釣ったら美味しく食べるメモ

透明できれいな薄造りを食べたいカワハギは締め方が大事

透明できれいな薄造りを食べたいカワハギは締め方が大事カワハギといえば、何と言っても薄造り。肝醤油とポン酢を用意し、お皿が透けるように盛ったカワハギの透明できれいな身をお箸で4~5枚まとめてすくって食べる。フグのてっさと同じ要領だ。釣りたてのカワハギは養殖のフグより絶対に美味! でも美味しく食べるには締め方が大事だ。

もっと美味しく食べたい!! 釣った魚のお持ち帰り方いろいろ

もっと美味しく食べたい!! 釣った魚のお持ち帰り方いろいろ釣ったら食う。自分で釣った魚はどうやっても美味しいものだが、もっと美味しく食べたい! というわけで、釣った魚のお持ち帰り方をいろいろ。「ぐさぶろー」「神経締め」などいろんな道具を買ったりもしているのだが……ひょっとしたらもっと美味しく持ち帰る方法ってある?と気になる。

美味しく食べたい魚の話題

ダイ三元で高級刺し盛りの野望は果たされた。イシダイ別格

ダイ三元で高級刺し盛りの野望は果たされた。イシダイ別格高級刺し盛りを作るをテーマに八景沖アミ五目を4戦、宇佐美沖カイワリ五目を1戦、久里浜沖マダイ五目を1戦したが、マダイ、イシダイ、クロダイをそろえたダイ三元を達成して、高級刺し盛りの野望はようやく果たされた。これまで不満が残っていたのはイシダイ釣れてなかったからだね。

松笠揚げってお願いしたのにウロコ取っちゃった、てへぺろ

松笠揚げってお願いしたのにウロコ取っちゃった、てへぺろ最近、妻1号の物忘れがひどく若年性認知症なのではないかと心配だ。お持ち帰りはアラサー1尾のみだったアマダイ釣行。このサイズだと脂の乗りは期待できないので、油を足す調理法がよい。アマダイなら松笠揚げ。ウロコを付けたまま高温で揚げるとウロコまで美味しく食べられる。

クロダイ、金アジ、〆トロサバの三種盛り。クロダイは皮まで

クロダイ、金アジ、〆トロサバの三種盛り。クロダイは皮までクロダイを釣って食べる度に思うのがどうしてマダイより格下扱いなんだろうってこと。釣趣ではより大型化するマダイに譲るが食味はそん色ないどころか身の甘みがしっかり感じられ、上品すぎるマダイより美味いとすら感じる。午前アミ五目で釣った魚で刺し盛り。1000円は取れそうかな。

クロダイが釣れた日のお楽しみは頭肉が絶品の潮汁だよね

クロタイが釣れた日のお楽しみは頭肉が絶品の潮汁だよねクロダイはアラから良い出汁が出るのでお鍋にして食べるのが大好きなのだが…妻1号船酔いでノーカン釣行で釣れたクロダイは30センチに満たないサイズ。お鍋にすると2人前くらいしか取れない。豪華刺し盛りというテーマもあるので今回はお刺身で頂く。アラだけ潮汁にして楽しんだ。

宇佐美沖刺し盛り5点盛り!! 高級居酒屋さんを凌駕したかも

宇佐美沖刺し盛り5点盛り!! 高級居酒屋さんを凌駕したかもお刺身最強魚のカイワリ、ほど良い脂の乗りを楽しめるハマチ(関東ではイナダ)、血合いが美しいチダイ、江戸時代からの高級魚ホウボウ、そして〆サバ(よく漬けてきずし)。釣行後1日寝かせてすべての魚が食べごろになった日曜日の夕食に悲願だった高級刺し盛り5点盛りをいただく。

秋の脂ノリノリお刺身は九州産の甘いさしみ醤油と相性よし

秋の脂ノリノリお刺身は九州産の甘いさしみ醤油と相性よし天高く馬肥ゆる秋。海の中でも脂ノリノリの魚が釣れる時期である。醤油につけると表面にぱっと脂が散るような魚を食べるとき気に入っているのが九州のさしみ醤油。砂糖醤油?ってほどに甘い。でもって脂の乗りがよい青物のお刺身と相性がよい。甘い醤油なんてと言わずに試してみて。

頭からバリバリ。南蛮漬けはやはり小アジの方が美味いぞ

頭からバリバリ。南蛮漬けはやはり小アジの方が美味いぞ船からだとあまり釣れない南蛮漬けサイズの小アジ“待て”を覚えた女=妻1号はアジ23匹釣行ではたくさん釣れた。ウリンボで作って以来、へた釣り家の晩酌の肴として定着している南蛮漬けを小アジで作ってもらった。頭から丸ごと1匹バリバリと食らう。南蛮漬けは小アジが一番!

釣りにハマると食べなくなる魚がマグロのような気がするぞ

釣りにハマると食べなくなる魚がマグロのような気がするぞ夕食のメインはその週に釣った魚のことが多い。今週なら東京湾の美味しいアジのお刺身を頂く。居酒屋や魚屋のアジのお刺身が食べられなくなるほどに自分で釣ったアジは美味い。釣りを頻繁にするようになって唯一、食べる量が減った気がするのがマグロ。たまにはとカマを煮付けた。

ヒラソウダのタタキ、イヤゴハタのお刺身、鍋…全部美味い

ヒラソウダのタタキ、イヤゴハタのお刺身、鍋…全部美味い昔から食べるのと呑むのが好きで、太りすぎて病気になってしまった。少しは懲りて鯨飲馬食こそしなくなったが美味しい物を食べるのは人生の楽しみの1つである。カイワリ込みウィリー十五目釣行は「食べる」という意味ではこの数年で最高の釣行だったかも。毎日いろんな味を楽しむ。

イヤゴハタ(たぶん)お刺身以外だとどうやって食べるかな

イヤゴハタ(たぶん)お刺身以外だとどうやって食べるかな初めて釣ったお魚は寄生虫などの問題があって生食を避けるべきとされている魚以外はお刺身で食べる。カイワリ込みウィリー十五目釣行で手にしたのがイヤゴハタと思われるハタの仲間。高級魚であるらしい。25センチくらいと小ぶりではあるが半身は刺身で、残る半身はどう食べようか。

妻1号が作り置きの肴に最高なイサキ南蛮漬けに開眼する

妻1号が作り置きの肴に最高なイサキ南蛮漬けに開眼する船釣り中心なので小アジを釣ることはあまりなく南蛮漬けという調理法は全く検討されたことがなかったのだが、居酒屋のお通しとして出た鮭の南蛮漬けが思いのほか美味しく、妻1号の作ってみたい欲に火を点けた。いつもはほどほどにしてと言われるウリンボを持ち帰るように言われる。

やっぱりホッケの干物とアオゾイの味噌漬けは最高だったよ

やっぱりホッケの干物とアオゾイの味噌漬けは最高だった北海道遠征で釣った魚は大量に持ち帰ってしまうと冷凍庫にも収まりきらずに持て余してしまう。釣り用冷凍庫が故障してしまったので今年はいつも以上に慎重に持ち帰る魚を吟味した。持ち帰ったのは2種類のみ。ホッケの干物とアオゾイの味噌漬けだ。釧路沖で釣れる魚ではこれが好物。

ガンズはナガガジ。キュウリウオの干物は…。カジカは混乱中

ガンズはナガヅカ。キュウリウオの干物は…。カジカは混乱釧路の堤防から釣れるガンズと呼ばれる魚の正体を特定してやろうと魚図鑑とにらめっこ。ナガヅカとナガガジ、ギンポなど細長い体型の魚の総称? キュウリウオはシシャモに味が似てるかもと食べてみたが……。釧路ではケムシカジカは姿が汚いと不人気。美味しいはずなんだけど…。

タチウオ指4本は炙り刺し、指3本は変わり揚げ、指2本は…

タチウオ指4本は炙り刺し、指3本は変わり揚げ、指2本は…タチウオは大きければ大きいほど脂が乗っており旨い!!! 釣れたサイズによって料理法を変えた方が美味しく味わえる魚の1つだと思う。指4本以上は皮際にたっぷり脂を蓄えているので炙り刺しに、指3本は塩焼きが定番だがへた釣り家では変わり揚げに、指2本はみりん干しで珍味に。

カゴカマスの干物が大成功。本カマスよりも旨いかもよぉ~

カゴカマスの干物が大成功。本カマスよりも旨いかもよぉ~脂の乗りのよい魚は干物が外れないと信じている。アカムツ→カイワリダブルヘッダーで釣ったカゴカマスはお刺身で食べても美味しい魚だが、お刺身はカイワリが優先。腐らせるわけにはいかないので干物にして冷凍保存。身の質、脂の乗りから干物に適していると想像はしていたが…。

最近お気に入りの船上飯は花畑牧場「生カマンベール」だ

最近お気に入りの船上飯は花畑牧場「生カマンベール」だHbA1cが5.3%で安定しているため昔ほどやっきになってるわけではないが糖質制限は続けている。1日の糖質摂取量の目安は100グラム。釣りに行った日の夜は旨い魚で一杯飲みたいので昼飯は糖質を限りなくゼロにが方針。最近お気に入りの船上飯が花畑牧場「生カマンベール」だ。

ウメイロの刺身が脂乗って甘くて絶品。イサキの裏本命かも

ウメイロの刺身が脂乗って甘くて絶品。剣崎沖の裏本命かも初めて釣った魚はお刺身で食べると決めているのであさなぎ丸デビュー戦で釣ったウメイロもお刺身にしてイサキと食べ比べ。プリプリと弾力のある身にはきれいなピンクの血合。艶があり脂が乗っているのが見た目でも分かる。ふんわりと高級魚らしい脂の甘さが口中に広がる。絶品すぎ。

たまり醤油でコクを出す。妻のメバルの煮付けが進化してた

たまり醤油でコクを出す。妻のメバルの煮付けが進化してたメバル釣りは掛かった瞬間、なにが釣れた?と驚かされる強い引き込みが楽しい。30センチ近いサイズだと、同サイズのマダイよりも一撃目は強烈だ。メバルのもう1つのお楽しみといえば煮付けである。煮付けにして最強魚の座に君臨し続けている。妻1号が作る煮付けが進化していた。

食っても食ってもカイワリなくならねぇ~。完全に目測誤った

食っても食ってもカイワリなくならねぇ~。完全に目測誤った食っても食ってもお刺身最強魚のカイワリがなくならないなんてうらやましいだろと誇らしげに書く気はない。むしろ同じ日に釣ったイサキやシロムツなどが腐ってしまいそうで弱っている。20センチ前後と25センチのカイワリ…体長ではわずか5センチの差だが身の量が全く違う。目測を誤る。

安旨白泡と旬のイサキのカルパッチョでし~あ~わ~せ~

安旨白泡と旬のイサキのカルパッチョでし~あ~わ~せ~開幕戦で手にした32センチの食べごろサイズのイサキをどう食うか考えた。今年の初物なのでお刺身が妥当だが、どうも芸がない。激安のスパークリングワインを買ってあったのを思い出す。白泡と白身魚の料理となるとまず思いつくのがカルパッチョ。これが大正解。旨いのなんのって!

やっぱアナゴ丼最高♪ またかみやに5匹もらいに行くしか…

やっぱアナゴ丼最高♪ またかみやに5匹もらいに行くしか…釣りたいからよりも食べたいからという理由で釣行する魚が何種類かいるが、アナゴはその1つ。釣りたての江戸前アナゴで作るアナゴ丼が最高なのである。身はカリふわっで骨から出汁をとった煮ツメをかけたご飯はそれだけをオカワリしたいほど。血糖値の関係でオカワリNGだけどね。

今年の湾奥アジの脂のノリの凄さになんじゃこりゃぁああぁぁ!!

今年の湾奥アジの脂のノリの凄さになんじゃこりゃぁああぁぁ!!ベイブリッジ周辺で釣れ盛っていた湾奥アジの脂のノリが尋常ではないという噂は聞いていたが、まさかこれほどとはとびっくりした。八景沖で釣ったアジがナイスプロポーションで一番美味しい25センチ級だったので期待はしていたが期待を遥かに超える美味さになんじゃこりゃぁああぁぁ!!

本塁打マゴチのコリコリプルンなお刺身と日本酒…これ最高

本塁打マゴチのコリコリプルンなお刺身と日本酒…これ最高マゴチは3日ほど寝かした方がという人もいるが、へた釣りの好みでは釣ったその日のコリコリプルンな食感を味わえる透明なお刺身が最高だと思う。フグをおろした鉄皿に劣らない。庶民的な値段で食べられる養殖フグなら釣り物マゴチの薄造りの方が美味い。日本酒とも相性抜群。

妻が魚をおろしてくれるうらやましい人だが勉強だけはする

妻が魚をおろしてくれるうらやましい人だが勉強だけはするブログを読んでくれている人から船上で声を掛けられるとき、直近に大漁していれば「○○をたくさん釣ってましたね~」と言ってもらえる。悲しいかな、大漁の頻度は高くないので、実際には「奥様が全部料理してくれるうらやましいです」と声をかけていただくことが多い。勉強だけはする。

明神丸タタキ&サバ、かいだ屋うな重、安兵衛の焼き餃子

明神丸タタキ&サバ、かいだ屋うな重、安兵衛の焼き餃子♪高知編の最終回は外食先で食べた美味い物。カツオのたたきに関しては明神丸という居酒屋で食べた物が最も美味かった。さらにサバ嫌いのはずのへた釣り一家が奪い合って食べた清水サバの握り。ユニークすぎるかいだ屋のうな重。鉄板の美味さだった安兵衛本店の揚げ焼き餃子。

オキギス、どろめ、ウツボなど高知で食べた珍しいお魚たち

二ギス、ヒイラギ、ウツボなど高知で食べた珍しいお魚たち高知で魚といえばカツオのたたきなわけで、これに関しては注文しなくても観光客が食卓につけば必ず出てくる。焼き方で味が随分と違うものだなと驚いたが、今日の主役はカツオではない。高知で食べたカツオ以外の珍しい魚のお話。オキギス、どろめ、ウツボ、一部の名前は酔って失念。

メダイの特大開きにガチで満足。キンメダイより美味かった

メダイの特大開きにガチで満足。キンメダイより美味かった同じイボダイ科だからエボダイの開きに味が似ているに違いないという予想。正解だった。脂のノリという点ではエボダイを超えており、40センチくらいまでのメダイの食べ方として今後特大サイズの開きが定番になりそうな気がする。同じ日に釣ったキンメダイの干物より圧倒的に美味い。

「炉ばた焼き器 炙り家」到着。焼き鳥&魚串にこりゃハマる

「炉ばた焼き器 炙り家」到着。焼き鳥&魚串にこりゃハマる禁煙3年生進級祝いに買った「イワタニ カセットガス炉ばた焼き器 炙り家」が到着した。ちょうど週末だったので晩酌。まずは焼き鳥。続いてメダイの味噌漬けで魚串。最後に野菜中心の網焼き。焼き立てアツアツだからどれもこれも3割増しで美味く感じる。家呑み派は間違いなくハマる。

メダイの特大開き……干してる時点でなんだか笑えてきた

メダイの特大開き……干してる時点でなんだか笑えてきたエボダイの開きが美味いのだから同じイボダイ科のメダイの干物も美味いはず。キンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイ釣行で運よくメダイは確保した。サイズも35センチくらいとちょうどいい。頭から真っ二つに開いて昨晩のうちに外に干しておく。干物網の1段を1匹で占拠する。笑える。

禁煙3周年記念品候補はカセットガス炉ばた焼き器 炙り家

禁煙3周年記念品候補はカセットガス炉ばた焼き器 炙り家へた釣りの禁煙記念日は3月12日。あと12日で禁煙3年生になる。毎年記念品を買っている。1年目はスティーレ2年目はブイホルダーSP。3年目は…一番気になっているのが「イワタニ カセットガス炉ばた焼き器 炙り家」だったりする。晩酌しつつ干物を焼いたり、串焼きを楽しんだり。

美味しく食べたきゃ釣らなきゃね釣行記

血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪

血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪6メートルの仕掛けを用意して行ったら10メートルでと…。長ハリスは苦手。見るに見かねた船長から6メートルでいいよと情けをかけられる。時既に遅し。血まみれ。しかも釣れない。そして寒い。長ハリスに戻し気合の置き竿。まずはマダイ、念願のイシダイ、クロダイ釣ってダイ三元達成。

お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった

お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかったアラフォーの熟アマダイの釣果が聞こえてきたのでアマダイを開幕される。羽田・かみやから。桟橋についてみるとチームガス欠の名人3人とY川アマダイ超人の姿が……これは割り当て少ないかもと覚悟したがいくらなんでも少なすぎ。へた釣りがお持ち帰りできたのはアラサーが1尾だけ。

クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン

妻1号用アミ五目タックルを急あつらえに見えないレベルで前日の釣果を見て妻1号のアジ30匹チャレンジは相当厳しいだろうと予想はしていたが…。北風で海が少し悪かったため妻1号はほんの数投で釣り座のマグロと化す。酔い止めを飲み忘れてたみたい。へた釣りは妻の分まで頑張って今週の刺し盛りはクロダイ、A5アジ、〆トロサバの三種。

悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし

悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし悪運はTKB VOL7 カワハギ1DAYバトル in 東京湾で使い果たした。第14回かみやカワハギ釣り大会の釣り座抽選引き当てたのは最近顔が怖くなくなった船長船の左舷舳。超優良席と思っていた釣り座がなんともならない席だった。強風で船が上下し魚信はあれど掛けられず。いいとこなし。

平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ

平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよカワハギ地獄が砂漠化したらどれくらい痺れることになるかという体験をTKB VOL7 カワハギ1DAYバトル in 東京湾でしてきた。元気よく餌を追うのはフグだけ。ステルス魚信で餌だけでなく針が消失。底はトラギス天国。肝心のカワハギからの魚信はほぼなし。でも賞品多数。TKB大好き♪

良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!

良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!豪華刺し盛りは、先週宇佐美沖までプチ遠征して達成したはずだが……八景沖の敵を宇佐美沖で討つではどうもきまりが悪い。宇佐美の魚で腹はくちた。あまり欲をかかずに今度こそ高級魚が釣れたらいいなと八景沖に再挑戦。竿を握れば無欲でとはいかないが心の余裕が釣果に出る。

カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成

カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成♪ト八景沖アミ五目の目標として掲げた豪華刺し盛り5点盛り!!だが…八景沖の敵を宇佐美沖で討つことに。治久丸カイワリ五目でプチ遠征した。目標はカイワリ含めてお刺身で食べられる魚を5種。ハタあたりが混じれば超高級刺し盛りの完成だったがそこまでは届かず。でも高級刺し盛り!!

アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業

アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業前日は南風強風だったので水温下がって厳しいかなという予感はあったが、アミ五目ならなんとかなると甘く見ていた。結果は、アジメバル、サバ、カサゴと4目釣るもアジ11匹にほかの魚は1匹ずつという貧果。高級魚は不在。仕入れ不調で本日の居酒屋へたは品切れ次第臨時休業。

尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪

尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪どうもならんなって日の釣りのことは深く考えないようにしている。羽田・かみやから江戸前釣りサ-キット大会2018カワハギの部に参加。午前ちょい時化から次第に収まっていくという予報だったので、後半勝負と考えていたが、勝負時の後半にまさかの大失速で箸にも棒にもかからず。

へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ

へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみアミ五目は本日の刺し盛りを妄想しながら釣るのが楽しい。マダイにイシダイ、クロダイ、マハタ、ヒラメ、イナダ、アジ、サバなどなど五目というからには豪華5点盛りを狙うわけだ。1人前2980円くらいの刺し盛りができることもあれば……本日のへた釣り亭は300円均一安居酒屋で営業。

“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン

“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン前回は4匹だけと轟沈した妻1号の八景沖LTアジ30匹チャレンジ2戦目。リールの持ち方だけ覚えてツ抜けしてくれればいいやくらいに考えていたが、さすがは北海道の師匠の娘である。突然「“待て”を覚えた女」に進化した。釣果は前回比575%と急成長。船中真ん中より上だったと思う。

ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!

ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!3か月ぶりの羽田・かみやからの釣行。アウェイ感はないがちょっとドキドキする。釣り物はカワハギ。御無沙汰なのでデカッw船長に挨拶しておくことに。カワハギ船にはチームガス欠のメンバー&船上で見たくない悪人面ランキング3位のY本名人の姿。久しぶりのかみやは楽しかった。

優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹

優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹アジ30匹釣らせろやて? てんご言うたらあきまへん。もうちと精進してから来なはれ」と東京湾の釣りの神様にたしなめられたってとこだろうか? 妻1号の東京湾デビュー戦はアジ4匹+シロギス1匹に沈む。出だしよくツ抜けくらいは楽勝と思われたのだが上潮が速くなると大失速。

タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ

タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ船を降りるとき金沢八景・一之瀬丸の社長船長から「あーとか、いーとか、叫んでましたね」と指摘される。へた釣りのタチウオ釣りは騒がしい。あっと驚き、いーっと癇癪、うーんと悩んで、えーっと悔やむ、おっと喜ぶ。船上で発する声のほとんどがあ行の感嘆詞。頭の悪い人になる。

魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目

魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目ウィリーでの釣りの面白さの1つが何が釣れるか分からないことである。カイワリ狙って宇佐美・治久丸の午後船にプチ遠征。カイワリをというよりは五目釣りを楽しめた。リリースした魚まで含めれば十五目以上は釣った。シャクれば穂先を引き込む魚たちと戯れるような釣り。たっのしー!!

平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり

平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり潮速かった、ドッタンバッタン釣りづらかった、ソウダガツオはウザかった、そしてイサキは渋かったといいことなしで平成(本当に)最後のイサキ釣行は終わるものと覚悟した。14時を過ぎた時点でバケツに中にはイサキが15匹だけ。大惨敗も大惨敗。8月のワースト更新確実なペースだった。

束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り

束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り2018年の剣崎沖はイサキがというよりソウダガツオが手強い。平成最後(たぶん)のイサキ釣行もソウダガツオが大人しかった序盤は束超え楽勝ペース。ところがソウダガツオが来襲すると群れを散らされイサキの食いが落ちるし、釣っても強奪されるしで大失速。目標に届かず81匹だった。

いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)

いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)やっちまった!! 今季初の マゴチボウズ。金沢八景・一之瀬丸では2戦連続のボウズ。2戦とも本命からの魚信なしの完全試合をくらっている。何かが狂っている。一之瀬丸マゴチ童貞卒業できると思っていたがまさかのおあずけに。船上で意気消沈し虚ろな目で穂先を眺めタナを取り直す。

型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず

型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず剣崎沖イサキの2束チャレンジ。大風呂敷には違いないが可能性はあるし真剣に狙っていた。船宿に着くまでは……。例年なら8月になるとイサキ船は空き始め束超えの条件の1つである船上が空いている状態になるのだが席札が残ってない。満席である。定位置のスーパーお立ち台へ。

鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー

鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー北海道遠征2018の最終日。朝早くから船に乗って夜に飛行機で東京に帰るのであるからあんた(…って自分か!?)も好きねぇ。釧路・繁栄丸からの出撃。北海道の師匠北海道の師匠2号と左舷を貸し切り。男繁栄船長の釣らせたい魂は健在で下へ上へとアオゾイ求めて船は走る。

北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓

北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、炉ばた巽で舌鼓北海道の師匠の釣友のミホさんという女性がやっているのが釧路市末広町にある「炉ばた巽」というお店。標津沖で釣れたマカジカで作ったカジカ汁をサービスしてくれるというので行ってきた。北海道の師匠が釣った魚が食べられるお店でもある。タラフライなので食べなかったけど。

ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!

ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット台風は去ったが釧路の海はやや荒れのまま。風こそ強くないものの波2メートルの予報に船が出るのかしらと不安だったが無事出船した。釧路港・海攻から北海道五目へ。ヤナギノマイを中心にタラなどいろんな魚が釣れるが本命は味噌漬けにして絶品のアオゾイ。3年ぶりに釣れたよ。

雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹

雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹お気に入りの宿ヘイゼルグラウスマナーに今年も一泊。昨晩はモンラッシェのワインなどをいただいての会食。開けて休竿日のはずだが朝5時に起きてホテルの脇を流れる虹別川の支流でなんちゃって渓流釣り。川の流れが予想以上に速く大苦戦も姪2号に釣らせるミッションはクリア。

標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に

標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に標津沖にて小突きカレイの1匹全長を競う北海道の師匠杯が今年も開催された。北海道の師匠が孫にお小遣いをあげるという趣旨の大会だが毎年空気を読まない人がいて…。今年もへた釣りは空気を読んで最大39センチ。前夜台風の中奇跡的に飛行機で釧路入りした子供1号が3位入賞。

ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動

ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動ウネリ高く釧路の沖五目船が出船中止となりシシャモチャレンジ2日目。道東以外の釣り人で自分でシシャモを釣って干物にして食べたことがあるという人はあまりいないはず。1匹でいいから釣りたかった。サビキでの釣りなのでコマセをたっぷり撒いてシシャモを寄せてと画策したが…。

釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う

釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う遥かかなたにあるはずの台風のウネリが釧路まで届いてしまい北海道遠征2日目に予定されていた五目釣りは中止が確定。早起きする必要がなくなったので夜の釧路の街へと繰り出す。行ったお店は昨年からあたりをつけてあった大衆居酒屋 日米。義妹のお勧めのお店である。

明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止

明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止北海道遠征2018がスタート。朝早い飛行機(安いから)に乗って10時に釧路たんちょう空港に到着。北海道の師匠に迎えにきていただいてそのまま釧路西港のシシャモがいるかもしれないポイントに置いていってもらう。堤防でサビキ釣りなんて何年ぶりだろう。シシャモ釣りてぇえええ。

数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!

数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!写真を撮ってる暇がない。昼食は沖上がり後まで我慢。水分補給の時間すら惜しんでシャクリまくる。7月のイサキの釣果をわずか8匹で終わらせてなるものかと気合を入れて臨んだ。想定してなかった好釣果に釣ってる最中からたぶんず~っとドヤ顔。先週との差は椅子があったことかもw

イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ

イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ書くことない。多くの魚には愛されないが剣崎沖のイサキにだけは愛されていると思ってた。そんなの幻想だった。好かれているどころか滅茶苦茶嫌われているとしか思えない1日だった。昼までイサキからの魚信なし。炎天下で体力と気力を奪われシャクった者が勝つとは思えなくなった。

性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…

性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…ほとんどの魚はへた釣りの言うことを素直に聞いてはくれないが、中でもいくらなんでも性悪すぎるだろ!!と言いたいのがタチウオである。魚信はあれどもちっとも掛からず、かと思うと急に強烈に穂先を引き込んでびっくりアワセでさようなら。今日も苦しんだ。アジは1ミリもやる気ねぇし。