きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ

きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけきっちり丁寧に間違えないようにと言われるのが子供のころから大嫌いだ。金沢八景・一之瀬丸からキンメムツ五目へ。キンメダイを狙って釣るのはこれが初めて。タナさえ合わせられれば難しい釣りではないと聞いていたが、釣り方以前に整理整頓が苦手でガサツな人はこの釣り不向き。

きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけヤリイカ胴突きシロギスに続くはじめての××シリーズ。50代半ばにして初体験できることがいまだにあるのは素敵なことだと思う。出船時間が早いのでいつもの電車ではなく、東海道線の始発で横浜駅まで行ってから京急に乗り継ぎ金沢八景へ。緊急事態宣言のおかげで酔客はほぼおらず電車はガラガラだった。船宿で残っている席札を確認すると、例によって艫から埋まっており左舷の舳は空いていた。舳だと投入が一番先になる。スムーズに投入する自信がないので胴にしようかとも考えたが、せっかく空いている舳を譲ると釣りの神様に嫌われる気がした。左舷舳の札を取る。片舷5人ずつで出船となる。沖の瀬まで約1時間の航路。

■ポイント到着前からあたふた。サバに蹂躙されながらキンメも3匹

きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ普段ならポイントに到着して船が減速してから仕掛けを付けるのだが、一番最初に投入しなくてはというプレッシャーで、船が走っている最中にエサを付けた針を船べりのマグネットに並べていく。6本針ならなんとかなりそうと安心しているとロッドキーパーに立てかけてあった竿が倒れて仕掛けがぐしゃぐしゃに。親子サルカンで仕掛けを切って修復することに。ポイントに着く前からあたふた。ポイントの水深は400メートルくらい。投入にはなんとか成功しそろそろ底?と構えていたら魚信。レンタルタックルなのでキンメダイの魚信がどんな感じなのか分からない。キンメかもと大事に巻き上げるも5本針に4匹のサバでがっかり。仕掛けが再起不能になってさらにがっかり。
きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけきっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ

きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ沖の瀬は潮がかなり速く300号のオモリでも底がかなり取りづらい。最初の着底の糸吹けを見逃すと底はどこぉ?となってしまう。2個所めのポイントでは着底し2メートルほど仕掛けを巻き上げると穂先に違和感。魚信というほど明確に引き込んではくれない。シロムツか何かが食ってきたのかもと巻き上げの合図があるまで放置してから巻き上げると、なんと上の方の針にキンメダイが2匹。上の方の針に食ってきたら魚信は大きく出るはずなのに……。とはいえキンメダイを狙って釣ったキンメダイの1匹目と2匹目をゲットする。ポイントによってはサバの猛攻に遭い仕掛けが底に着く前に巻き上げざるを得ないことも。底まで仕掛けを送り込めれば小さな魚信があって3匹目のキンメダイ。1、2匹目に比べて体高があり、これってフウセンキンメ? ナンヨウキンメ?
きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけきっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ

■きっちり丁寧に仕掛けを正せないので明らかにチャンスを逃して…

きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ3匹目を釣ったのは11時少し前。目標は家族4人に1匹ずつで4匹だったので楽勝と思っていたら、きっちり丁寧に作業ができない男は大失速する。まずは仕掛けを踏んだままオモリを投入してしまい仕掛けが切れて1回休み。風もなく凪。ほかの人が10本針でやっている中、自信がないので半分の5本針。なのにとにかく仕掛けが手前でマツリまくる。仕掛けを回収するたび、枝スを切って結び直さないといけない。準備に時間がかかって、船が減速すると「間に合わない!」と絶望感が押し寄せる。仕掛け回収時にマグネットに順に針を置いていけばよいという知識はあるが、そんなきっちり丁寧な作業はできない。間に合わないと判断したら針数を減らしてなんとか投入。針は5本になり、4本になり、3本になり……針数が減ったせいではないのだろうが船長から「魚信はでてますよ」というアナウンスがあっても完全に蚊帳の外に。

きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ水深450メートルくらいのポイントまでいろんなポイントに連れて行ってくれるが潮が速すぎて底が全く取れなかったり(取れても自信が持てなかったり)、サバの猛攻でなす術がなかったりと全く魚信が出せない時間が続く。キンメダイに有効な誘い方は知らない。バカの一つ覚えというか、深場の釣りはこの誘い方しか知らない誘い下げを試してみるも好転せず。サバすらも食ってこなくなる。手前マツリだけは相変わらずで仕掛けだけがどんどん減っていく。最後の流しというアナウンスがあったときなんて仕掛けを全く正せずに、でもパスするのは癪なので1本針で投入した。当然、魚信なしで終了。仕掛けをきっちり丁寧に扱えない自分がちょっぴり嫌いになった一日だった。
きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけきっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ


Twitter

2021年01月30日 20:37

« キンメダイは誘い下げより底を15秒に1回取り直しが基本? | メイン | 【動画】きっちり丁寧に間違えなくを頑張らないとね!と反省 »

最近の釣りに行った記事

手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ
ウィリーもカブラも無視するカイワリなんて大嫌いだぁあ
予想以上の時化に軽く船酔いげんなりしつつクロムツ6匹
尺には遠いが長井沖で人生初のイワシでメバルをゲット♥
猿アジ冬のトリプルまつり開催中でアジフライ半年分57匹♪
魚信を出せず心荒む展開も熟アマダイ(45)に慰められる
電車故障・潮超速・偏光グラス破損…ハードラックな1日
食っておくれと泣いてます…越冬シロギスでヒュルリララ
ほぼ25upのA5ランクアジで初釣りビシアジデート大成功
アマダイのやる気感じず…なんとか雑煮の具&ステッカー
誘うとキダイもサバも食わない海にこてんぱんにされたよ
シマアジは俺のこと大嫌いみたいだ。コマいのが1匹だけ

著者: へた釣り