【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦

【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦妻がダメ元で申し込んだ渋谷区が伊豆の河津に持っている保養施設に当選した。二食付きで5000円台で泊れるとなると行くしかない。河津って桜の季節以外やることあるんだろうかと不安だったが、美味しいご飯とお酒そして温泉があれば十分楽しめる。河津の鰻と伊豆多賀の蕎麦は絶品。

■河津・大川屋の地焼きうなぎは絶品。お酒呑める電車旅は最高♪

【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦宇佐美にプチ遠征するのとほぼ同じ時間、同じルートで河津を目指す。河津にはお昼どきに到着し、河津川沿いにある大川屋といううなぎ屋さんで昼食を摂る。腹開きで蒸さずに焼く関西風の地焼きでやっているお店だ。へた釣りは関西人なので、うなぎの脂の旨みと焼いているうちに落ちた脂が発する香ばしさが味わえる地焼きが好き。昼間っから冷酒を頼んでうなぎが焼きあがるのを待つ。うな重(並)は肝吸いと小鉢が付いて3850円。肉厚の身が二切れ乗ってこの値段は大満足だ。うなぎは駿東郡清水町から仕入れているそうだ。
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦

【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦チェックインまでまだ時間があるので暇つぶしというか…観光らしきことを。まずは川津来宮神社へ。熱海の来宮神社同様、酒飲みに優しい神様が祀られており、酒瓶を象ったお酒を呑む人の御守を授かりに行く。妻は桜色をへた釣りは水色のを。大楠がご神木になっているのも熱海の来宮神社と同じだが、幹の周りを廻ることはできなかった。
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦

【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦チェックインだけ済ませて宿の近くにある峰温泉大噴湯公園へ。東洋一を誇る峰温泉の大噴湯を見られるそうだ。噴き上げは1時間に1回なので、少し早く行って大噴湯で玉子を茹でて食べて待つ。温泉の成分のおかげか、湯温がすごくいいのか、あるいは玉子自体がいいものなのか、白身がふんわりやわらかく茹で上がり、夕食前なのに2つも食べてしまう。大噴湯は風が強かったせいか、垂直に30メートル噴き上がるというわけにはいかなかったが、それなりに迫力あり。頭から湯を噴き上げているご当地キャラのフントー君がちょっぴり気になったが、Tシャツは買ってもらえなかった。
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦

【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦河津さくらの里 しぶやは、温泉プールを取り囲むように客室があり、二人なのにこんなに広い部屋に泊めてもらっていいの?と驚かされた。水着の人にカメラを向けるのはご法度なので、夜の誰もいないプールを撮影。食事はまずまず。1100円追加して一人前だけ作ってもらった刺し盛りは、トビウオ、チダイ、アジ、ムツ。一人前の注文なのに結構豪華な感じに作ってもらえた。食事を終えたら近くの居酒屋兼スナックのおふくろへと繰り出す。旅先で地元の人が集う飲み屋に行くのが好きだったりする。お通しで出た小アジの空揚げが美味しかった。お値段も本当にそれでいいの?というほどにお安くてびっくり。
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦

■運転手気分で車窓からの景色を楽しみ伊豆多賀の蕎麦の名店へ

【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦乗り鉄の妻がどうしてもというので、伊豆急の黒船電車(リゾート21)の時刻を調べて乗ることに。朝ご飯を食べたら、もう一度温泉に浸かってのんびりチェックアウト。どうせならと一番前の展望席に座ることに。いい歳して展望席に座りたいなんてと思っていたが、これが意外と楽しい。トンネルを出ると伊豆の景観が車窓いっぱいに広がる。特に海沿いを走っているときはいい歳して夢中で運転席の先を見ていた。
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦

【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦伊豆多賀駅で下車する。蕎麦処 多賀という蕎麦の人気店があることは知っていた。機会があれば一度行ってみたかった。ようやくチャンスが訪れた。軽井沢から移築された建物にはお昼時なのもあって行列ができている。予約してあったのでさほど待たされることなく通してもらえた。そば前を楽しめるお店なので、多賀冷酒を。升で供され、揚げ蕎麦と塩を出してくれる。昼から呑めるのが電車旅の良さだ。あては蕎麦寿司と厚焼玉子。天城の自然の中で育てられた卵で作られた厚焼玉子はこれだけで来てよかったと思えるほどに美味。
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦

【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦冷酒をお代わりし、鴨南そばがきを注文する。そばがきはそば粉100%でそばの風味豊かなもっちりとした食感の団子。鴨から出る甘味のある出汁を吸って日本酒ともよく合う。初めてのお店ではお蕎麦はせいろを頼む。温かいお蕎麦の出汁も味わいたいので、そばがきがあれば頼むようにしている。今回は贅沢して普通のそばがきではなく鴨南蛮そばがき。最後に、せいろ二枚重ねを。蕎麦は挽いたそば殻を少し残したぼそぼそとした食感の二八蕎麦(たぶん)。蕎麦の風味や香りがしっかり感じられるお蕎麦だ。一枚目はわさびを箸の先に少し付けていただく。二枚目は薬味の大根おろしをツユに溶いて味変。そば湯はさらっとした感じでネギと七味を加えて残さずに飲み干す。もう二枚ほどお代わりしたいほどに美味いお蕎麦だった。
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦


Twitter

2024年06月03日 15:26

« 今週末は竿を持たずに妻と河津へのんびり温泉旅行に行くよ | メイン | アカハタ・メバル両狙いの仕掛けって幹糸何号で作るべき? »

最近の釣りに行った記事

猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦
特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ

著者: へた釣り