53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず

53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず緊急事態宣言の解除以降の低迷を払拭するために、魚種豊富で豪華刺し盛り実績のある宇佐美・治久丸カイワリ五目にプチ遠征。カイワリ…全くあかんかった。ウィリーへの反応が悪く、魚信を弾いたり、巻き上げ中にバラシたりで下手さ加減を思い知る。何かの間違いに救われる。

53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず魚に嫌われることが多いへた釣りだが、カイワリにだけは愛されている(少なくても嫌われていない)と思い込むことにしている。どうも最近、釣りが上手くいかないというときに、カイワリならばなんとかなるはずとプチ遠征をする。今回も10月からおよそ2カ月ド貧果に沈み続けている憂さを、ウィリーをしゃくりまくって晴らしてやろうと目論んだ。カイワリ…そんな容易い魚ではない。カイワリ以外の魚はウィリーに好反応だったが、肝心のカイワリは……。船上でう~~~~むと唸り続けるしかなかった。さすがに気の毒だからと、釣りの神様が1匹だけいい魚をプレゼントしてくれた。
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず

■カイワリバラし、ウルメイワシに蹂躙されまくり途方に暮れる

53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず午前船が仕立てでカワハギでの出船であったため、カイワリ好きは午後船に集中したようで、片舷4人ずつの満員御礼での出船となる。ポイントは初島沖の95メートル前後。船長からはあまり上まではシャクらずにハリス分切って8メートルくらいまでとの指示がある。へた釣りは指示ダナの上2メートルまでは誘うと決めているので底3メートルから10メートルまでを50センチ刻みで14回シャクる。スティは0から始めて1秒、2秒と長くしていく。いい時なら一投目から魚信るのだが…ハチビキの幼魚でスタート。カイワリが釣れたとアナウンスがあった直後にシャクると同時に穂先をギュンと持っていく絶対にカイワリな魚信があったが……強引に巻きすぎたのかバラしてしまう。

53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされずバラシたとはいえ、魚信は出たのだからこのまま頑張ってシャクっていればチャンスはあると思っていたのだが、とんだお邪魔虫が現れる。サバよりもイナダよりもある意味やっかいだったのは、ウルメイワシ。船のすぐ目の前でナブラが立つほどに海面から30メートルくらいまでに沸いており、仕掛けの落下中にウィリーに食ってきては、デタラメな方向に泳いで仕掛けをテンビンにグルグル巻きにしてくれる。ポイントを移動してもすぐに追いかけてきて仕掛けをグチャグチャにされ続ける。ウィリーの枝スを切って針数を減らしウルメイワシに捕まりにくくしようかとも考えたがウィリーはある程度密度があった方がよいと信じているし、毎回毎回捕まるわけではないので我慢。
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず

■中カイワリ・小カイワリ…そして縞消えかけたご立派マハタの一荷!

53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず唯一の見せ場は、15時少し前にいきなりやってきた。底を3メートル切って2シャクリ目に小気味よい魚信。ゆっくり巻いて追い食いを狙うとカイワリ釣りではかつて経験したことがないパワフルな引き込み。ドラグが滑ってほとんど巻けないが、ハリスは2.5号…無理をすれば瞬殺される。ドラグを滑らせながらジリジリと巻いてくる。強く引かれたら竿を送っていなし、時にラインを引き出されながら焦らず時間をかけて慎重にやり取りする。そろそろ取り込み準備という段になって、後ろの人とオマツリして船の下に仕掛けが引っかかってしまう。仕掛けを手繰ると切れてしまった。姿だけでも見たかったなぁと悲嘆にくれているとしばらく経って船長から「マハタ付いてますよ」。裏の人の道糸に仕掛けが巻き付いており取り込めたみたい。ウィリーカイワリ×2とマハタ。マハタはオレンジのウィリーに掛かっていたが、ウィリーに食ってきたのか、ウィリーに掛かったカイワリに食ってきたのかは不明。
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず

53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされずすったもんだはあったがカイワリが釣れたのでさぁこれからとなるはずだったが……ウルメイワシしか釣れん! ちょっとマシな魚信はあってもカイワリのそれではなく少し食わせの間をあげないと食い込まないチダイ。夕マヅメになればカイワリの活性が上向くはずと休まずにシャクリ続けたが、最後までカイワリウィリーに反応することなく、後半戦はチダイを2匹釣って終了。本命ボウズでこそないが、ド貧果に沈む。マハタは帰宅してから計測すると54センチ? 53センチ?という感じだった。船長も「あんなとこにこのサイズいるんですね」と驚いていた。妻のクロダイに続いてビッグなゲストで貧果を誤魔化せた?
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず


Twitter

2021年11月27日 23:18

« あう…今日は6匹止まりでカイワリも俺が行く前になのぉ? | メイン | 【動画】苦労して巻き上げた魚が船下に引っかかって大慌て »

最近の釣りに行った記事

程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ
ウィリーもカブラも無視するカイワリなんて大嫌いだぁあ
予想以上の時化に軽く船酔いげんなりしつつクロムツ6匹
尺には遠いが長井沖で人生初のイワシでメバルをゲット♥
猿アジ冬のトリプルまつり開催中でアジフライ半年分57匹♪
魚信を出せず心荒む展開も熟アマダイ(45)に慰められる
電車故障・潮超速・偏光グラス破損…ハードラックな1日
食っておくれと泣いてます…越冬シロギスでヒュルリララ

著者: へた釣り