萬栄丸半夜クロムツ初戦はサバ禍で失速も16匹でえっへん

萬栄丸半夜クロムツ初戦はサバ禍で失速も16匹でえっへん東京湾口で釣れたクロムツを美味しいと喜んでいると、萬栄丸で釣れるクロムツはサイズも味も一味違うと煽られ続けていた。確かに40センチ超えの良型の出現率が高く、食べきれないほどに釣れている報告を見て羨ましく思ってはいた。一緒に行きますか?とお誘いされてデビュー戦へ。

萬栄丸半夜クロムツ初戦はサバ禍で失速も16匹でえっへん何度か同じ船に乗ったことがあるラーク名人から内房勝山港・萬栄丸の半夜クロムツのお誘いがあった。深場の勇者様ラーク名人の釣友のI垣名人と4人での釣行となる。単独釣行むっつり派のへた釣りにしては珍しく賑やかな釣行だ。いい席を確保したいので9時には出発するというラーク名人の車に乗せてもらって勝山へ。16時半出船なのに随分と早くからと驚いたが、アクアラインに入るとI垣名人から電話があり「席どこにしますか?」。既に到着している模様。さらに数分後に今度は深場の勇者様から「左右の舳の1番・2番を押さえました」との連絡。席確保のためにすごく早く出発したつもりだったが、出遅れた。気合の入り方が半端ない。出船まで約6時間、受付まででも約5時間ある。釣りの話をしていればあっと言う……少し時間を持て余したので次に行くときは堤防用の竿を持って行こう。

■誘い落しに素直に反応してくれていきなり35センチと好発進!!

萬栄丸半夜クロムツ初戦はサバ禍で失速も16匹でえっへん船は定刻に港を離れる。見留船長からは「20~30分走ります」とのアナウンス。萬栄丸に何度も来ている人は沖のポイントまで行けなかったとがっかりしたそうだが、右も左も分からないへた釣りはそんな近くのポイントでクロムツが釣れるなんて勝山すげぇなと喜んでいた。お気楽なものである。顔見知りのりょうさんが仲乗りとして乗っていたのでアウェイ感がなかったのもうれしかった。りょうさんからは先糸や仕掛けなどのアドバイスも事前にいただけたおかげで、トラブルなく釣りができたので感謝。最初のポイントは何もなし。次のポイントでまだ陽が出ているので8メートルから70センチ刻みで誘い下げていると竿先ガコッガコッなクロムツの魚信あり。針掛かりを確定させてから萬栄丸ルールに従ってフルドラグで全力巻き上げ。35センチのご立派サイズの本命で幸先よくスタートする。
萬栄丸半夜クロムツ初戦はサバ禍で失速も16匹でえっへん萬栄丸半夜クロムツ初戦はサバ禍で失速も16匹でえっへん

萬栄丸半夜クロムツ初戦はサバ禍で失速も16匹でえっへん次の一投でも底から6メートルくらいですぐに竿先ガコッガコッ。25センチを追加。サバに苦しんでいる人もいたので、3本針で装飾一切なしの仕掛けがうまく機能した。このまま一投一匹ペースなら40匹も夢じゃないかもなんてことを思い描くがさすがにそこまで甘いわけがなく、船にライトが灯ると少しペースダウン。サバが混じり出す。それでも3本針にクロムツ・サバ・クロムツなんて一荷も発生し、へた釣りにしては順調には釣れ続ける。空が暗くなったので少しずつ探るタナを上にする。18メートルから誘い下げて15~12メートルでクロムツの魚信が出ることが多かった。かと思うとほぼ底でクロムツなんてこともあったので飽きずに広く誘う人ほど報われるという多動性向けの展開。目標だったツ抜けまではあっさり達成。35センチ級も4匹いるので既に満足♪
萬栄丸半夜クロムツ初戦はサバ禍で失速も16匹でえっへん萬栄丸半夜クロムツ初戦はサバ禍で失速も16匹でえっへん

■自己最多更新するもアジの魚信に翻弄されサバの猛アタックに失速

萬栄丸半夜クロムツ初戦はサバ禍で失速も16匹でえっへんクロムツ釣りでサバもやっかいだがアジも相当邪魔であることを知った。アジとクロムツはタナが近いらしく、コツンという魚信だけ出して針掛かりしないのはアジ。エサをむしり取っていくことはないが、ノイズのように発生し続けるアジの魚信に集中力を削がれる。たまにしか針掛かりはしないが針掛かりすれば巻き上げなくてはならない。底から20メートルより上はサバ勇勢で、誘い下げていくとアジ優勢になっていく。で…肝心のクロムツの食いダナは……? 完全に見失ってしまう。デッドスローで底から巻き上げてタナを探るという方法を教わったがアジのせいでタナを特定できない。それでもポツポツとはクロムツを釣ることができて残り1時間の段階で16匹まで到達。クロムツの自己最多は15匹なので記録更新には成功した。あとは何匹まで数を伸ばすかであったが……。
萬栄丸半夜クロムツ初戦はサバ禍で失速も16匹でえっへん萬栄丸半夜クロムツ初戦はサバ禍で失速も16匹でえっへん

萬栄丸半夜クロムツ初戦はサバ禍で失速も16匹でえっへん残り1時間はサバ(船長いわくペロペロ鯖)の猛攻に遭う。序盤はほかの人が5本針&装飾ありな仕掛けを使っていたのでへた釣りはサバに捕まりにくかったが、みなさんサバ禍に嫌気がさしていたようでだいたい3本針になっていた。高いタナにも底近辺にも大挙してサバは押し寄せてしまっている。クロムツかもという魚信は何度かあったが高速巻き上げ中にサバに食らいつかれるとクロムツは振り落とされてしまう。全くなす術なし。ラーク名人によれば「底から3メートルでじっと待つと釣れた」とのこと。船中スミヤキにPEラインをスパッと切られるという事案が何件か(すぐ隣でも3件)発生していたが先糸フロロ14号+黒PEだと被害はなかった。先糸には何か所かキズがあったので都度交換が正解と思う。黒PEはこの部分がオマツリすると夜釣りの船上では極めて見えくいというのが欠点かも。解くのに仲乗りさんが苦労されていた。
萬栄丸半夜クロムツ初戦はサバ禍で失速も16匹でえっへん萬栄丸半夜クロムツ初戦はサバ禍で失速も16匹でえっへん


Twitter

2022年10月02日 12:10

« ナイロン14号なんて売ってねぇのでフロロで先糸&仕掛けを | メイン | 【動画】夜釣りの動画は諦めていたがなんとかそれなりに »

最近の釣りに行った記事

前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ
ウィリーもカブラも無視するカイワリなんて大嫌いだぁあ

著者: へた釣り