脱・へた釣りメモ~ウィリー編~

剣崎イサキが超低活性時にはシャクらない・教えない作戦

剣崎イサキが超低活性時にはシャクらない・教えない作戦反省はしないただしょんぼり」するだけのつもりだったが剣崎沖のイサキ釣りで超低活性時だったときに試してみることを2つだけメモに残しておく。低活性のイサキはビシの速い動きを嫌う傾向があるのでシャクらずにスゥーと持ち上げるを試す。魚信ったタナは聞かれても教えない方が?

遠征ウィリーで魚種限定なのは枝ス5センチだったせいかも

遠征ウィリーで魚種限定なのは枝ス5センチだったせいかも高速からスローなシャクリまで魚種によってどんなシャクリに反応するかというデータは頭に入っている。遠征ウィリーで狙って魚を釣り分けるのはわりと得意だと信じていたが…復活の日釣行では全く通用せず。五目のポイントではイサキばかり釣り続けた。枝スが短すぎたせいかも。

眉に唾少なめでOK。へた釣り印のカイワリ実績あり仕掛け

眉に唾少なめでOK。へた釣り印のカイワリ実績あり仕掛け釣りに行けない日は仕掛けを作る。ウィリー仕掛けは作るのに時間がかかるため近々に釣行予定がなくても作りためておく。本日はカイワリ五目用のウィリー仕掛けを作った。市販の仕掛けに類似品がない工夫ありの仕掛けだ。実績もあるので眉に唾少なめでOKなへた釣り印の自信作。

カイワリだけを選んで釣れた!! チダイは釣り方分からない!?

カイワリだけを選んで釣れた!! チダイは釣り方分からない!?たくさん釣れたとかそういう分かりやすい成果には表れない釣りの満足度がある。俺が行っても終わらずどころか釣行は最多記録を更新しただけでなく、ほかの魚を混ぜず90メートル下の海中からカイワリだけを選んで釣ることに成功した。シャクリで釣り分けはウィリーの醍醐味。嬉しい。

仕掛け強度を上げるため添え糸なし枝ス編み付けを覚える

仕掛け強度を上げるため添え糸なし枝ス編み付けを覚えるイサキ2戦でハリス切れ2回、針伸び1回。どう対処するの?と書いたら、U原工房長より「編み付けで枝ス」を勧められる。幹糸に結び目はなくなるので強度が上がるんだそうだ。言われてみればハリス切れは枝スの結び目で切れることが多い。添え糸なしの枝ス編み付けを覚えた。

動かさないウィリーの方にイサキが食ってくる条件を妄想す

動かさないウィリーの方にイサキが食ってくる条件を妄想すウィリーはシャクってシャクって動かした方が釣れると信じている。一方で動かさないウィリーの方に魚(主にイサキ)が食ってくることがあることも知っている。その条件は? 剣崎沖イサキ2019開幕戦で目の前で入れ食いしていたあさなぎ丸の男女ペアがヒントをくれたような気がする。

考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解

考えだすとハマるので考えたくはない枝スの長さの最適解あれこれ試作を繰り返したり、他人の意見を聞きだすと無限地獄に落ちそうなので、あまり考えないようにしているのが、吹き流し仕掛けの枝スの長さ。市販の仕掛けに比べてかなり短い枝スを好んで使う傾向がある。ウィリーなら長くても8センチ、アジは15センチ。最適解ってあるのかな?

潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018

潮の速さと仕掛け長、ソウダ禍の相関に悩んだイサキ2018あれこれ条件の分岐を増やして釣りを難しくしてしまうのは好きではないが、全く同じ条件ということはないのが海。釣果を高めに安定させようとすると、どうしてもあれこれ条件が増えていく。2018年のイサキ釣りは潮の速さと仕掛けの長さの関係に悩み、ソウダガツオ対策の難しさを知る。

剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け

剣崎沖イサキでソウダガツオ対策に効果抜群の超短仕掛け剣崎沖イサキの179匹は7月期の最多記録というだけでなく8月を含めても自己最多。へた釣りが釣れてるのだから何か怪しい秘密があるのだろうと考えるようで、たまに大漁すると釣り方を質問される。今回はソウダガツオ対策に効果抜群ショート仕掛けの寸法を教えてというのが多かった。

コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○

コマセ釣りは大潮を避ける。流して釣る底棲魚は大潮が○週末アングラーなので釣りに行く日は土日のいずれかしか選べないが、何を釣りに行くかは選べる。イサキってどうやったら釣れるんだっけ?釣行は大潮で潮尻の釣り座で1日ほぼ魚からのコンタクトなしでツ抜けすらできずに大惨敗。得た教訓は大潮の日はコマセ釣りには行かない。

気になるウィリー釣りの話題

カンパチって出世魚なのね。80センチ超えてやっとなのか…

カンパチって出世魚なのね。80センチ超えてやっとなのか…生まれ育った関西ではカンパチは出世魚として扱われてなかった気がするが、関東ではシオッコ→シオゴ→アカハナ→カンパチと大きさで呼び名が変わるそうだ。釣り人の言うショゴはシオゴ(60センチ)以下を指すのかな。カンパチと呼べるのは80センチを超えてからのようだ。ショゴで十分。

ヒラソウダ…こんな美味い魚が釣れ盛る伊豆の海恐るべし

ヒラソウダ…こんな美味い魚が釣れ盛る伊豆の海恐るべし暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼり釣行で釣ったヒラソウダは鮮度最優先でその日のうちにタタキにして食べた。カツオに負けないくらい美味いとは聞いていた。遜色ないと書くと嘘になるが十分すぎるほどに美味かった。初ガツオと言って出されると絶対にダマされていたと思う。

今週は相模湾海の恵み五目。目標は根魚込みで十目超え

今週は宇佐美海の恵み五目。目標は根魚込みで十目超え宇佐美・治久丸カイワリは初島付近の水深90メートル前後を攻めることが多いが、夏のこの時期は網代寄りの浅いポイントをやることも。カイワリの期待度だけなら深い方が高いが、浅いポイントはいろんな魚が混じるウィリー五目を楽しめる。目標は五目の倍と欲張って十目超え。

ガングリップ使いたいがエキサイトゲームはウィリー向き?

ガングリップ使いたいがエキサイトゲームはウィリー向き?シマノのサイトに「船GAMEROD」特集ページがある。ライトゲーム CI4+エキサイトゲーム CI4+シリーズなどが紹介されている。「体感したら元のグリップには戻れない」というエクストリームガングリップを一度使ってみたいのでどれか買うかなと物色する。ウィリー向きのモデルはどれ?

サニーカゴってFL以下のサイズもあることを初めて知ったよ

サニーカゴってFL以下のサイズもあることを初めて知ったよイサキが終わりエギタコもスポット出船待ちとなると、8月最終週の釣行は宇佐美・治久丸へのカイワリ五目プチ遠征が本命だ。水深30メートルくらいで食ってくるカイワリの引きは強烈でやり取りが楽しい。釣果は凸凹あるがカイワリ5匹+多彩なゲストを期待してよさそうな気がする。

イサキ今季は22日で終了。船長もつらかったんだろうなぁ

イサキ今季は22日で終了。船長もつらかったんだろうなぁw釣況が悪く思ったように釣れないとき、釣り人もつらいが船長は釣り人以上につらいと思う。金沢八景・一ノ瀬丸の2020年の剣崎イサキは8月末の禁漁日を待たず、22日で終了することが決まった。その日は大阪行きなので、最終戦に行くべきか行かざるべきか悩むことなくお終い。

最終戦でも剣崎イサキに塩対応されたら大嫌いになるかも

最終戦でも剣崎イサキに塩対応されたら大嫌いになるかも本日、午前キスに行くつもり半夜クロムツから帰って深夜に道具を洗い終えて準備していたが、仕事が溜まってしまい泣く泣く断念。来週は大阪行きで釣りなしなので次の釣行は8月29日・30日のいずれかになる。例年なら名残を惜しんで剣崎イサキ最終戦一択で悩まないで済むのだが。

平日参考記録だけど一ノ瀬丸でイサキ101匹。始まったか?

平日参考記録だけど一ノ瀬丸でイサキ101匹。始まったか?金沢八景・一ノ瀬丸のサイトに「イサキ剣崎沖で活発に!!」とあった。一ノ瀬丸の報告は景気よく書く傾向があるからなぁとイサキの欄までスクロールしてみると「24~101匹」。平日で混んでない上に、超人級の人が乗っていた可能性はあるが束超えである。数釣りシーズンが始まったかも。

明日はほぼ人生初のタイラバ。準備したけど不安しかない

明日はほぼ人生初のタイラバ。準備したけど不安しかないエギタコかタイラバかで悩んでいるうちにエギタコで乗る予定だった鮫洲・和彦丸が満席札止になってしまい、悩む必要がなくなった。明日は宇佐美・治久丸からタイラバ・カイワリリレー。カイワリの釣況は今一つだがコロナの感染拡大状況を鑑みると伊豆には行けるうちに行くが正解かな。

シャクリはテンビンに高負荷? 1年で寿命と考えるべき?

シャクリはテンビンに高負荷? 1年で寿命と考えるべき?気まぐれな剣崎沖イサキに翻弄されるのもいと嬉し釣行で最近、イサキカイワリなどシャクる釣りで気にいって使っていたチドリ天秤が折れた。ビシをロストししょんぼりすることに。前にも弓形テンビンが折れたことがある。シャクる釣りはテンビンに高負荷? 1年で寿命と考えることに。

潮が速くてカイワリを諦めてもアラが釣れるんならありだな

潮が速くてカイワリを諦めてもアラが釣れるんならありだなコロナ禍の外出自粛で最後にお刺身最強のカイワリを釣りに宇佐美までプチ遠征したのはほぼ4カ月前。県をまたいでの移動制限がないうちに行っておこうを釣果を確認しているのだが、潮が速く釣果が安定しない。ついにはカイワリを諦めアラ五目に釣り物を変更するなんて日まで。

イサキっておらが釣り場の魚が最高って人が多くて面白い

イサキっておらが釣り場の魚が最高って人が多くて面白い推しは剣崎でしょ、と沖の瀬に塩対応されてしまい…で沖の瀬で釣った尺イサキより剣崎沖で釣った20センチくらいのイサキで大喜びしている姿を奇異と感じた人もいるだろう。イサキにはおらが釣り場の魚が最高って釣り人が多い。へた釣りも松輪の根のイサキはハズレなしと思ってる。

「ウィリーのコツはコマセ撒かない」と言うときょとんとされる

「ウィリーのコツはコマセ撒かない」と言うときょとんとされる下手だと名乗っているへた釣りに魚の釣り方を聞いてくる人は滅多にいないが、カイワリだけは狙って釣っている人があまり多くないせいか、「釣り方を教えて」とたまに言われる。「ウィリーのコツはコマセ撒かないこと」と伝えるときょとんとされる。本気でそう考えているのだが……。

かみやのウイリ-五目に良型マハタがコンスタントに混じる

J!NSの偏光グラスが到着。軽くてフィット感もよしでいいかも羽田・かみやからリクエスト乗合で出船しているウィリー五目の釣果報告に毎釣行、50センチ級のマハタを手にした釣り人の写真が掲載されている。高めのタナを探るウィリーに食ってくるとは考えにくいのでしゃちょう船長とっておきのマハタポイントがあるんだろうか? すごく気になるぞ。

剣崎沖イサキは盛り上がり。宇佐美カイワリは凸凹激しそう

剣崎沖イサキは盛り上がり。宇佐美カイワリは凸凹激しそう6月第1週の開幕直後の週末に釣行したものの剣崎沖ではイサキが釣れずにあららららとなってしまった2020年のイサキだが、開幕から2週間以上経って松輪の根でも順調に釣れ始めた。もう1つの候補の宇佐美沖カイワリは潮の速さとアジなどのお邪魔虫のせいで釣果の凸凹激しそうだ。

正真正銘剣崎沖イサキか? 和彦丸に挨拶釣行かで悩む

正真正銘剣崎沖イサキか? 和彦丸に挨拶釣行かで悩む来週末は3カ月ぶりの所用で大阪行きで、6月の釣りは今週末含め2回しか行けない。開幕はしたものの剣崎沖ではオアズケをくらったイサキか、今月開業した増尾船長に挨拶するため鮫洲・和彦丸に行くべきか……。第4週はお刺身最強のカイワリに行きたい! 休みが足りねぇよwww

剣崎イサキは型よし数よし。開幕戦はイキらないをテーマに

剣崎イサキは型よし数よし。開幕戦はイキらないをテーマに2020年の剣崎沖イサキは滑り出し好調。松輪出船の船なら竿頭で50匹以上、へた釣りが乗る金沢八景の船でもトップ30匹超えと、開幕直後にしては数が安定している。型もよいようで35センチ級が連日釣れている。23センチ~と報告されているということは、ウリンボサイズは混じってない?

2カ月半ぶり♪ 電車で自粛警察にからまれませんように!

2カ月半ぶり♪ 電車で自粛警察にからまれませんように!首都圏の緊急事態宣言が解除された。たがを外してコロナ禍以前の状態にというわけにはいかないが、外出自粛要請を守って2カ月半我慢した釣行くらいは許されるはず。明日は金沢八景・一ノ瀬丸から遠征ウィリー五目。不安なのは電車で自粛警察にからまれないかなぁだったり。

首都圏から移動制限で伊豆は6/19以降。北海道遠征も中止

首都圏から移動制限で伊豆は6/19以降。北海道遠征も中止緊急事態宣言が解除されたら2か月間食べられていないお刺身最強魚のカイワリを釣りに宇佐美に行こうと目論んでいたが、首都圏から伊豆にプチ遠征してもよいのは移動制限がなくなる6月19日以降みたいだ。首都圏からの人の流入は相当警戒されているようで北海道遠征も中止が決定。

治久丸カイワリ不調にあれれ?初島沖立ち入り禁止だった

治久丸カイワリ不調にあれれ?初島沖立ち入り禁止だった外出自粛要請が解除されたら、復活の日釣行の釣り物の候補の1つになっているのが宇佐美・治久丸カイワリ五目だ。2か月間口にできてないお刺身最強魚を釣りたい、そして食いたい。ところがである。どうも最近、釣果が芳しくなくあれれ?となっていた。その理由が分かって安堵!!

クーラー満タンも夢じゃない。一ノ瀬丸遠征ウィリー五目開始

クーラー満タンも夢じゃない。一ノ瀬丸遠征ウィリー五目開始釣り自粛前の最後の釣行はアラを狙ってクーラー空っぽ完全ボウズであったため、自粛明けの復活の日釣行は、釣果が手堅い釣り物に行きたい。そう考えていたら金沢八景・一ノ瀬丸で遠征ウィリー五目船が5月22日から開始される。オキメバルをメインにクーラー満タンも夢じゃない!!

アナゴの季節かぁ~。下手でもツ抜け狙えそうな釣況だが…

アナゴの季節かぁ~。下手でもツ抜け狙えそうな釣況だが…羽田・かみやで夜アナゴ試し釣りが行われたようで、船長見習いのりょうさんによれば、「俺でも釣れた今年はいいかも」とのこと。あまり参考にはならないが名人さんは30匹も釣ったようだ。4月25日から乗合船がスタートすることが告知された。下手でも釣れるかもという釣況だけど…。

剣崎イサキ用ウィリー針を新アジ胴打に変えてみようかな

剣崎イサキ用ウィリー針を小アジ胴打に変えてみようかな新型コロナウイルス感染拡大で釣りを自粛しているので休日は仕掛けを作りながら妄想フィッシングを楽しむ。6月にはコロナ禍も収まっていると信じ、剣崎イサキ用の仕掛けを作り始めた。釣行に向けて慌てて仕掛けを作るのではなく、余裕があるためあれこれ余計なアイデアがわく。

仕掛け巻き代わりに発泡スチロール円柱を買えばいいのか

仕掛け巻き代わりに発泡スチロール円柱を買えばいいのか外出自粛がしばらく続きそうで釣りに行けない週末は、仕掛けでも作って妄想フィッシングを楽しむしかない。普段は第一精工のスプールシートに仕掛けを巻いてストックしているが、これから何週も仕掛けを使うことなく作り続けることになると考えると…何か代わりになる物はと探してみた。

ウィリー用に「エキサイトゲーム CI4+」がめっちゃ気になる♪

ウィリー用に「エキサイトゲーム CI4+」がめっちゃ気になる♪極鋭 コンセプト ゲームP HHH-205AGSを買って気づいた。最新のモデルは触ってて面白いし、釣れる気がする。カイワリアマダイなどの釣りに使っているカイメイSP 30-210に何の不満もないはずなのに…5月に発売される「エキサイトゲーム CI4+ TYPE73 MH190」めっちゃ気になる。

「このところ絶好調ですね」と言われて気づく。今年は好調だ

「このところ絶好調ですね」と言われて気づく。今年は好調だカイワリの自己最多を更新して随分とはしゃいだブログを書いたところ、SNSでI尾名人から「このところ絶好調ですね」と声をかけていただく。そんなに好調だったっけ?と釣果を確認すると凸凹はあるが、今年は確かに好調だ。アカムツ、カイワリオニカサゴと美味しい魚が釣れている。

カイワリ終了間際によく釣れるアカアジ…美味しい魚みたい

カイワリ終了間際によく釣れるアカアジ…美味しい魚みたい2月11日も、3月7日も宇佐美沖カイワリ釣行で最後に釣れたのはアカアジだった。体形はマアジに似るが尾びれがうっすらと赤いし、尾の付け根に小離鰭があるのでマアジではないと分かる。カイワリがいるので持ち帰る必要はないだろうとリリースしていたがレアだし美味しい魚みたいだ。

カイワリのお刺身特盛&お気に入り日本酒「文佳人」で祝杯

カイワリのお刺身特盛&お気に入り日本酒「文佳人」で祝杯お刺身最強魚のカイワリを27匹。熟成2日、3日あたりがピークの魚なのでいつもより贅沢にカイワリ刺し特盛を作り最多記録更新の祝杯をあげる。大阪で飲んで以来お気に入りになっている高知の日本酒「文佳人」を東京で入手できる店を探し当てたので最強の魚と酒の組み合わせだ。

アカムツを食べ尽くしたらカイワリが無性に釣りたくなるのだ

アカムツを食べ尽くしたらカイワリが無性に釣りたくなるのだ絶好調が伝えられている東京湾マゴチを開幕させるかとの二択で悩んだが今週末はカイワリ狙って宇佐美へのプチ遠征することに。犬吠埼沖で釣れるアカムツの塩焼きと宇佐美沖のカイワリのお刺身はこれを超える味の魚はいないというレベルで圧倒的に美味い。食いしん坊冥利。

イシダイ、カンパチ、アマダイも村井丸の五目船が気になる

イシダイ、カンパチ、アマダイも村井丸の五目船が気になるストイックに1尾の魚を追い求めてという釣りよりも豪華刺し盛りを狙ってにぎやかにという釣りが好きだ。SNSで理想的かもと思える投稿を発見した。保田・村井丸でのウィリー五目の釣果で、カンパチ、イナダ、チダイ、アジが釣れていた。サイトを確認するとイシダイやアマダイも釣れている!

下手でも釣れるときは釣れるウィリー釣行記

カイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼり

カイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼり釣行記を書こうとデジカメからパソコンに写真のデータを移して途方に暮れる。全くと言っていいほど写真を撮っておらず使える写真がほとんどない。あまりの暑さにぼうっとしていたとしか……。とにかく暑かった。そして渋かった。カイワリはバラシまくって3匹だけ。キープは三目どまり。

2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続ける

2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた何日か前に束釣りを達成した人も出て、いよいよ数釣りシーズン到来かと勢い込んで金沢八景・一ノ瀬丸から2020年のイサキ五目第4戦目。前の3戦はまともな釣果に恵まれず今度こそはと思っていたら、これまで以上に完膚なきまでに叩きのめされた。15匹だけで一番釣った人の1/3以下。

ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹

ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹魚のご機嫌がいいことを前提にタイラバ・カイワリリレーが面白そうと釣行したが大きな間違いだった。両方そう簡単にはいかない難問。限られた時間で難問2問は解けなかった。ほぼ初体験のタイラバはいいとこなしでタツノオトシゴが引っかかったのが見せ場? カイワリも小型2匹。

気まぐれな剣崎沖イサキに翻弄されるのもいと嬉しで35匹♪

気まぐれな剣崎沖イサキに翻弄されるのもいと嬉しで35匹♪2020年のイサキ第3戦も、剣崎で1日はできなかった。といっても洲崎や沖の瀬に南下したのではなく雷が鳴りそうな雨雲が接近したせいで1時間半ほど早上がりになった。あと1時間半あれば…目標としていた50匹に届いたような無理だったような。気まぐれな剣崎沖イサキに翻弄され35匹♪

推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…

推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…2020年のイサキ開幕戦は洲崎沖で23匹のイサキを釣ったものの、剣崎では1匹も釣れず。剣崎イサキ解禁はオアズケをくらってしまった。あれから3週間。そろそろ松輪の根が安定し始める時期、6月下旬ともなれば引きが小気味よい浅場のイサキを楽しめると信じて疑ってなかったが…。

イサキ開幕戦は尺級5匹込み23匹。でも剣崎は撃ちーん!

イサキ開幕戦は尺級5匹込み23匹。でも剣崎は撃ちーん!6月1日に解禁となる剣崎沖イサキ釣り。20メートル以浅が食ってくるイサキの引きの小気味よさが癖になる。手返しがよく束釣りだって狙えるので、毎年開幕するのを楽しみにしている。2020年の開幕戦は尺級5匹込み23匹とお土産は潤沢。でも剣崎沖では一度も魚信なしで撃ちーん!

復活の日釣行。まずはめでタイ、あとはひたすらイサキで…

復活の日釣行。まずはめでタイ、あとはひたすらイサキで…新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するため外出自粛要請を守った。首都圏の緊急事態宣言が解除され、ようやく釣りに行けるように。実に2カ月半ぶりの釣行だ。金沢八景・一ノ瀬丸から遠征ウィリー五目へ。オキメバルを中心に多彩な魚種でクーラー満タンを狙うはずだったが……。

前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!

前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!「へたさん来たら釣れないね」木部船長に何度そう言われたことか。今日も前半は貧漁神が荒ぶる展開。潮速くコマセと仕掛けがまったく同調せず、しゃくれどもしゃくれども何も起きず。中盤は良型ゲットでほっと安心。後半は怒涛の入れパクモードに突入しカイワリの自己最多を大幅更新。

午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん

午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん熱海へと向かう電車の中で「今日はお魚お休みかなぁ」という木部船長のボヤキとも言える釣況報告に触れる。やっぱり貧漁神に憑りつかれてる?と暗澹たる気分に。小田原で下車してこだまに乗って東京に帰ろうかななんてことまで考えたが…なんとかなった。カイワリ15匹でえっへん。

南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ

南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ「こんな日もあるよね」以外に自分を慰める言葉が思いつかない。2キロ以上のご立派サイズを夢見ての白間津シマアジ遠征。前日までの釣果を見ると型を問わなければ釣れて当たり前と考えていた。ところがである。朝マヅメのチャンスタイムは沈黙。魚の気配を感じることなく撃チ~ン。

カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ

カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかして…お刺身最強魚のうち2種を1日で狙えるのが秋のこの時期の宇佐美・治久丸カイワリ五目だ。できればカンパチを狙いたいというリクエストに船長が応えてくれてラスト1時間はアジ泳がせ。大型青物らしき魚信があった。でも…ソレダメ!なことをやって空振り。カイワリは安定の14匹だった。

カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ

カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだシャクリ続けた者が勝つ。他人様に自慢できる腕はないがしつこさだけは負けない、悪条件の中、執念で白間津のシマアジを手に。ボウズこそ免れたがいろいろ反省の多い釣行だ。巨大青物に針を伸ばされ、魚信はあれど掛からず。掛かってもバラシ多発。時化のせいばかりとは…。

カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され

カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され三連休のテーマは豪華刺し盛りを釣って食うと設定し、昨日は八景沖でイナダ&金アジを確保。本日は宇佐美にプチ遠征し、へた釣り家の刺し盛りの不動のセンターポジションであるカイワリを狙う。無事ゲットには成功したが序盤の絶好調が嘘のように後半、デカアジに翻弄され失速。

久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!

久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!宇佐美へは電車で午後船に行くしかなく、午前船に乗るのは久しぶり。ここのところカイワリは午前の方が活性が高そうなので、大いに期待しての釣行だった。果たして、カイワリ9匹、チダイ2匹とまずまず。車で連れて行ってくださったえべっさんも人生初カイワリ含む4匹釣れてよかった。

5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない

5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない2015年から4年連続で達成していた剣崎沖イサキの束釣り。5年目、6年目と記録を伸ばしていきたかったが叶わず。ソウダガツオの邪魔もなくチャンスはあったのだが、追い食い狙って数を稼げるウリンボがほとんど釣れず。25センチ超えお刺身サイズ7匹で満足感はあるのだが…。

一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする

一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする前夜にカツオの水揚げ高日本一を目指す凄腕漁師たちの戦いを見たせいではないだろうが、釣れども釣れどもソウダガツオという悪夢の展開。肝心のイサキは魚信すらほとんどなく、魚信を出せても巻き上げ中に食ってきたソウダガツオに化ける。凄腕カツオ一本釣り師になってげんなり。

台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ

台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ令和初の台風上陸の翌日に釣行する。予報を見ると凪ではないがなんとかなりそうな波・風に見えた。陸で小賢しく悩むより海で竿持ってつんのめる!!と覚悟を決め金沢八景・一之瀬丸からイサキ五目へ。湾奥の釣り物にしとけばとは考えない。どうせ海が悪いなら行きたい物に行くのが正解。

宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ

宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつこんなはずじゃ…なんてこと釣りにはよくあることだが、動画撮影デビューの日くらいはもうちょっと好い目を見たかった。宇佐美・治久丸から午後カイワリ五目プチ遠征。前回釣行で自己最多記録を18匹に伸ばし、いい手応えを掴んでいるはずだったのに…本日は宇佐美の魚、やる気全くなし。

俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新

俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新前日まで絶好調なのに俺が行ったら急に釣れなくなるという予感に釣行前はすっかりナーバスになっていたが、竿を握ってシャクりだしたらすぐに魚信。好調を維持している手応えにあとは迷わずカイワリ用の高速シャクリで全力で釣り続ける。ラスト1投は自己最多記録更新を賭けて!!

プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪

プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪1日で状況が一変という釣り物であることは理解しているが前日の釣果が「0~6匹」ではダメかもなと弱気の虫が騒ぎだす。金沢八景・一之瀬丸から剣崎沖イサキの2戦目。予報に反して海はプチ時化。いつも通り釣り座はスーパーお立ち台に。前半はひたすら体幹トレーニングに励むことに。

1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった

1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった解禁初日の松輪の船でも竿頭ツ抜けがやっとという惨状に痺れる展開を覚悟し臨んだ剣崎沖イサキ2019開幕戦。金沢八景・一之瀬丸なら洲の崎遠征五目でお土産はあるはずと剣崎沖で釣る気ほぼゼロで臨んだが、案ずるよりであった。1日剣崎で釣れてイサキは13匹。最大は28.5cm!

コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈

コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈釣りを始めて9年。これまで経験したことがないレベルの速潮にどう対応したらよいのか分からず成す術なし。船長いわく「潮1.5ノット」。5倍すると10秒間に流れるメートルなので10秒で7.5メートル。仕掛けとコマセを同調させる方法をあれこれ試してみたが、カイワリ1匹だけと撃沈したよ。

好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足

好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足ゴールデンウィークからなぜか釣果に恵まれ続けている。金沢八景・一之瀬丸から手堅く釣れそうな遠征五目で出撃した。アマダイイサキアジときてオキメバル、アカイサキとどのポイントでもそれなり以上に食い気のある魚たちが迎えてく入れた。六目41匹でクーラー八分と大満足!!

令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!

令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!令和初日に初釣り。前回上手く釣れなかった宇佐美・治久丸カイワリ五目へ。頑張れば魚信を出せるというコマセシャクリ釣りの一番楽しいパターンにはまった。前半はウィリーに塩対応でオキアミで3匹。イサキ釣りを挟んで沖上がり間際はウィリーに好反応でトリプルを達成し4匹追加。

アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない

アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃないゴールデンウィークはゲキチンウィーク。ここ数年、釣果に恵まれたことがない。それでも休めるから釣行する。初戦は金沢八景・一之瀬丸から遠征五目。撃沈しにくい釣り物を選んだつもりだが……今年はなんとかなった。アラフォー食べ頃アマダイに癒してもらえてそれなり以上のお土産あり。

続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪

続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪お鍋で最高な幻の高級魚アラとお刺身最強魚のカイワリを両手にドヤ顔を決めてやる。下衆な想いは伊豆の海の神様に却下された。あれこれ考え手を尽くしたがアラの魚信は訪れず、続・深場伝説アラの章は始まらなかった。それでもお土産がカイワリ4匹なのだから宇佐美は裏切らない。

三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!

三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!カンパチってショゴやんかって言うんじゃない!! 雪が降りけあらしが立って三途の川みたいになっていた久里浜沖から洲崎沖を経由して館山沖に至ってやっと手にした高級魚だ。こんな日に釣りに来るんじゃなかったという後悔を吹き飛ばしてくれた一尾だ。沖上がり15分前のドラマである。

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとするマダイ、カイワリアマダイをゲットしお鍋、お刺し身、酒蒸しで娘1号の成人式をお祝いしてあげようという三兎追うプランを立てて、宇佐美・治久丸からアマダイカイワリリレーで出撃する。豊饒の海であるはずの宇佐美沖だがこの日は魚がご機嫌斜め。船中2匹のカイワリを独り占めできた。

カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成

カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成♪ト八景沖アミ五目の目標として掲げた豪華刺し盛り5点盛り!!だが…八景沖の敵を宇佐美沖で討つことに。治久丸カイワリ五目でプチ遠征した。目標はカイワリ含めてお刺身で食べられる魚を5種。ハタあたりが混じれば超高級刺し盛りの完成だったがそこまでは届かず。でも高級刺し盛り!!

魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目

魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目ウィリーでの釣りの面白さの1つが何が釣れるか分からないことである。カイワリ狙って宇佐美・治久丸の午後船にプチ遠征。カイワリをというよりは五目釣りを楽しめた。リリースした魚まで含めれば十五目以上は釣った。シャクれば穂先を引き込む魚たちと戯れるような釣り。たっのしー!!