キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹

キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹ベイトキャスティングの練習で湾フグ竿シロギスの第2戦目。2本針胴突き仕掛けの全長を少し短くしたり、先糸を20センチだけと短くしたりと少しでも上手くキャストできるようにとあれこれ対策して臨んだ。利き手の右手で投げたおかげでキャストは少しは様になった。シロギス24匹釣れたよ。

キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹飛距離にこだわらなければトラブルなくキャストできることは分かったのでスピニングタックルは持たずに極技 湾フグ メタルソリッドスティーレ100XGだけを持って羽田・かみやのショートシロギス船へ。桟橋でみのろう名人と遭遇。娘さんと釣りデートに来ていた。エグいくらい釣るとその名が轟くシロギスの超名人である。出船前にベイトキャスティングのレクチャーをしていただけた。思ってたより斜め上に向けて打ち出すようにキャストすると分かる。イメージはつかめた。レクチャー中に成功はしなかったけど…。

■右手で投げて竿の角度を維持すれば…人並みにはキャストできたよ

キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹船は1時間ほど走って富津沖で釣り開始となる。本日のテーマは人並み程度には飛ばすであったが、右手でキャストするとあっさりと人並みの飛距離という目標はクリアした。スピニングタックルでのキャストよりは飛んでいない気はするが、一度オモリを持ち上げたら仕掛けは船下ではなく、2度、3度とラインが斜めの状態で誘えるようになった。キャストし終えたあと穂先を下げてしまう悪い癖があり下げるとラインがガイドに触れるようで飛距離が落ちた。オモリが着水するまで振り上げた竿の角度を維持するのが大切だと知る。上手くできたときは目標だった20メートルは飛ばせていたと思う。

キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹シロギスを釣ることよりもキャストする方が楽しいのだから困ったもんである。オモリが船下近くまで来たら回収してキャスト。おかげでオマツリは少なかった。誘ってタルマセていると微小な魚信あり。イトヒキハゼかな?と巻いてみると最近珍しい10センチくらいのピンギス。ピンギスしか釣れないわけではなくサイズは小中な感じで、全部天ぷらにして食べるつもりなのでちょうどいい。序盤はかなりいいポイントに入ったのかいいペースで釣れる。針を飲まれることが多くしっかりエサを吸い込んでいる。へた釣りでも50匹くらいはいけちゃう?
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹

■タルマセ→聞き上げ胴突きシロギス。基本はできるが応用問題は…

キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹オモリを跳ね上げて誘ったらラインスラッグを出してタルマセて10秒待ちそれから仕掛けを張っていく。好調だった序盤はタルマセた状態で魚信が出て一呼吸置いてからラインを張ってアワセればよかったのだが、活性が少し落ちたのかあるいはそういう潮の具合になったのか仕掛けを張っていく途中で魚信が出るようになった。糸を送って食い込ませるべき? 即アワセで引っかけるべき? 上手く釣れなくなってしまう。タルマセ中に食ってくるシロギスは獲れるのだがそれ以外のタイミングで出た魚信に上手く対応できない。エサを齧られただけで放されてしまう。タルマセて待つ秒数を長くすべきだったのかな?

キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹ときどきスコールのような雨に襲われたりもしたが船上は基本灼熱状態。3リットル持っていた麦茶をほぼ飲み尽くした。暑くて集中力がなくなるとつらいことが2つ。枝スは縒れて幹糸に巻き付くようになったら交換しなくてはならないのだが回転ビーズの穴にハリスがなかなか通ってくれずに心が削られる。この位の縒れならまぁいいかと枝ス交換をサボると魚信が減った。枝ス交換以上に致命的だったのが装餌。枝スがクルクル回るような状態のイソメにはシロギスは食ってこないと分かっているのに交換する気力が……。もともとイソメを触るのが苦手なので頑張らないと触れない。50匹くらいはいけちゃう?ペースだったはずが全く数を伸ばせず24匹。暑さに負けずに丁寧にやってればもう少し釣れた気もするが昨年8月以来の20匹超えだったので良しとする。
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹


Twitter

2023年08月06日 19:19

« 新山下まで釣りに行って中華なら興華菜館でしょと教わる | メイン | 【動画】シロギス釣りで動画作るのってマジで難しいかも »

最近の釣りに行った記事

前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ
ウィリーもカブラも無視するカイワリなんて大嫌いだぁあ

著者: へた釣り