釣ったら美味しく食べるメモ

透明できれいな薄造りを食べたいカワハギは締め方が大事

透明できれいな薄造りを食べたいカワハギは締め方が大事カワハギといえば、何と言っても薄造り。肝醤油とポン酢を用意し、お皿が透けるように盛ったカワハギの透明できれいな身をお箸で4~5枚まとめてすくって食べる。フグのてっさと同じ要領だ。釣りたてのカワハギは養殖のフグより絶対に美味! でも美味しく食べるには締め方が大事だ。

もっと美味しく食べたい!! 釣った魚のお持ち帰り方いろいろ

もっと美味しく食べたい!! 釣った魚のお持ち帰り方いろいろ釣ったら食う。自分で釣った魚はどうやっても美味しいものだが、もっと美味しく食べたい! というわけで、釣った魚のお持ち帰り方をいろいろ。「ぐさぶろー」「神経締め」などいろんな道具を買ったりもしているのだが……ひょっとしたらもっと美味しく持ち帰る方法ってある?と気になる。

美味しく食べたい魚の話題

富戸&宇佐美の海の幸で宴。カイワリ刺しはやっぱり最高

富戸&宇佐美の海の幸で宴。カイワリ刺しはやっぱり最高もっと寝かせた方がと言われることもあるがカイワリ刺しの食べごろは釣行翌日だと思う。旨みと食感のバランスが抜群だ。この日に食べられるだけ食べるのだが今回の釣果は2匹だけだったので…足りない。チダイが抱卵していたので煮付けて、富戸沖で釣ったメダイ西京漬けで伊豆三昧。

オニカサゴにやっとありつけた。身が足らずメダイも鍋に

オニカサゴにやっとありつけた。身が足らずメダイも鍋にたくさん釣れず貴重な魚は食べごろを調整して少しでも美味しく食べたい。庄吉丸の下に15匹目のオニカサゴ釣行でなんとか釣りあげたオニカサゴは5日間寝かして、まずは富戸沖三種盛りで、続いて鬼の形相鍋にして食べた。腹がくちくなるには身が足りずメダイの身もお鍋に入れた。

クロムツは何日目まで旨くなる? そもそも何日日持ちする?

クロムツは何日目まで旨くなる? そもそも何日日持ちする?貧果のときはもったいないから3日は熟成させてから食べるクロムツだが、今回は食べれないほどあるので釣行初日から食べ始めた。1日ごとに旨みを増していく炙り刺しに…この魚、何日熟成させるのがベストだろうという疑問が。そもそも冷蔵庫で何日腐らずに持つのかも知らなかったり。

即席で作るアマダイの白みそ仕立て汁がめっちゃ美味かった

即席で作るアマダイの白みそ仕立て汁がめっちゃ美味かったアマダイと少し甘い白みそとの相性は抜群と思う。KALDIで売っている「白みそ仕立てのお雑煮の素」で少し濃いめに作った汁に焼いたアマダイの身を入れただけでとっても幸せなお味になった。小ぶりのアマダイの食べ方なら個人的にはこれが最高。大きいのは酒蒸しにするのが好き。

久里浜沖の豪華五種盛り…季節ごとに挑戦しようかなっと

久里浜沖の豪華五種盛り…季節ごとに挑戦しようかなっと久里浜五郎丸ウィリー五目で釣ったチダイ、カイワリ、ホウボウ、アジ、ワラサを1日寝かせてから刺し盛りに。刺身は単品よりもいろんなお味を少しずつ楽しめる刺し盛り派だ。五種といわず七種でも八種でも多ければ多いほどうれしい。刺し盛りを狙って季節ごとに通ってみようかな。

25upカイワリ刺しにハズレなし。秋のホウボウも美味い!!

25upカイワリ刺しにハズレなし。秋のホウボウも美味い!!9月6日以来だから実に53日ぶりにへた釣り家の刺し盛り不動のセンターポジションであるカイワリ刺しにありつけた。小さくても脂の乗る魚ではあるが25センチ超カイワリにハズレなし。カイワリングに夢中になるのはハズレなしサイズの出現率が高いからでもある。秋のホウボウも美味い!!

小型なのに脂ブリブリ! ベイブリアジ…恐ろしい子…!!!

小型なのに脂ブリブリ! ベイブリアジ…恐ろしい子…!!!アジの脂のノリは25センチくらいがピークでそれより大きくても小さくても脂のノリは悪くなるものと信じていた。悲願の妻アジ30匹チャレンジは42匹でクリアで釣れたアジは平均15センチくらい。お刺身にするには物足りないと思っていたが大きな間違いだった。小型なのに脂ブリブリ。

アマダイのこれじゃない五目でおでん種作れる気がするぞ

アマダイのこれじゃない五目でおでん種作れる気がするぞ朝晩寒くなってきたので妻が今季初のおでんを仕込み始めた。ぬる燗をちびちびいただきながらおでんをつつくのが大好きである。練り物は安い物を買うと後悔するので大寅など少しお高めの物を買う。高いのであまりたくさんは食べられない。自前で高級練り物が作れるかもと思いつく。

萬栄丸一味違うクロムツは沖のポイントで40up釣らないと

萬栄丸一味違うクロムツは沖のポイントで40up釣らないと内房勝山港・萬栄丸の半夜クロムツで釣れるクロムツは東京湾口で釣れるクロムツとが一味違うと聞かされていた。炙り刺しで極上のクロムツの更に上を行く一味違うクロムツ…頭の中でハードル上げすぎてしまった。一味違うクロムツを味わうには洲崎沖で40超を釣らないといけない?

いな亭風焼肉のたれ漬けイナダ唐揚げが酎ハイにばっちり

いな亭風焼肉のたれ漬けイナダ唐揚げが酎ハイにばっちり順が逆ならリリースしていたが、カンパチより先に釣れたイナダを血抜きしてキープした。持ち帰った以上は食べるわけだが、イナダを美味しく食べる料理法を知らない。アマダイの名手I尾名人の家晩酌(いな亭)の焼肉のたれ漬けフライをアレンジしてみたらレモン酎ハイにばっちり♪

皮煎餅まで美味。カンパチを秋の味覚として定着させたい

皮煎餅まで美味。カンパチを秋の味覚として定着させたい何度か釣って食べたことがあるので美味しい魚だとは知ってはいるが、青物釣りが苦手なためになかなか安定して釣ることができないのがカンパチ。宇佐美で釣ったのは実に4シーズンぶりのこと。無事タモに入った瞬間から食べることばかり考えていた。秋のカンパチは期待を裏切らない。

カブラは大阪でもマイナー? 来季のタコ準備と今季のお礼

カブラは大阪でもマイナー? 来季のタコ準備と今年のお礼今回の大阪行きは三連休を利用しての2泊3日の旅程だったため、時間に少し余裕があった。東京の釣具店ではあまり見ない土佐カブラが大阪の釣具店ならもっと売られているかもと期待したが大阪でもマイナーなようで収穫は1つだけ。エギタコ用品は充実していたので来季の準備をしておく。

「魚が食べたい」マナガツオのお刺身を見て釣りてぇええええ

「魚が食べたい」マナガツオのお刺身を見て釣りてぇええアニメ以外にテレビはあまり見ないのだが、「吉田類の酒場放浪記」と「魚が食べたい!-地魚さがして3000港-」は見逃さないように録画している。9月14日の「魚が食べたい」は香川県本島でシロギスとマナガツオ漁だった。漁師でないと食べられないマナガツオのお刺身を見てしまう。

脂のりのりベイブリアジは干物になって釧路へ飛んでった

脂のりのりベイブリアジは干物になって釧路へ飛んでった湾奥出船の船でもほかにポイントが見つからないときに行くことがあるのでベイブリアジを釣ったことがなかったわけではないが、これはベイブリアジとクーラーに分けて入れるわけではないのでちゃんと味わうのは初めて。サイズが20センチ超だったせいか安定して脂ののりがよかった。

尺カイワリ刺しと森伊蔵…レアさと贅沢さに言葉を失った

尺カイワリ刺しと森伊蔵…レアさと贅沢さに言葉を失った口に入れた瞬間に訪れる旨みにむふふと変な声が漏れちゃうという経験は何度かあったし、へた釣りにとって最高の美味しさの表現だった。尺カイワリ刺しはむふふを超えた。一切れ口に入れたと同時に漏れた言葉は「まっ!」。「うまい」の「う」と「い」を発声するのももどかしいほどの旨さ。

たこ八のミックス粉で焼く江戸前タコのたこ焼きは無敵だ

たこ八のミックス粉で焼く江戸前タコのたこ焼きは無敵だ大阪育ちなので粉モンは大好物である。タコを釣ったらキャーキャー騒ぐへたれなおっさんが8杯♪釣行で釣れた江戸前タコも何度かに分けてたこ焼きでいただく予定。粉モンというからにはたこ焼きを焼くときは、粉にこだわるべきだと思う。へた釣りのオススメはたこ八のミックス粉

ヒメダイ(オゴダイ)旨い!! カイワリ五目次善の魚かも?

ヒメダイ(オゴダイ)旨い!! カイワリ五目次善の魚かも?洲崎沖のウィリー五目でも釣って食べたことはあったが、本日、大人はウィリーにおさわり禁止…カイワリほげたぞ釣行で釣れた30センチくらいのヒメダイは別格。お刺身で食べるとイサキやホウボウが霞むくらいに旨かった。カイワリが不調のときはヒメダイ狙いを希望したいくらい。

夏バテにはカツオのたたき&ウナギの蒲焼きがいいらしい

夏バテ解消にはカツオのたたき&ウナギの蒲焼きがいいらしい暑さが堪える。夏バテしたと感じたことは人生56年で初めてかもしれない。体の具合が悪いわけではないが、なんだかぼんやりとダルく感じ、仕事をしていても集中力が切れやすい。冷房を効かせすぎているせい?と考えて冷房をやめてみたが改善しない。夏バテと考えるしかない。

夏のアジすごい♪ 脂のりのり金アジ干物を北海道へ発送

夏のアジすごい♪ 脂のりのり金アジ干物を北海道へ発送妻が帰省するときにお土産として持っていくものとばかり思っていたら、「重いから送るに決まってるでしょ」てなことで、居食いしてる?な気難アジにあの手この手で口使わせて81匹で釣れたアジはその日のうちに開いてピチット 一夜干しシートに。翌日には冷凍便で釧路へと発送された。

小型キスにも卵。夏のシロギスはほぼ毎日産卵するらしい

小型キスにも卵。夏のシロギスはほぼ毎日産卵するらしいシロギスの天ぷらの準備をしていた妻から「これ全部卵持ってるよ」と教えてもらう。産卵前に釣ってしまったのならかわいそうなことをしたなと思ったが、どうやらシロギスの産卵はそういうものではないらしい。ほぼ毎日卵を蓄え産卵するそうで、そのために荒食いするので釣りやすいみたい。

産卵期の魚の身って美味いの? 不味いの? どうなの?

産卵期の魚の身って美味いの? 不味いの? どうなの?魚の旬を説明するとき、産卵期は卵に栄養を回すためにエサをたくさん食べるため脂の乗りがよいと書いてあることがあるかと思えば、産卵期は卵に栄養がとられてしまうために身は脂の乗りが悪くなると書いてあることも。産卵期の魚の身って美味いの? 不味いの? どっちなの?

アニサキスはブラックライトを照射すれば見つかるらしい

アニサキスはブラックライトを照射すれば見つかるらしい釣った魚をお刺身で食べるのが大好きなので、アニサキスによる食中毒が急増しているというニュースが気になる。市場向けには高圧電流を一瞬通して駆除する機械が開発されているようだが家庭に導入できるものではない。アニサキス発見法で手っ取り早いのはブラックライトらしい。

亀泉 純米吟醸生原酒 CEL-24 うすにごりとカイワリ刺し♪

亀泉 純米吟醸生原酒 CEL-24 うすにごりとカイワリ刺し夏らしい日本酒でNo.1の「亀泉 純米吟醸生原酒 CEL-24 うすにごり」とお刺身で最強のカイワリ。これを超える贅沢な晩酌は思いつかない。日曜夜は家にいるようにと子供たちも招集。集まったはいいが魚はなしという事態も回避できた。この組み合わせ大好評で一升瓶が2時間で空に。

27日ぶりの釣りとなるとイサキではなくカイワリでしょ♪

27日ぶりの釣りとなるとイサキではなくカイワリでしょ♪今週末は27日ぶりに釣りに行けそう。暑そうだからもう少し吹いてくれた方が気持ちよさそうなベタ凪予報だ。土日ともに凪予報なので釣り物は選び放題。1カ月遅れで剣崎イサキ開幕をと考えていたがいざとなると、27日ぶりの釣りがウリンボのみだと凹みそうなのでカイワリに転進。

文佳人 夏純吟うすにごりを確保!! 酒はあるけど魚がない

文佳人 夏純吟うすにごりを確保!! 酒はあるけど魚がないラムネにも似た清涼感のある後口が面白いアリサワ酒造「文佳人」の夏限定酒「文佳人 夏純吟うすにごり」はお気に入りの日本酒の1つだが、2022年は争奪戦が厳しかった。一人1本までなど制約付きの店も多く、東京・大阪の取り扱いがある店を巡ってなんとか4合瓶4本を確保した。

新島キンメに足繁く通う人が多いのが食べたら分かった

新島キンメに足繁く通う人が多いのが食べたら分かった新島キンメは海中で起きていることが全く掴めなかった。思っていた以上に難しいということだけは分かったが、釣りとしての面白さは正直に書くとよく分からなかった。でも、釣れたキンメダイがすごく美味しいってことはお刺身を食べてすぐに分かった。これはまた釣りに行きたくなるね。

文佳人 夏純吟の季節なのに魚が…仕方ないので鰻を買う

文佳人 夏純吟の季節なのに魚が…仕方ないので鰻を買う食いしん坊のついでに呑兵衛でもある。梅雨前のこの時期は爽やかな後口のお酒、高知・アリサワ酒造の「文佳人 夏純吟」の四合瓶を買い占めにならない程度に6本ほど買う。冷蔵庫でキンキンに冷やして、美味しい魚が釣れたときに祝杯として開けるのだが貧果続きで飲めてなかった。

妻のアジ釣り新ミッション。北海道の師匠に干物をお届け!

妻のアジ釣り新ミッション。北海道の師匠に干物をお届け!ゴールデンウィーク明けから北海道に帰省していた妻が「アジ食べたいから干物にして送って」なるミッションを持ち帰る。釧路は海水温上昇でサバは釣れるようになったがアジは釣れない。北海道の師匠が食べる魚をへた釣りが釣っても喜ばれない。妻が釣った分を干物にして送る。

キス天食べ放題…ピンギス混じりだと40匹は釣らないとダメ

キス天食べ放題…ピンギス混じりだと40匹は釣らないとダメ子供たちは優しいので「もうちょっとあっても食べられたかな」という風に表現したが、天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣りで釣れた23匹ではキス天食べ放題には全く足りなかった。ピンギス主体だと40匹くらいは必要だと思う。メゴチの持ち帰りも検討しようかな。

宇佐美ウィリー五目の極上お刺身五種盛りと蒼空で舌鼓を打つ

宇佐美ウィリー五目の極上お刺身五種盛りと蒼空で舌鼓を打つ巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった釣行でなんとかゲットしたカイワリ、メジナ、イサキ、ウルメイワシ、アジを大皿に盛って、子供1号のお誕生会。この会のメインディッシュのお魚を持ち帰る必要があったので、実は結構なプレッシャーを感じていたのであった。

美味しく食べたきゃ釣らなきゃね釣行記

シマアジは俺のこと大嫌いみたいだ。コマいのが1匹だけ

シマアジは俺のこと大嫌いみたいだ。コマいのが1匹だけ深場の勇者様に連れて行ってもらって白間津シマアジ5戦目。過去4戦で25センチくらいのを1匹だけ。釣った本命の数より失くしたビシの方が多いという体たらく。でも、今度こそ釣れそうな気がしていた。凪の予報で前々日まで特大混じりで絶好調。竿を出すまでは意気軒昂だったが…。

妻ノーピクで闇墜ち&僕もカイワリ2匹だけでデート失敗

妻ノーピクで闇墜ち&僕もカイワリ2匹だけでデート失敗成田離婚ならぬ宇佐美離婚になるとこだった。楽しいはずだった妻との宇佐美カイワリデートは、どうしてこんな日に…と天を仰ぐしかない速潮&激シブ。慣れた人でも魚信を出せずに一苦労している状況では妻のぎこちないシャクリが通用するはずもなくノーピク。へた釣りもカイワリ2匹だけ。

庄吉丸の下に15匹目のオニカサゴ…でも16匹目はおあずけ

庄吉丸の下に15匹目のオニカサゴ…でも16匹目はおあずけ行く前のイメージ(妄想)と現実(釣果)との隔たりの大きさに一喜一憂できるのが釣りである。富戸・庄吉丸2年前に47センチの特大を含む14匹オニカサゴを釣らせてくれた船宿。当然今回も富戸の海底はオニカサゴのレッドカーペットが敷かれていると思い込んでの釣行だったが……。

萬栄丸半夜クロムツで自己最多を27匹&最大を38センチに

萬栄丸半夜クロムツで自己最多を27匹&最大を38センチに10月に初めて連れて行ってもらった内房勝山港・萬栄丸の半夜クロムツで自己最多を16匹に更新した。第2戦目はお邪魔虫なサバの活性は高かったがそれにも増してクロムツの活性が抜群。サバさえかわせばいい確率でクロムツの魚信があり、自己最多を27匹に、最大も38センチに。

山下丸アマダイ初挑戦は良型獲れずも5匹釣れてまずまず

山下丸アマダイ初挑戦は良型獲れずも5匹釣れてまずまず底を吹き流しで狙う釣りに苦手意識があり、アマダイオニカサゴも1匹釣れるまでひやひやしている。いつまでたっても釣れないと…心は闇墜ちし釣り方は大迷走する。久比里・山下丸アマダイデビュー戦は良型には恵まれなかったが、幸先よく1匹目が釣れ迷い払拭。5匹釣れた。

久里浜ウィリー五目…ワラサとサバフグに邪魔され大苦戦

久里浜ウィリー五目はワラサとサバフグに邪魔され大苦戦久里浜~下浦沖とポイントこそ違うものの久里浜五郎丸ウィリー五目で狙う魚はチダイとカイワリ宇佐美・治久丸カイワリ五目で釣ったことがある魚を慣れた仕掛けで狙うわけでそう苦戦することはないだろうと高をくくっていた。ワラサ&サバフグの猛攻で仕掛け切られまくり大苦戦する。

バラシ多数で大苦戦。でも25センチ級カイワリ2匹を独占

バラシ多数で大苦戦。でも25センチ級カイワリ2匹を独占前回の宇佐美カイワリプチ遠征カイワリ狙いは短時間でカンパチにリレーしてしまったため不完全燃焼だったが、本日はカイワリ一本勝負。土佐カブラ5本針仕掛けを用意して明日腕が上がらなくなってもいいからシャクリ倒してやる!と鼻息荒く臨んだが、いい魚信をことごとくバラす。

悲願の妻アジ30匹チャレンジは42匹でクリア…ど、同数!!?

悲願の妻アジ30匹チャレンジは42匹でクリア…ど、同数!!?2018年の9月が初戦だったからちょうど4年。妻1号の半日アジ30匹チャレンジが無事終了した。基本的な釣り方は覚え、いい日にあたればクリア可能と思えてからが長かった。アジそっちのけでゲストのクロダイを追いかけるというスタイルは変わってないが、アジ42匹と船中上位の釣果に!!

海堡で順調→竹岡砂漠→海堡に戻りカワハギ開幕戦は11匹

海堡で順調→竹岡砂漠→海堡に戻りカワハギ開幕戦は11匹2年連続でカワハギの開幕戦は9匹とツ抜けに1匹足らずだった。カワハギは数より型狙いを標榜しているがツ抜けくらいはしたい。2022年の開幕戦は羽田・かみやから。翌日がカワハギ大会のため空いてる(=割り当て多い)かもと期待したが満席。ツ抜け達成するも型には恵まれず。

…………………………………………………ノーピクだった

…………………………………………………ノーピクだった何を書こう。小坪港・洋征丸からカツオ・キハダに初挑戦。エスコートしてくださったのは深場の勇者様。釣り方を教えていただくだけでなく、テンビンも仕掛けも餌も全部実績のある物を用意していただいた。人気の船宿で名人が手取り足取り…死角はないはずだった。でも………ノーピク。

萬栄丸半夜クロムツ初戦はサバ禍で失速も16匹でえっへん

萬栄丸半夜クロムツ初戦はサバ禍で失速も16匹でえっへん東京湾口で釣れたクロムツを美味しいと喜んでいると、萬栄丸で釣れるクロムツはサイズも味も一味違うと煽られ続けていた。確かに40センチ超えの良型の出現率が高く、食べきれないほどに釣れている報告を見て羨ましく思ってはいた。一緒に行きますか?とお誘いされてデビュー戦へ。

小サバ湧いてカイワリお留守。カンパチはいてくれたよ~

小サバ湧いてカイワリお留守。カンパチはいてくれたよ~夏場のカイワリは小魚を追っているのでオキアミ&ウィリーよりも土佐カブラの方が釣れるという仮説を検証するためのカイワリング第2戦。結果は…ノーカン? ほかの人が釣れないときでも釣れないとダメなので効果なしかな? カイワリは船中0だった。後半のカンパチで帳尻を合わす。

新山下デビュー戦は美味しいサイズのベイブリアジ17匹♪

新山下デビュー戦は美味しいサイズのベイブリアジ17匹♪妻との中華街アジ釣りデートの下見に、横浜黒川本家の午前アジへ。初めての船宿が苦手なので、到着するまでドキドキしていたが、受付を済ませて船に乗ってしまえばなんとかなる。ボッチ釣行なのでアウェイ感は最後まで消えなかったが、美味しいサイズのベイブリアジ17匹でまずまず♪

25cmが小さく見える尺超え×2で夏カイワリ攻略の糸口!?

25cmが小さく見える尺超え×2で夏カイワリ攻略の糸口!?8月の宇佐美プチ遠征でウィリーに触れてくるカイワリが1匹もおらず1年11カ月ぶりのカイワリボウズを食らう。これまでも夏場は釣果が安定せず、カイワリも釣れる五目になることが多かった。夏のカイワリはアミではなくシラスなどの小魚を食べているという仮説を立ててリベンジに挑んだ。

ゴロタとフグに翻弄され苦戦。シロギス20匹超えがやっと

ゴロタとフグに翻弄され苦戦。シロギス20匹超えがやっと釣って帰ると子供たちが大喜びして食べてくれるため再入門中なのがシロギス釣り。9月か10月に束が狙えるXデーが来るという情報を信じて腕を磨いておこうという釣行だったが、シロギスのご機嫌がよろしくなくって大苦戦。竿をフルルと震わせてからの小気味よい引きはほぼ発生せず。

タコを釣ったらキャーキャー騒ぐへたれなおっさんが8杯♪

タコを釣ったらキャーキャー騒ぐへたれなおっさんが8杯♪やるやる詐欺案件をようやく1つ潰せた。羽田・かみや異次元三人衆の1人である浅居超人にお誘いいただいて…というか面倒をみていただいて、エギタコへ。苦手な軟体動物だし、初めてやる釣りなのでボウズでなければ上等くらいの気持ちで臨んだところ、へたにしては出来すぎの8杯。

本日、大人はウィリーにおさわり禁止…カイワリほげたぞ

本日、大人はウィリーにおさわり禁止…カイワリほげたぞボウズは十分にあり得る魚ではあるが、宇佐美の海とカイワリに愛されている自信があったので船中0でもなければ俺はほげないと固く信じていた。くらった。それも本命の魚信なしの完全試合。いずれ報われると信じてひたすらシャクった。本日、大人の魚はウィリーにおさわり禁止の日だった?

居食いしてる?な気難アジにあの手この手で口使わせて81匹

居食いしてる?な気難アジにあの手この手で口使わせて81匹北海道へ帰省する妻の東京土産として持たせる激旨金アジの干物をゲットするべく、羽田・かみやからショートLTアジへ。この1年ほど東京湾でのアジ釣りでいい目に遭った記憶がなく、完全に嫌われていると思っていた。今日も反応はあるらしいのだがなかなか口を使ってくれないで…。

天秤&仕掛けを和彦丸SPにしてシロギス58匹でにんまり

天秤&仕掛けを和彦丸SPにしてシロギス58匹でにんまり9年ぶりのシロギス1日船に鮫洲・和彦丸から。和彦丸増尾船長は自身もシロギス釣りの名手で、釣りを始めたころに手ほどきをしてもらった。教えてもらった通りにはやらない(やれない)ためあまり上達せずに現在に至ってはいるが…キス天食べ放題という目標通りに釣らせてもらえた。

アカムツどころか魚信が一度もなく城ヶ島沖で大撃ち~ん

アカムツどころか魚信が一度もなく城ヶ島沖で大撃ち~んカイワリの次に爽やかな夏酒によく合う脂の乗ったお魚は…なんて食い意地だけで釣り物を選ぶとこういう目に遭う。三崎港・えいあん丸からアカムツが出船しているのに気づき、アカムツなら間違いなしと迷わず予約。1匹でいいからと考えていたが、その1匹が果てしなく遠かった。

暑さとサバに無口になるも船長冴えててカイワリを9匹!!

暑さとサバに無口になるも船長冴えててカイワリを9匹!!いろいろあって釣行は27日ぶり。しばらく釣りに行けてないと釣りたい&食べたい欲がふつふつと沸いてくるのがカイワリである。久しぶりとか復帰1戦目なんかはいい確率で宇佐美へプチ遠征している。今回は亀泉 純米吟醸生原酒 CEL-24 うすにごりに合う肴ゲットというミッションも。

あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み

あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み束釣りなんて釣果報告も出始めた剣崎沖イサキ。当たり年の気配に是が非でも行きたいと金沢八景・第3あさなぎ丸から。左舷舳の席を確保でき、久里浜に寄り道することなく剣崎に向かうとのアナウンスを聞く。大中小混ぜて50匹くらいはと気合を入れたら船が事故で一投もせず帰港。

デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ

デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ水深が20メートルにも満たない場所でも海底の様子を察知することができないへた釣りに水深400メートルを超えた深場のキンメダイが釣れるのか? 結果だけを書くとお目当てサイズのデラキンメはゲットできた。でも、海面下で何が起きていたのかはさっぱり分からず謎が深まる。

金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む

金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む向いてねぇ~っと言い出すと、釣り全般向いてないんじゃないかと考えなくてもいいことを考えてしまいそうなので、イワシメバルは向いてないということにしておく。良型を…できれば尺超えをと鼻息荒く参加したイワシメバル愛好会の仕立船であまりの魚信のなさに呆けてホゲて凹む。

焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない

焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない釣りブログなのに釣りをしたのを覚えてないって、それでええのんか?とは思うが、思い返してどうにかなった気がしない釣りのことはくよくよせずに忘れるに限る。魚信が遠く食ってきても単発でしかも小さい。自分だけがではなく誰も釣れてないのだから本日のデートの主役は焼肉としか…。

23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね

23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね金沢八景・一之瀬丸のエビメバル最終戦。プチ時化の予報だったし、メバルはイワシメバルでもう1戦する予定があるので別の釣り物をと考えていたが、別の釣り物がなかなか出船確定せず焦れてメバルに行くことに。23・22・20センチのトリプルを決めるもメバル釣りは凪の日に限るね。

天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り

天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り子供たちからのキス天食べ放題リクエストに応え、金沢八景・一之瀬丸からシロギス釣りに。アカクラゲも少なく、ピンギス混じりで昨年より状況はよい気がする。シロギス釣りが大の苦手のへた釣りは餌付け下手、キャスト下手、誘い下手で船の近くにいるはずのシロギスを上手く釣れない。

愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻

愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻沖の瀬~洲崎沖を攻める遠征ウィリー五目のことを高級魚混じりでクーラー満タンが狙えると紹介していたがやめる。前半は仕掛けの工夫が裏目に出てしまいさっぱり魚信を出せず。オキメバルの煮付けはおあずけになりそうな雰囲気だった。ラスト間近のフォースでなんとか帳尻を合わせる。

天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた

天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた雨は降っても午後からで雨が降るまで風は強まらず凪、最高気温は21度という予報だったはずなのだが、9時には雨が降り出し風も吹き始める。十分な防寒をしていなかったので体感だと真冬の釣りよりも悪条件。「竿を置くな、置いたらホゲるぞ」と自分を励まし、良型クロムツ2匹ゲット。

巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった

巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった初島沖のカイワリのお邪魔虫といえばまずはサバ、お次はイナダ、ウルメイワシにハチビキの幼魚が定番だが、本日は巨大アジがコマセに突っ込んできてカイワリを追い散らしてしまい、全く釣りにならず。船長はそうなると予想していたのか、まずは漁礁でお土産確保してから初島沖へ。