脱・へた釣りメモ~アジ編~

ビギナー多数の激混みアジ攻略は短仕掛けと声かけかな

ビギナー多数の激混みアジ攻略は短仕掛けと声かけかなやりこみ要素高めのシミュレーションゲームが大好きなので「攻略」なんて実生活には馴染まない言葉に燃える。妻がクロダイおかわり成功釣行で経験した、横の人とは船べりの穴1個しか間隔がない激混みアジ船+レンタルジャケット多数(ほとんどが釣りビギナー)の攻略法を練る。

女子のコマセ振りはちゃんと片手をリールの前に添えて2回

女子のコマセ振りはちゃんと片手をリールの前に添えて2回アジへた女王はまさかまさかの…妻1号の動画の編集をしていて、アジの釣り方の説明がまずかったと気づく。コマセをもう少し強く振り出して煙幕を濃くしてほしいが、腕力の違いを考慮していなかった。全員、へた釣り流で片手でコマセを振り出していてこれが釣れない理由になってる?

初めてのLTアジ(コマセ)釣りで覚えてから行くべき8つの事

初めてのLTアジ(コマセ)釣りで覚えてから行くべき8つの事コロナ禍で近場でのレジャーを楽しむ人が増えたおかげで、東京湾の船釣りも週末は予約をとるのが大変なほどに盛況だ。入門に適した釣りの1つであるLTアジやアミ五目などコマセを使う釣りならレンタルタックルで十分楽しめる。これだけ覚えておけばもっと楽しめることを8つメモ。

潮が速い日のアジに名人秘伝の脱力系フワフワ誘いを試す

潮が速い日のアジに名人秘伝の脱力系フワフワ誘いを試す釣りに関して魚とは競うが人とは競わないと決めている。同じ船で上手に釣っている人を見つけるとどうして?とは考える。竿先グングンッ…でもバレる釣行で舳のアジ名人は48匹釣った。その横で33匹。1.5倍の差がついた。名人の釣り方は脱力系フワフワ誘い。ビシと振って釣り負けた。

考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解

考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解あれこれ試作を繰り返したり、他人の意見を聞きだすと無限地獄に落ちそうなので、あまり考えないようにしているのが、吹き流し仕掛けの枝スの長さ。市販の仕掛けに比べてかなり短い枝スを好んで使う傾向がある。ウィリーなら長くても8センチ、アジは15センチ。最適解ってあるのかな?

ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録

ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録秋になると東京湾内にも様々な魚が回遊してくる。アジに混じって、マダイやイナダ、イシダイなどが釣れるようになったら始まるのが金沢八景・一之瀬丸のアミ五目。半日船の釣り物ではLTアジより高級魚への期待が高まるのがうれしい。ヒラメに味を占めてきっと来季もやるので備忘録を。

束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ

束釣り記念。えっへんおっほん気分でLTアジ愚策あれこれ苦手なLTアジで束釣りなんてこと金輪際ないことのような気がするので、このタイミングでLTアジ釣りでやっている愚策のあれこれを発表しちゃおうと思う。まぐれで1度爆釣しただけの人がえっへんおっほん気分で書いてることなので、いつも以上に眉に唾をたっぷり付けてから読んでほしい。

LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く

LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く活性の高い群れに当たったら爆釣。当たらなかったら撃沈。LTアジなんてそういう釣りと割り切っていた。だから進歩がなかったってことに今さら気付いた。八景アジに弄ばれて鬱積釣行で魚信はあるのに掛からないと嘆くと名人級の人から仕掛けを見直すようにとアドバイスをいただく。

再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録

再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録鈴なりコイノボリで二束超えも夢ではないと煽られたわりにはあまりパッとした釣果は残せなかったサビキアジ。次こそ……二束はいらんが一束くらいは!! と再戦できるものならするつもり。多くの釣りでそうだが素直な気持ちで臨む一戦目で覚えたことは役立つことが多い。備忘録を残す。

大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解

大アジを狙って釣るよりたくさん釣って良型を混ぜるが正解2匹合計長28センチで魂が抜け落ちたけど、うまくいかない理由を学ぼうとはしていたのである。すぐ横は大会で優勝した名人だった。何をやっているのかを観察した。大会終了後、見て覚えたことが合っているかの確認をさせてもらえたので、来年のこの大会に向けて忘れないようにメモ。

気になるアジの話題

LTアジ竿を探していたらフルカーボンソリッド竿気になる

LTアジ竿を探していたらフルカーボンソリッド竿気になる今週末は妻とアジ釣りD.I.Y.で修理したライトゲームBBが使えるかどうか試してはみる。自分の修理に全く自信がないのでもう1本竿を持っていく。その竿も穂先を修理したが調子が少し悪いのに目をつぶれば使える。LTアジ用竿は購入予定だが入荷する気配はない。変な竿が気になる。

妻のアジ釣り新ミッション。北海道の師匠に干物をお届け!

妻のアジ釣り新ミッション。北海道の師匠に干物をお届け!ゴールデンウィーク明けから北海道に帰省していた妻が「アジ食べたいから干物にして送って」なるミッションを持ち帰る。釧路は海水温上昇でサバは釣れるようになったがアジは釣れない。北海道の師匠が食べる魚をへた釣りが釣っても喜ばれない。妻が釣った分を干物にして送る。

妻のLTアジ手返し向上のために第一精工マルチスタンド130

妻のLTアジの手返し向上のために第一精工マルチスタンド130竿置きは仕掛け回収時に電動リールで全力巻きするとき以外は不要だと思っている。竿は釣り座と船べりに無造作に渡して置くのが一番。仕掛けを手繰り寄せる体制に最も早く移行でき、混雑した船ではオマツリを回避できる。妻にもそう説明したのだが、竿を海に落としそうで怖いらしい。

GWは遠征ウィリー、LT深場、アジ・シロギスで3戦したいが…

GWは遠征ウィリー、LT深場、アジ・シロギスで3戦したいが…今週の金曜日からゴールデンウィークが始まる。有給使って十連休という身分ではないが、釣りに行く日以外は仕事するなら3戦くらいはできそうな気がする。オキメバルを狙って遠征ウィリー、クロムツ狙いのLT深場、ゆっくりのんびりアジシロギスリレーにしようと考えているのだが…。

宇佐美ウィリー五目の極上お刺身五種盛りと蒼空で舌鼓を打つ

宇佐美ウィリー五目の極上お刺身五種盛りと蒼空で舌鼓を打つ巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった釣行でなんとかゲットしたカイワリ、メジナ、イサキ、ウルメイワシ、アジを大皿に盛って、子供1号のお誕生会。この会のメインディッシュのお魚を持ち帰る必要があったので、実は結構なプレッシャーを感じていたのであった。

DIY修理案件。アジ竿はできた気が…アジビシは無~理~

DIY修理案件。アジ竿はできた気が…アジビシは無~理~プラモデルすらまともに作れない自他ともに認める想定外の不器用男なくせにDIY的なことをしたがる。折れてしまった妻&子供用のアジ竿は不格好だし調子が変わった可能性はあるがなんとか修理完了。アジ用のビシは購入した針金が硬すぎてうまく網状に編むことができず無~理~。

ライトゲームBBのダメ元修理。グラスソリッドで継いで固定

ライトゲームBBのダメ元修理。グラスソリッドで継いで固定妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす釣行でへし折れたライトゲームBBの修理を開始。DIYが大の苦手な想定外の不器用男なのでダメ元でやってみるってだけだけど……。妻が人生初のクロダイを釣った竿なので廃棄しなくていい状態にまで戻せればOKくらいの気持ちでやってみる。

妻&子供用アジ新竿はどれかな…微妙に値上がりしてる?

妻&子供用アジ新竿はどれかな…微妙に値上がりしてる?妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす釣行で8年間使ってきたライトゲームBBがリールシート寄りの1番目と2番目のガイドの間でへし折れてしまった。メーカー修理に出せる価格帯の竿ではないので竿を新調することになる。どれを買おうかなと物色していると微妙に値上がり? しかも品薄?

網が破れてコマセ出すぎる。針金買えば修理できるかな?

網が破れてコマセ出すぎる。針金買えば修理できるかな?アジ釣りなのでイワシミンチは適切なタナで撒けるだけ撒けばいいのだが、あまり一気に出すぎると肝心なときにコマセ切れになってしまう。アジに使っているアンドンビシ40号の網が破れてしまい、コマセが出すぎてしまうようになった。細い針金を買ってくれば自分で修理できるかな?

妻に釣り方を教えてもらいながら半日アジツ抜けチャレンジ

妻に釣り方を教えてもらいながら半日アジツ抜けチャレンジ好不漁は釣り人の常とはいえ三連続で半日アジでツ抜け失敗したへた釣りに妻1号が「釣り方を教えてあげましょうか?」。今週末は暖かく5月の陽気とテレビの天気予報で言っていたのでそろそろ釣りに連れて行けってことだと思われる。今週末はへた釣りの半日アジツ抜けチャレンジに。

猿・ベイブリ・下根…走水以外にもブランドアジがあるの?

猿・ベイブリ・下根…走水以外にもブランドアジがあるの?東京湾で釣れる金アジと呼ばれる居着きのアジは本当に美味しい。自分で釣ったというバイアスもあるのだろうが、某超有名ブランドアジを食べて「これなら東京湾の方が…」と思ったことが何度もある。もちろん口には出さない。東京湾の金アジには走水以外にもブランドアジがいるみたい。

大アジ狙いには枝ス30センチと長い方がいいんだろうか?

大アジ狙いには枝ス30センチと長い方がいいんだろうか?走水港の船宿の仕掛け図を確認していると推奨されているのは全長2メートルで下針と枝スを80センチ開けた2本針仕掛けのことが多い。狙っているのが大アジなので3匹一荷はないってことかな? 枝ス長は30センチと書かれている。吹き流し仕掛けの枝スなのに30センチ必要なのか?

遠征ウィリーかメバル・アジの春のひねもすリレーかで悩む

遠征ウィリーかメバル・アジの春のひねもすリレーかで悩む4月1日に横須賀沖が解禁されたら煮付けを狙ってメバルに行こうと決めていたが、同じ金沢八景・一之瀬丸から沖の瀬~洲崎沖でオキメバルを狙う遠征ウィリー五目も始まってしまう。両方とも楽しみにしていた釣り物なので先にどっちに行くべきか1週間も先のことなのに悩みだす。

舞網工房の食い込み抜群&口切れ減る大アジ竿欲しいぞ

舞網工房の食い込み抜群&口切れ減る大アジ竿欲しいぞ釣りに行けない週末は、それ本当に必要なの?という余計な釣具への物欲がむくむくと頭をもたげてくる。走水沖の大アジに適した竿を探していたら、舞網工房の「PRO SPEC. 功匠 大鯵」が「食い込みのよさを追求」「口切れを如何に減らすか…の設計」と謳っておりめっちゃ欲しい。

日曜午後に湾奥限定なら……釣りに行ける? 無理かな?

日曜午後に湾奥限定なら……釣りに行ける? 無理かな?先週末は大阪へお墓参りからの京都一泊二日めし旨旅で釣りをお休みしたため、今週はなんとしても釣りに行きたいのだが……天気がよろしくない。土曜の未明から南風の強風が吹き始め、日曜7時でも10メートル吹く。南風なので走水沖だと波2メートル超え。どう考えても釣りは無理?

青い船は居心地よしのジンクスがある。走水は高司丸かな

青い船は居心地よしのジンクスがある。走水は高司丸かなライトタックルで数釣りが楽しめるシーズンになる前に、もう一度走水の大アジに挑戦したい。前回、大津港から乗ると大津沖も伊勢町沖も厳密には走水沖ではない(=ブランドアジではない)と言われてしまった。次は走水港から乗ろうと決める。走水港の船は差がなく選びにくい。

大アジにハリス3号は不要だが1.5号では不安なんだけど…

大アジにハリス3号は不要だが1.5号では不安なんだけど…明日のカイワリの準備を終え、カイワリが出船中止になったとき用に走水アジ用の大アジ仕掛けを作ろうとして何号のハリスで作ろうかと悩む。2号が基本だと思うが、1.5号、2.5号の仕掛けも用意して同じ日に仕掛けの太さによってどれくらい食いが違うのか実験しておくべきと思いつく。

日曜なら可能性ありだからカイワリプチ遠征。保険もありで

日曜なら可能性ありだからカイワリプチ遠征。保険もありで土曜日午後の予報を見て絶好調に釣れてるようだけどカイワリプチ遠征は無理かなぁと半ば諦めていたが、日曜の予報なら…。初島沖は風6.5メートルで波0.6メートル。船が出てくれるなら釣りにはなりそうだ。宇佐美・治久丸を予約。行っとけばよかったと悔やむよりも前のめりる。

40超えたら走水黄金特大アジ。6:4調子の竿が正解な気が

40超えたら走水黄金特大アジ。6:4調子の竿が正解な気がやっぱり懲りてない。37センチの走水黄金大アジをゲットしミッション成功と思っていたら、真の大型とは40センチ以上を指し、走水黄金特大アジと呼ぶんだそうだ。「58センチのを釣ったことあります~」なんて人まで。特大サイズはもっと暖かくなってからの方が出現率が高いらしい。

黄金大アジは本当に美味いの?と疑っていたが間違いなし

黄金大アジは本当に美味いの?と疑っていたが間違いなし尺を超えた大きなアジはハズレなことが多い。剣崎や伊豆で釣れる大アジは脂が乗らずパサパサだし、東京湾でも25センチくらいの中型をピークに大きくても小さくても脂の乗りが落ちてしまうように感じる。ブランド魚である走水の黄金大アジも本当に美味いの?と疑っていた。

案ずるより釣る!! 走水黄金大アジは大津港・いなの丸から

案ずるより釣る!! 走水黄金大アジは大津港・いなの丸からライトではないアジをやってみようとどこから乗るかと船宿を吟味していたが、ここでという決定打はなく考えることに倦んだ。こういう状態になると行くのも面倒になってしまうことがある。案ずるより釣る!! SNSで付き合いのある大津港・いなの丸から走水黄金大アジチャレンジに。

船宿の口コミって読んでると真逆の意見多数で混乱するね

船宿の口コミって読んでると真逆の意見多数で混乱するね走水沖のライトじゃないアジをやってみようと、どの船から乗るかな?と船宿の情報を調べ始める。釣果に大きな差があるわけではないので、口コミ情報を読んでみたのだが、意見がバラバラすぎてかえって混乱する。ある人には優しい船長が別の人には乱暴で最悪? 2隻出しで別の船長?

今週も南岸低気圧らしいが…土曜なら釣りに行ける気が…

今週も南岸低気圧らしいが…土曜なら釣りに行ける気が…テレビを点けると週末は南岸低気圧が通過しとけたたましく報じている。これは今週は釣り無理かなぁと半ば諦めつつ、風・波予報を開くと…??? 土曜日はベタ凪予報である。ポイントによっては小雨マークが付いていたが降っても1ミリ以下なので我慢できるレベル。何に行こう?

アジ…2日分しかなかった。冬は走水の深い方が釣れる?

アジ…2日分しかなかった。冬は走水の深い方が釣れる?暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル釣行で釣った8匹のアジ。20センチ超えの5匹はお刺身で、小型の3匹はアジフライで食べた。2日分にしかならずにしょんぼり。こうなるとリベンジしたくなるが、どうも冬のLTアジは安定していない。走水沖に行ってみようかなと。

朝の散歩で寒さにヘタレる。今週は午後アジでサクッと釣行

朝の散歩で寒さにヘタレる。今週は午後アジでサクッと釣行昨晩はテレビで大雪だ凍結だとうるさかったが、朝カーテンを開けると積雪はほぼなし。これなら大丈夫そうと朝食後に散歩に。歩きにくくはなかったが寒い。耳や指先が痛いと感じるほどの寒さに、都市部でこれだと船の上の体感的な寒さは…と想像してしまいすっかりヘタれてしまう。

強風中止で品川駅からUターン。代わりの釣り物は…ない?

強風中止で品川駅からUターン。代わりの釣り物は…ない?風の予報が悪くならなければ大丈夫だろうと昨晩は少し早めに就寝。朝起きて着信がないことを確認して、なんとかなったと宇佐美を目指して出発したのだが、品川駅の少し手前で船長から電話。強風で中止の連絡だった。家に戻ってカイワリの代わりに何を釣りに行くか検討したが…。

本日放送「スローループ」はつり幸聖地化のLTアジ回だよ~

本日放送「スローループ」はつり幸聖地化のLTアジ回だよ2月4日22時30分よりTOKYO MXで放送されるTVアニメ「スローループ」第5話「また一緒に」は東京湾船釣り回。つり福・一花船長の操船でひよりと小春が初めてのエサ釣り、初めての船釣りに挑戦する。フライは上手なひよりには弱点が……そして一花の妹二葉が上乗りさんで大活躍する。

釣り納めはLT深場からの…ボウズくらってアジに転戦かな

釣り納めはLT深場からの…ボウズくらってアジに転戦かな2021年も残るは2週末。今週は一之瀬丸感謝デー釣り大会【カワハギの部】に参加するので、釣り物を選べるのは第4週だけ。熟成してお正月にお刺身を食べられたりすると最高だなと釣り物を探すと、羽田・かみやのクロムツ狙いであわよくばアカムツも釣れるLT深場五目が気になる。

LTアジ用アンドンビシはポイントで買うと半値以下と気づく

LTアジ用アンドンビシはポイントで買うと半値以下と気づくオマツリの原因にもなるので家族の道具はなるべく同じ物で統一したいが妻がクロダイおかわり成功釣行では子供1号用のアンドンビシが1080円もして買えず、カゴの下に40号のオモリをぶら下げた物で我慢してもらった。安いLTアジ用のビシを探すとポイントで買うと安いと気づく。

アジが釣れなくても慰めになっていた富戸オニ中止でぴえん

アジ釣れなくてもゆとりになっていた富戸オニ中止でぴえん真面目に釣るが、妻や子供と釣行したときは自分よりも同行者が楽しめることを優先したい。以上がアジが15匹しか釣れなかったいいわけ。釣れなくても心にゆとりがあったのは勤労感謝の日に富戸沖オニカサゴ釣りに連れて行ってもらう予定だったから。時化で中止の連絡が…。

へたでも釣れるときは釣れるアジ釣行記

巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった

巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった初島沖のカイワリのお邪魔虫といえばまずはサバ、お次はイナダ、ウルメイワシにハチビキの幼魚が定番だが、本日は巨大アジがコマセに突っ込んできてカイワリを追い散らしてしまい、全く釣りにならず。船長はそうなると予想していたのか、まずは漁礁でお土産確保してから初島沖へ。

午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす

午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ち昨年11月以来の妻とのデート釣行。午前船でアジを釣って三田のホルモンまさるで焼肉ランチ。調子がよければもう1軒昼飲みに行くこともある大人の週末プランだ。2022年はアジに嫌われっぱなしのへた釣りに代わって、妻がアジを大漁してくれる予定だったが…妻大撃沈で闇堕ちする。

春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!

春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!メバルアジもいい日にあたれば難しく考えなくても釣れてくれる。厳寒期の痺れる釣りを乗り越えたご褒美に桜が咲く時期、午前メバル→午後アジで春の海ひねもす癒しの釣りを企画するのだが…いい日にあたらないのが今年のへた釣りである。癒し要素ゼロで心身鍛錬の一日に!!

走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず

走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせずライトタックルで全く釣れる気がしないアジ釣りの悲惨さを味わい、ならばとライトではない130号のビシを使っての走水黄金大アジに狙いを切り替えた。狙っていた体高のある大アジのゲットには成功したが、水深を変えてもアジには嫌われたままでツ抜けせず。アジ釣りが嫌いになりそう。

暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル

暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル寒さを嫌って日の出前に家を出なくてすむ午後アジへ。出発は10時少し前なので日差しもあって作戦成功。気分よく金沢八景・一之瀬丸を目指す。午後船は片舷4人ずつと空いていた。午前船は好釣果だったと教えてもらう。何の不安もない。なのにアジの活性が極寒で心が凍てつく。

妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ

妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ緊急事態宣言の解除以降、釣りでロクな目に遭っていないへた釣りを尻目に妻がクロダイおかわりにまさかの成功。0.5センチではあるがサイズアップまでした。クロダイおかわり宣言なんて本気?と少なからず馬鹿にしていたが脱帽である。クロダイ師匠に昇格である。俺の釣果は聞くな!

魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然

魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然俺が行ったら終わることは珍しくないが俺が行く前に終わっていた。先週まではシマアジ20匹超えの好漁にいくら下手でも2、3匹は釣れるだろうと釣行日を心待ちにしていたが、数日続いた時化で海の状況が変わってしまった。シマアジどころか魚の全くいない海で荒波にもまれる。

妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん

妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん激渋でなければ…という願いは届かずアジ激渋。1時間以上魚信がなくてもポイント移動できないほどにどこも悪かったようで、潮ケツになった右舷舳はコマセ係。サワラオニカサゴに続いてアジでも魚信が出ず。ジリジリする気も失せて諦念に至る。妻の人生初のクロダイに救われた。

三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹

三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹ワラサとは断交を決意したはずだが妻と子供からのマダイおわかりリクエストに応えるために、金沢八景・一之瀬丸のマダイワラサに再挑戦。ワラサは今季3戦目。過去2戦は魚信すらなし。三度目の正直となるか、それとも二度あることは三度あるか…魚信はあったが痛恨のバラシで……。

八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中

八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交だ東京湾の豪華刺し盛りを目指して金沢八景・一之瀬丸からマダイワラサ船に。八景沖でマダイを狙い、後半久里浜沖でワラサを狙った。八景沖ではいろんな魚が混ざってあわよくば五種以上盛りをと夢見ていたのだが上手くいかなかった。でも浅場のマダイの力強い引きを楽しめたよ。

宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね

宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね緊急事態宣言で金沢八景より南に行くのは自粛していたため、実に175日ぶりの宇佐美・治久丸へのカイワリプチ遠征。半年ぶりともなると釣り方覚えているかしら?と少し不安もあったが、アホな頭では覚えてなくても体が覚えているものである。開始直後に立て続けに2匹。そのあとは…。

剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹

剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹毎年楽しみにしている6月の剣崎沖イサキの解禁。最初の週末に必ず行く。解禁から数日は竿頭なら50匹超えと絶好調だったが木曜午後に翳りを見せ、時化の金曜を挟んで土曜は…大崩れ。苦戦を覚悟するも船長の久里浜で釣るという作戦のおかげでなんとか8匹釣ることができた。

尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし

尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなしアカクラゲのいない観音崎より南に行くぞという安直な理由で金沢八景・一ノ瀬丸の遠征ウィリー五目へ。尺級イサキが一荷で釣れるという滑り出しに今日はいいかもとほくそ笑むもサバに蹂躙され失速。大きなアカイサキ雄をゲットしクーラー六分に達するも…レア魚不在であか~ん。

八景沖で小中アジほぼ入れ食い。アカクラゲさえいなければ

八景沖で小中アジほぼ入れ食い。アカクラゲさえいなければ午前シロギスに行くと予告していたがいろいろあって午前アジに釣り物変更。これじゃない釣りは行きたかった釣りのことを引きずり釣果に恵まれないことが多いが、今回は例外。八景沖で小~中型アジがほぼ入れ食い。コマセを詰め替えるため仕掛けを回収したのは最初の数度だけ。

アカクラゲ大っ嫌い! アジもキスも目標未達でしょぼ~ん

アカクラゲ大っ嫌い! アジもキスも目標未達でしょぼ~ん2021年のゴールデンウィーク第2戦は鮫洲・和彦丸からシロギスアジリレー。アジ30匹、シロギス20匹を目標にしたが、アカクラゲに絡まれまくる。有効な対応策が思いつかずすっかりお手上げ&意気消沈。アジシロギスも目標達成できず、増尾船長からは「リベンジお持ちしております」。

春の海に癒し求め午前メバル・午後アジでひねもすリレー♪

春の海に癒し求め午前メバル・午後アジでひねもすリレー♪凪予報でぽかぽか陽気。こんな日は東京湾奥でのんびりと釣りしたい。春の癒し魚といえば、春告魚とも呼ばれるメバルだ。小気味よく穂先をギュンと持っていき、どんな大物!と喜ぶと意外と小さな魚体が姿を現す。午後からは最近好調なアジへリレー。のんびり釣ろうと考えていたが…。

アジへた女王はまさかまさかの…妻1号。アジうま女王は…?

アジへた女王はまさかまさかの…妻1号。アジうま女王は…!コロナ禍で卒業旅行に行けない子供たちのせめてものなお慰みに企画したへた釣り家アジへた女王決定戦。賞金総額1万円で誰が一番アジ釣りが下手かを競う。本命は釣り経験が最も浅い子供2号で、妻1号と子供1号のどちらがたくさん釣るかな?という展開になると予想していたが…。

初釣り2021は東京湾癒しのアジ&シロギス。胴突き面白い

初釣り2021は東京湾癒しのアジ&シロギス。胴突き面白いキンメムツで運試しするか、子供2号からリクエストがあったアマダイに行くかと悩んだ末に2021年の初釣りはハズレが少ない東京湾癒しの二大釣魚を狙うシロギスアジリレーに鮫洲・和彦丸から。バリバリという活性ではなかったがアジキスもそれなりに。キスは胴突きでやり抜いた。

どったんばったん大撃沈しホルモンまさるでがっつり反省会

どったんばったん大撃沈しホルモンまさるでがっつり反省会昨日の午後からの南西強風が北風に変わる午前の数時間が凪てチャンスタイムと予測して妻1号の半日アジ30匹チャレンジを決行したのだが、朝家を出ると既に風が弱まっている。予報が早まったのかもという嫌な予感通り、どったんばったん時化状態。夫婦そろって大撃沈する。

ちょい時化でも妻はマグロ化せず良型アジ13匹と急成長?

ちょい時化でも妻はマグロ化せず良型アジ13匹と急成長?午後から風が弱まる予報だったので妻との半日アジ30匹チャレンジを予約。朝食後の散歩でこれはやっちまったかも、と…風が強い。予約したからには行かねばならない。桟橋で船長に挨拶すると午前は海ばしゃばしゃで釣りにならず。妻が船酔いしてマグロ化しないことを祈るばかり。

高級魚は運次第? 本日の釣魚居酒屋へたはアジ専門店

高級魚は運次第? 本日の釣魚居酒屋へたはアジ専門店RPGのキャラステータス風に考えると、へた釣りに足りないのは器用さと運。江戸前刺し盛り三点盛りを狙って金沢八景・一ノ瀬丸の午前アミ五目。アジは大中小サイズ混じりで53匹、ほかはメバルのみ。帰港後船長に「ほかの魚はどうやったら釣れるの?」と聞くと「運」と即答される。

カンパチガチャはハズレ! カイワリ2匹でなんとかなったぁ!!

カンパチガチャはハズレ! カイワリ2匹でなんとかなったぁ!!テンビンが折れ、バケを失いカンパチを狙えず、借りたビシではカイワリを思ったように釣れずでストレスばかりが募った先週のリベンジを狙って2週連続で宇佐美・治久丸にプチ遠征。カイワリ・カンパチのお刺身界の頂点に君臨する二目を狙ってシャクリ倒す。カイワリ2匹でなんとか!

居酒屋へたのお通しは小アジ南蛮漬け。それ食ったら寝る

居酒屋へたのお通しは小アジ南蛮漬け。それ食ったら寝る秋の八景沖アミ五目のテーマは豪華刺し盛り。アジ以外にマダイ、クロダイヒラメなどの高級魚をゲットして五種盛り、七種盛りをと目論んでいるのだが…なかなかうまくいかない。本日はとうとうお刺身にできる魚なし。豆アジカサゴが釣れただけ。釣魚居酒屋へたは南蛮漬けしか料理なし!

暑さ避けさくっと午前アジ作戦。サイズいろいろ39匹で成功

暑さ避けさくっと午前アジ作戦。サイズいろいろ39匹で成功風があれば波がぁと騒ぐくせに、風がないと暑いぃと嘆く。釣り人はわがままだ。先週宇佐美沖で死にそうになったのに続いて本日もほぼ無風の予報。1日頑張れる気がしなかったので、さくっと午前LTアジ作戦。南蛮漬けからお刺身用A5ランクまでサイズいろいろ39匹で作戦成功♪

A5ランク絶品アジばかり53匹。時化避けサクッと釣行大成功

A5ランク絶品アジばかり53匹。時化避けサクッと釣行大成功梅雨前線が停滞し連日強風が吹く中、今日の午後だけは風が弱まる予報だった。時化を避けてサクッと午後LTアジへ。来週は大阪行きで釣りに行けないので2週間分のおかずを釣りたかった。目標は50匹。終わってみれば、20センチ以上25センチ以下の絶対美味しいアジ53匹で大満足♪

和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた

和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた東京湾の船釣りでまずはこれを学ぼうと考えたのがLTアジシロギス。下手くそすぎて釣れねぇ~釣れねぇ~とボヤキばかりの釣行の面倒を見てくれたのが増尾船長だった。増尾船長鮫洲・和彦丸を開業した。お祝い釣行の釣り物は当時と同じキスアジリレー。少しは上達してるかな?

釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!

釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!魚だって命がけ、甘く見ていると予期せぬ大惨敗をくらう。2月1日に開幕した東京湾奥のメバル。釣れる日の条件を吟味して釣行するのが楽しいが、昨年は熟考しすぎてやらず仕舞いに。本日はベストな条件ではないが、爆釣は無理でも釣りにはなるだろうと釣行を決断したが…轟沈。

序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…

序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…観音崎より手前の湾内なら時化ないと思っていたら朝のうちは予想外の海況。苦手な長ハリスに悪戦苦闘しながら良型のクロダイを立て続けに2匹。そのうちマダイも釣れるに違いないと気合を入れて誘い下げ続けたが、何が気に入らないのかそれっきり。マダイへの苦手意識を募らせる。

カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ

カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだシャクリ続けた者が勝つ。他人様に自慢できる腕はないがしつこさだけは負けない、悪条件の中、執念で白間津のシマアジを手に。ボウズこそ免れたがいろいろ反省の多い釣行だ。巨大青物に針を伸ばされ、魚信はあれど掛からず。掛かってもバラシ多発。時化のせいばかりとは…。

カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され

カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され三連休のテーマは豪華刺し盛りを釣って食うと設定し、昨日は八景沖でイナダ&金アジを確保。本日は宇佐美にプチ遠征し、へた釣り家の刺し盛りの不動のセンターポジションであるカイワリを狙う。無事ゲットには成功したが序盤の絶好調が嘘のように後半、デカアジに翻弄され失速。