脱・へた釣りメモ

カイワリだけを選んで釣れた!! チダイは釣り方分からない!?

カイワリだけを選んで釣れた!! チダイは釣り方分からない!?たくさん釣れたとかそういう分かりやすい成果には表れない釣りの満足度がある。俺が行っても終わらずどころか釣行は最多記録を更新しただけでなく、ほかの魚を混ぜず90メートル下の海中からカイワリだけを選んで釣ることに成功した。シャクリで釣り分けはウィリーの醍醐味。嬉しい。

仕掛け強度を上げるため添え糸なし枝ス編み付けを覚える

仕掛け強度を上げるため添え糸なし枝ス編み付けを覚えるイサキ2戦でハリス切れ2回、針伸び1回。どう対処するの?と書いたら、U原工房長より「編み付けで枝ス」を勧められる。幹糸に結び目はなくなるので強度が上がるんだそうだ。言われてみればハリス切れは枝スの結び目で切れることが多い。添え糸なしの枝ス編み付けを覚えた。

動かさないウィリーの方にイサキが食ってくる条件を妄想す

動かさないウィリーの方にイサキが食ってくる条件を妄想すウィリーはシャクってシャクって動かした方が釣れると信じている。一方で動かさないウィリーの方に魚(主にイサキ)が食ってくることがあることも知っている。その条件は? 剣崎沖イサキ2019開幕戦で目の前で入れ食いしていたあさなぎ丸の男女ペアがヒントをくれたような気がする。

気になる魚・物・話題

カイワリの開き…「ぬふふふふ」なお味にはならず。残念だ

カイワリの開き…「ぬふふふふ」なお味にはならず。残念だ美味い物を食べた時、理屈は吹き飛ぶ。ただただ「ぬふふふふふ」という不気味な声が漏れ出る。カイワリのお刺身は「ぬふふふふ」といくら言い続けても足りないお味。釣った翌日が美味しさのピークだと思う。珍しくたくさん釣れたので「ぬふふふふ」な味を延長させて楽しもうとしたが…。

今週末はタチウオ。あ行しか喋れないアホな子になってくる

今週末はタチウオ。あ行しか喋れないアホな子になってくる今週末に予定されている恵比寿・えべっさんチームとの釣行は最近まで好調が伝えられていたタチウオになりそう。金沢八景・一之瀬丸からなのでタチアジリレーだ。タチウオは冬にやらなかったので昨年9月以来9カ月ぶり。打率1割のド下手なのであ行しか喋れないアホな子になってくる。

釣行前日もカイワリ好調。「へたさん来たら釣れない」悪夢が

釣行前日もカイワリ好調。「へたさん来たら釣れない」悪夢!?仕事が手につかないというほどではないが、宇佐美・治久丸の釣果が更新されていないかと1時間に1回くらい見に行っているのであるから、もうちょっと真面目に仕事しなはれ!!と自分に言ってやりたい。カイワリ釣行は明日。前日まで好調を維持した。恐れるのは「へたさん来たら…」だ。

マゴチって産卵(釣れない時期)始まった? まだ大丈夫?

マゴチって産卵(釣れない時期)始まった? まだ大丈夫?6月の最後の週は恵比寿・えべっさんK藤店長とその師匠であるカズ名人らとマゴチを釣りに行く約束なのであるが……羽田・かみやが今週末でマゴチ乗合を終了すると告知した。暑くなって餌となるエビが死ぬせい? マゴチの産卵が始まって釣れなくなる時期だから? まだ大丈夫?

イサキもタチウオもマダコまで絶好調でカマスも始まったとさ

イサキもタチウオもマダコまで絶好調でカマスも始まったとさ宇佐美沖のカイワリの好調に腕を撫していると、剣崎沖のイサキも好調!!との連絡。「6月最多も狙えるんじゃない?」と煽られるとその気になる。タチウオも指4本級混じりと型がいい上にいい人なら30本以上。マダコも始めるなら今年がいい? カマスまで始まったらしい。どうしたんだろ?

絶好調ではないが宇佐美沖のカイワリ五目は好調をキープ

絶好調ではないが宇佐美沖のカイワリ五目は好調をキープこの週末の強風で海の状況が一変してしまうのではないかと恐れていた宇佐美沖だが、先週ほどの爆発力はないが、竿頭でカイワリツ抜けは十分に狙える好調をキープしている。他人様に比べ釣果に恵まれることが少ないが、カイワリに関しては船中上位になれることが多いので…。

父の日にTHE NORTH FACEのラッシュガードをもらえたよ

父の日にTHE NORTH FACEのラッシュガードをもらえたよ父の日のプレゼントにTHE NORTH FACEのラッシュガードをもらった。夏は日焼け防止に、冬でも保温機能の高い下着としてほぼ年中、釣りに行くときには着ているものなのですごくうれしい。どうしてNORTH FACE?と聞くと「女子の間で少し前まで人気だった」とのこと。知らんかった。

俺が行く前に終わってしまうのだろうがカイワリが絶好調だ

俺が行く前に終わってしまうのだろうがカイワリが絶好調だ今週末は第3週なので大阪に行く。釣りに行けないんだから釣果なんか見なければいいのに見てしまう。先週末から始まった宇佐美・治久丸カイワリ絶好調は依然継続中で竿頭の人がツ抜けするのは当たり前、いい日にあたれば複数人が20匹超えしている。チダイもよく釣れている。

イサキ2戦でハリス切れ2回、針伸び1回。どう対処するの?

イサキ2戦でハリス切れ2回、針伸び1回。どう対処するの?人間も釣り物も小物指向なので大きな魚とのやり取りは苦手だし経験がほとんどない。剣崎沖イサキを2戦してハリス切れが2回、針伸びが1回。魚信ったと分かった瞬間にやられてしまっているので成す術なしだが、それでも悔しいしせめて何の魚だったかくらいは知りたい。手はある?

釣行日は他の船の釣果は見ないというルール破ってトホホ

釣行日は他の船の釣果は見ないというルール破ってトホホ釣りに行った日はほかの船の釣果報告は見ない。自分の釣果と比べて釣りの満足度が落ちることを避けたいから。プチ時化お立ち台で体幹トレーニング釣行から帰るとSNSに「今日は宇佐美が正解だったのでは?」とのコメントが……。ルールを破って、見てしまった。そしてトホホな気分に。

イサキ、アナゴ、イワシ…「梅雨の水を飲む魚」というらしい

イサキ、アナゴ、イワシ…「梅雨の水を飲む魚」というらしい羽田・かみやの釣果報告を読んで「梅雨アナゴ」という言葉を知る。江戸前では「梅雨時のアナゴが一番美味しいと言われ」ているそうだ。梅雨イサキ、梅雨イワシ(入梅イワシ)なら知っていたが……。これら梅雨時に脂が乗って旬を迎える魚を称して「梅雨の水を飲む魚」というらしい。

土曜は時化で×。日曜なら…イサキ? カイワリ? LTアジ?

土曜は時化で×。日曜なら…イサキ? カイワリ? LTアジ?ヒメダイ釣りたさに宇佐美にプチ遠征しようかなぁと考えていたら、「今週末は時化ですよ~」と教えてもらう。あまり早い段階から天気をチェックすると、変化する予報に翻弄されるので木曜までは予報を見ないようにしている。土曜は確かに時化。日曜なら凪ではないが出れそうな気が…。

ヘリソプスレインシューズはお店のツルツル床にとても弱い

ヘリソプスレインシューズはお店のツルツル床にとても弱いヘリソプスのレインシューズゴアテックス製の防水靴下の組み合わせは足が濡れることも、蒸れることもなく快適に使えている。足元を海水が流れる船上でも滑ることはないが、街中ですごく苦手な床があることに気付く。お店の床に使われているツルツルのタイルだ。滑って転んだ。

宇佐美でカイワリに混じってヒメダイ。ウィリーに反応いい?

宇佐美でカイワリに混じってヒメダイ。ウィリーに反応いい?宇佐美・治久丸カイワリの釣果を確認しているとカイワリに混じってオゴダイが釣れている。船長の報告の書き方から推測するにカイワリに勝るとも劣らない美味しい魚扱いである。オゴダイという呼び名は知らなかったがヒメダイのことと分かって納得。サイズも40センチ級と良さそう。

かみやメバル大会サイトにへた釣りの写真…でも、行けないの

かみやメバル大会サイトにへた釣りの写真…でも、行けない6月16日は第18回かみやメバルカサゴ釣り大会。募集ページにはうれしそうに28.5センチの良型メバルを持っているへた釣りの写真が掲載されている。2012年の第11回大会から昨年の第17回まで7年連続で参加している大会なので出たいのは山々だが…第3週は大阪行きなので行けない。

潮澄んで剣崎沖イサキ初日は不調。洲の崎用に電動かな

潮澄んで剣崎沖イサキ初日は不調。洲の崎用に電動かな仕事が手につかないというほどではないが、解禁日を迎えた剣崎沖のイサキの釣果が気になり何度も松輪の船のサイトを確認した。初日はあまりよくなかった模様。ツ抜けした人はほとんどいない感じでマアジでお土産を確保したみたい。潮が澄んでしまったのが不調の原因のようだ。

一之瀬丸イサキは釣況次第で沖の瀬への遠征ありみたい

一之瀬丸イサキは釣況次第で沖の瀬への遠征ありみたい金沢八景・一之瀬丸のサイトに「沖の瀬、洲の崎で五目」と書かれてなかったため、今年は「剣崎沖で勝負できる手応えがあるのかも」と書いたが一之瀬丸から送られてきた葉書には「五目狙いでしばらく攻め」る可能性ありと書いてあった。遠征五目も好きなので釣果が安定してうれしい。

北海道遠征堤防編はクロソイに挑戦。何リグがいいのかな

北海道遠征堤防編はクロソイに挑戦。何リグがいいのかなルアーは信じてないと公言しているのだから餌付けて釣れよ!!と自分でも思うのだが、根魚の魚影が抜群に濃い釧路の堤防でなら、へた釣りのルアーに食ってきてくれる魚が1匹や2匹くらいはいるのではないかと…。本命はクロソイ。ベタ底ではなく少し浮く魚なので何リグで狙うのが正解?

もういくつ寝ると剣崎沖イサキ解禁!! 今年はどうかなぁっと

もういくつ寝ると剣崎沖イサキ解禁!! 今年はどうかなぁっと6月1日は剣崎沖松輪の根のイサキの解禁日。大好きなウィリーでの釣りの中で最も繊細かつ正確なシャクリが要求される。「ロボットのような」と例える人もいる。洲崎沖でなら簡単に釣れるイサキが、剣崎沖ではツ抜けすら難しいことも。そんな釣り楽しい? M気質なのですごく楽しい。

速潮対策に+20号の増しオモリ検討。PE1.5で大丈夫かな!?

速潮対策に+20号の増しオモリ検討。PE1.5で大丈夫かな想定される状況に対応できる準備をしておくのも釣りの面白さの1つ。宇佐美沖の速潮対策は20号の増しオモリでと考えている。メバル用に買ったホゴオモリの20号をビシの中にコマセといっしょに入れる。これで随分と釣りやすくなることを知っているがPE1.5で100号シャクって大丈夫?

夕方にカイワリ追加のアテは外れたが豪華食卓になりそう

夕方にカイワリ追加のアテは外れたが豪華食卓になりそうコマセ振る意味ないレベルの速潮釣行は日が傾いた時間帯に潮がかっ飛んで思うような釣りができずカイワリを追加できなかった。そのせいで釣行記はテンション低かったが、1匹とはいえお刺身最強のカイワリがいるし、でっぷり熟アマダイもいるし、キンメもらったしで今週は豪華な食卓に。

「いい反応…」愚痴が聞こえたら細ハリスで。明日はカイワリ

「いい反応…」愚痴が聞こえたら細ハリスで。明日はカイワリ大阪に行って釣りができなかった翌週は宇佐美へプチ遠征してカイワリを釣りたくなる。大阪でええもん食べたらお刺身最強魚を釣りたくなる? 単に釣果に恵まれる可能性が高いから? 今週末も治久丸の午後船を予約済み。4種類のウィリー仕掛けを準備し食い渋り対策をしてみるよ。

もっと脱・へた釣りメモ

考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解

考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解あれこれ試作を繰り返したり、他人の意見を聞きだすと無限地獄に落ちそうなので、あまり考えないようにしているのが、吹き流し仕掛けの枝スの長さ。市販の仕掛けに比べてかなり短い枝スを好んで使う傾向がある。ウィリーなら長くても8センチ、アジは15センチ。最適解ってあるのかな?

ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録

ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録秋になると東京湾内にも様々な魚が回遊してくる。アジに混じって、マダイやイナダ、イシダイなどが釣れるようになったら始まるのが金沢八景・一之瀬丸のアミ五目。半日船の釣り物ではLTアジより高級魚への期待が高まるのがうれしい。ヒラメに味を占めてきっと来季もやるので備忘録を。

潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018

潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018あれこれ条件の分岐を増やして釣りを難しくしてしまうのは好きではないが、全く同じ条件ということはないのが海。釣果を高めに安定させようとすると、どうしてもあれこれ条件が増えていく。2018年のイサキ釣りは潮の速さと仕掛けの長さの関係に悩み、ソウダガツオ対策の難しさを知る。

剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け

剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け剣崎沖イサキの179匹は7月期の最多記録というだけでなく8月を含めても自己最多。へた釣りが釣れてるのだから何か怪しい秘密があるのだろうと考えるようで、たまに大漁すると釣り方を質問される。今回はソウダガツオ対策に効果抜群ショート仕掛けの寸法を教えてというのが多かった。

コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○

コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○週末アングラーなので釣りに行く日は土日のいずれかしか選べないが、何を釣りに行くかは選べる。イサキってどうやったら釣れるんだっけ?釣行は大潮で潮尻の釣り座で1日ほぼ魚からのコンタクトなしでツ抜けすらできずに大惨敗。得た教訓は大潮の日はコマセ釣りには行かない。

初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよ

初島沖イサキは長ハリスがウィリーより3倍有利と認めるよタナだけ合わせてじっとしていればいいという釣りは好みではないが、その方が釣れる釣り物があることは認めざるを得ない。初島沖のイサキである。4.5メートルの仕掛けでという指示を無視して3.3メートルのウィリーで釣ったが6匹まで。20匹釣った人もいたので有意に長ハリス有利だった。

クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?

クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?辛抱強く何かをやり続けるのは得意だが、果報は寝て待てが大の苦手。今季LT深場五目を4戦したが、活性の高いクロムツの群れには一度も出会えず、満足のいく釣行は一度もできなかった。特に最終戦はほかの人は1匹、2匹はクロムツを手にしていたのに……シロムツばかり。

もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ

もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモボウズ続きのときはオニカサゴのことなんて考えたくもなかったが、現金なもので釣れるとその釣り方でよいのかチェックするためにもう1戦したくなる。止まらずに動かしまくる多動性なオニカサゴの誘い方メモ。海中の様子は妄想に過ぎないので眉に唾をたっぷり塗ってから読んでね。

やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べる

やらないのと知らないのは大違い。マダイの誘い方を調べるマダイを釣らせたい金沢八景・一之瀬丸の瀧本船長は「誘い下げで食わせる」と何度も指導してくださった。聞く耳を持たなかったわけではない。効果的な誘い方を知らなかったのである。波の上下でドラグが出る感じという知識だけあった。知らないのは癪。マダイの誘い方を調べたよ。

束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ

束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ苦手なLTアジで束釣りなんてこと金輪際ないことのような気がするので、このタイミングでLTアジ釣りでやっている愚策のあれこれを発表しちゃおうと思う。まぐれで1度爆釣しただけの人がえっへんおっほん気分で書いてることなので、いつも以上に眉に唾をたっぷり付けてから読んでほしい。

剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事

剣崎沖イサキ2017総括。枝間は50センチ、ハンドルは大事2017年の剣崎沖イサキはとにかく楽しかった。1シーズンで1匹釣れれば御の字な尺級のイサキが6匹も釣れたし、7釣行で束超えが2回。平均釣果で68.9匹なんだからウリダメ宣言されるわけだ。好況すぎてあまり難しく考える必要はなかったシーズンだがいくつか試してみたことをメモ。

旬の釣魚はこれ!

アジ(鯵) -東京湾の居着きのアジは絶品なのだ-

マアジスズキ目アジ科で最大50センチに成長する。味がよいからアジと名付けられたという説もあるように味は絶品。東京湾で釣れるやや金色がかった居着きのアジは脂の乗りがよく刺身にして最高。堤防からのサビキやカゴ、ウキでも釣れるが40センチ超を狙うなら船釣りが断然有利だ。

シロギス(白鱚) -竿先プルプルな小気味よい魚信に夢中-

マアジ関東での投げ釣りのメインターゲット。繊細な仕掛けを遠くに飛ばすという投げ釣りのタックルはこの魚のために進化した。スズキ目キス科で15cm~30cmくらいの魚なのだが、意外と引きが強く、パール色をしたきれいな魚体は海の女王と呼ばれることも。船釣りならば年中狙える。

カワハギ(皮剥) -道を極めるそんな釣りだからハマる-

カワハギ別名「餌取り名人」。おちょぼ口で見事に餌のアサリだけをついばんで持って行くフグ目カワハギ科の魚。歯ごたえのある白身もいいが何と言ってもキモが絶品!!! 磯や堤防では年中釣れる魚だが、「キモパン」と呼ばれる秋~冬が釣期だ。小さな魚信を出しアワセるのが楽しい。

メバル(目張) -アワセ厳禁! 根周りをタイトに狙え!!-

メバル大きな目と口をしたカサゴ目フサカサゴ科。根魚だが底べったりではなく、特に夜間は中層で捕食する。メバリング(ULゲーム)、ウキ釣り、探り釣り、船からの胴付き釣りで狙え、1年中釣れる魚ではあるが、産仔で接岸し大物が狙える冬期に人気。煮付けて食べると最も美味な魚だと思う。

へたでも釣れるときは釣れる釣行記

俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新

俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新前日まで絶好調なのに俺が行ったら急に釣れなくなるという予感に釣行前はすっかりナーバスになっていたが、竿を握ってシャクりだしたらすぐに魚信。好調を維持している手応えにあとは迷わずカイワリ用の高速シャクリで全力で釣り続ける。ラスト1投は自己最多記録更新を賭けて!!

6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺

6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺予約してないと絶対に入れない難波の居酒屋の1つが裏難波の新川にしや。高島屋やなんばCITY近くの裏路地にお店はひっそりとある。5時の開店前から店の前には何組かの客の姿。全員予約客だった。キャッシュオンデリバリーで明朗会計のお店で美味しいお魚をこれでもかといただく。

6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪

6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪大阪で肉といえば、豚や鶏は含まず牛肉のことを指す。でもって、肉を和風に調理した料理が抜群に美味しいのが大阪の特徴ではないかと思っている。6月の大阪のええもんその2は難波のカジュアル割烹Shunで「A5ランク牛しゃぶローススープ茶漬け」。肉の脂とお出汁が混然となり陶酔。

プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪

プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪1日で状況が一変という釣り物であることは理解しているが前日の釣果が「0~6匹」ではダメかもなと弱気の虫が騒ぎだす。金沢八景・一之瀬丸から剣崎沖イサキの2戦目。予報に反して海はプチ時化。いつも通り釣り座はスーパーお立ち台に。前半はひたすら体幹トレーニングに励むことに。

1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった

1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった解禁初日の松輪の船でも竿頭ツ抜けがやっとという惨状に痺れる展開を覚悟し臨んだ剣崎沖イサキ2019開幕戦。金沢八景・一之瀬丸なら洲の崎遠征五目でお土産はあるはずと剣崎沖で釣る気ほぼゼロで臨んだが、案ずるよりであった。1日剣崎で釣れてイサキは13匹。最大は28.5cm!

コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈

コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈釣りを始めて9年。これまで経験したことがないレベルの速潮にどう対応したらよいのか分からず成す術なし。船長いわく「潮1.5ノット」。5倍すると10秒間に流れるメートルなので10秒で7.5メートル。仕掛けとコマセを同調させる方法をあれこれ試してみたが、カイワリ1匹だけと撃沈したよ。

5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎

5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎毎月第3週の週末は実家の用事で大阪へ。仕事が済んだら母の「ええもん食べにいこ」に甘えて難波を中心に大阪の美味しい肴をいただく。5月のええもんを求めて訪れたのは、なんばパークス近くの路地裏に店を構える「哲剣」。安い、多い、旨いという大阪の居酒屋の鑑のような店だった。

好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足

好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足ゴールデンウィークからなぜか釣果に恵まれ続けている。金沢八景・一之瀬丸から手堅く釣れそうな遠征五目で出撃した。アマダイイサキアジときてオキメバル、アカイサキとどのポイントでもそれなり以上に食い気のある魚たちが迎えてく入れた。六目41匹でクーラー八分と大満足!!

G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり

G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまりアラフォーアマダイにイサキお刺身サイズのカイワリで、昨年までのゴールデンウィークは撃沈するという悪いジンクスは払拭されんとしていた。最終戦は羽田・かみやからLT深場五目へ。なにかの間違いでアカムツが釣れたら今年のゴールデンウィークは激旨で最高!!と宣言しての釣行だ。

令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!

令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!令和初日に初釣り。前回上手く釣れなかった宇佐美・治久丸カイワリ五目へ。頑張れば魚信を出せるというコマセシャクリ釣りの一番楽しいパターンにはまった。前半はウィリーに塩対応でオキアミで3匹。イサキ釣りを挟んで沖上がり間際はウィリーに好反応でトリプルを達成し4匹追加。

アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない

アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃないゴールデンウィークはゲキチンウィーク。ここ数年、釣果に恵まれたことがない。それでも休めるから釣行する。初戦は金沢八景・一之瀬丸から遠征五目。撃沈しにくい釣り物を選んだつもりだが……今年はなんとかなった。アラフォー食べ頃アマダイに癒してもらえてそれなり以上のお土産あり。

4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り

4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り実家の用事で毎月、大阪へ。母の口癖である「ええもん食べにいこ」に甘えて、一仕事終えた後はプチ宴会。贅沢すぎないように、でもええもんというからには美味しいお店を探す。4月のええもんは相生橋・正宗屋のカステラと裏なんば・魚屋ひでぞうの刺し盛りほか。安くて旨いが大阪飯。

妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ

妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ釣れる気でいたって? 釣行する以上当然。何を根拠に? シャクる釣りだから経験値がゼロではない。深場の勇者様のアシスト付きだしね。結果は? 釣れなかった。シマアジかもという魚信は一度だけあった。イタズラでハリス3号で釣っていたので瞬殺された。メジナとイサキは釣れた。

タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ

タナ取りスピード勝負で妻苦戦し14匹。30匹クリアが遠いよ最近の釣況ならいい日にあたらなくても悪い日にさえあたらなければ半日LTアジで30匹を釣るという妻のアジ釣りの目標はクリアできると考えていた。甘い目論みはたいてい崩れる。前日からアジが急に食い渋った。今日は大丈夫だろうと信じていたが……タナ取りシビアで14匹まで。

夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日

夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日下手クソのくせに調子に乗って釣りが分かったような気になる。そんな性格のおかげでブログは続く。技術の裏付けのない自信は過信にすぎない。乗ってたはずの調子が狂うともろくも瓦解する。白日夢にしたかったのは「カイワリ船中0じゃなきゃなんとかなる」という過信が崩れたから。

鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ

鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ約20日ぶりの釣行に嬉々として宇佐美へと。予報はベタ凪。鏡面のように穏やかな海で飽かずにシャクり続ける。船長からは激アツ予告の「いい反応ですよ~」がひっきりなしに。状況は悪くないはずなのに一度として本命からの魚信が訪れず。そんな白日夢を見た。来週こそ釣りに行く。

明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で

明石焼き、いかなご釘煮、ぺったん焼、穴子串を魚の棚で明石駅のすぐ近くにある商店街、魚の棚(うおんたな)では明石漁港に揚がった昼網の鮮魚などが買える。人丸花壇の海峡名物3点セットは高級なええもん、こちらは庶民的なええもん。食べずには帰れない明石焼き、時期よくいかなご釘煮、ぺったん焼なる蛸入り煎餅などをいただいた。

明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪

明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪月に一度、実家の用事のために大阪に行くようになった。「時間に余裕ができたら明石まで釣りに行こうと考えてるんだ」と話すと、いきなり「明石行ってええもん食べよ」ときた。「明石まで」「行こう」という望み通りではあるが、肝心の「釣りに」は聞こえなかったようだ……都合のいい耳だ。

続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪

続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪お鍋で最高な幻の高級魚アラとお刺身最強魚のカイワリを両手にドヤ顔を決めてやる。下衆な想いは伊豆の海の神様に却下された。あれこれ考え手を尽くしたがアラの魚信は訪れず、続・深場伝説アラの章は始まらなかった。それでもお土産がカイワリ4匹なのだから宇佐美は裏切らない。

不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする

不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする貧果のことはよくある。でも、何かしらここを頑張ったってとこがあるものだが今日は何もなし。氷雨降る時化海でマダイ五目改めアミ五目冬の陣改めマダイ・アマダイリレー。釣況に合わせて釣れる魚を釣るという主旨の釣り物なのは理解しているがアミ五目ではなくアマダイだったとは……。

肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?

肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?釣りに行けてないせいではないと思うが酷い肩コリに苦しんでいた。首から肩甲骨にかけて何かが乗っかっているような感覚が続く、時に激しく痛む。ずっとそんな感じなので気分が沈む。肩コリが釣り始めてものの数時間で完治した。東京湾の海風は万病に効く。魚が釣れなくても効く。

2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!

2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!月に一度の大阪行きのお楽しみは仕事終えて「ええもん」を食べること。難波辺りでお酒が飲めて安くて美味しいお店を探す。今月は海鮮居酒屋 天秤棒へ。前を何度か通りかかり水槽にクエやオニオコゼが泳いでいるのを見て気になっていた。いかにも大衆居酒屋なのれんをくぐる。

三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!

三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!カンパチってショゴやんかって言うんじゃない!! 雪が降りけあらしが立って三途の川みたいになっていた久里浜沖から洲崎沖を経由して館山沖に至ってやっと手にした高級魚だ。こんな日に釣りに来るんじゃなかったという後悔を吹き飛ばしてくれた一尾だ。沖上がり15分前のドラマである。

ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン

ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーンオモリ150号とはいえ中深場の釣りでロッドキーパーを使うのは仕掛け回収で全力巻き上げするときだけ。へた釣りにとって中深場釣りは魚という御褒美付きの筋トレなのである。二の腕に心地良い疲れ。今日も1日頑張った。御褒美の方はクロムツ3匹、サバ5匹、スミヤキ3匹でチーン。

難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う

難波・桃酔でええもん、アコウの酒蒸しと白アマダイを食う月に一度、実家の用事で大阪に行くことになった。へた釣りの母の口癖は「ええもん食べにいこ」。イントネーション通りだと「ぇえもん」かな? お店選びは任されている。お酒が飲めて高すぎず、落ちついた雰囲気でと絞りこんでいく。今月は難波は法善寺近くの桃酔でぇえもん食べてきた。

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとするマダイ、カイワリアマダイをゲットしお鍋、お刺し身、酒蒸しで娘1号の成人式をお祝いしてあげようという三兎追うプランを立てて、宇佐美・治久丸からアマダイカイワリリレーで出撃する。豊饒の海であるはずの宇佐美沖だがこの日は魚がご機嫌斜め。船中2匹のカイワリを独り占めできた。

人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉

人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉剣崎沖の風15メートル超の予報にただでさえ下手なオニカサゴ釣りはボウズ確実と悪い予感しかない。予報通りの風で時化模様。昨年末の釣り納めに比べれば…気持ちを前向きに立て直す。魚信が多かったわけではないが、チャンスは確実に物にできた。人生6、7、8匹目のオニカサゴを!!

有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く

有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く予想通りといえば予想通りだが、海が悪かった。船がポイントに至り、キャビンから出た第一声は「これ、ダメでしょ!!」。釣れる気が全くしない時間が続く。なんとか25センチ級を午前中にゲット。今季のカワハギはこれで終わり? 有終の美を飾る1尾が欲しいと言っていたら本当に来てくれた!!

血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪

血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪6メートルの仕掛けを用意して行ったら10メートルでと…。長ハリスは苦手。見るに見かねた船長から6メートルでいいよと情けをかけられる。時既に遅し。血まみれ。しかも釣れない。そして寒い。長ハリスに戻し気合の置き竿。まずはマダイ、念願のイシダイ、クロダイ釣ってダイ三元達成。

お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった

お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかったアラフォーの熟アマダイの釣果が聞こえてきたのでアマダイを開幕される。羽田・かみやから。桟橋についてみるとチームガス欠の名人3人とY川アマダイ超人の姿が……これは割り当て少ないかもと覚悟したがいくらなんでも少なすぎ。へた釣りがお持ち帰りできたのはアラサーが1尾だけ。

クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン

妻1号用アミ五目タックルを急あつらえに見えないレベルで前日の釣果を見て妻1号のアジ30匹チャレンジは相当厳しいだろうと予想はしていたが…。北風で海が少し悪かったため妻1号はほんの数投で釣り座のマグロと化す。酔い止めを飲み忘れてたみたい。へた釣りは妻の分まで頑張って今週の刺し盛りはクロダイ、A5アジ、〆トロサバの三種。

悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし

悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし悪運はTKB VOL7 カワハギ1DAYバトル in 東京湾で使い果たした。第14回かみやカワハギ釣り大会の釣り座抽選引き当てたのは最近顔が怖くなくなった船長船の左舷舳。超優良席と思っていた釣り座がなんともならない席だった。強風で船が上下し魚信はあれど掛けられず。いいとこなし。

平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ

平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよカワハギ地獄が砂漠化したらどれくらい痺れることになるかという体験をTKB VOL7 カワハギ1DAYバトル in 東京湾でしてきた。元気よく餌を追うのはフグだけ。ステルス魚信で餌だけでなく針が消失。底はトラギス天国。肝心のカワハギからの魚信はほぼなし。でも賞品多数。TKB大好き♪

良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!

良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!豪華刺し盛りは、先週宇佐美沖までプチ遠征して達成したはずだが……八景沖の敵を宇佐美沖で討つではどうもきまりが悪い。宇佐美の魚で腹はくちた。あまり欲をかかずに今度こそ高級魚が釣れたらいいなと八景沖に再挑戦。竿を握れば無欲でとはいかないが心の余裕が釣果に出る。

カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成

カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成♪ト八景沖アミ五目の目標として掲げた豪華刺し盛り5点盛り!!だが…八景沖の敵を宇佐美沖で討つことに。治久丸カイワリ五目でプチ遠征した。目標はカイワリ含めてお刺身で食べられる魚を5種。ハタあたりが混じれば超高級刺し盛りの完成だったがそこまでは届かず。でも高級刺し盛り!!

アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業

アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業前日は南風強風だったので水温下がって厳しいかなという予感はあったが、アミ五目ならなんとかなると甘く見ていた。結果は、アジメバル、サバ、カサゴと4目釣るもアジ11匹にほかの魚は1匹ずつという貧果。高級魚は不在。仕入れ不調で本日の居酒屋へたは品切れ次第臨時休業。

尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪

尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪どうもならんなって日の釣りのことは深く考えないようにしている。羽田・かみやから江戸前釣りサ-キット大会2018カワハギの部に参加。午前ちょい時化から次第に収まっていくという予報だったので、後半勝負と考えていたが、勝負時の後半にまさかの大失速で箸にも棒にもかからず。

へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ

へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみアミ五目は本日の刺し盛りを妄想しながら釣るのが楽しい。マダイにイシダイ、クロダイ、マハタ、ヒラメ、イナダ、アジ、サバなどなど五目というからには豪華5点盛りを狙うわけだ。1人前2980円くらいの刺し盛りができることもあれば……本日のへた釣り亭は300円均一安居酒屋で営業。