脱・へた釣りメモ

マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪

マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪船長いわく「いつまで続くか分からない」とのことで、シーズンは極めて短いようだが毎年、11月上旬のこの時期に久里浜沖でイシダイが釣れるタイミングがある。イシダイに愛されているへた釣りとしてはできれば毎年出撃してコリコリなお刺身をゲットしたい。釣り方を忘れないようにメモ。

デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~

デカハギ天国100の愚策~誘わない。でもしっかり寄せる~フジ製作にお願いして作ってもらったピカイチくん feat.アワビ貼りブレードを使った初戦で、いきなりの尺超え。総合優勝こそ逃したものの、船宿別の大物賞をゲットできた。ピカイチくんの集魚効果は間違いなく高い。激しく誘わない方がいいデカハギ狙いにこの集魚力は強力な武器になる!!

'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード

'16カワハギの新兵器。ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード甲子園に毎年怪物が現れるように、へた釣りのカワハギ釣りには毎年、新兵器とか極秘兵器が現れるのである。2016年のカワハギ釣りでこれはどうだ!!と期待しているのがフジ製作に特別オーダーして作ってもらった「ピカイチくん feat.アワビ貼りブレード」。集魚力だけは誰にも負けん!!

気になる魚・物・話題

さん木の船でカワハギするなら餌トレイベースはマジで快適

さん木の船でカワハギするなら餌トレイベースはマジで快適不便が解決したり、煩わしさがなくなったりするアイデアグッズが大好きだ。鳴かず飛ばずに終わったTKB 1DAYバトルU原工房長から借りた餌トレイベースを使ってみた。船べりに体を預ける時にズボンの男性特有の隆起部分がガビガビになるのを恐れないですみ釣りに集中できた。

デカすぎアサリとやり切る心で目指すはTKB寸85cm超え!

デカすぎアサリとやり切る心で目指すはTKB寸85cm超え!最後は精神論かい!!と馬鹿にされそうだけど、釣りの大会で最も大事なのはやり切る心だと思う。腕は急に上達しない。引き出しなんて風に整理された理屈や技の持ち合せはない。船上に持って行けるのは下手なりに工夫した愚策の数々と諦めの悪さ。やり切ればチャンスはあるはず。

マジック、ダイワのタックル、そしてブクブクがTKB3点セット

マジック、ダイワのタックル、そしてブクブクがTKB3点セットTKBに参加するにあたって一番大事なのはあべなぎさのサインをもらうための油性マジック、次はダイワの竿とリール、三番目に大事なのは釣ったカワハギを活かしておくためのエアポンプ(=ブクブク)である。3匹合計長を競うTKBの場合、検量まで活かしておけば1.5センチ得をするのだ。

TKBはスティーレ禁止なのでスマックにPE0.8号を換装する

TKBはスティーレ禁止なのでスマックにPE0.8号を換装するTKB カワハギ1DAYバトルは竿もリールもダイワ製という規定がある。竿はメタリアカワハギMMH-175なので問題なし。リールはスティーレを使えない。ダイワのリールは最近使ってなかったので糸を巻いてなかった。準備は早めに余裕を持ってに越したことはないのでPE0.8号を換装する。

TKBの抱負。あべなぎさのナイスフィッシング♪クーラー獲得

TKBの抱負。あべなぎさのナイスフィッシング♪クーラー獲得も~いくつ寝ると、ティ~ケィ~ビィ~。今週末はTKB カワハギ1DAYバトル東京湾最大のカワハギのお祭りだ。予選がなくなり参加できる喜びは減ったけど、TKBといえばあれである。桟橋に山と積まれた賞品のクーラー。あべなぎさもいるはず。「ナイス フィッシング♪」って書いてもらう。

ピカイチくんを二度と失くさないようワイヤー仕掛けを検討

ピカイチくんを二度と失くさないようワイヤー仕掛けを検討同じ過ちを繰り返すヤツをアホという。へた釣りは釣りに関して相当のアホであるが、アホのままで終わらないように努力と工夫はしている。カワハギの集魚に効果抜群の究極?のピカイチくんをロストしてしまい大失速した過ちを繰り返さないためワイヤーで仕掛けを作れないかと検討中。

寒くて指先が痺れる……ハギポン&ヒネポンの仕込み完了

寒くて指先が痺れる……ハギポン&ヒネポンの仕込み完了アサリは玄関先で剥く。毎年、外でアサリを剥くのが辛くなったらそろそろカワハギも終わりかなぁと感じるのであるが……今年は既に辛い! 寒さで指先が痺れる。一昨日に雪が降ったから? なんとかハギポンヒネポンの仕込みを完了。明日はかみやのカワハギ大会。狙うは尺ハギ1匹。

あべなぎさに「ナイスフィッシング」と応援してもらいたいのw

あべなぎさに「ナイスフィッシング」と応援してもらいたいのwあべなぎさが「ナイスフィッシング」を連発してくれるTHE FISHINGの「爆釣!秋のひとつテンヤマダイ」の回がダイワのFISHING ch.にアップされた。あべなぎさのかわいい声の「ナイスフィッシング」を録音して永久保存しとく。本当はドラグ音にしたいんだけどそんな技術はもちろんない。

やっと釣れ出した竹岡沖のカワハギなのに雪でどうなる?

やっと釣れ出した竹岡沖のカワハギなのに雪でどうなる?この1週間ほど竹岡沖もようやく水温が落ち始めたようで、カワハギの群れがまとまり始め、竿頭の人なら20匹超えなんて釣果も聞こえてきていた。そろそろへた釣りも本腰入れてカワハギ頑張るかなと思っていた矢先に東京では54年ぶりの11月の降雪。この雪で竹岡沖の様子はどうなる?

どうして女性は乗船料が安いんだろう?と今さらながら悩む

どうして女性は乗船料が安いんだろう?と今さらながら悩む羽田・伝寿丸の午後アジ船に船釣りは初めてだという女性が来ていた。どこの船宿にでもいる優しくてダンディなベテランさんが「俺の横で釣りなよ」とエスコートしていた。伝寿丸は女性は半額。男は6000円で女性は3000円。どうして女性は乗船料が安いんだろう?と今さらながら考えた。

お気に入りだったアンドンビシのメーカー名が分からねぇ~

お気に入りだったアンドンビシのメーカー名が分からねぇ~形ある物はいつか壊れる。糸の先の物はいつかはなくなる。アジ釣りで根掛かりからの高切れでビシロストなんてド下手にもほどがあるが、伝寿丸の午後アジ船でやらかした。自分の下手さ加減を嘆きつつも、お気に入りだったアジ用ビシを買い直そうとしたんだけど……見つからねぇ~!

代引きじゃないからまぎれてた。TKBの案内状無事届いた

代引きじゃないからまぎれてた。TKBの案内状無事届いたTKBの案内状は代引きで届く物と思い込んでいたので来ないな、来ないなとちょっぴり不安になっていたのだが、今年から普通の郵便で届くようになったようで、DMやチラシにまぎれて無事届いていた。電話での受け付けだったので事故もあるかなと思っていた。参加できてホッと一安心。

所用で大阪。帰りが遅いので明日は午後からTKBの下見に

所用で大阪に帰りも遅いので明日は午後からTKBの下見に珍しく釣り以外の用事があり、実家のある大阪へ向かう。お酒も飲むことになりそうだし東京に帰ってくるのは新幹線の最終になりそうだしで、翌朝からの釣りはつらい。となると午後からの半日船しかないわけだが……どうしよう? TKBで乗る羽田・伝寿丸の下見に行っちゃうことにした。

ねとっぷりっ!! 脂のりのり5日寝かせたイシダイがヤヴぁい

ねとっぷりっ!! 脂のりのり5日寝かせたイシダイがヤヴぁいチーズも魚も熟成させるに限る!? 実は釣った翌日から毎日、一切れずつ味見をしていた。日曜日に釣ったイシダイを寝かせること5日目……1口食べてキタ──ヽ('∀')ノ──!! である。ねとっぷり!!っとした食感のきれいな白身を醤油に漬けると表面にぱっと脂が散る。なにこれ、美味すぎるぅう!

釣り座にクーラーの汚水はやめて~&お尻の受難対策も…

釣り座にクーラーの汚水はやめて~&お尻の受難対策も…電車釣行のへた釣りが最も困る行為が、沖上がり後、クーラーの汚水を釣り座の上にいきなり流されること。ズボンに魚の臭いがたっぷり溶けた海水を付けられてしまうと帰り道で異臭騒ぎとなる。さらに寒くなってお尻の受難の再発も心配なので保温クッションで対策を講じないとダメかも。

ハタ狩り・直は逆付けしたらカワハギ用の最強中錘じゃね?

ハタ狩り・直は逆付けしたら最強カワハギ用の中錘じゃね?ルアーに疎いのでこの人のこともよく知らないが金丸竜児という人が立ちあげたRUDIE'Sというブランドの「ハタ狩り・直」という直リグが話題になっている。ルアーを信じないへた釣りには関係のない物のはずなのだが…その形を見ていると、逆さに付けたらカワハギ用の中錘にならないかな?

嫌われてるのは承知してるがパニックベイトオニカサゴ買う

嫌われてるのは承知してるがパニックベイトオニカサゴ買う魚に好かれていると勘違いするのが得意なへた釣りでも、嫌われているとわきまえざるを得ない魚がいくつか。オニカサゴなんて過去12戦して釣れたのは2回だけで残る10戦はボウズだ。さすがにやる気も失せ気味…なのに、なぜ? 歯を食いしばり  「パニックベイト オニカサゴ」を買う。

明日は勝手にイシダイ本命の一之瀬丸マダイ&イナダ五目

明日は勝手にイシダイ本命の一之瀬丸マダイ&イナダ五目この1週間ほど頭の中は、コリコリとした食感が楽しいイシダイのお刺身のことばかり。イシダイを釣って食べるぞチャレンジ第1戦は「イシダイは皆さんゲットできました!」という船上報告を信じて、金沢八景・一之瀬丸のマダイ&イナダ船にした。釣れなかったら腰越行きを検討する。

ほかの魚は白のまま、どうしてアジだけ赤タンなんだろう?

ほかの魚は白のまま、どうしてアジだけ赤タンなんだろう?船宿で配られるから何の疑問もなく使っていたが、金沢八景・一之瀬丸アミ五目で配られたイカタンは白だった。イサキのときもウィリーでどうにもならないときは白いイカタンが配られる。どうしてアジ釣りのときだけ赤いんだろうと考えるとすごく気になる。一之瀬丸でもアジは赤タンだ。

カワハギ大会に向け究極?のピカイチくんが五島より着弾

カワハギ大会に向け究極?のピカイチくんが五島より着弾11月下旬から12月中旬にかけてカワハギ釣りの大会が続く。江戸前釣りサーキット大会で今季1枚目の尺ハギと船別優勝をもたらしてくれたピカイチくん feat.アワビ貼りブレードの改良強化版がフジ製作より届いた。これで大会を戦える。近藤丈一名人によると「究極のピカかも」とのこと。

腰越ならウィリーでイシダイ狙い!?  気になっちゃうじゃない

腰越ならウィリーでイシダイ狙い!?  気になっちゃうじゃないイシダイを釣って食べたいからワラサ船乗っちゃおうかなと臍の曲がったことを書いたら、イシダイなら専門に狙っている船があるし、船宿を選べばウィリーでやれると教えていただく。さらに「腰越港はウィリーの聖地」と説明されたら…気にするなというのは無理な話だ。電車で行けるかな?

一之瀬丸感謝デー釣り大会募集開始。カワハギ大会が続く

一之瀬丸感謝デー釣り大会募集開始。カワハギ大会が続くへた釣りにとって生まれて初めて釣りをして拍手をしてもらえたのも、釣り大会で初優勝したのも金沢八景・一之瀬丸の感謝デー釣り大会だ。エントリーが始まった。今年もカワハギの部で出るつもり。1匹大きさ勝負なので誰にでもチャンスがある。大マグレで尺ハギ釣れるといいのになぁ~。

もっと脱・へた釣りメモ

眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方

眉に唾をたっぷり付けてね♪ 束超え狙えるイサキの釣り方終わりよければすべてよしではないが最終戦で171匹釣って2016年もイサキの釣り方が少しは上達できたかなぁ~っと。上手くいったこと、ダメだったことをメモしておかないと1年後には忘れてしまっている。ちゃんと書き留めておきたい。来季も尺イサキをゲットし、束超えを達成したい。

昨季の怪我の功名。超ショート仕掛けでイサキ束釣り狙うぞ

昨季の怪我の功名。、超ショート仕掛けでイサキ束を狙うぞ剣崎沖イサキの束釣りチャレンジは残すところあと1戦。状況的にはソウダガツオがかなりうるさい上に鋭く動いているウィリーにだけリアクションバイト的に食いついてくるという状況。こんなときは超ショート仕掛けが効果的ではないかと思っている。全長1.4メートルの3本針仕掛けで勝負!!

タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも

タチウオはソフトでもハードでも対応できる準備が肝心かも状況によって竿を使い分けた方がいい魚…カワハギがそうだ.。タチウオも竿の使い分けが必要?とこのうらみ…はらせんわ釣行でボウズを食らって考えるようになった。この日はキビキビと仕掛けを動かせる少し硬めの竿が有利で捕食スイッチが入るのか、針掛かり率もよかったみたい。

ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策

ガッ、ノタ~、フルフル…夏タチの魚信と針掛かり傾向と対策浅場のタチウオ対策に食い込みがよさそうなライトゲームBBを使ってみた。針掛かりさせるのが難しく苦戦したものの16匹釣れたのだから竿の変更は正解だったと思う。竿を変えると魚信の出方が変わった。大きく分けると3種類。魚信の出方によって針掛かりへの持ちこみ方が違う?

澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?

澄み潮と濁り潮…タチウオ釣れてるとイサキは釣れない?どんな釣果のときでも船長は何匹釣れました?と聞きにくる。目標に89匹足らず釣行ではあまりの貧果に子供が「みっちゅ」とやるように指を3本立てて報告した。1匹だったら…中指立ててたかもw 船長は釣れなかった理由を説明してくれた。潮が濁ってイサキには悪条件だったらしい。

LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く

LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く活性の高い群れに当たったら爆釣。当たらなかったら撃沈。LTアジなんてそういう釣りと割り切っていた。だから進歩がなかったってことに今さら気付いた。八景アジに弄ばれて鬱積釣行で魚信はあるのに掛からないと嘆くと名人級の人から仕掛けを見直すようにとアドバイスをいただく。

オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事

オマツリ考。横の人を思いやり感情をこじらせないのが大事オマツリしまくった。3、4セットもあれば足りる仕掛けを11個消費した。オマツリのせいで獲れなかった魚も数知れずだ。船上が混みあう週末釣行組なのでそういう日もある。気を付けててもオマツリを100%は回避できない。横の人を思いやり感情的にこじれない努力をすることこそが大事だ。

アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ

アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の示唆をメモ分かったなんて思ってない。分からないから釣りは面白い。でも、分かったような気になる何かがないとやってられない。勇者様の熱血指導でアコウダイ3匹!!釣行で、大苦戦していた深場での釣りのもしかしたらこういうこと?という示唆をたくさんいただけた。経験値を上げて目指せ勇者様!!

アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法

アナゴに餌だけくれてやらない淳ちゃん船長式イソメ装餌法アナゴはとにかく餌の付け方が大事だとうるさいくらいに言われる。頭の硬い部分に3回刺してがっちり止めると分かってはいても暗い船上、揺れる船、ヌルヌルの餌だと無理とあきらめていたが、ちゃんと習ってみるとそれほど難しくはない。頭の硬い部分は意外と広い範囲を指すみたい。

エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?

エビマゴチにヒューズ不要? 荒天時のタナの取り方は?大事なのは思い切りのよさと失敗を楽しむ切り替えの早さだけでマゴチ釣りはあまり悩まなくていい釣りだという認識だった。でもね、ボウズくらっちゃうとあれこれ考えちゃうんだよぉぉおおおお!! ってなわけで、江戸前釣りサ-キット大会マゴチの部で惨敗した反省文なんぞをしたためる。

洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」

洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」ウィリー釣行の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」を3年ぶりに改訂する。旧ルールは宇佐美沖のカイワリ五目かみやのウルトラ五目、そして一之瀬丸の沖のウィリー五目を1つのルールで数値化しようとして実際の満足度と指標との間にズレが生じた。洲崎沖限定ルールにする。

旬の釣魚はこれ!

アジ(鯵) -東京湾の居着きのアジは絶品なのだ-

マアジスズキ目アジ科で最大50センチに成長する。味がよいからアジと名付けられたという説もあるように味は絶品。東京湾で釣れるやや金色がかった居着きのアジは脂の乗りがよく刺身にして最高。堤防からのサビキやカゴ、ウキでも釣れるが40センチ超を狙うなら船釣りが断然有利だ。

シロギス(白鱚) -竿先プルプルな小気味よい魚信に夢中-

マアジ関東での投げ釣りのメインターゲット。繊細な仕掛けを遠くに飛ばすという投げ釣りのタックルはこの魚のために進化した。スズキ目キス科で15cm~30cmくらいの魚なのだが、意外と引きが強く、パール色をしたきれいな魚体は海の女王と呼ばれることも。船釣りならば年中狙える。

カワハギ(皮剥) -道を極めるそんな釣りだからハマる-

カワハギ別名「餌取り名人」。おちょぼ口で見事に餌のアサリだけをついばんで持って行くフグ目カワハギ科の魚。歯ごたえのある白身もいいが何と言ってもキモが絶品!!! 磯や堤防では年中釣れる魚だが、「キモパン」と呼ばれる秋~冬が釣期だ。小さな魚信を出しアワセるのが楽しい。

へたでも釣れるときは釣れる釣行記

ナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばず

ナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばずあべなぎさの待つ表彰台へ。今年も野望はかなわなかった。東京湾最大のカワハギのお祭り、TKB 1DAYバトルは、3匹合計長のTKB寸で66.3センチまで。表彰台どころか船中の上位争いにも絡めずに惨敗。釣れない理由? ナイスフィッシング♪な邪念のせいか、ダイワの帽子の呪いか。

究極?ピカイチくんで神って失速したかみやカワハギ大会

究極?ピカイチくんで神って墜落したかみやカワハギ大会条件がハマれば考えられないような効果をもたらしてくれる奇跡の釣り具がある。究極?のピカイチくん第12回かみやカワハギ大会で大爆発した。宙で次々と魚信を物にし、名人さんや異次元さんと勝負できる釣果を叩きだした。数部門で優勝と思ったのに…フグが……ロストで失速。

TKBの下見を兼ねた伝寿丸の午後アジで36匹とまずまず♪

TKBの下見を兼ねた伝寿丸の午後アジで36匹とまずます♪TKB カワハギ1DAYバトルには羽田・伝寿丸から参加する。駅からの行き方、船の確認など大会の日にあたふたしないために下見を兼ねて午後アジに乗船してきた。運よくTKBでも乗ることになる船に乗れた。舳先に椅子が2つ取り付けられている大きな船だった。釣果もまずまずで好印象。

イシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入る

イシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入るイシダイを釣って食べるぞチャレンジの第1戦目は金沢八景・一之瀬丸のマダイ&イナダ船で勝手に本命をイシダイに設定。深場伝説のように上手く行かずぐだぐだな長期戦になることも覚悟していたが…釣れた。それも5匹。体の半分から縞が消えている35センチ級まで。愛されてるね♪

破局!? 子供よろしくって…ちょwwwおまwwwアマダイちゃん

破局!? 子供をよろしくって…ちょwwwおまwwwアマダイちゃんあかんかった。2連続でボウズをくらったアマダイにしつこく復縁を迫ったのだが……全く脈なし。一度としてこれならという手応えを得ることなく終了した。どころかその子よろしくってポニョみたいなちっちゃい子を押しつけられてあちゃ~ってな気分。このまま破局しちゃいそうな予感も…。

どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守

どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守土曜よりはマシと釣行を決めたのだが、嘘でしょってくらいの時化だった。立って釣るのが相当つらいレベルでタナは底から3メートルまでと言われても船が波で2メートル幅を上下しているとタナどこ? 金沢八景・一之瀬丸のアミ五目初挑戦でマダイとマハタをゲット。イナダは船中0で留守。

尺ハギで勝った!!と思ったのにフィーリング船長にやられる

尺ハギで勝った!!と思ったのにフィーリング船長にやられる勝つと思うな、思えば…負けてはないけどね…勝ち切れなかった。1匹全長勝負の江戸前釣りサーキット大会カワハギの部で竹岡沖へ出撃。尺ハギを仕留めた。小物賞を狙える13センチ級も釣った。ダブル役満リーチまでいったのに…両方僅差で敗れる。数釣り賞まで1枚足らずorz

どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらない

どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらない釣況がよくないカワハギを回避し、前回ボウズを食らったアマダイのリベンジに行く。アマダイとよりを戻すつもりだったのだが……また拗ねられた。2釣行連続の本命ボウズ。原因はカイワリを釣って「アマダイよりうれしい」なんて言っちゃったから? アマダイのツンデレ化が止まらない。

サビキアジは束釣り。カマスはあわや…ラスト10分でホッ♪

サビキアジは束釣り。カマスはあわや…ラスト10分でホッ♪東京湾奥で最高の干物、カマスをゲット!を目標に参加したかみやフィッシングクラブ(KFC)のサビキアジ→カマスリレー。サビキアジはほぼ1年ぶりだが高活性な小アジの群れを相手に入れ食いを楽しむ。肝心のカマスは釣り方が分からず大苦戦。ラスト10分でなんとか1匹ゲット!!

上州屋カワハギ大会で初の剣崎沖…渋すぎてなんとか3匹

上州屋カワハギ大会で初の剣崎沖…渋すぎてなんとか3匹今季のカワハギの釣況を見ていると、竹岡沖はまだ厳しそうだが、剣崎沖ならなんとかなると考えていた。甘かった。上州屋カワハギ大会に参加するために初めての久里浜からの出撃。船が向かったのは希望通りの剣崎沖。でも、あかんかった。3匹釣ってリミットメイクが精一杯の大撃沈。

言い訳できない席で数・型そろえ言い訳不要の完全優勝!

言い訳できない席で数・型そろえ言い訳不要の完全優勝!辛かった。洲崎沖のウィリー五目としてはド貧果だ。でも優勝した。超ハイテンションでドヤッな釣行記を書きたいのだが……クジ運がよく席に恵まれた以外に勝因が見当たらない。ウィリーへの反応はよくなかった。強いて勝因をもう1つあげるなら我慢強く最後までシャクり続けたことかな。

俺が行ったら澄み潮で反応あるのにカイワリ大撃沈の定め

俺が行ったら澄み潮で反応あるのにカイワリ大撃沈の定め!?凹んでないというと嘘になる。こんな日もあるさと自分を慰めても、折れた心が立ち直らない。前日までカイワリは好調だった。でも、俺が行ったら不調になった。理由は潮が澄んだかららしい。「反応はあるのに」という船長のお手上げ発言を背中で聞きつつシャクリ続けたけれど……ダメっ!!

シロが本命なんでしょ。二股男になんか…アマダイ拗ねた!?

シロが本命なんでしょ。二股男になんか…アマダイ拗ねた!?オモリが軽くなったからシロアマダイのチャンスあり?なんてことを考えていたら、あれほど愛し合っていたはずのアカアマダイが臍を曲げてしまった。「シロが本命なんでしょ。二股男になんか…釣られてあげなんだからねっ!!」てなとこだろうか? アマダイでボウズをくらうのは昨年末以来。

多動性中年だって釣れるときは釣れる!! 午前LTアジで78匹

多動性中年だって釣れるときは釣れる!! 午前LTアジで78匹前回釣行で7匹だけと大惨敗した金沢八景・一之瀬丸の午前LTアジ。タナでじっと待てないことが敗因だとは分かっているが、分かっていても待てないのが多動性中年だ。アジの爆釣フラグが立っていたので緊急出撃。半日で78匹とリベンジ成功した。こういう日なら多動性中年でも釣れる。

狂ったようにシャクりまくりイサキ最終戦でなんと…171匹!!

狂ったようにシャクりまくりイサキ最終戦でなんと…171匹!!こうなればいいなと思ったことが全部望んだ通りに。年に何度かなんてレベルではない。一生に何度あるのかな?ってバカツキ釣行だ。2016年の剣崎沖イサキの最終戦で自己最多を大幅に更新。狂ったようにシャクりまくり、釣りも釣ったり171匹。ウリンボでクーラーが溢れそうになる。

追い食いせず74回巻き上げてイサキ78匹…疲れたぁああ!!

追い食いせず74回巻き上げてイサキ78匹…疲れたぁああ!!日本近海に台風が3つもありウネリがトンデモないかもとビビっていたが拍子抜けするほどの凪だった。船上は空いていた。席にも恵まれ、束釣りのチャンスと意気込んだが……肝心のイサキのご機嫌がすこぶる悪い。追い食いは全く発生せず、74回巻き上げて78匹。束よりも疲れたぁああ!!

凌辱!? 蹂躙!! ソウダガツオに好き勝手ヤラれちゃったよ

凌辱!? 蹂躙!! ソウダガツオに好き勝手ヤラれちゃったよ束予告して達成したら格好いいよねなんて下世話なことを考えてるヤツには釣りの神様が微笑まないのである。数釣りシーズンに突入したはずの剣崎沖のイサキ。確かに高活性の群れは船の下にいた。でも、もっと元気なソウダガツオに邪魔されまくってイサキは44匹だけ。なす術なし…。

リール壊れるしアジいねぇし…50歳の初釣りは散々だった

リール壊れるしアジいねぇし…50歳の初釣りは散々だった50歳になって初の釣行の目標はタチウオ5匹、アジ15匹と控えめに設定したつもりだったのに……あかんかった。タチウオは魚信を出せるパターンを掴むのに時間がかかりすぎてギリギリ5匹。おまけにフォースマスター400がまた故障した。アジは全くいい群れに当たらず6匹と散々な出来。

最後まで雨。オショロ&ニジマスと戯れて北海道を締めくくる

最後まで雨。オショロ&ニジマスと戯れて北海道を締めくくる北海道遠征は本日最終日。午後の飛行機に乗って東京に帰る。ホテルの脇を流れている川で渓流釣りの真似事をして楽しむ。今年は小さすぎるという理由でカレイ釣りに参加できなかった姪2号にニジマスを釣らせるというミッションが発生。川は増水で難しかったがニジマス釣りは成功。

座布団きたよ~!! 52センチのクロガシラカレイをゲットだぜ

座布団きたよ~!! 52センチのクロガシラカレイをゲットだぜ北海道遠征なのに2日連続の出船中止でたまりにたまった欲求不満を一気に解消した。標津沖での小突きカレイ釣り。今回の野望はまごうことなき座布団サイズ(50up)を仕留めること。果たして……47センチでドラグが滑りまずまず満足。続いて暴力的な引きに翻弄されて52センチをゲット!!

このうらみ…どうでもいいや。イサキも撃沈しせいせいした

このうらみ…どうでもいいや。イサキも撃沈しせいせいしたうらみを晴らすために釣行するなんて心持ちが間違えてるってことなんだろう。イサキならなんとかなると思っていたら、大惨敗。凹んでない。ここまで連続してダメダメな釣りが続くと、自分のヘタクソさ加減に唖然とするだけ。イサキは15匹のみ。作戦がことごとく上手くいかなかった。

このうらみ…はらせんわ。タチウオは歯牙にもかけてくれず

このうらみ…はらせんな。タチウオは歯牙にもかけてくれず7月はこのうらみ!! はらさでおくべきか月間にしてアカムツ、タチウオアジイサキにリベンジ釣行すると決めたが。早くも0勝2敗1分で負け越しが決定した。タチウオアジリレーの釣果は、タチウオは4回しか魚信なくボウズ。アジは23匹釣ったが型も数も復讐成功とするには無理がある。

このうらみ!! はらさでおいたるわ!! アカムツに手も足も出ず

このうらみ!! はらさでおいたるわ!! アカムツに手も足も出ず竿よし仕掛けよし餌よしで臨んだアカムツ2戦目だったがもしかしてアカムツかも?という魚信は遂に一度も訪れず。一瞬すらも盛り上がることなく終了。ギンメダイとシロムツとユメカサゴが少し釣れただけ……手も足も出ずだった。このうらみ!! はらさで…おいたるわ!! さぁ~次、次。

針掛かりせずで苦しむもタチウオ16匹で三タテだけは阻止

針掛かりせずで苦しむもタチウオ16匹で三タテだけは阻止7月は八景沖アジ剣崎沖イサキに2連敗中。本日は苦手な浅場のタチウオ。3連敗は避けたいところだが…魚信はあれど針掛かりせず。得点圏にランナーは進めるもののタイムリーは出ずな展開にジリジリ。タイムリーエラーのように針掛かりしてくれるタチウオがいたおかげで連敗脱出。

目標に89匹足らず…7月のワースト記録を塗り替えてもうた

目標に89匹足らず…7月のワースト記録を塗り替えてもうたあか~~~ん。猿島沖を越えて以降の記憶がないってことにしたいほど、残念無念な釣行になった。ウィリーイサキが触れてくる感触が全くない。何をやっても無駄という状況で、松輪の船が帰った後半戦は強風で釣りにくくなり心がポッキリいっちゃう展開。イサキは3匹のみ。7月の最低釣果。

じっとできない多動性中年が八景アジに弄ばれて鬱積する

じっとできない多動性中年が八景アジに弄ばれて鬱積する湾フグ行っとけば…タチウオだって行けたかもとほかの魚のことばかり考えていたのだからアジにしてみれば気分が悪かろう。見事なまでの低活性で魚信少なめ、魚信はあれど食い込まず、巻き上げ中の行方不明多数で大撃沈。じっとできない多動性中年は八景アジに弄ばれて鬱積する。

前半は自己最大34cmで型◎。後半は6月最多61匹で数◎

前半は自己最大34cmで型◎。後半は6月最多61匹で数◎なんだかすごく上手くいった。前半戦は型のよいイサキが釣れて最大記録を更新する34センチをゲット。後半はほぼ入れ食い状態になってダブルなんて当たり前、トリプル、フォースと絶好調。今季初のイサキのゴンズイ玉を達成した。6月では最多の61匹。型も満足、数も満足でドヤッ!!

イサキは週休2日制? 混んでるし活性低いしで…15匹まで

イサキは週休2日制? 混んでるし活性低いしで…15匹までイサキは今日は何曜日なのかを知っているとしか…前日まで好調でも土日になると急に激シブになるという経験を剣崎沖で何度かしている。本日も…。今行かなくていつ行くの?と書いた好漁が嘘のような活性。しかも船上は激混みで釣りづらい。頑張ってツ抜けは達成したが15匹まで。

剣崎であと1匹が獲れずイサキ開幕戦は…でも良型ぞろい

剣崎であと1匹が獲れずイサキ開幕戦は…でも良型ぞろいやっぱり!!と悪い予感が的中したことを誇っても仕方がない。週末になると釣果が急降下するイサキ釣り…ツ抜けを目標に挑んだ2016年の開幕戦はウィリーに反応してくれるイサキがほとんどおらず大苦戦。剣崎より南下して良型9匹をなんとか釣ったが、剣崎であと1匹が獲れず。悔しい。

白→黒ときて残るは赤だったんだけど…伝説は1回お休みw

白→黒ときて残るは赤だったんだけど…伝説は1回お休みwアイテム不足だと倒せないボスっているよね。アカムツもそうなんじゃないかと……。宇佐美・治久丸への弾丸プチ遠征。両手にアカムツとアラを持ち、真の伝説始まると宣言するつもりだったのだが世の中甘くない。もしかして?という魚信は何度かあった。巻き上げ中にことごとくバラす。

え~~と!! かみやメバカサ大会で船別2位。でもメバル撃沈

え~~と!! かみやメバカサ大会で船別2位。でもメバル撃沈何も思いつかないから無策で。そう決めて臨んだ第15回かみやメバカサ釣り大会。期するところがない無欲が幸運を呼び込んだ? 良型と思ってなかった26.5センチのカサゴで船別で2位になりリールをいただく。それでは狙っていたメバルはというと、大撃沈し悲喜こもごもな結果に。

聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず

聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず今季は2月の開幕直後に行ったきりご無沙汰しているメバル釣り。来週末は第15回かみやメバルカサゴ釣り大会なので釣り方を思い出すために練習釣行。予報とは全く違う時化の海にメバルのご機嫌は麗しくなかったようで苦戦。メバルは6匹だけ。カサゴは31匹キープして合計37匹。

勇者様の熱血指導でアコウダイ3匹!! 伝説はじまったかも

勇者様の熱血指導でアコウダイ3匹!! 伝説はじまったかも400メートル先の海底から竿先に伝わってくる明快な魚信。太い竿を曲げる重量感。抵抗は少しずつ弱まっていく。やがて重量感すらなくなり海面に赤いシルエットが浮きあがる。大きなアコウダイがまず1尾、その下にも中型が2匹。レイズ・ザ・アコウダイズの成功だ。勇者様の指導に感謝!!

睡魔に負けそうであわや完全試合。ポテンヒットに救われる

睡魔に負けそうであわや完全試合。ポテンヒットに救われる今季のマゴチ釣りはどうにもつらい。条件はみな同じで結果を出している人もいるのだから今季の釣況がつらいのではなく、へた釣りの腕と釣運ではつらい。魚信を全く出せずに大苦戦。期待感が薄れて睡魔との闘いに。13時半までマゴチの魚信なしの完全試合。ポテンヒットに救われる。

ダメか!!と涙目…ラスト30分間で巻き返せた夜アナゴ開幕戦

ダメか!!と涙目…ラスト30分間で巻き返せた夜アナゴ開幕戦暮れなずむ海の光と影の中~愛するアナゴへ贈る言葉~♪ 「魚信れよ!! 掛かれよ!! 絡むなよ!!」 出発前に忘れ物がないか不安と書いたが釣り方をすっかり忘れていた。残り1時間の時点で釣れてたのは4匹。魚信が遠くノルマ(5匹)未達の予感に涙目。ラスト30分間だけ釣り方を思い出す!?

行ってよかった!! カイワリ、キントキ込みでクーラー満タン♪

行ってよかった!! カイワリ、キントキ込みでクーラー満タン♪釣って満足感の高いレア魚欠乏症に悩まされた今季の洲崎沖ウィリー五目だが、やっと満足のいく釣行ができた。カイワリ、マトウダイ、キントキ、イサキなど八目をお持ち帰り。サイズもよかったので2016年初のクーラー満タンを達成した。時化でも行って本当によかった!! GW釣行好スタート。

大貫沖で遭難し寝たら死ぬ!! そんな気分だったマゴチ大会

大貫沖で遭難し寝たら死ぬ!! そんな気分だったマゴチ大会雪山で遭難し「寝るな~寝たら死ぬぞ!!」てなシーンを昔テレビで見たのを思い出す。江戸前釣りサ-キット大会マゴチの部はそんな釣りになった。冷たい雨が風で横殴りに降り付ける。天気予報を信じ春モードの薄着。魚の活性がよければ救われるが魚信なし。寝るな~寝たら死ぬぞ!!

良型マトウで溜飲下げるも洲崎沖にカイワリの気配を感じず

良型マトウで溜飲下げるも洲崎沖にカイワリの気配感じず嫌われているとかどうか以前にカイワリはお留守? 今日も船中0だったと思う。レア魚不足を解消するためにヒメ泳がせで良型マトウダイを釣って五光魚をなんとか1種類。見せ場はそれだけ。カイワリ伊豆に遠征してが正解かな。洲崎沖ではカイワリが釣れる気がしなくなってきている。