あべなぎさかわいいなぁ~。TKBの結果なんてどうでもいい

あべなぎさかわいいなぁ~。TKBの結果なんてどうでもいいTKB52の楽しみといえばあべなぎさに会えること。申し込む時点ではあべなぎさが乗船する船は発表されてないので、会えるかどうかは運任せ。TKB予選で喉から手が出るほどほしい尺ハギよりもレアである。去年に続き、今年もあべなぎさに会えた。予選の結果なんて……どうでもいい!!

あべなぎさかわいいなぁ~。TKBの結果なんてどうでもいいTKB52予選の第1戦目。10月に入ればどう足掻いても勝ち目のないDKO決勝クラスの名人さんたちは勝ち抜けているだろうと考えていたのだが、甘かった。南六郷・ミナミで受付を済ませて、乗船場所に行ってみると、カワハギ師匠を発見。カワハギ師匠の横には……2011年DKOチャンピオンのK泉名人アサリの剥き身汁で顔洗って出直せ3人衆の1人w)。ほかにもDKO決勝級の名人さんたちが何人か現れて、釣りを始める前に、あ~あ、予選突破の6人はほぼ確定?な感じに。あべなぎさがスタッフ兼選手として乗船すると聞いて、本日の目標はあべなぎさを見るに変更w

■12時までカワハギゼロで今日はもういいかなぁ~っと諦めモード

あべなぎさかわいいなぁ~。TKBの結果なんてどうでもいい席は右舷の後ろから3番目。潮先は左舷の舳方向なので、よろしくない。数少ない魚を取り合うことになるのに、右横はカワハギ師匠、さらに大艫にはK泉名人。何かの罠?としか思えない席の並びだったりした。船は1時間ほどかけて竹岡沖へ。思っていたほど海は荒れておらず、風も5メートルくらいと心地よい。ただし、カワハギの活性は……例によってあまりよろしくない。9時20分に釣り開始したのだが、ベラとトラギスしか釣れない。唯一、もしかしてと期待できる竿先を叩く魚信の主はサバフグだった。
あべなぎさかわいいなぁ~。TKBの結果なんてどうでもいいあべなぎさかわいいなぁ~。TKBの結果なんてどうでもいい

あべなぎさかわいいなぁ~。TKBの結果なんてどうでもいい早掛け賞などもあったようだが、カスリもしない。11時くらいに途中経過の確認ってことであべなぎさが釣果を聞きに来てくれたが、バケツは空っぽ。この時点で20人中4人は3枚釣ってリミットメイクできていたようだ。12時になって、ようやくカワハギらしき魚信。手ごたえも悪くない。カワハギ師匠にタモですくっていただいた1匹目のカワハギは24.9センチと本日最大。あべなぎさに会えたことだし、今日はもういいやと諦めかけてた心がようやく奮い立つ。

■気合を入れて2時間で4匹釣るも……1センチ差で予選通過を逃した

あべなぎさかわいいなぁ~。TKBの結果なんてどうでもいいTKB予選の通過の目安は3匹合計長で65センチ以上。70センチあれば通過確実。あと25センチと20センチ級が釣れれば予選突破が見えてくる。次の1匹を釣るのに1時間かかってしまいサイズも15センチと足りない。その次は30分後で18.7センチ。沖上がり1時間前になんとかリミットメイクの3匹をそろえることができた。ただし、3匹の合計長は58.6センチ。これでは絶対に足りない。船は竹岡沖から北上し大貫周辺のポイントに移動する。
あべなぎさかわいいなぁ~。TKBの結果なんてどうでもいいあべなぎさかわいいなぁ~。TKBの結果なんてどうでもいい

あべなぎさかわいいなぁ~。TKBの結果なんてどうでもいい最後のポイントは船長いわく「前回の予選で30センチ超えが2枚出たポイント」。15センチのを30センチに置き換えられれば、合計長73.6センチになり予選突破できる。竿先に集中。良型狙いで誘いすぎずトラギスの餌食にならないように神経を使って… キタ──ヽ('∀')ノ──!! 魚信の出方はよかったのだが、巻き上げ中の抵抗が弱い。「叩けぇ~」と無駄な気合を入れてみたものの、竿先を叩く引きにはならない。特大メゴチだった。もう一度、今度こそキタ──ヽ('∀')ノ──!! 竿先もカンカンと引き込む。尺なら予選突破確実。25センチでも予選通過を十分狙える。上がってきたのは、22.3センチ。う~~ん微妙。
あべなぎさかわいいなぁ~。TKBの結果なんてどうでもいいあべなぎさかわいいなぁ~。TKBの結果なんてどうでもいい

あべなぎさかわいいなぁ~。TKBの結果なんてどうでもいいというわけで検量してもらったのは、24.9センチ、22.3センチ、18.7センチの3枚で、合計長は65.9センチ。25センチ以上のカワハギが船中何枚か上がっているのは分かっていたので、その人たちがほかにまずまずサイズを持っているかどうか次第。桟橋に降りての表彰式。1位から順に呼ばれていく。1~3位は70センチ超え。6位は…66.×センチ。1センチ以下の差で予選通過ならず。帽子2つめ決定だが、へた釣り家の場合、子供2号が帽子コレクターなのでOK。
あべなぎさかわいいなぁ~。TKBの結果なんてどうでもいいあべなぎさかわいいなぁ~。TKBの結果なんてどうでもいい



Twitter

2014年10月04日 20:40

« まさかまさかのアサリ売り切れ。仕方ないので冷凍ハギポン | メイン | カワハギ2014のテーマは自分に合う仕掛け探しになりそうだ »

最近の釣りに行った記事

釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ
ウィリーもカブラも無視するカイワリなんて大嫌いだぁあ
予想以上の時化に軽く船酔いげんなりしつつクロムツ6匹
尺には遠いが長井沖で人生初のイワシでメバルをゲット♥
猿アジ冬のトリプルまつり開催中でアジフライ半年分57匹♪
魚信を出せず心荒む展開も熟アマダイ(45)に慰められる
電車故障・潮超速・偏光グラス破損…ハードラックな1日

著者: へた釣り