味噌漬け食える! 45センチありでアマダイ6匹ゲットだぜ♪

味噌漬け食える! 45センチありでアマダイ6匹ゲットだぜ頭の中はアマダイの味噌漬け一色だったりした。そういう邪念を抱いて釣りに臨むと、多くの場合がっかりな結果に終わるのだが、アマダイに関しては裏切られなかった。最大45センチ混じりで平均35センチが6匹。飽きるまで味噌漬けを食い続けられる量をゲットした。アマダイ…大好き♪

味噌漬け食える! 45センチありでアマダイ6匹ゲットだぜ羽田・かみやからアマダイ船。通常乗合からリクエスト乗合に変わってしまったので、今日を逃すと、アマダイの味噌漬けが遠のいてしまう。天気予報を確認もせず、1週間も前から予約して気合だけは入っていた。刺さり抜群チヌRで仕掛けを作りニンニクアミノ酸パワーを添加する「オキアミ職人」を用意して、9月以来久々のアマダイ。不思議とアマダイ釣りではボウズを食らったことがないので、なんとかなるだろ、なんとかなるはず、なんとかなってくれ~と、船は久里浜(剣崎?)沖へと約1時間の航路。
味噌漬け食える! 45センチありでアマダイ6匹ゲットだぜ味噌漬け食える! 45センチありでアマダイ6匹ゲットだぜ

■ウネリで船グラグラ。早くアマダイ釣れないと船酔いでマグロ化しそう

味噌漬け食える! 45センチありでアマダイ6匹ゲットだぜ観音崎を越えた辺りから船が海面を叩くようになってきた。昨日までの強風でウネリは残っているだろうと覚悟はしてきたが、想像していたより海は悪い。海が悪いと…へた釣りは酔う。船が減速したころには胸に酸っぱいものが込み上げてきていた。早くアマダイの顔を見てテンションを上げないとマグロ化しそうな感じ。水深は90メートル弱。船は止まってもグラグラしている。仕掛け投入。着底して底をトントンして鋭くしゃくった瞬間に竿先がグンとしなる。巻き上げ始めると間欠的に引くし重さもある。一投目からアマダイと疑ってなかったのだが…アマダイ特有のあと20~30メートルでひと暴れがない。上がってきたのはエイ。尻尾が短いのでツバクロエイだと思う。それでも一投目から魚の引きを味わえたのでちょっぴり船酔いが治まる。

味噌漬け食える! 45センチありでアマダイ6匹ゲットだぜその後しばらく沈黙。アマダイだけでなくゲストの魚信もない。マメにタナを取り直していると、船の揺れによる上下に加えてひょっとしたら50号の錘が底から吹きあがってタナボケしてる?と気付く。丁寧に底をトレースしてビュンとオキアミが跳ねるように誘い続けるとようやくトラギスが釣れるようになる。底から30センチ以上錘が離れないように粘り続けていると、9時40分にようやくアマダイ!! 30センチを少し切るサイズだが念願の味噌漬けキープ!!

■ベタ底キープで底トントン&ビュンが大ハマりして順調、快調、好調

味噌漬け食える! 45センチありでアマダイ6匹ゲットだぜ本日の方針はタナは底30センチ以下に決め打ち。底をトントンと5回くらい小突いてビュンと竿を煽るという誘いを繰り返すと、この誘いがどうやらハマったらしく、10時少し前に2匹目ゲット。サイズアップし38センチだったので、引きもまずまず楽しめた。アマダイ釣りは魚信を出せるその日のパターンを掴んでしまえば難しく考えなくても釣れる。10時半にもう1匹追加し開始2時間で3匹目。これも35センチくらいあったので、この時点で味噌漬け食いたいという夢はかなった。
味噌漬け食える! 45センチありでアマダイ6匹ゲットだぜ味噌漬け食える! 45センチありでアマダイ6匹ゲットだぜ

味噌漬け食える! 45センチありでアマダイ6匹ゲットだぜH林達人から「ちょっとは遠慮してくんないと、俺のとこまで魚が来ない」と言われる。「んじゃ、遠慮して釣ります」と答えておいたが、当然だけど遠慮する気は全くない。アマダイの自己記録は4匹なので、あと2匹なら記録更新間違いなし!! こういうときはあっけなく記録更新できちゃうのである。ウネリも収まり釣りやすくもなってきていた。11時10分に1匹追加。その後ちょっと間が空くが12時少し前にさらにもう1匹追加しお昼を前にして自己記録更新。しかもサイズもまずまず。リリースしたいけど死んじゃうから止むなくキープサイズは1匹もいない。味噌漬けだけでなくお刺身酒蒸しも食べられる♪
味噌漬け食える! 45センチありでアマダイ6匹ゲットだぜ味噌漬け食える! 45センチありでアマダイ6匹ゲットだぜ

■潮止まりでしばし沈黙するも終了5分前に自己最大の45センチゲット

味噌漬け食える! 45センチありでアマダイ6匹ゲットだぜ正午を過ぎると潮止まりの時間になったのか、アマダイは釣れずにそれまでほとんど釣れなかったゲストばかりが釣れてくるようになる。キダイにアカボラ、ヒメにトラギス。ほかにも針掛かりしないような小さな魚信だけが連発し、オキアミだけ取られているようなことも……。潮が緩んだのでタナを少し上げてみたり、ガン玉を5Bにして仕掛けを張ってみたりといろいろ工夫してみたのだが、アマダイは追加できずに時間が過ぎていく。
味噌漬け食える! 45センチありでアマダイ6匹ゲットだぜ味噌漬け食える! 45センチありでアマダイ6匹ゲットだぜ味噌漬け食える! 45センチありでアマダイ6匹ゲットだぜ

味噌漬け食える! 45センチありでアマダイ6匹ゲットだぜ船長から次の1回で沖上がりというアナウンスがあり、自己記録更新したし5匹で十分と納得していると、竿先がグッと抑え込まれるような魚信。竿を持ち上げると大きくしなったまま。根掛かり?と思い、リールを巻いてみると巻けるし、竿先を大きく引き込むいい手ごたえ。もしアマダイだったとしたら今まで釣った中で一番大きいかも。あと30メートルくらいになってひと暴れしてくれたので間違いなくアマダイ。「タモ~~~」と叫びながらおよそ100メートル手巻きで巻いて取り込んだのは、45センチのへた釣り史上最大のアマダイ味噌漬けお刺身酒蒸し……ほかにどうやって食べよう。
味噌漬け食える! 45センチありでアマダイ6匹ゲットだぜ味噌漬け食える! 45センチありでアマダイ6匹ゲットだぜ



Twitter

2013年12月21日 20:15

« 今週末は久々の3連休2釣行♪ アマダイ&カワハギだぁ~!! | メイン | 浮かれ気分でアマダイ釣りはこれでいいかも?なメモを書く »

最近の釣りに行った記事

105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし
八景沖で小中アジほぼ入れ食い。アカクラゲさえいなければ
アカクラゲ大っ嫌い! アジもキスも目標未達でしょぼ~ん
強風の間隙縫って午前メバル。煮付け4匹含む19匹で満足
キントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果に
キントキ、尺イサキ込みクーラー六分で沖の瀬ウィリー堪能
春の海に癒し求め午前メバル・午後アジでひねもすリレー♪
3年ぶり3戦目で3匹。一ノ瀬丸マゴチ童貞の呪縛から解放♥
アジへた女王はまさかまさかの…妻1号。アジうま女王は…?
でっぷりアラフォーアマダイ込み4匹釣って俺、ピカチュー?
イカも二度目なら少しは上手に…? ツ抜けはしたが敗北感
潮めちゃ速でどうにもならず良型オニカサゴ?バラしため息
掛からんバレる…キンメに続いてクロムツにも嫌われたかも
きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ
初釣り2021は東京湾癒しのアジ&シロギス。胴突き面白い
釣り納め2020はアマダイ改めコレジャナイ十目釣りでチ~ン
チャンスタイムは根掛かりで…白間津シマアジまたもボウズ
久しぶりの宇佐美沖はカイワリ9匹込みで五目15匹と満足♪
ヤリイカデビュー戦ツ抜けに届かずも面白いのは分かった
どったんばったん大撃沈しホルモンまさるでがっつり反省会
ちょい時化でも妻はマグロ化せず良型アジ13匹と急成長?
タチウオはポンコツだけど頑張って9匹。アマダイはちっちゃ!!
一枚足らず…2020年のカワハギ開幕戦は竹岡ハギ屋敷?
高級魚は運次第? 本日の釣魚居酒屋へたはアジ専門店
カンパチガチャはハズレ! カイワリ2匹でなんとかなったぁ!!
テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!
居酒屋へたのお通しは小アジ南蛮漬け。それ食ったら寝る
雨中の筋トレのご褒美はラスト15分に30upクロムツを2匹だ
暑さ避けさくっと午前アジ作戦。サイズいろいろ39匹で成功
カイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼり
極鋭CGクロムツの章入魂。スミヤキ元気すぎて難しかった!!
2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続ける
ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹

著者: へた釣り