極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる

極鋭CGオニカサゴで入魂完了。人ではなく竿が褒められる禁煙5年生進級祝いで自分へのご褒美として買った極鋭 コンセプト ゲームP HHH-205AGSに魂を入れるため、羽田・かみやからオニカサゴへ。感度も操作性も抜群で期待以上の竿だったことに悦に入る。釣果もへた釣りにしては上出来の35センチ級が2匹。釣れたら竿が褒められた。

極鋭CGオニカサゴで入魂完了。人ではなく竿が褒められる1日でも早く人生初の極鋭の具合を試したかったので、竿が到着したら開封する前にオニカサゴ船の予約を入れていた。竿なんて陸で撫してても意味がない。海でぶん曲げてなんぼと考えていたのだが、行きの電車が混雑していて、買ったばかりの竿に人がぶつかりそうになると慌ててかばっていた。分不相応な物は持つものではないのかも。JR蒲田駅からの送迎バスを利用して船宿へ。受付番号は11番で13人の釣り人を乗せて船は桟橋を離れる。釣り座は左舷の舳から2番目。

■剣崎沖は潮なく不発も洲崎沖一投目で極鋭コンセプト ゲームに入魂

極鋭CGオニカサゴで入魂完了。人ではなく竿が褒められるデカッw船長によれば「北よりの風が強いうちは手前のポイントを攻めて、風が収まったら南下する」とのこと。手前というと観音崎辺りから攻めるのかな?と予想していたが、観音崎沖のオニカサゴは既に釣り尽くしたという状況らしく、剣崎沖の水深130メートルくらいのポイントで釣り開始となる。一投目からオニカサゴが釣れたらへた釣りの極鋭伝説始まるなんてアホなことを考えながら仕掛けを投入するも、何も起きず。思ったより穂先が柔らかく魚を食いこませやすそうな一方で穂持ちは適度に張りがあって、タナを取り直す操作が極めて楽だった。根掛かりの察知能力もこれまで使っていた竿より遥かによい。針が根を擦った感触で根掛かり回避ができるので、仕掛けは1組しか使わなかった。
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。人ではなく竿が褒められる極鋭CGオニカサゴで入魂完了。人ではなく竿が褒められる

極鋭CGオニカサゴで入魂完了。人ではなく竿が褒められる剣崎沖は「潮がない」という状況らしくデカッw船長は南下を決断する。大島の姿が遠くにうっすらと見える洲崎沖まで一気に南下。洲崎沖はなぜか相性がよい。一投目、10時ちょうどに極鋭 コンセプト ゲームP HHH-205AGSの入魂に成功する。オモリが着底し糸ふけを取ろうと少しオモリを持ち上げるとゴッゴツッというオニカサゴらしい魚信。慌てずにしっかりエサを口の中に入れてから、エイヤと竿を持ち上げる。竿に重みが乗った。リールを巻き取りながら竿を下げ、もう一度エイヤと追いアワセ。巻き上げ始めると生体反応あり。オニカサゴは巻き上げ中に暴れるものと思っていたが、ほとんど暴れることなく海面まで。35センチくらいのオニカサゴ。魚を暴れさせないのも高級竿のスペックなのかな?
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。人ではなく竿が褒められる極鋭CGオニカサゴで入魂完了。人ではなく竿が褒められる

■遊漁のプロ、デカッw船長から「いい調子」とお墨付きをいただく

極鋭CGオニカサゴで入魂完了。人ではなく竿が褒められるへた釣りにとってオニカサゴ釣りはボウズ覚悟の釣りなので1匹釣れれば心の余裕が生まれる。方針はとにかくまめにタナを取り直す。水深が浅くなると言われたときは底を1メートル切ってから超ゆっくりと巻き上げる。少しでも長い時間、オニカサゴが食ってくるタナにエサをたなびかせようと考えている。水深が深くなっていくときはオモリを50センチ持ち上げて10秒待ったら底を取り直す。2度目の魚信はほぼ11時ぴったりに訪れる。1匹目と同じサイズのオニカサゴ。良型とは言わないが満足サイズを2匹なら十分である。2匹目も巻き上げ中にあまり暴れなかった。魚を怒らせない竿なのかも?
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。人ではなく竿が褒められる極鋭CGオニカサゴで入魂完了。人ではなく竿が褒められる

極鋭CGオニカサゴで入魂完了。人ではなく竿が褒められる極鋭 コンセプト ゲームの挙動をキャビンから見ていたデカッw船長から「いい調子だと思いますよ」と言ってもらえる。いろいろな竿を見ている遊漁のプロの目で竿を褒めてもらえた。「120号でそれならヤリイカもできそう」とのことだった。ヤリイカより前に次はLT深場でクロムツ入魂、飯岡に遠征してアカムツ入魂をと考えている。LT深場のストンストンとオモリを落とす誘い探りは少しだけやってみたがなんとかなりそう。その後は20センチくらいのリリーズサイズが1匹釣れただけで2時に沖上がり。
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。人ではなく竿が褒められる極鋭CGオニカサゴで入魂完了。人ではなく竿が褒められる


Twitter

2020年01月25日 20:20

« 禁煙5年生進級祝いに人生初極鋭。P HHH-205AGSが到着 | メイン | 【動画】鬼退治成功。そして…極鋭深場伝説が始ま……る? »

最近の釣りに行った記事

手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ
ウィリーもカブラも無視するカイワリなんて大嫌いだぁあ
予想以上の時化に軽く船酔いげんなりしつつクロムツ6匹
尺には遠いが長井沖で人生初のイワシでメバルをゲット♥
猿アジ冬のトリプルまつり開催中でアジフライ半年分57匹♪
魚信を出せず心荒む展開も熟アマダイ(45)に慰められる
電車故障・潮超速・偏光グラス破損…ハードラックな1日
食っておくれと泣いてます…越冬シロギスでヒュルリララ
ほぼ25upのA5ランクアジで初釣りビシアジデート大成功
アマダイのやる気感じず…なんとか雑煮の具&ステッカー
誘うとキダイもサバも食わない海にこてんぱんにされたよ
シマアジは俺のこと大嫌いみたいだ。コマいのが1匹だけ

著者: へた釣り