脱・へた釣りメモ~深場編~

クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?

クロムツ狙いで底からオモリを10mは探る範囲が広すぎた!?辛抱強く何かをやり続けるのは得意だが、果報は寝て待てが大の苦手。今季LT深場五目を4戦したが、活性の高いクロムツの群れには一度も出会えず、満足のいく釣行は一度もできなかった。特に最終戦はほかの人は1匹、2匹はクロムツを手にしていたのに……シロムツばかり。

今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモ

今秋? 来春?から伝説を始める…深場のこうかな?メモタイトルに?が3つも入っているので、いつも以上に眉にたっぷり唾を付けてから読んでほしい。経験値がちっとも上がらずなかなか伝説が始まらないが、ちょっとくらいはレベルアップしている? 今秋? 来年初めかな?に深場釣りを再開させるにあたってこうかな?なメモを残す。

「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ

「誘い探り釣法」命名記念で調子に乗ってクロムツ釣りメモ羽田・かみやの釣果報告でへた釣りのクロムツの釣り方を「誘い探り釣法」と書いてもらった。遊魚のプロの命名なわけで、必殺技っぽくてうれしい。調子に乗ってクロムツの釣り方メモを書く。人生で一度だけしかツ抜けしたことがない人のメモなので眉に付ける唾はいつも以上に多めに。

アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の教えをメモ

アコウをまた釣りたい。伝説が続くよう勇者様の示唆をメモ分かったなんて思ってない。分からないから釣りは面白い。でも、分かったような気になる何かがないとやってられない。勇者様の熱血指導でアコウダイ3匹!!釣行で、大苦戦していた深場での釣りのもしかしたらこういうこと?という示唆をたくさんいただけた。経験値を上げて目指せ勇者様!!

来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょ

来年こそは深場伝説をはじめるために残すぼうけんのしょアコウダイに向けて少しずつステップアップすることを目論んで、ライト深場を4戦した。200メートル以深の釣りならできることが多くはない。もしかしたら最初から釣れるかもと、「深場伝説がはじまる」なんてアホな予告をしてみたが、結果は惨敗続き。来季こそは勇者になりたい。

ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?

ムツ五目再戦に向け…アワセ必須? 向こうアワセでOK?ムツの炙り刺のあまりの美味さに再戦する気マンマンのライト深場。本命なしの五目釣りなんだけど、ムツ五目に勝手にルール変更しちゃおうと思う。アカムツとクロムツにターゲットを絞ってみよう。目下一番の悩みは、ムツ釣りにアワセは必須? それとも向こうアワセで掛かるもん?

気になる深場釣りの話題

カゴカマスの干物が大成功。本カマスよりも旨いかもよぉ~

カゴカマスの干物が大成功。本カマスよりも旨いかもよぉ~脂の乗りのよい魚は干物が外れないと信じている。アカムツ→カイワリダブルヘッダーで釣ったカゴカマスはお刺身で食べても美味しい魚だが、お刺身はカイワリが優先。腐らせるわけにはいかないので干物にして冷凍保存。身の質、脂の乗りから干物に適していると想像はしていたが…。

5年愛用した高級ハサミを捨て勇者印100円のハサミを買う

5年愛用した高級ハサミを捨て勇者印100円のハサミを買うへた釣りは物持ちがよい人で「まだそれ使ってたの?」と驚かれることがある。今使っているハサミは2013年1月に買った物なので5年半ほど使った。さすがに切れ味が鈍り始めサバ短を作るとき脂で滑って一苦労することに。深場の勇者様から借りた100均のハサミが具合がよかった。

今週末は勇者様とアカムツ→カイワリのダブルヘッダーへ

今週末は勇者様とアカムツ→カイワリのダブルヘッダーへ今週末はゴールデンウィークに4年ぶりにボウズを食らったカイワリ釣りのリベンジをと考えていたが、深場の勇者様から「アカムツ、カイワリ連投どうですか?」というお誘い。5月は釣りにほとんど行けず、6月は釣りまくりたい気分だったので即答でYES。宇佐美でダブルヘッダーを戦う。

船上で包丁使えない。「キッチンシザース」はどうだろうか?

船上で包丁使えない。「キッチンシザース」はどうだろうか?ビビリのため船上でナイフは滅多に使わない。特に脂で手が滑る魚の解体は絶対に無理。釣れた魚で身餌を作りたいときはキッチンバサミで解体する。きれいにはできないが食べるわけではない。「キッチンシザース オールマイティ」が評判がよい。安い物なので迷わずにポチッとしたよ。

ヤマシタがアカムツ釣りのトップアングラーの仕掛けを再現

ヤマシタがアカムツ釣りのトップアングラーの仕掛けを再現今季の(も?)深場での釣りは惨敗続きだったが5月になって攻める水深が少し浅くなったらアカムツをやりに行こうと考えている。宇佐美沖のアカムツはこれまで3戦して3ボウズ。どうやれば釣れるのか全く分かってない。ヤマシタから新しく出た「アカムツ仕掛」が気になる。見つけたら買う。

海中は妄想するものなんだけどさ、深場の水中映像見たい

海中は妄想するものなんだけどさ、深場の水中映像見たい釣りの楽しみの1つは海中を妄想することだ。自分が行ったタックルの操作で仕掛けやエサはこうなっているはず。だからこのタイミングで食ってくるという妄想通りになった瞬間は至福。海中で実際に起きていることが妄想に近いかどうかを確かめてみたいのがクロムツ狙いのLT深場だ。

メダイの特大開きにガチで満足。キンメダイより美味かった

メダイの特大開きにガチで満足。キンメダイより美味かった同じイボダイ科だからエボダイの開きに味が似ているに違いないという予想。正解だった。脂のノリという点ではエボダイを超えており、40センチくらいまでのメダイの食べ方として今後特大サイズの開きが定番になりそうな気がする。同じ日に釣ったキンメダイの干物より圧倒的に美味い。

マゴチ始まるのでLT深場は今週末が最終戦になるっぽい

マゴチ始まるのでLT深場は今週末が最終戦になるっぽい羽田・かみやでも3月16日からマゴチが開幕する。シーズン初期は60UPの本塁打級のマゴチの出現率が高いので楽しみだ。同じデカッw船長が担当していたLT深場五目は3月15日で乗り合い終了になるので、今週末が最終戦になる。クロムツの釣り納め&食べ納めをしておきたいので行く。

メダイの特大開き……干してる時点でなんだか笑えてきた

メダイの特大開き……干してる時点でなんだか笑えてきたエボダイの開きが美味いのだから同じイボダイ科のメダイの干物も美味いはず。キンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイ釣行で運よくメダイは確保した。サイズも35センチくらいとちょうどいい。頭から真っ二つに開いて昨晩のうちに外に干しておく。干物網の1段を1匹で占拠する。笑える。

春の嵐の間隙って明日しかない!! 目標クロムツ5+メダイ

春の嵐の間隙って明日しかない!! 目標クロムツ5+メダイ仕事の関係で日曜釣行が望ましいのだが風波の予報を見てムムムッ。日曜日は出船はするだろうが午後から荒れそう。土曜日は凪予報。土曜釣行に切り替える。羽田・かみやからLT深場五目。目標はクロムツ5匹と特大開き用のメダイの確保。サバ避けに黒オモリが効果があるか試す。

エボダイの開きが美味いんだからメダイの特大開き作るか

エボダイの開きが美味いんだからメダイの特大開き作るかLT深場五目で釣れるメダイは味噌漬け用に大きいのを1匹持ち帰れば十分と書いたが、干物にしたら絶品かもと思いつく。というのも同じイボダイ科に属するイボダイは干物にすると絶品の魚。味の傾向や身質は似ている。メダイの特大開き……話(ブログ)のネタに挑戦する価値はある。

LT深場用に御用水産「キンメ用カツオのハラモ」気になるぞ

LT深場用に御用水産「キンメ用カツオのハラモ」気になるぞ腕が痛いのでLT深場は1週休みと宣言しているくせに、何か特餌はないものかと探しているのであるから……今週末も行っちゃうかもw 御用水産という相模原市の魚屋兼寿司屋さんが売っている「キンメ用カツオのハラモ」がクロムツの特餌になってくれそうな気がして気になるぞ。

あいたたた。上半身が痛い多動性深場病発症の予感が…

あいたたた。上半身が痛い多動性深場病発症の予感が…他人より体力はあるつもりなのでこんなはずじゃとは思うが、へた釣りの51歳の体が2週連続のLT深場五目に悲鳴をあげた。釣行後2日おいて体が痛くなるなんて、本当にもうおっさんの体である。左肩から二の腕と背中に鈍い違和感。酷使し続けると腕が上がらなくなるので1週休もう。

激安PEライン…どれならOKでどれはNGと見分けられる?

激安PEライン…どれならOKでどれはNGと見分けられる?タチウオだとかLT深場を意識するとほかの釣りでは数年に一度しか巻き替えないPEラインが消耗品になってくる。へた釣りはケチなので消耗品にお金をかけたくない。ネットを検索すると激安のPEラインが見つかるのだがあまりの安さに大丈夫?と不安に。良しあしを見定める方法ある?

サバに捕まると勝負にならない中深場。避ける方法ない?

サバに捕まると勝負にならない中深場。避ける方法ない?水深200~250メートルの海底付近にクロムツはいる。そのタナまで仕掛けを送り込めれば釣れる可能性はゼロではなくなるのだが……全く勝負させてもらえないことがある。サバだ。仕掛けを落としている最中にサバに捕まると全速力で巻き上げるしかない。サバを避ける方法ってないのかな?

今週末こそ始めるよ~~~~釣れる方の“深場伝説”をっ!!

今週末こそ始めるよ~~~~釣れる方の“深場伝説”をっ!!毎年この時期になるとほざいているのが「尺メバリストに俺はなる」と「深場伝説始めます」。どちらの目標も達成の目途は全く立ってないがそうありたいと夢を抱くのは釣り人の特権。釣果を安定させるのは腕だろうが、釣りには何かの間違いがある。そう信じてへた釣りはほざき続ける。

ムツとソイは縦糸嫌い。嫌う魚、厭わない魚の差って何だろ

ムツとソイは縦糸嫌い。嫌う魚、厭わない魚の差って何だろクロムツには幹糸が見えていると多くの達人さんから教わった。胴付き仕掛けのような縦糸を嫌う魚がいるという話は聞いたことがあり、クロダイは幹糸のある仕掛けには食ってこないと言われたことがある。縦糸を嫌う魚、厭わない魚の差って何なんだろう? 目がいい魚は縦糸を嫌う?

LT深場五目で美味しいと個人的に思うランキングはこうだよ

LT深場五目で美味しいと個人的に思うランキングはこうだ!!何が釣れるのか分からないのがLT深場五目の魅力だ。冬のこの時期にも脂がしっかり乗っており食べてしふく~~!!な魚を釣りたい。剣崎沖~洲の崎沖の200~300メートルのポイントで釣れる魚というのはだいたい決まってくる。これまで釣ったりもらって食べた美味しい魚ランキング発表。

低活性クロムツの対策は幹糸を細くが定石。6号にしてみる

低活性クロムツの対策は幹糸を細くが定石。6号にしてみる「反応はあるのに」なときのクロムツの釣り方を妄想したらSNSでアドバイスをもらう。誘い方を変えるよりも仕掛けを…特に幹糸を細くすることでクロムツが口を使ってくれることがあるみたい。複数の達人がそう言っていたので低活性なクロムツへの対策として幹糸を細くするは定石のようだ。

「反応はあるのに」なときのクロムツの釣り方を妄想してみる

「反応はあるのに」なときのクロムツの釣り方を妄想してみる反省会はしないが反省はする。このブログはある意味反省文を束ねた物だったりする。2018年のLT深場五目の開幕戦でクロムツが釣れなかった。「反応はあるのに」と船上で最も聞きたくないセリフを聞いたので、魚はいたけど口を使ってくれない低活性だったと思われる。対策を練る。

巻けるはするけど釣りの最中に「入らなくなるかも」と言われ…

巻けるはするけど釣りの最中に「入らなくなるかも」と言われ土曜日にLT深場を開幕させるにあたって、フォースマスター3000MKにPE4号を500m巻いてもらおうとしたのだが、店員さんに「巻けはするけど釣ってる最中に糸が入らなくなる可能性がある」と言われる。そのトラブル…どう考えても恐ろしいので普通にPE4号を400m巻いてもらうことに。

週末は土曜だけ凪? メバルないので…LT深場五目かな!?

週末は土曜だけ凪? メバルないので…LT深場五目かな!?信頼しているGPVの週末の予報がかたまり始めた。三連休だが、凪で海上が凪そうなのは土曜日だけに見える。土曜日にメバルにと羽田・かみやの出船予定を調べると、メバルは休船。クロムツ狙いのLT深場五目は出るようなのでこれに乗る。メバルはまた次の好条件そうな日を待つことに。

中深場やるならFM3000はPE3号を500メートルが正解かな

中深場やるならFM3000はPE3号を500メートルが正解かな羽田・かみやでクロムツ狙いのLT深場五目の出船が始まった。シーズン初期は混むので落ちついてから参戦しようと思っているが、水深250~300メートルを攻めるので、フォースマスター3000MKにこれまで通りPE4号を400m巻くか、PE3号にして糸巻き量を500mに増やすべきかで悩み中。

新・へた釣りだとすぐ分かる帽子はダイオウグソクムシので

新・へた釣りだとすぐ分かる帽子はダイオウグソクムシので北海道土産に子供1号に買ってもらったヒグマ帽子を愛用していたが、3年近く被っていると汚れたというか、カビてしまった。新しい帽子を買うかなとあれこれ物色していると、これを被れば一目でへた釣りだと認識してもらえそうな物を見つける。「ダイオウグソクムシ ブラック」を買う。

クロムツ人気で締切。今週末はオニカサゴ改め赤い魚五目

クロムツ人気で締切。今週末はオニカサゴ改め赤い魚五目時化が嫌いなのでギリギリまで予約しない。おかげで時化を回避できてよかったということもある一方で…。今週末は羽田・かみやのLT深場五目と金沢八景・一之瀬丸オニカサゴのどちらかと考えていた。LT深場五目は人気で週半ばで既に満席。一択でオニカサゴ改め赤い魚五目に。

年末は毎年恒例のお正月のお刺身調達で宇佐美プチ遠征

年末は毎年恒例のお正月のお刺身調達で宇佐美プチ遠征今年はもう残すところ10日しかない。年末はバタバタするのでそろそろ釣行の予定を立てておかないといけない。年末釣行のメインイベントはお正月の祝い膳を贅沢にするお刺身&尾頭付きの調達。お餅の代わりにお雑煮に入れるアマダイも調達したい。1戦は治久丸。もう1戦はかみや

イサキ、アジ禁止令対策に「貝印 小魚3枚おろしピーラー」

イサキ、アジ禁止令対策に「貝印 小魚3枚おろしピーラー」今週末はタチアジリレーに行くつもりなのだが、妻1号にはタチウオに行くとは伝えてあるがアジとのリレーだってことは秘密。何かの間違いで束釣りになるイサキアジを釣りに行くと妻の機嫌が悪くなる。機嫌を損ね続けると××禁止令が出る。妻のご機嫌がよくなる物はないものかと……。

怖いから釣りたくないけれど「深海生物」図鑑が欲しいかも

怖いから釣る気はないけれど「深海生物」図鑑が欲しいかも釣魚図鑑なら8冊も持ってるほどの図鑑好きだったりする。深海生物の図鑑も既に2冊持っているのだがこの表紙のインパクトとスマホと連動してダイオウグソクムシやリュウグウノツカイを3DCGで見られるのがなんだか気になってしまう。ちなみにこの表紙の魚はオニキンメというらしい。

多動性深場の代償? 二の腕の痛みがとれずに湿布を買う

多動性深場の代償? 二の腕の痛みがとれずに湿布を買う実は3月くらいからずっと左腕の二の腕に痛みがあった。理由は分かっている。200号のオモリをぶら下げて1日手持ちで深場の釣りをしているうちに痛めてしまった。深場シーズンが終われば治るだろうと思っていたら……痛む腕でウィリーを始めるとさらに悪化。フェイタス買ってきた。

治久丸のアカムツ今日も釣れてる。明日釣れなかったら…

治久丸のアカムツ今日も釣れてる。明日釣れなかったら…宇佐美・治久丸は大好きな船宿の1つなのだが、困ったジンクスがある。前日までどんなに好漁が続いていても、へた釣りが行った日に限ってへた釣りだけでなく船中釣れなくなる。本日の釣果を確認すると良型主体で順調に釣れている。もしも明日に限って釣れなかったら……戦犯は俺かも!?

下手でも釣れるときは釣れる深場釣行記

船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目

船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目深場の勇者様からお誘いいただき、宇佐美・治久丸から午前アカムツ、午後カイワリ五目のダブルヘッダー釣行。不眠不休での釣りに疲れ果てているので、本日はアカムツ編の釣行記だけ更新する。宇佐美沖のアカムツに挑むのはこれが4戦目。結果はボウズ・ボウズ・ボウズ…ボウズ!!

始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い

始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い腐っちゃいないがこうも思うようにいかないと頭を抱えたくなる。35upのトロけるクロムツを狙ってLT深場五目の今季最終戦。魚信は多く楽しめたが、竿先がガッコンと揺れても針掛かりしない。針掛かりしてくれるのは素直なシロムツばかり。始まったよ、シロムツしか釣れないぞ伝説がっ!!

5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…

5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…本日は多動性が嫌われる日。タナを枝ス長の間隔で落とし込みながら広く探るという釣り方が全く通用しなかった。クロムツは船中ほとんど釣れていなかったので早めに釣り方を修正すべきだった。5本針にキンメダイ3・シロムツ・メダイでパーフェクトを達成したことが唯一のえっへん。

クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す

クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す伝説始めます…始める心の準備は何年も前からできているのだがちっとも始まらない。1投目でいきなりのクロムツのダブル。始まっちゃうかもよ~と小躍りしたのだが、良かったのはその一瞬だけ。サバに苦しみ、シロムツに邪魔され、クロムツは3匹まで。チビクロなる新たな敵も……。

今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!

今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!躍起になったところで釣れるもんでもないので釣れないときは釣れないことを楽しむほかない。今年も始まった! 釣れない方の“、深場伝説”がっ!!! 昨季の後半に何か掴みかけているような気がしていたけど、全くの気のせいだった。魚信をほとんど出せずに剣崎沖で筋トレに励む。

…………………………伝説どころか何事も始まらなかった

…………………………伝説どころか何事も始まらなかった「何を釣っても釣れる気がしない」と言ってる人が、同じ口で「伝説はじめます」なんてことをほざくのがそもそもおかしい。アカムツを狙って伊豆まで遠征。深場の勇者様の援軍を得ても………………………………伝説どころか何も起きなかった(チーン)。2釣行連続でクーラーは空っぽ。

GWダメだ。クロムツは追試も0点で留年。メダイ2匹で溜飲

GWダメだ。クロムツは追試も0点で留年。メダイ2匹で溜飲ゴールデンウィークは釣運って物に見捨てられてるかもな釣行第3弾(第2弾の夜アナゴは明日釣行記書くね)である。前回ボウズに終わったクロムツにリベンジし、4匹以上釣って無事進級といきたかったのだが……追試も0点で留年確定。メダイ2匹で溜飲下げるも…クロムツどこ行った?

まさかのクロムツ落第。でもいいの!! アカムツいるもんね♪

まさかのクロムツ落第。でもいいの!! アカムツいるもんね♪クロムツの今季最終戦なので、4匹以上釣れたら合格というルールの季末テスト釣行にした。問題難しすぎ。クロムツは船中0で、全員落第だった。本当なら凹んでなきゃいけないところだが、凹むどころか超ハイだったりする。人生初のアカムツ。それも43センチの良型が釣れたんだもんね♪

「また釣ってきたよ♪」。クロムツ最多記録を3倍更新でドヤ!!

「また釣ってきたよ♪」。クロムツ最多記録を3倍更新でドヤ!!家族からの「また釣ってきてね」というリクエストに張りきらないパパアングラーはいない。羽田・かみやから今季2戦目のLT深場五目。クロムツの炙り刺しが大好評で、なんとしても脂ノリノリサイズを持ち帰りたかった。気合を入れると空回りすることも多いが今回はなんとかなったよ!!

自慢できる釣果じゃないけどクロムツの自己最多を4倍更新

自慢できる釣果じゃないけどクロムツの自己最多を4倍更新アカムツ2連続ボウズに心が折れて以来7か月ぶりの深場釣り。クロムツは釣れた!! それも4匹も! これまでの自己最多は1匹だったので4倍だ。今日は誘いまくった方が魚信が出る多動性中年向けの活性だったみたいだ。35センチ級のデップリお腹に脂が乗ってそうなのが3匹もいる。

このうらみ!! はらさでおいたるわ!! アカムツに手も足も出ず

このうらみ!! はらさでおいたるわ!! アカムツに手も足も出ず竿よし仕掛けよし餌よしで臨んだアカムツ2戦目だったがもしかしてアカムツかも?という魚信は遂に一度も訪れず。一瞬すらも盛り上がることなく終了。ギンメダイとシロムツとユメカサゴが少し釣れただけ……手も足も出ずだった。このうらみ!! はらさで…おいたるわ!! さぁ~次、次。

白→黒ときて残るは赤だったんだけど…伝説は1回お休みw

白→黒ときて残るは赤だったんだけど…伝説は1回お休みwアイテム不足だと倒せないボスっているよね。アカムツもそうなんじゃないかと……。宇佐美・治久丸への弾丸プチ遠征。両手にアカムツとアラを持ち、真の伝説始まると宣言するつもりだったのだが世の中甘くない。もしかして?という魚信は何度かあった。巻き上げ中にことごとくバラす。

勇者様の熱血指導でアコウダイ3匹!! 伝説はじまったかも

勇者様の熱血指導でアコウダイ3匹!! 伝説はじまったかも400メートル先の海底から竿先に伝わってくる明快な魚信。太い竿を曲げる重量感。抵抗は少しずつ弱まっていく。やがて重量感すらなくなり海面に赤いシルエットが浮きあがる。大きなアコウダイがまず1尾、その下にも中型が2匹。レイズ・ザ・アコウダイズの成功だ。勇者様の指導に感謝!!

5本針も太極拳も不発!! また来年おいでねとムツを1匹だけ

5本針も太極拳も不発!! また来年おいでねとムツを1匹だけ新しい釣りに挑戦してあ~かな、こ~かなと悩むのは楽しい。自分なりの答えが見つかるともっと楽しいのだが、そうはならないのがへた釣りだ。ムツ狙いのライト深場はこれで今季最終戦。5本針太極拳も不発で貧果に沈んだが、また来年おいでねと敢闘賞?のムツが1匹釣れたよ。

ライト深場で同じ過ちに凹んで気持ちのリセットが必要だね

ライト深場で同じ過ちに凹んで気持ちのリセットが必要だね何の工夫もせずに同じ過ちを繰り返すヤツのことをアホという。羽田・かみやからライト深場3戦目。2戦目でシロムツとユメカサゴしか釣れなかった。たまたま運がよくなかっただけと考えていたら、またもシロムツとユメカサゴしか釣れない。同じ失敗をした…アホである。猛烈に凹んでいる。

ギンギラギンに釣れたけど深場伝説は…またもや始まらず

ギンギラギンに釣れたけど深場伝説は…またもや始まらず釣果に満足かと聞かれるとう~んと頭を抱えるが、すごく面白かった。魚を付けずに仕掛けを一度も回収していない。必ず何かしらの魚信があり、前回とは違い高確率で針掛かりした。リリースした魚込みなら50匹近く釣った。なのに釣果が不満なのは垂涎のクロムツが釣れなかったから。

深場デビューってことはレジェンドが始まるはずだったが…

深場デビューってことはレジェンドが始まるはずだったが…脳みその作りがお気楽極楽にできているので、釣れると思い込んでいた。羽田・かみやからライト深場で出撃。この後、アカムツ、キンメ、アコウとステップアップしていく第一歩のつもりだった。いきなりアカムツかアラあたりを仕留めて、そして伝説が始まる……のはずだったんだけどね。