優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹

優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹アジ30匹釣らせろやて? てんご言うたらあきまへん。もうちと精進してから来なはれ」と東京湾の釣りの神様にたしなめられたってとこだろうか? 妻1号の東京湾デビュー戦はアジ4匹+シロギス1匹に沈む。出だしよくツ抜けくらいは楽勝と思われたのだが上潮が速くなると大失速。

優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹北海道西表島など旅先では一緒に船釣りをしたことがある妻1号だが、東京湾で船釣りをするのはこれが初めて。どうして急に釣りをと言いだしたのかをそれとなく聞くと三連休といっても1日(釣行日)を除いて仕事をしているへた釣りに付き合ってくれたってことみたいだ。2人で京急に乗って金沢八景までお出かけ。電車の中でたわいもない話をしているだけで楽しい。金沢八景・一之瀬丸に到着し、受付を済ませると「並びの席です」と席札を渡される。29番と30番。船に行ってみると右舷の大艫と2番目だったからびっくりした。乗船者のほとんどがグループで船宿の方で釣り座を確保したので特等席がもらえたようだ。大艫ならばオマツリの心配がなくなるので妻1号を大艫に、へた釣りがその横に座る。
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹

■鼻息荒く30匹宣言していた妻1号。「タナさえ合えば」は難しいよね

優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹船は片舷12人と満員御礼。船長はカワハギメバルでお世話になる西村船長だった。この何日か釣果が更新されてなかったので「出てないんですか?」と聞くと「出てます」とのこと。「船頭が悪いせいで釣果が悪すぎて…」という持ちネタかまされてしまう。釣況がよくないのは薄々気づいていたが本当によくない模様。船は7時30分に桟橋を離れ、八景沖のポイントへ向かう。小雨で空が暗くでもほぼ無風の凪。アジ釣りの条件としては悪くない。水深16メートルで釣り開始の合図。船長からの指示は「タナは底2メートル」。底1メートルでコマセを振って50センチ巻き上げてもう一度、もう50センチ静かに持ちあげて魚信を待つといういつもの釣り方を妻1号に説明してから自分も仕掛けを投入。

優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹さほど時間が経たずに妻1号のおっ!という声が聞こえる。20センチ超えで25センチには届いていないという一番美味しいサイズのアジを釣り上げる。釣況は船長が言うほど悪くはないのかもと妻1号の東京湾1匹目のアジを喜んだが、コマセを撒けばビシバシ魚信ってくるというほどの活性はなく、一生懸命コマセを撒いていると忘れたころにアジが釣れる。ただし、釣れるサイズは全部20センチ超えなので間は空くものの我慢できる。へた釣りは釣り開始1時間で4匹、妻1号は2匹。それでも魚信の頻度は少しずつ狭くなってきているのでもう少し我慢すれば……。
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹

■潮速くなるとへた釣りはビシ釣り名人に。妻1号はタナボケであか~ん

優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹どういう加減なのかは分からないが満潮の9時20分の前後だけアジの活性が上がった。コマセを振りながらタナに仕掛けを入れるとすぐに魚信がで始める。サイズがいいのでトリプルはなかったがダブル2回を含めて短時間だが入れ掛かり。妻1号に「タナさえ合わせれば魚信あるよ」と伝えるが、タナを合わせるのが難しい。何度かタナのとり方の実演もしたのだが……。自分があ~釣れ、こ~釣れとうるさく言われるのが嫌いなので、妻にも言いたくない。試行錯誤の末に魚信を出せる釣り方を見いだせるといいなぁと見守る。この時間帯に妻1号は2匹釣って4匹に、へた釣りは14匹追加して18匹。10時を過ぎると魚信がなくなる。アジ釣りあるあるで釣れている間は写真が少ない。

優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹潮止まりの時間が終わって10時を過ぎると潮が速くなりだす。ラインが鋭角に出て行くので仕掛け投入中に何度かブレーキをかけてラインを立たせてから再度落とす。そうすることでタナ取りが早く正確になるしオマツリも減るのだが……皆さんタナボケ上等!! 1秒でも早くビシを着底させる派のようで…ここから先、アジの何倍も他人様のビシを釣り続けることになる。速い潮を嫌ってかポイントを移動すると釣れるサイズが小さくなってしまいへた釣りは沖上がりまでに3匹だけ追加して21匹。妻1号は潮が速いとさらにタナが取れないようで追加なしで4匹で終了。
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹

優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹桟橋への帰路。妻1号がちょっと凹んでいるように見えたので「懲りましたか?」と聞いてみた。「アジが釣れているときにまた挑戦する」とのこと。タナが低くなっている(特に速潮時)。コマセを振り出したあとラインスラッグが出てしまっておりあれではコマセと仕掛けが同調しない。魚信の後竿を動かしてしまっているので口の硬いところに掛からないなどなど、説明した方がよいことはたくさんあるのだが……次回釣行から少しずつ伝えていきたい。



Twitter

2018年09月16日 16:43

« アジは安定して釣れるポイント、不安定なポイントがある? | メイン | 妻が「10月にも三連休あるね♪」。もしかして…悔しかった? »

最近の釣りに行った記事

特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ

著者: へた釣り