化せず良型アジ13匹と急成長?午後から風が弱まる予報だったので妻との半日アジ30匹チャレンジを予約。朝食後の散歩でこれはやっちまったかも、と…風が強い。予約したからには行かねばならない。桟橋で船長に挨拶すると午前は海ばしゃばしゃで釣りにならず。妻が船酔いしてマグロ化しないことを祈るばかり。

タチウオはポンコツだけど頑張って9匹。アマダイはちっちゃ!!

タチウオに関してはポンコツだけど9匹。アマダイはちっちゃ!!苦手な魚が多々あれど、タチウオに関してはポンコツだと自覚している。魚信に対して針掛かりする確率は1割以下なんてこともある。本日に限れば魚信れば5割は獲れて9匹とへた釣りにしては上出来。リレーのアマダイも魚信はあったがアワセた瞬間これじゃないと分かるサイズばかり。

一枚足らず…2020年のカワハギ開幕戦は竹岡ハギ屋敷?

一枚足らず…2020年のカワハギ開幕戦は竹岡ハギ屋敷?2年ぶりの竹岡沖カワハギ金沢八景・一ノ瀬丸から。毎年開幕戦は釣り方覚えているかな?と不安になるがハギポン、ピカイチくん、アワビ貼りブレードの愚策3点セットでなんとか。でも、あと1匹釣ってツ抜けしたかったし良型もあと1匹いればTKB寸で70センチ超えたのにと、うらめしや?

高級魚は運次第? 本日の釣魚居酒屋へたはアジ専門店

高級魚は運次第? 本日の釣魚居酒屋へたはアジ専門店RPGのキャラステータス風に考えると、へた釣りに足りないのは器用さと運。江戸前刺し盛り三点盛りを狙って金沢八景・一ノ瀬丸の午前アミ五目。アジは大中小サイズ混じりで53匹、ほかはメバルのみ。帰港後船長に「ほかの魚はどうやったら釣れるの?」と聞くと「運」と即答される。

居酒屋へたのお通しは小アジ南蛮漬け。それ食ったら寝る

居酒屋へたのお通しは小アジ南蛮漬け。それ食ったら寝る秋の八景沖アミ五目のテーマは豪華刺し盛り。アジ以外にマダイ、クロダイヒラメなどの高級魚をゲットして五種盛り、七種盛りをと目論んでいるのだが…なかなかうまくいかない。本日はとうとうお刺身にできる魚なし。豆アジカサゴが釣れただけ。釣魚居酒屋へたは南蛮漬けしか料理なし!

雨中の筋トレのご褒美はラスト15分に30upクロムツを2匹だ

雨中の筋トレのご褒美はラスト15分に30upクロムツを2匹だクロムツは冬が旬とばかり思っていたら実は夏の方が美味しい魚だと知った。釣りたい、そして食いたいとなると、少々の雨予報は気にならなくなる。羽田・かみやからLT深場五目へ。コロナ禍&イサキシーズンのためかみやに行くのは半年ぶり。雨は予報よりましだったが…苦戦した。

暑さ避けさくっと午前アジ作戦。サイズいろいろ39匹で成功

暑さ避けさくっと午前アジ作戦。サイズいろいろ39匹で成功風があれば波がぁと騒ぐくせに、風がないと暑いぃと嘆く。釣り人はわがままだ。先週宇佐美沖で死にそうになったのに続いて本日もほぼ無風の予報。1日頑張れる気がしなかったので、さくっと午前LTアジ作戦。南蛮漬けからお刺身用A5ランクまでサイズいろいろ39匹で作戦成功♪

2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続ける

2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた何日か前に束釣りを達成した人も出て、いよいよ数釣りシーズン到来かと勢い込んで金沢八景・一ノ瀬丸から2020年のイサキ五目第4戦目。前の3戦はまともな釣果に恵まれず今度こそはと思っていたら、これまで以上に完膚なきまでに叩きのめされた。15匹だけで一番釣った人の1/3以下。

気まぐれな剣崎沖イサキに翻弄されるのもいと嬉しで35匹♪

気まぐれな剣崎沖イサキに翻弄されるのもいと嬉しで35匹♪2020年のイサキ第3戦も、剣崎で1日はできなかった。といっても洲崎や沖の瀬に南下したのではなく雷が鳴りそうな雨雲が接近したせいで1時間半ほど早上がりになった。あと1時間半あれば…目標としていた50匹に届いたような無理だったような。気まぐれな剣崎沖イサキに翻弄され35匹♪

A5ランク絶品アジばかり53匹。時化避けサクッと釣行大成功

A5ランク絶品アジばかり53匹。時化避けサクッと釣行大成功梅雨前線が停滞し連日強風が吹く中、今日の午後だけは風が弱まる予報だった。時化を避けてサクッと午後LTアジへ。来週は大阪行きで釣りに行けないので2週間分のおかずを釣りたかった。目標は50匹。終わってみれば、20センチ以上25センチ以下の絶対美味しいアジ53匹で大満足♪

推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…

推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…2020年のイサキ開幕戦は洲崎沖で23匹のイサキを釣ったものの、剣崎では1匹も釣れず。剣崎イサキ解禁はオアズケをくらってしまった。あれから3週間。そろそろ松輪の根が安定し始める時期、6月下旬ともなれば引きが小気味よい浅場のイサキを楽しめると信じて疑ってなかったが…。

和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた

和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた東京湾の船釣りでまずはこれを学ぼうと考えたのがLTアジシロギス。下手くそすぎて釣れねぇ~釣れねぇ~とボヤキばかりの釣行の面倒を見てくれたのが増尾船長だった。増尾船長鮫洲・和彦丸を開業した。お祝い釣行の釣り物は当時と同じキスアジリレー。少しは上達してるかな?

イサキ開幕戦は尺級5匹込み23匹。でも剣崎は撃ちーん!

イサキ開幕戦は尺級5匹込み23匹。でも剣崎は撃ちーん!6月1日に解禁となる剣崎沖イサキ釣り。20メートル以浅が食ってくるイサキの引きの小気味よさが癖になる。手返しがよく束釣りだって狙えるので、毎年開幕するのを楽しみにしている。2020年の開幕戦は尺級5匹込み23匹とお土産は潤沢。でも剣崎沖では一度も魚信なしで撃ちーん!

復活の日釣行。まずはめでタイ、あとはひたすらイサキで…

復活の日釣行。まずはめでタイ、あとはひたすらイサキで…新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するため外出自粛要請を守った。首都圏の緊急事態宣言が解除され、ようやく釣りに行けるように。実に2カ月半ぶりの釣行だ。金沢八景・一ノ瀬丸から遠征ウィリー五目へ。オキメバルを中心に多彩な魚種でクーラー満タンを狙うはずだったが……。

アラはともかくとして…クーラー真っ白でピント合わねぇよ(泣

アラはともかくとして…クーラー真っ白でピント合わねぇよ(泣アラは釣れたら儲けものくらいのつもりでいた。アラが釣れなかったことにショックはないのだが…な~んにも釣れなかった。魚信すら一度もなかった。8時間筋トレを兼ねて頑張って誘い続けたが……。空のクーラーの写真を撮ろうとすると真っ白でピントが合わない。涙が出そうになった。

釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!

釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!魚だって命がけ、甘く見ていると予期せぬ大惨敗をくらう。2月1日に開幕した東京湾奥のメバル。釣れる日の条件を吟味して釣行するのが楽しいが、昨年は熟考しすぎてやらず仕舞いに。本日はベストな条件ではないが、爆釣は無理でも釣りにはなるだろうと釣行を決断したが…轟沈。

極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる

極鋭CGオニカサゴで入魂完了。人ではなく竿が褒められる禁煙5年生進級祝いで自分へのご褒美として買った極鋭 コンセプト ゲームP HHH-205AGSに魂を入れるため、羽田・かみやからオニカサゴへ。感度も操作性も抜群で期待以上の竿だったことに悦に入る。釣果もへた釣りにしては上出来の35センチ級が2匹。釣れたら竿が褒められた。

満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん

満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん腰がグキッとなりそうなのに選んだ釣り物は羽田・かみやのLT深場五目。オモリ150号の胴付き仕掛けで、水深250メートルくらいで釣れる魚を釣る。アカムツやアラなどの超高級魚をゲットできることもあるが、本命はクロムツ。2020年は初戦から満足サイズ2匹込みで6匹ゲットしえっへん。

あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉

あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉釣り納めは宇佐美までプチ遠征してまさかまさかのクーラー空っぽ。初釣りは安全策をとるべきなんだろうが、ボウズ率76%と最も苦手としているオニカサゴ釣りへ。沖上がりの30分前、14時の時点で釣果なし。心折れそうになりながらタナ取りを続けてなんとか35センチを1匹釣る。小吉!

イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット

イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲットどんな釣趣だったかははっきり書くと覚えていない。でも、ラードのような白い脂がにじみだすその身の味は忘れられない。マダイ船の片隅でイシダイを狙うことの無謀さを悟って、久里浜・平作丸のイシダイ五目へ。風に苦しみ、イナダに邪魔され、辛抱強くシャクってなんとか3匹ゲット♪

久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ

久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ竿さえ握ればいつもニコニコ…とはいかない日だってある。金沢八景・一ノ瀬丸からマダイ五目改め勝手にイシダイ五目へ。出船前に船長に釣況を聞くと「イシダイは釣れても小さいし簡単には釣れない」とのこと。イシダイではなくマダイ五目なのでマダイを狙うようにと型にはめられてしまう。

序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…

序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…観音崎より手前の湾内なら時化ないと思っていたら朝のうちは予想外の海況。苦手な長ハリスに悪戦苦闘しながら良型のクロダイを立て続けに2匹。そのうちマダイも釣れるに違いないと気合を入れて誘い下げ続けたが、何が気に入らないのかそれっきり。マダイへの苦手意識を募らせる。

ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足

ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足これまでにもカイワリのゲストなどでイナダは釣ったことあったが水深12、3メートルで食ってきたイナダの引きは別格だった。食ったと同時に走り出すイナダを竿を立てて止める。ドラグを滑らしながらのやり取り。海面が近づくと最後の足掻きでもうひと暴れ。めっちゃくちゃ面白かったぞ。

タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感

タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感台風19号で被害を受けた桟橋の応急処置が済んだ羽田・かみやにお見舞いを兼ねて釣行。タチアマリレーがリクエスト乗合で出船していたので、2019年のアマダイを開幕させた。台風21号がもたらした大雨で上潮が速くしかも底荒れ気味で厳しいよと事前に言われていたが…アマダイは…。

台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが

台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが来なければよかったとは決して考えない。甚大な被害をもたらした台風19号のせいで三連休の2日間を家に閉じこもって過ごした。もう我慢できない。予報が多少悪いことは知っていたが釣行を強行。土砂降りの雨、10メートルの強風、漂流物、アジの活性までイマイチ…それでも楽しい♪

35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮

35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮4月以来だから半年ぶりの妻1号との釣行。釣果を確認すると目標であるアジ30匹は少しというかかなり厳しい。LTアジではなく、アミ五目に乗って、アジ以外にいろいろ釣って八景沖豪華刺し盛り5種を釣ろうと目標を変えた。釣れれば良型だったが数伸びず、五目どころかアジしか釣れず。

ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目

ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目午前中に浅場タチウオの攻略を今年も失敗した。午後はアジに癒してもらおうとアミ五目に。アジに癒してもらうという思惑はかなえられたが、アミ五目のもう1つのテーマであるゲストの高級魚で豪華刺し盛りチャレンジはサバだけ。ムツ針10号をへし折っていった魚の正体はなんだった?

浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも

浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも魚信はあれど10回に1回くらいしか針掛かりせず、なんともならないのが水深20メートル以浅の夏タチウオ。名人さんたちからアドバイスをたくさんもらい、今度こそはツ抜けをと意気込んで金沢八景・一ノ瀬丸から午前タチウオに。結果は6匹。浅場で釣ったのは2匹だけで残りは観音崎沖で。

路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです

路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです下手だ。本当に下手だと船上で頭を抱える釣りだからハマるのが暑いこの時期限定で楽しめる浅場のタチウオだ。エサ取り名人と呼ばれるカワハギよりも難敵なのではないかと思っている。今日も船上で魚信はあれど針掛かりしてくれないタチウオ相手に涙目になりつつしのぎを削る。

撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪

撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪イサキカイワリに忙しくって久しぶりの羽田・かみやデカッw船長船。苦手なタチウオ、それも超苦手な浅場に挑戦する。リレー船なので目標は10匹。結果は8匹。健闘したともいえるがすぐ横で船長と呼ばれていた人は16匹釣っていたのでダブルスコア。アジも40匹くらいで下手だなぁ。

5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない

5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない2015年から4年連続で達成していた剣崎沖イサキの束釣り。5年目、6年目と記録を伸ばしていきたかったが叶わず。ソウダガツオの邪魔もなくチャンスはあったのだが、追い食い狙って数を稼げるウリンボがほとんど釣れず。25センチ超えお刺身サイズ7匹で満足感はあるのだが…。

一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする

一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする前夜にカツオの水揚げ高日本一を目指す凄腕漁師たちの戦いを見たせいではないだろうが、釣れども釣れどもソウダガツオという悪夢の展開。肝心のイサキは魚信すらほとんどなく、魚信を出せても巻き上げ中に食ってきたソウダガツオに化ける。凄腕カツオ一本釣り師になってげんなり。

台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ

台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ令和初の台風上陸の翌日に釣行する。予報を見ると凪ではないがなんとかなりそうな波・風に見えた。陸で小賢しく悩むより海で竿持ってつんのめる!!と覚悟を決め金沢八景・一之瀬丸からイサキ五目へ。湾奥の釣り物にしとけばとは考えない。どうせ海が悪いなら行きたい物に行くのが正解。

竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ

竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ朝起きて波風予報を確認すると釣行予定の日曜は大時化に。強風を嫌って回避した土曜の午前は凪に。このままでは今週は釣行できなくなる。午後の予報は……悪くなっているが風10メートルまでなので釣りにはなる。午後LTアジに緊急出撃した。釣果は33匹。魚信は多かったがバレまくる。