気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ

気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹久しぶりに増尾船長鮫洲・和彦丸へ。船釣りを始めた当初からお世話になっている船長に少しは上達しているところを見てもらいたいのだがアジは魚信は出せるのに掛からないし掛かってもバレて大苦戦。シロギスはちっとも上達していない姿を見せることになった。釣り方掴めず撃沈。

気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹最近、釣りには始発で向かうという習慣がついてしまっている。鮫洲から7時半出船なので早すぎるよな~と思いつつも6時前には受付に到着。既に先客が2組おり、左右の艫が埋まっていた。右舷の舳に釣り座を決める。増尾船長によると、木更津でも横浜でもアジは調子よく釣れており、どのポイントを選んでもサイズは変わらないとのこと。シロギスは水深20メートルくらいを攻めるようだ。右舷5人、左舷6人の釣り人が揃って定刻の少し前に出船となった。まずはアジからで1時間ほど走って木更津沖へと向かう。

■ライン引きもどきで木更津沖でポツポツ。終盤アジ釣りらしく

気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹木更津沖にはアジ船と思われる船が既に数隻あった。航路内で反応が見つかり釣り開始となる。指示ダナは2.5メートルから3メートル。いつも通り1メートル・1.5メートル・2メートルでコマセを素早く振り出して50センチ巻き上げて待つ。3本針がコマセの煙幕に入っているはずなのだが…魚信を出せず苦戦。船中型を見たとのアナウンスがあっても出遅れたまま。何度かコマセを入れ換えるとやっと魚信はあったが掛からずで???状態。タナが低いのかと3メートルに上げてみたが魚信が遠のく。船長が船を動かしてラインが斜めになっているときは針掛かりしやすく、ラインが真っすぐなときほど掛からないことに気づく。潮がなく仕掛けが海中で張ってないせいと考えて、30センチ刻みでウィリーのようにシャクって仕掛けを無理矢理張るようにするとようやく安定して針掛かりし始める。魚信の頻度も増した。昨今流行りのライン引きもどき(←ライン引きだと言い張る自信なし)は潮がないときにも有効だと知る。木更津沖では19匹。

気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹大型船の入出港で一度ポイントを変えると魚信が遠くなってしまい、船長は移動を決断する。ストラクチャーに寄せたポイントで釣り再開となる。こまめにコマセをやりかえるがなかなか魚信が出ない。「反応は出てますよ」というアナウンスはあるのでコマセに寄ってはきていると思われるが魚信には繋がらない。腐らずにアジのスイッチが入るまでコマセを撒き続けるのがアジ釣りの基本だ。少し時間はかかったが船の下にアジの群れがつき始めた。タナに合わせるとすぐに魚信が出るようになってくる。アジがやる気になってくれれば難しいことは考えなくてよい。素早くコマセを撒いてタナに合わせる。魚信があっても竿は動かさず、ゆっくりリールを巻いて追い食いさせる。アジの時間がそろそろ終わりに近づいて入れ食いモードに。船長もこの活性は惜しいと思ったようでアジ釣りを少し延長してくれた。このポイントで27匹追加してアジは46匹。半日船だと考えればまずまず。

■難しくないはずなのになぜかできない…シロギスはやはり苦手だ

気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹いつもより釣行記の文章が長くないかって? 実はここからあまり書くことがないのである。シロギスのポイントは中ノ瀬の水深18メートルだった。胴突き2本針の仕掛けを軽くキャストしてタルマセて待つ。10秒くらい魚信がなかったら竿を頭上まで持ち上げてオモリを浮かせてアピールする。再着底したら同じようにタルマセて待つ。水温が低くシロギスが積極的に餌を追わないときはこの釣り方がよいと教わったのだが…タルマセ具合が悪いのか、誘いがまずいのか、何かの間違いで釣れることがあるというペース。シロギス釣りへの苦手意識ばかりが募っていく。

気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹見るに見かねた船長がふわふわと誘って竿を大きく持ちあげてシロギスにしっかりと餌を見せるという釣り方を実演してくれる。船長が誘うとすぐに魚信が出るのであるから、俺はへっぽこ、増尾船長はすごいとしか言いようがない。ならばと教わった通りにやってみたつもりがどうにもぎこちなく、誘えている感じがしない。実際誘えてないようで魚信がでない。竿の操作はそれほど難しくないはずなのに何かが違う。最後まで修正できなかった。シロギスに関してはスキップのできない人みたいだ。シロギスは9匹だけで終了。


Twitter

2023年04月01日 20:12

« ムツの卵はムツコと呼ばれ煮付けてたいそう美味らしい | メイン | 【動画】釣りは経験の積み重ねでしか上達しないのよね~ »

最近の釣りに行った記事

前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ
ウィリーもカブラも無視するカイワリなんて大嫌いだぁあ

著者: へた釣り