猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!

猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!何一つ思うようにならない日だった。午後アジは5匹しか釣れず久々にアジ釣りで大撃沈。気を取り直して夜メバルに臨むもメバルは6匹だけ。猿島沖で下手をキワめてきた。この場合のキワめるは、「極める」「究める」「窮める」どの字をあてるのが適当なんだろう?と帰りの電車で悩む。

▼声も出演版

猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!「極める」は限界や頂点、最上にいたるという意味。下手くその頂点にして最上……ちょっと嫌かも。「究める」は探求や研鑽の先に事物の深いところに達すること。へた釣りの下手くそは探求の先に辿り着いた深み…思い当たることがありすぎて笑えないw 「窮める」には行き詰るというニュアンスがあり貧困をキワめるのキワめるがこの字である。これかな? 京急大津・いなの丸から午後アジ→夜メバルリレーへ。午後アジでサクッとお土産を確保して、メバルの魚影が濃い猿島沖で横浜沖でボウズをくらった仇を討つつもりだったのだが……アジメバルもズタボロにされて下手を窮めてきたよ。

■1匹だけ36センチの黄金大アジは釣れたが…アジの釣り方忘れた!

猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!メバルの実釣時間は3時間しかなく、物足りないので午後アジからリレーする。早く行って夜メバルの釣り座を確保したいのもある。作戦は成功し、午後アジは左舷舳で、夜メバルは右舷舳で釣ることができた。午前アジが港に帰ってきたので釣況を聞くと「釣れればデカいけどみんな3、4匹くらい」とのこと。猿島沖~観音崎沖といえば東京湾のアジ釣りのメッカである。そんなことあるの?と驚いたが、竿を出すとすぐにそんなことあるかもと気付く。潮が速くコマセと仕掛けが同調している気がしない。アジはいるにはいるのだろうがコマセに突っ込んでくる活性はなく、速い潮で流されていったコマセで満足してしまっている? 何かの間違いで釣れることはあっても狙い通りには釣れない。

猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!潮が速い時はコマセを素早く巻いて素早くタナにビシを置くことを意識するがそれでは足りない。小刻みにコマセを振り出し少量のコマセと仕掛けが同調する一瞬に期待するマシンガンコマセを試すが、何匹か獲れたものの仕掛けを動かすとアカクラゲの被害が凄まじく心折れる。しかもPE2号ビシ80号ではビシが吹きあがってタナ呆けしまくる。その都度回収になるので効率が悪い。いなの丸アジ釣りは水深関係なくPE3号ビシ130号が正解と気付く。釣りが思ったようにならないと調子が狂いだす。巻き上げ中のバラシ3回+海面バラシ2回を連続してやってしまうと戦意喪失とまではいかないが意気消沈。午後アジは5匹で終了する。どうすればいいのか分からなかった。

■猿島沖にメバルはいたよ~♪ でも夜メバルと昼メバルは違う釣り?

猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!本日の釣行は夜メバルが主で午後アジはおまけみたいなものと気分を切り換える。早めに船に乗って念入りに準備。暗くなっても戸惑わないように釣り座の周りを整える。船は18時に港を出て猿島沖のポイントへ。陽が沈むまではカサゴが主なのでイソメは短めに、陽が落ちたら長いイソメを付けてメバル狙いとの指示がある。カサゴの魚信はもらいにいかずメバル一途な釣りをするつもりなので、胴突き3本針の仕掛けの下針は70センチの位置から出し、最初からイソメも長め。何匹かカサゴに邪魔されたあと、陽があるうちに本日最初のメバル。猿島沖にはメバルがいることを確認する。陽が落ちたら本格的に…と考えていたのだが……。

猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!太極拳の動きでゆっくり誘い上げてゆっくり誘い下げてメバルにアピールするはずだったが、メバルが食ってくるのは下針ばかりで浮いたり、餌を積極的に追っている雰囲気ではない。ほかの人はどう誘っているんだろう?と観察すると底でシェイクしたり乱暴に竿を煽ったり…メバル釣りではガチャガチャ仕掛けを動かしてはいけないと教わったが夜メバルではあまり気にしなくていいみたいだ。とするとへた釣りのメバルガチ竿のリアランサーメバルではガチャガチャ誘いにくい。静かに誘っているとなぜかメバルではなくシロギスばかり食ってくるというよく分からないことに…。メバルは6匹だけ。サイズも22センチまででシロギスの方が26センチと大きかった。特餌の話が書いてないって? 特餌では一度も魚信がなかった。


Twitter

2024年06月09日 14:40

« 本日のテーマは暑さにめげないカサゴに逃げないでいくよ~ | メイン | 【動画】上手くはなりたい…でも下手だから面白い気がする »

最近の釣りに行った記事

猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦
特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ

著者: へた釣り