釣ったら美味しく食べるメモ

透明できれいな薄造りを食べたいカワハギは締め方が大事

透明できれいな薄造りを食べたいカワハギは締め方が大事カワハギといえば、何と言っても薄造り。肝醤油とポン酢を用意し、お皿が透けるように盛ったカワハギの透明できれいな身をお箸で4~5枚まとめてすくって食べる。フグのてっさと同じ要領だ。釣りたてのカワハギは養殖のフグより絶対に美味! でも美味しく食べるには締め方が大事だ。

もっと美味しく食べたい!! 釣った魚のお持ち帰り方いろいろ

もっと美味しく食べたい!! 釣った魚のお持ち帰り方いろいろ釣ったら食う。自分で釣った魚はどうやっても美味しいものだが、もっと美味しく食べたい! というわけで、釣った魚のお持ち帰り方をいろいろ。「ぐさぶろー」「神経締め」などいろんな道具を買ったりもしているのだが……ひょっとしたらもっと美味しく持ち帰る方法ってある?と気になる。

美味しく食べたい魚の話題

シロアマダイ買うのにTHERMOS ソフトクーラーよさそう

シロアマダイ買うのにTHERMOS ソフトクーラーよさそう3月に大阪の天満市場で売られていたシロアマダイを見つけてしまってから、買っとけばよかった~という悔いが頭を離れない。帰る直前に買ったとして東京まで3時間以上……なかなか厳しい。「THERMOS ソフトクーラー 15.0L」なら肩から下げて持ち帰れるのでなんとかなりそうな気がする。

4月なのにA5ランクベイブリアジ刺しのぬらぬら感ヤヴァい

3月なのにA5ランクベイブリアジ刺しのぬらぬら感ヤヴァい25~30センチの東京湾で釣ったアジを食べてハズれたことはないが、4月と旬ではないのに久々に大当たりした。程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣りで何匹か混じった25センチ超のA5ランクアジを刺身にすると表面がぬらぬらとしており箸が滑りそうな脂の乗りだった。

熱海未活用魚で作った「ひみつの炊き込みごはん」気になる

熱海未活用魚で作った「ひみつの炊き込みごはん」気になる正月に熱海に旅行するにあたって熱海の美味しい地魚って何なんだろう?と気になって調べた。地魚寿司を食べて一応解決したつもりだったが、熱海で獲れた未利用魚・未活用魚で作られた炊き込みごはんの素が発売されたと聞いて気になる。こっちの方がディープな地魚が食べられる?

どう食べても旨い1.5キロキンメ煮付けを独り占めする贅沢

どう食べても旨い1.5キロキンメ煮付けを独り占めする贅沢釣りも好きだが食べるのはもっと好き♪ 27匹釣れた式根島キンメを食べ始めた。大きいのから2匹は炙ってお刺身に。残る良型は頭や中骨などのアラでお出汁をとってしゃぶしゃぶにするつもりだったが、外食では絶対食べられないデカキンメの煮付けを一人で食べる贅沢をしてみることに。

下がらん…どころか上がってる。カイワリ釣りすぎたせい?

下がらん…どころか上がってる。カイワリ釣りすぎたせい?足に感じる痛風発作の予兆ともいえる違和感を年が明けてから一度も感じていなかったので、すっかり油断していたが尿酸値は7.6mg/dL。2カ月連続で数値が悪化してしまっている。体重は落としているし、お酒の量もかなり減らしている。思い当たるのは…カイワリの食いすぎくらいしか。

時化の憂さ晴らしに呑むのは「日和上げ」。いい言葉だなぁ

時化の憂さ晴らしに呑むのは「日和上げ」。いい言葉だなぁ魚が食べたい!-地魚さがして3000港-」を見ていると「日和上げ」なる知らない言葉というか風習が秋田県にあるのを知る。冬の日本海は時化が続き、漁に出られない日が多い。時化の日に晴天になることを願ってお酒を酌み交わす集まりを日和上げというらしい。いい言葉だなぁ。

カイワリ釣れたらアマダイのサイズが10cm大きく感じるよ

カイワリ釣れたらアマダイのサイズが10cm大きく感じるよカイワリアマダイの定番ゲストの1つだが、へた釣りの場合なぜかアマダイの仕掛けでは滅多にカイワリが釣れない。手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?釣行で久しぶりに釣れたのだが、アマダイの酒蒸し+カイワリ刺しで、釣りの満足感がアマダイ換算で+10cm♪

グラデーションに味が染みるいかり肩良型メバルの煮付け♪

グラデーションに味が染みるいかり肩良型メバルの煮付け♪あまり釣れていないし狙っている良型も出てないみたいだし…メバルって楽しいの?と聞かれることがある。どんな大物!?と一瞬驚かせてくれる一撃を楽しめるメバルの釣趣が好きだし、良型が釣れると食べられる煮付けは抜群に美味い。グラデーションに味が染みるいかり肩なら文句なし。

カイワリが20匹釣れたら作れるもう1つの絶品が開き干し♪

カイワリが20匹釣れたら作れるもう1つの絶品が開き干し♪カイワリは釣った翌日から3日間で食べ切れるだけお刺身で食べる。ツ抜けできたら釣った日にもお刺身で食べる。カイワリはへた釣り家の刺し盛りのセンターポジションを15年にわたってキープしている。お刺身で食べてこその魚だと思うが、20匹釣れると流石に食べきれない。その時だけ…。

越冬シロギスの上品な脂を楽しむには天ぷらじゃダメなのか

越冬シロギスの上品な脂を楽しむには天ぷらじゃダメなのか水温が22度を下回るとシロギスは産卵を終え、水温が安定している深場に落ち始める。積極的に餌を追わなくなり釣りにくくはなるが、産卵を行わない分、脂を蓄え始める。越冬シロギスは上品な脂が乗り身の甘みが一段上がるとされており、さぞかし美味しい天ぷらになると期待したが…。

熱海の地魚寿司はアジ、マダイ、キンメ、メダイなどだった

熱海の地魚寿司はアジ、マダイ、キンメ、メダイなどだった年末年始は大阪の母にご挨拶をしてから一泊で熱海へ。昼食に美味しい海鮮をいただこうと考えたものの、熱海の美味しい地魚って何なんだろう?という熱海旅行する人が考えてはいけない疑問を抱いてしまう。解決してくれたのは熱海銀座のお寿司屋さん、寿し忠の地魚寿司だった。

下田ならキンメみたいな熱海ならコレな魚ってなんだろう?

下田ならキンメみたいな熱海ならコレな魚ってなんだろう?年末年始は大晦日から大阪に入り母に年始の挨拶をしてから熱海に移動し温泉へ。ランチは熱海の町でということになる。1日は子供たちのリクエストで焼肉へ。残る1日はせっかくの熱海なので海鮮料理をと考えたのだが…お店を探し始めて、あれ?となる。熱海の地魚ってなんだろう?

イサキの旬は梅雨と思っていたが寒イサキこそが旬らしいぞ

イサキの旬は梅雨と思っていたが寒イサキこそ旬なのかな?イサキの旬は剣崎沖松輪の根が解禁となる6月~7月、つまり梅雨時だと思い込んでいたが、釣り物としての旬は梅雨、食べ物としての旬は断然冬というのが正しいらしい。寒くなり深場に落ちる前のイサキの脂の乗りは最高なんだそうだ。梅雨時は産卵期なので脂の乗りが悪いとのこと。

「魚捌き包丁の1本目として」◎な新潟燕市のふるさと納税

「魚捌き包丁の1本目として」◎な新潟燕市のふるさと納税暇だからふるさと納税の物色を続けている。今年の残高は1万円と少しだが、ちゃんと計算すれば1万5000円あるかもと、気になり始めたのが新潟県燕市の「ナガオ 魚さばき包丁」。「魚捌き包丁の1本目として」と書いてある。サバ短作り&妻の居ぬ間にお造りの練習用によさそう。

痛風上等♪ カイワリ釣ったら3日で食べるのは釣り人の義務

痛風上等♪ カイワリ釣ったら3日で食べるのは釣り人の義務妻が真面目な顔をして「どうする?」と聞いてきた。へた釣り家にはカイワリは釣った翌日から3日間でお刺身で食べきるというルールがある。一方で痛風発作でへた釣りが食べてよい魚は1日200~300グラムに制限されている。返事は決まっている。「痛風上等♪ 3日間で食べきる!!」。

今冬のほっと一息♪船上飯は「おどろき麺0」にしようかな

今冬のほっと一息♪船上飯は「おどろき麺0」にしようかな糖質摂取量は120グラム/日と決めている。尿酸値とは違い血糖値が上がってもすぐに何かは起きないが、長い目で見れば足が痛いどころでは済まない身体の不調が発生する(経験済み)。船上で摂る昼食は低糖質パンとバターにしていたが、冬だけは暖を取れる温かいものが欲しくなる。

プリン体のこと考えるとアマダイは安心して釣れるし食える

プリン体のこと考えるとアマダイは安心して釣れるし食えるまだ痛風発作を恐れているの?と、ビビリすぎなのを笑われそうだが、2カ月にわたって断続的に歩けないほどの痛みがぶり返したので、二度と発作を起こしたくない。でも、魚を釣りたいし食べたい。プリン体量を調べているとこの時期の釣り物ならアマダイがずば抜けて優秀で安心感がある。

365nmなら安いブラックライトでもアニサキスライトに?

365nmなら安いブラックライトでもアニサキスライトに?アニサキスのいる魚を見たことないというと、あれだけ釣りをしててあり得ないとちょっと馬鹿にされてしまった。ほとんどの魚はお刺身で食べているがお腹が痛くなって病院にという経験はない。へた釣りの釣った魚にはなぜかアニサキスはいないことを証明するために検出ライトが欲しい。

アマダイは45で大満足、40で満足。それ以下は次こそは…

アマダイは45で大満足、40で満足。それ以下は次こそは…大きすぎると脂の乗りが悪い魚がいる一方で、大きければ大きいほど美味いという魚もいる。アマダイは大きければ大きいほどな魚。40センチ超を食べるとそれ以下では満足できなくなり、45センチ超を食べると40センチに物足りなさを感じる。かといって満足サイズはそうは釣れてはくれない。

痛風対策でちょっとずついろんなアジの料理を作ってもらう

痛風対策でちょっとずついろんなアジの料理を作ってもらうまだ痛風なの?というと…締め付けがある防水シューズで釣行した翌日から階段の昇り降りで甲に鈍痛がある。まだ痛風なのである。大量にアジを持ち帰ったものの1日に食べていい量は2匹くらいまで。ただでさえおろすのが大変なはずなのに妻にいろんなアジの料理を作ってもらう。

食べられないと美味しい魚が集まる? キチジ(メンメ)鍋

食べられないと美味しい魚が集まる? キチジ(メンメ)鍋コロナ禍で最近行けていないが北海道は野菜も魚介も何を食べても美味い。これまで北海道で食べた魚のベスト3はヒメマス、ベニザケ、そして釧路ではメンメと呼ばれるキチジである。釧路からキチジが届いた。ユメカサゴに似た魚だが、脂の乗りは全く別物でアカムツといい勝負の美味さ。

カイワリ刺し&クロムツ炙り…このリレーってできないかな

カイワリ刺し&クロムツ炙り…このリレーってできないかな痛風発作の再発が怖いので血中尿酸値を下がったことが確認できるまではお刺身は少しずつしか食べられない。これを超えるお刺身はないと思っているカイワリ刺しとカイワリとは全くベクトルの違う脂の旨みと食感を楽しめるクロムツ炙りをいただく。この組み合わせのリレーできないかな?

半身ずつ食べると15匹は1月分!? ちょい早いが食べ始める

半身ずつ食べると15匹は1月分!? ちょい早いが食べ始める入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわで持ち帰った15匹の尺超えクロムツを見た妻が「食べきれる?」。痛風対策でへた釣りが食べていい魚の量は1日200~300グラム。半身ずつしか食べられない。子供たちや妻、北海道の師匠宅まで動員してクロムツ消費作戦。

清蒸は面倒と拒否られたのでアカハタの塩煮・煮付け・刺身

清蒸は面倒と拒否られたのでアカハタの塩煮・煮付け・刺身アカハタの料理法を調べると清蒸が定番と知る。1匹丸ごと蒸しあげた魚に熱した油をかけて皮目をパリッと仕上げる料理で、海老が紹興酒で泳いでいる海鮮自慢の中華料理屋で何度か食べたことがある。家でも作れるかな?と妻にお伺いを立てたが大きな蒸し器がなく面倒だと拒否される。

酒蒸し&兜焼きを食べると今年もアマダイ頑張ろうと決意が

酒蒸し&兜焼きを食べると今年もアマダイ頑張ろうと沸々と食いしん坊なので食べたいから釣っている。美味しい魚はまた食べたいから釣りに行きたくなる。毎シーズン、この味を思い出すとまた行こうと釣る気が湧いてくるのがアマダイ。酒蒸しと兜焼きでいただいた。ふっくらとした食感とほんのり上品、でもしっかりと感じられる身の甘みは最高。

カゴカマスの塩焼きは釣魚焼き魚部門で結構上位だと思うぞ

カゴカマスの塩焼きは釣魚焼き魚部門で結構上位だと思うぞ深場釣りで釣れる魚にハズレなし。天ぷらで最高なシロムツの代わりに釣れたカゴカマスはお刺身で食べようとすると可食部に骨が不規則に埋没しており、美味しいのは分かっているが食べるのが面倒。塩焼きにすると骨からの身離れがよくなり、気にならずに美味しく食べられる。

メヒカリ&シロムツ天は天丼のたれで美味しくいただいたよ

メヒカリ&シロムツ天は天丼のたれで美味しくいただいたよシロムツはふわりとした食感の白身の魚で普段なら煮立ったオリーブオイルに絡めてアヒージョにしていただくことが多いが、減塩中のため、今回はお上品な天ぷらにしていただいた。食感は抜群の魚であるが、淡泊すぎて物足りないので、温めた天丼のたれを少しかけて食べることに♪

アカムツにも「紅瞳」「どんちっちノドグロ」なるブランド魚が!?

アカムツにも「紅瞳」「どんちっち」なるブランド魚が!?アカムツは「ノドグロ」なるブランド名で全国的な知名度を得ている高級魚だが、高級魚の中でも更にうちのは絶対間違いなしとアピールする超高級ブランドがあることを知る。上対馬の釣り物にだけ与えられる「紅瞳」と島根県・浜田港の「どんちっちノドグロ」というブランドアカムツがいる。

3日間寝かせばカンパチは小さくてもカンパチだったよ~♪

3日間寝かせばカンパチは小さくてもカンパチだったよ~♪元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?で釣れた35センチくらいのカンパチ。尿酸値対策でたくさん食べてはいけないので翌日から少しずつ食べ始めたが…。お刺身三強の一角として期待した味には遠く、ショゴじゃだめかな? 3日すると急に旨くなった気がする。

ミズカマスと聞いていたがこれは本カマスだと今更気づく

ミズカマスと聞いていたがこれは本カマスだと今更気づく聞き間違えの可能性もあるが宇佐美沖で釣れ盛っているカマスはミズカマス(ヤマトカマス)と聞いていた。本カマス(アカカマス)に比べると身が水っぽく味はやや落ちると知っていた。実際釣って持ち帰ってみると…どう見てもアカカマス。小ぶりなものでもちゃんとカマスらしいお味で満足♪

美味しく食べたきゃ釣らなきゃね釣行記

釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ

釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ2024年はなんだか釣運に恵まれているので、マゴチだってなんとかなると思い込んでいた。今季開幕戦なのに釣れなかったらやめるサドンデス宣言して臨んだのは、釣れると思っていたから。腕ではなく釣運なんて不確かなものにすがっていてはどうもならんときはどうもならんと思い知ったよ。

程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り

程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り横浜でショート船だったはずなのに釣行記の更新遅くない? 祝杯あげるのに忙しくってやっと家に帰り着いたばかりである。程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は気合入れて釣りまくり、やったねと盃を重ねまくってやっとお家に帰ってきた。二連続での夫婦揃ってのアジ束釣りに、粂丸スゲェ~。

A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで

A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで3月10日の式根島キンメ以来だから21日ぶりの釣行だ。判断に悩む風の予報だったが、なんとか出撃できた。船に乗れただけで勝ったも同然な気分だったが、今年のへた釣りはなんとかなっちゃう釣運の持ち主なのだ。A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けサイズのメバルクロダイでどやっ!!

式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ

式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ年に一度の新島沖改め式根島沖キンメチャレンジに下田・番匠高宮丸から。キンメチャレンジはこれが3回目で過去2戦は3匹1匹と全く振るわず。それでも右も左も分からない状態だけはようやく抜け出せたかな?とほんの少しだけレベルアップ。全8投入のうち空振りは一度だけと大善戦♪

上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多

上上手くシャクば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多初島沖のカイワリで自己最多を3年ぶりに1つだけだが更新できた。入れパクの時間はなく、上手くシャクば食ってきて、適切に粘れば一荷も発生する。なんだかウィリーが上手になった気分でひゃっほ~い♪と叫びたくなる(というか実際叫んだw)。カイワリ釣りの醍醐味を満喫できたよ。

手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?

手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!!曇天&小雨限定で効果がありそうな気がするLEDシンカーをゲットしたらアマダイ釣りに行きたくなる。時期的には今季最終戦。LEDシンカー投入の条件を満たしていない晴天での釣行でいいの?と自分でも思ったが一度アマダイを釣りたいと思い立ってしまうと他の釣りに切り替えられない。

役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2

役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2城ヶ島沖のアカムツは役満(アカムツ)は釣れなくてもそれなりのお土産が見込めると書いてしまった。お土産確保に失敗したら三崎港・えいあん丸の営業妨害になってしまうと結構なプレッシャーを感じていた。結果はいつも通り。アカムツには嫌われたままだけど美味しいお土産は十分。

ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂

ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂イワシメバル愛好会の仕立船にお誘いいただいて人生三度目のイワシメバル釣行。昨年までとの違いは何と言っても竿。尺メバルを釣るという悲願成就に向けて、リアランサー メバル S300を購入した。メバルが釣れなくても餌のイワシの鱗が付いたから鱗付け成功と言い張るつもりでいたw

2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ

2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ今年のへた釣りは昨年来苦しんできた貧漁神の汚名を返上できてる気がする。2月に入ってからになってしまったが、2024年のカイワリ開幕戦へ。冷凍生しらすをコマセに混ぜて良型を仕留めるのが目標だったが釣れているサイズを見て作戦変更し、ウィリーで数釣り。人生二度目の20匹超え。

時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹

時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹昨年に続き、横浜山下・広島屋から越冬シロギスチャレンジ。水深20メートルのポイントで産卵期ではない脂の乗ったシロギスを狙う。初挑戦は16匹止まり。悔しかったので胴突き仕掛けでのシロギス釣りの練習に何度か通った。去年の倍の32匹釣れたらドヤッ顔の予定だったが…あか~ん!!

走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹

走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じりで28匹ビシが40号でも130号でも狙っているのは同じアジだからとはいかないのが面白い。ライトは苦手なビシアジ名人がいれば、ビシアジはやりたくないとうLTアジの名手もいる。へた釣りはというと素早くコマセを振って針を煙幕の中に入れる以外にアジ釣りのコツを知らないので重くてもいつも通り!!

役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3

役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3初釣りでいい目に遭って2024年はずっと好漁続きだったらいいのにと夢見たが、いい日ばかりなら飽きてしまう。悪い日ばかりでは続かない。いい日もあれば悪い日もあるから釣りは趣味として成立する。2024年第2戦は羽田・かみやからLT深場五目。東京湾口でシロムツ1匹+クロムツ3匹。

2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹

2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹アジシロギスなら壊滅的な釣果にはなりにくい…はずと、2024年の釣運を占う初釣りは鮫洲・和彦丸からシロギスアジリレーへ。ボウズこそさすがにないが機嫌を損ねたアジシロギスに打ちのめされたという経験は何度もしている。竿を出すまでドキドキしていたが…2024年は幸先よし♪

オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で

オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3釣り納めにアカムツを選ぶなんてオーラスで配牌関係なく役満狙うみたいなもんかな? 2023年は負けが込んでいて役満(アカムツ)を狙わないと帳尻が合わなかったのである。今年1匹も釣れていないアカムツがそう簡単に釣れるわけがなく白(シロムツ)ドラ(クロムツ)3で終了。

2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!

2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!貧果にあえいだ2023年の釣行を残る3戦で巻き返して帳尻を合わせるなんて無茶な目標を立てて臨んだ初島沖カイワリの今期第7戦目。ツ抜け達成で帳尻合わせ成功と設定した。一荷を狙えるタイミングでうまく多点掛けできて、カイワリ12匹。ツ抜け成功は2021年12月以来で2年ぶり。

津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた

津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきたよ年に一度か二度はこの釣行記を上げる意味があるんだろうか?と悩むことがある。そんな日は、自他ともに認める下手くその釣行記なんて釣れても釣れなくても上げる意味なんてそもそもないんだから!と自虐的な勢いに任せて書く。そして上げる。上げたら酒をかっくらって不貞寝する。

寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻

寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻50upアマダイ倶楽部中川名人からお誘いいただいて、宮川港・二宮丸から紅白アマダイ仕立てへ。船が出ない波風ではなかったが、師走並みの寒さの上に午前中は雨。北風もそれなり以上に吹いており、竿を握りながら来たのを後悔し始める。魚の活性が良ければ救われるのだが……。

夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?

夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?後先考えずに釣ってしまった。アカクラゲと酷暑を避けたため、7月から4カ月ぶりとなるアジ釣りデートに新山下・粂丸から。「竿頭の人が300匹超えの日があるよ」と発破をかけたが、余計なこと言わなければよかった。妻113匹で人生初の束釣り。負けるとばつが悪いへた釣りも奮起し129匹。

へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分

へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分「へたさん来たら釣れないね」の法則というか呪いから今日も脱却できなかった。最近、サバが大人しくツ抜けを狙えそうな雰囲気の初島沖のカイワリ宇佐美・治久丸から。へた釣りが行くとなぜかサバが大挙して押し寄せて…魚信の9割以上はサバ。カイワリはなんとか3匹だけゲットする。

入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ

入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ幼稚園のときから人と同じペースで決められた動作をするのが苦手だったし嫌いだったと思い出す。内房勝山港・萬栄丸の半夜クロムツで良型望める洲崎沖に初めて行けた。潮が速く投入は同時に1回。遅れるとお休み。入れて入れて休んで入れて休んで休んで…半分は投入できたかな?

ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦

ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦治らない痛風発作のせいでお酒も呑めず、散歩もできない。尿酸値と血糖値管理のために食事制限だけはしっかりしなければならないという生活を50日以上続けている。仕方がないと諦めつつもストレスはある。毎週末の釣りだけは楽しく過ごしたい。夏秋の癒しの釣魚アカハタに初挑戦した。

ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪

ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪深場の勇者様にお誘いいただいて、二度目の葉山・たいぞう丸からのアマダイ釣り。昨年も行こうとしたが時化で流れて2年ぶりの乗船。一度目は人生最大の53.5センチアマダイを釣らせてくれた超好印象の船だ。50超えのアマダイ2匹目&シロアマダイを目指しての釣行だったが…。

シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…

シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…シロムツの天ぷらを食べたら2週間以上苦しんだ痛風発作が治まった。淡泊な白身魚を食べたら尿酸値が下がるのかも。シロムツ本命宣言をして、三崎港・えいあん丸のアカムツ船へ。シロムツも狙って釣るのは難しかった。なぜかカゴカマス(≒スミヤキ)の方が優勢でシロムツは2匹だけ。

唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈

唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈痛風でたくさん魚を釣っても食べられないから少量でも満足感ありの高級魚を狙う。宇佐美・治久丸から午後アカムツへ。アカムツはだめでもゲストにクロムツがよく出現しているので、クロムツ狙いでアカムツが混じればラッキーくらいのつもりだったが一度しか竿がガコッとならずそれすらも…。

元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?

元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?痛風であまりたくさんお魚を食べられないから少量で満足感がある魚を釣ろうというのがテーマだった。カイワリ2匹+カンパチ1匹いればいいかなと臨んだ宇佐美・治久丸カイワリ・カンパチリレーだったが、サバとカマスがうるさすぎて大苦戦。カンパチをなんとか1匹。カイワリはボウズ。

猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ

猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ痛風発作明けの第1戦は石垣名人の仕立船にお誘いいただいて新安浦港・こうゆう丸からタチアジリレーへ。大潮で潮が速く、アジタチウオも苦戦するかもという予感はあったがこれに猛暑が加わると…休み休みでないと釣れなかった。釣果は痛風の人がちょうど食べてよさそうな量かも。

隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク

隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク暑かった。死ぬかもってくらい暑かった。こんな日に釣りに行ってはいかんよね。小坪港・洋征丸からカツオチャレンジ2023。キハダなんて欲張ったことは端から考えていない。サイズ問わずカツオを1匹釣って食べたいという望みは2年連続でノーピクに散る。すぐ隣で深場の勇者様は……。

キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹

キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹ベイトキャスティングの練習で湾フグ竿シロギスの第2戦目。2本針胴突き仕掛けの全長を少し短くしたり、先糸を20センチだけと短くしたりと少しでも上手くキャストできるようにとあれこれ対策して臨んだ。利き手の右手で投げたおかげでキャストは少しは様になった。シロギス24匹釣れたよ。

極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…

極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ上手くできていない釣り(シロギス)で上手くできないこと(ベイトキャスティング)の練習をしようと考えたのが無謀だった。船上で上手くできないことを増やすとムキーッと癇癪を起こしたお猿さんになる。何かつかみかけていた気がした胴突きでは魚信を出せず、キャストは飛距離が足りない。

メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ

メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタこれだけ暑いと釣りには行きたくなく…はならないが、1日はやめて半日船にしたり、夜釣りにしたりはする。煮付けサイズのメバル(25センチ超)がバンバン釣れるのではと期待していた大津沖の夜メバルへ。夜釣りのみだと実釣時間が短すぎるので酷暑の午後アジからリレーすることに。