ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂

ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂イワシメバル愛好会の仕立船にお誘いいただいて人生三度目のイワシメバル釣行。昨年までとの違いは何と言っても竿。尺メバルを釣るという悲願成就に向けて、リアランサー メバル S300を購入した。メバルが釣れなくても餌のイワシの鱗が付いたから鱗付け成功と言い張るつもりでいたw

ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂今回は久留和港・かじや丸から。仕立て専門の船宿らしい。餌となる小型のカタクチイワシが網に入るかどうかで、イワシメバルになるか、エビメバルになるか分からないという状況だったが、前日に愛好会会長の中川名人より「明日はイワシ一本でやりますと船長から電話がありました」との連絡。イワシ餌なので尺メバルへの期待が高まるが、「メバルが中々渋いそうです」との悪い報せもあり。中川名人に迎えに来ていただいて出船1時間と少し前に久留和港に到着する。港はまだ真っ暗で、予報より北風が強く吹いているようで肌寒い。

■良型メバル痛恨の海面バラシで凹むもすぐに自己最大ほぼ尺♪

ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂釣り座はくじ引きで最近釣運の良いへた釣りは特等席の右舷の舳を引き当てる。船に乗り込み準備をしていると、出船時刻より少し早くに出船する。乗合船だと船に乗ってから準備をする時間はたっぷりあるので、仕立船の船に乗ったらすぐに走り出すのがどうも慣れない。ポイントは港を出てすぐだった。メバルは朝一がチャンスなのでカメラの準備はできていなかったが仕掛けを入れる。捨て糸60センチで枝間120センチの胴突き2本針。底を60センチ切って針の位置を120センチ、240センチの位置に。すぐに魚信あり!! いい感じに竿がひん曲がる。竿でためて魚を浮かせてくる感じで、船竿というより磯竿のような釣趣。海面に姿を見せたのは25センチ以下ということは絶対にない濃茶色のメバル。竿が柔らかく抜き上げにくかったので幹糸を手に取って手繰って船に入れようとすると……掛かりが悪かったようで海面バラシ!!!!

ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂お目当ての煮付けサイズだったのに~リアランサー メバル S300の入魂魚だったのに~と内心穏やかではなかったが、悔やんでいても魚は戻ってこない。もう一度餌を丁寧に付けて仕掛け投入。イワシを泳がせればすぐに魚信があるという釣りではないはずだが、次の投入で再びいい魚信あり。メバルの繰り出す最初の一撃を竿の弾力が吸収してくれる。パワーはあるけどスタミナはない魚なので、最初の一撃さえ凌げは主導権を握れるのがメバル釣り。とはいえハリス1号なので引けばいなしながらのやり取り。海面に先ほどバラしたのとほぼ同じサイズのメバルの姿。中川名人がタモ入れしてくださり、リアランサー メバル S300に入魂♪ いかり肩のアメフト選手体型のメバルで…サイズはもしかして尺あるかも? クーラー上のメジャーに乗せると……30センチにはギリギリ届いていない。中川名人にジャッジをお願いすると「29センチ」。29センチは完全に超えてるよということで自己申告「29.5センチ」。
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂

■ハリス1号でヒラメが獲れる!! 竿に釣らせてもらってる感あり!

ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂とここまで絶好調だったが、朝のチャンスタイムはこれにて終了。「中々渋い」時間が始まる。オモリを底から60センチ浮かせた状態では全く魚の気配を感じなくなり、底を取り直したときにカサゴやベラが食ってくるだけに。メバルを釣りに来てカサゴに狙いを切り替えるのは癪なので、頑張って底を切った位置でメバルが食ってくるのを待ったが何も起きない。そのうちキタマクラと思われるフグの猛攻まで始まってしまい、イワシがすぐに齧られて殺されてしまう。掛からない魚信はフグで、極めて掛かりにくい魚信はベラ、たま~に釣れてくれるのがカサゴという感じ。中盤唯一あった前魚信から食い込んだ、もしかしてな魚信は引きが暴力的すぎて…。45センチのヒラメだった。これをハリス1号で獲れたのはリアランサー メバル S300のおかげ?
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂

ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂ぱっとしない時間帯が続く。メバルはおそらくどこかの岩場の陰に隠れたままで元気がいいのはキタマクラばかり。次にあったいい魚信はオモリの着底と同時に穂先を持っていく。エソだった。口に3本のメバル用の針が突き刺さったままの歴戦の兵エソ。その直後にまたもいい魚信があったが、メバルが釣れると思っていなかったので「エソな気しかしない」と宣言。でも海面に姿を表したのは……メバル。1匹目に比べると1周り小さいがそれでも25センチ超えの煮付けサイズ。最後にエソをもう1匹釣って沖上がりの時間に。下船後、メバルが死んで口を開いた状態で計測したら余裕で30センチ超えてるのに…なんて未練な写真(冒頭に掲載)を撮影して本日終了。尺には届かなかったものの自己最大を更新できたので大満足な1日だった。
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂


Twitter

2024年02月11日 21:31

« 目のいいメバル対策で先糸も魚に見えないピンクフロロ装着 | メイン | 【動画】メバルでもヒラメでもエソでも竿が曲がれば大喜び »

最近の釣りに行った記事

釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ
ウィリーもカブラも無視するカイワリなんて大嫌いだぁあ
予想以上の時化に軽く船酔いげんなりしつつクロムツ6匹
尺には遠いが長井沖で人生初のイワシでメバルをゲット♥
猿アジ冬のトリプルまつり開催中でアジフライ半年分57匹♪
魚信を出せず心荒む展開も熟アマダイ(45)に慰められる
電車故障・潮超速・偏光グラス破損…ハードラックな1日

著者: へた釣り