イサキ2戦でハリス切れ2回、針伸び1回。どう対処するの?

イサキ2戦でハリス切れ2回、針伸び1回。どう対処するの?人間も釣り物も小物指向なので大きな魚とのやり取りは苦手だし経験がほとんどない。剣崎沖イサキを2戦してハリス切れが2回、針伸びが1回。魚信ったと分かった瞬間にやられてしまっているので成す術なしだが、それでも悔しいしせめて何の魚だったかくらいは知りたい。手はある?

1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった最初のハリス切れは開幕戦で釣り始めてすぐのこと。ウィリーに魚が触れてくる感触を察知して釣りたいのでクッションゴムを付けていなかったため竿の弾力を生かしてためようとしたらあっけなくハリスが切れた。大物の手応えに1.2mm径30センチのクッションゴムを付けた。ハリスは1.5号なので、適正なクッション径だと思う。針はチヌ針の1号。しばらくすると同じような魚信があった。今度は竿を45度くらいにキープでき竿の弾力を活かせるとこまではいった。リールを巻き始めようとするとフックアウトした手応え。針が伸ばされていた。剣崎沖では35センチには届かないものの尺を超えるイサキなら何匹も釣ったことがある。35センチを少し切るサイズでもクッションなしで釣れるはずなのだが……。

プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪第2戦目は最初からクッションを付けて臨んだ。イサキの活性が上がっている時間帯に高めのタナでいい手応えがあったが、竿を立てる前に引き込まれてハリス切れ。その様子を見ていた上乗りさんに「すぐにクラッチを切って糸を出さなきゃ獲れないですよ」と教わる。さらに「一番可能性が高いのは40センチ超えのイサキですよ」と。イシダイやマダイなど本命でない魚にやられているのなら仕方がないと諦められるが、イサキだとしたら本命である。超良型の本命魚を逃しているのだとするとこれは相当に悔しい。剣崎沖イサキの仕掛けはハリス1.5号で小針が基本。これを変えると食いが極端に悪くなるので変えられない。ドラグは強くシャクるときは指でスプールを抑えてないと滑ってしまうくらい緩めにしてあった。それでも3連続で獲れてない魚にはどう対処するのが正解なんだろうか? 教わった通りにクラッチを切ってしまうと魚に負荷がかからないので意味がないし、走った方向によってはオマツリしてしまう気がするのだが……。



Twitter

2019年06月11日 17:00

« 釣行日は他の船の釣果は見ないというルール破ってトホホ | メイン | 仕掛け強度を上げるため添え糸なし枝ス編み付けを覚える »

最近の気になる魚・物・話題の記事

40センチ級デカイワリ確変中♪ これは行くしかないよね~
日本海は寒ブリで関東は春ブリ? でも東京湾のワラサは秋?
アナゴシーズンインなんだけど…ストック5の案内ないよ~
14年使いさすがに…「アブソリュートフリーズ」検討する
夜なら湾奥でも? 広島屋が4/27より夜メバル乗合を開始
豊漁らしいのでホタルイカ1キロ買っちゃうのってありかな
春にマダイに混じるイサキも…ってこの魚いつが旬なんだろ
凪で釣り物選び放題。マゴチ・中深場・カイワリどれ行こう
シロアマダイ買うのにTHERMOS ソフトクーラーよさそう
4月なのにA5ランクベイブリアジ刺しのぬらぬら感ヤヴァい
東京湾がダメなら伊豆山・熱海第十喜久丸のメバル気になる
凪たらという約束通り今年初の釣りデートに行ってくるよ~
米粒大でも外れにくいように赤タンは塩で〆た方がいいの?
横須賀沖なら良型メバルいる!! 6月の夜メバルまで我慢かな
陸でくよくよするより海でつんのめるよ。走水大アジ釣りに
急流で筋肉質な走水のタコはアジと並ぶブランドで美味い?
3週間ぶりに釣りに行けるのに…風がなんだか微妙な感じだ
大漁旗掲げて釣具倉庫が“へたさんの釣りベース”に昇格した
中深場に限って針や親子サルカンを再利用していると気付く
シマノスタンプラリーでGoProに「UL GEAR CUBE」欲しい
下田と大阪でお休みしたから貧乏暇なし…今週は釣りもなし
瀬戸内真鯛の伝説的仕掛けと煽られリアクションバイトする
大阪食いだおれ&呑んだくれのツケで手の指が痛風にぃぃい
1戦くらいエビメバルやりたいが狙って釣れる魚ではない?
大阪ではシロアマダイが普通に市場で売られていてびっくり
お墓参りに大阪で今週末は釣りお休み。メバルの針仕入れに
熱海未活用魚で作った「ひみつの炊き込みごはん」気になる
どう食べても旨い1.5キロキンメ煮付けを独り占めする贅沢
サンゴ堂で掛け枠を買えばキンメ用仕掛け巻きサービスあり
左右で別の手袋と酔い止め2種を持って式根島キンメに出発
番匠高宮丸から式根島沖キンメ。竿頭はシールがもらえる?
2名から貸切でクロムツ狙える網代・安菜丸すごく気になる
新島キンメ第3戦に向け中オモリ買いに行くもいきなり頓挫
淡路島のイカナゴ泳がせメバルは尺超え乱舞かもと気になる
下がらん…どころか上がってる。カイワリ釣りすぎたせい?
先週はアマダイ・カイワリ。今週はカイワリ・アマダイへと
時化の憂さ晴らしに呑むのは「日和上げ」。いい言葉だなぁ
「釣りまか」でシロギスはイソメちょん掛けでいいと知った
カイワリ釣れたらアマダイのサイズが10cm大きく感じるよ
寒暖差? ダイエットのせい?…釣行翌日はめっちゃ腰痛い
自力でキスアナゴ天丼に向けて「イソメの友」…そこから?
日曜は実験日和だがさすがに…土曜にアマダイ行ってくるよ
釣具売ってるセリアどこ? 「釣り糸ほぐしピック」が欲しい
アカムツ行き詰ってアカムツウィリー針が馬鹿によく見える
曇天時のアマダイ攻略にハピソンのLEDシンカーが気になる
瀬戸内では尺メバルはビーズを嫌うと言われているみたいだ
カイワリ大漁→ほぼ尺メバルの余勢駆り役満(アカムツ)狙い
グラデーションに味が染みるいかり肩良型メバルの煮付け♪
目のいいメバル対策で先糸も魚に見えないピンクフロロ装着
冷凍生しらすは関西では「冷凍シロメ」と呼ばれ小鮎の特餌

著者: へた釣り