シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子

シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子昨年キスアナゴ天丼なるパワーワードに出会ってしまい、全く釣れる気がしないので撤退していた夜アナゴに行くようになった。昨年はやはりというか当然というかボウズをくらい桟橋で強奪したアナゴキスアナゴ天丼にありついた。今年こそ自分で釣ったキスアナゴで天丼を食べたかった。

シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子へた釣りは血糖値対策のために基本白米を食べない生活を送っている。例外的に年に一度ずつだけは食べると決めていたのが春の豆ごはんと秋の栗ごはん。いずれも大好物である。昨年から年に一度の例外にキスアナゴ天丼が加わった。キスの天ぷらもアナゴの天ぷらも大好物だ。これを甘い天丼のたれにくぐらせて白米にもたっぷりたれをかけ回して…血糖値が跳ね上がること間違いなしの糖質爆弾である。年に一度のお楽しみにふさわしい。羽田・かみやからショートシロギス、夜アナゴが同日に出船していたので、2024年のゴールデンウィーク第2戦はキスアナゴ天丼リレーに。

■潮が流れず魚信出せない。分かった気になっていたシロギス遠ざかる

シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子潮回りは長潮で船を潮に乗せて流して釣るシロギス釣りにはあまり条件のよい日ではないと分かっていたが、水温も上がってきているし、胴突き仕掛けでのシロギス釣りも少しはさまになりだしているはずだしなんとかなるだろうと考えていた。最初のポイントは木更津沖水深16メートル。思っていたよりやや深め。2本針の胴突き仕掛けを軽くキャストしてラインをたるませて20秒待つ。待ち終えたら竿を持ち上げオモリを跳ね上げるようにして誘う。これを船下まで繰り返す。最初の魚信は微小なものでメゴチ。シロギス以外の魚が釣れたら待ち時間を短くしていく。次の魚信ははっきりとしたシロギスらしい魚信だった。随分引くので何事?と驚いたが、上針にイシモチ、下針に良型シロギスキス天ゲット!! 木更津沖は潮がほとんど流れていなかったようで魚信が遠かった。シロギスは2匹追加できただけで10分ほど走るとのアナウンス。
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子

シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子中ノ瀬に移動して釣り再開となる。シロギス船が何船か見えたので、中ノ瀬は釣れているのかな?と期待したが、潮が流れないという状況は一緒のようで魚信をなかなか出せない。船がシロギスの群れの上を通ったらポツポツと釣れるだけ。テンビンを少し浮かせて待っているだけの人の方がペースよく釣れていたので、スローな誘いが正解かも? 潮が流れてないならと枝スを短くしてみたり、オモリを底から離さずにラインを張ったり緩めたりしてみたが、ペースは上がらない。このままだとツ抜けが厳しそうなので、テンビン仕掛け(和彦丸SP)を投入する。テンビンなら釣れるというわけではなかったが沖上がりの直前にダブルが発生してギリギリツ抜け。胴突きでのシロギス釣りがちょっとは上達してきているかもと思っていたが、三歩進んで五歩さがった感じ。
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子

■6年ぶりにアナゴが釣れた!! 魚信の出し方もアワセ方もさっぱり…

シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子ショート船の帰港は14時で夜アナゴの出船は18時。食事をして羽田辺りを散策して時間を潰せる気でいたが…時間を持て余してしまった。次回ショートシロギス→夜アナゴに乗ることがあったら、蒲田駅行きの送迎を利用して蒲田駅周辺で時間を潰そうと決める。夜アナゴの釣り座は今野名人の隣で2号船の左舷艫から2番目。名人の釣り方を見て盗む作戦だ。桟橋で異次元大塚さんから「速く誘うのではなく20センチ下げた竿をゆっくりと戻す感じ。メソが多いので魚信取れないと釣れないよ」と教わる。船は定刻に桟橋を離れ木更津沖へ。丁寧に餌を付けてオモリが底から離れないように優しく竿を操作していると……釣れたよ!! 2018年5月3日以来だから6年ぶりのアナゴ♪ キスアナゴ天丼を自力で調達成功!!
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子

シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子1匹釣れたから何かが分かったというわけではない。すぐ隣で今野名人が堅調にアナゴを釣りあげているのに、魚信はあっても掛けられず。針を齧るようなガシガシという手応えがアワセ時の目安と教わるが…目感度・手感度・第六感…釣りに必要なセンサーが全部鈍いへた釣りには目安の察知が難しい。4、5回アワセ時を逃したら、小突き方が狂ってしまったのかなかなか魚信を出せなくなってしまう。一度心を落ち着けて、餌も一度全部外して付け替えて…と、分かってない釣りだからこそ丁寧に基本通りにやろうとしたが、基本通りにやるつもりの基本ができてない。何かの間違いでもう1匹だけ追加できてアナゴは2匹で終了。ストック5で3匹補填してもらい、さらに16匹釣った今野名人から10匹分けていただきキスアナゴ天丼はほぼアナゴ天丼に。
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子


Twitter

2024年05月04日 16:40

« アンカー入れる釣りの潮先予測苦手だけど…明日は舳有利? | メイン | 【動画】アナゴをわからせられる夜の帝王にはなれないねw »

最近の釣りに行った記事

猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦
特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ

著者: へた釣り