フィッシングショー2014で得た気になる商品の情報+αまとめ

フィッシングショー2014で得た気になる商品の情報+αまとめ年に一度の釣りの祭典、国際フィッシングショー2014に妻1号、子供1号&2号と突撃。釣り具に囲まれていればし~あ~わ~せ~♪というある種のフェチ嗜好を持つ身にしてみれば、その場にいられるだけでもう満足。せっかくの機会なのでメーカーの担当者に+αの情報を聞いてきた。

フィッシングショー2014で得た気になる商品の情報+αまとめネズミランドに行くと言っていたはずの子供1号が前夜になって突然、「やっぱりフィッシングショーに行く」と言いだす。多感な時期の女子のことなので、理由を問いただすのは面倒だ。「それじゃ明日は7時起床ね」とだけ伝えておく。パシフィコ横浜には開場30分前の9時半に到着した。昨年は朝一ダッシュで大阪のおばちゃん作戦なんて無謀な目論見を抱いていたが、今年はのんびりしたもの。入場待ちの行列がどんなに長くても10時までには入場できるよねと気にもならない。

■バルケッタCI4+は水洗いして壊れるまで使うが正解? 鬼の竿は迷走

フィッシングショー2014で得た気になる商品の情報+αまとめ見たいものから見て回るが今年の方針だ。子供向けイベントの予約やノベルティ集めに走る妻1号や子供たちと別れてまず向かった先はシマノブース。お目当ては購入を検討しているというか、間違いなく買うバルケッタCI4+を触りに行くこと。リールの新製品コーナーにではなく電動リールコーナーの横に置かれていた。手に取った瞬間の感想は、わざわざ書く必要もないだろうが、「軽っ!!」。パーミングもしやすいし、ボタンが小さくなったクィックラッチの操作もへた釣りの手の大きさなら全く問題はない。

フィッシングショー2014で得た気になる商品の情報+αまとめ想像通りのクオリティにやっぱり買おうと決心したのだが、カウンター付きでスプールを取り外せないリールのメンテナンスに自信がないという問題が。そのあたりのことを展示員にぶつけてみたところ。「使用後にしっかり水洗いをして、1年に一度、できれば半年に一度点検に出す」のがお勧めだという。点検だけなら3000円ででき、問題のありそうな箇所を報告してもらえるので故障リスクは劇的に減らせるそうだ。あるいは、壊れるまで使って壊れた時点の新製品と比較して修理する価値があるかを判断するかってことみたいだ。水洗いをしっかりして、できるだけ延命して壊れるまで使うというのが正解かな?

フィッシングショー2014で得た気になる商品の情報+αまとめシマノの新製品でもう1つ気になっていたのがオニカサゴ用に購入を検討しているライトゲームBB TYPE82 H190。「東京湾で120号の錘を使ったオニカサゴ釣りにどうですか?」と聞いてみた。展示担当者によれば「この竿は100号の錘を使ったタチウオ釣りを意識した設計。120号のオニカサゴなら十分に使える」とのこと。使えるけどベストではないというニュアンスを感じたので、「それなら値段を無視してシマノの竿でオニカサゴにベストな物はどれか?」と問うてみる。「オニカサゴにチューニングされた竿をシマノは出していないので、釣り方次第」との回答。その釣り方が定まってないので……これ以上質問を重ねることができなかった。ライトゲームBB TYPE82 H190の購入は保留することに。

■DKOチャンプすげぇ、AGSすげぇ、マグシールドベアリング超すげぇ

フィッシングショー2014で得た気になる商品の情報+αまとめシマノブースの次は当然、ダイワに。持っている釣り具の多さはシマノ>ダイワ>がまかつなので、見たいものから見て回るという方針に沿えば順当なルートなのだが、今年はダイワブースで行われる、カワハギミーティングというトークイベントを拝聴しにいくという目的も。うるさいくらい順位をアピールされていたので、その通りに書くと、ダイワカワハギオープン(DKO)2013第3位の宮澤幸則が司会で、2013チャンオンの堀江晴夫と2012チャンピオンの林良一が壇上に。DKOの話が中心なので、ワッペンをいかに釣りバラさないかが話題の中心。大きいのを釣りたいへた釣りには実技的にあまり役に立つ情報はなかったが、達人さんの中の達人はこんなことまで考えて釣ってるんだなぁ~と感心だけはした。

フィッシングショー2014で得た気になる商品の情報+αまとめダイワブースで力を入れていた技術力をアピールする展示は、物欲を刺激しまくってくれた。AGSと普通のガイドを比較しての手元に伝わる魚信の感触の違いやカーボンソリッドとメタルトップの感度の違いを実感できる装置は、へた釣りの粗悪な手感度でも、これって取れる魚信の量が全く違ってくるんじゃないかと、今使っている竿を使い続けることを不安にさせるほど明快な違いを実感できた。

フィッシングショー2014で得た気になる商品の情報+αまとめマグシールドベアリングの技術展示はもっと明快。マグシールドベアリングと普通のベアリングに泥水をぶっかけ続けた結果、マグシールドベアリングはフィッシングショーOSAKA以来、一度も交換してないのに対して、通常のベアリングはザルの中に錆びた物がいっぱい。マグシールドベアリングを搭載したバルケッタCI4+が出ればメンテナンスの不安が一気に解消するのにと、あり得ない組み合わせを切望してしまう。

■ナノスムース、サクラのカワハギ竿、アミノ酸αなどの気になること

フィッシングショー2014で得た気になる商品の情報+αまとめシマノ、ダイワのお次はがまかつ。今回は竿の新製品に物欲を刺激されなかったので、ナノスムースコートの針の展示担当者に話を聞く。ナノチヌふかせはカーブを描いた短軸なのでオキアミ餌が外れにくいという説明を受けて、話は核心(へた釣りにとってはw)へ。「チヌRアマダイウィリーに使っており、ナノチヌふかせも使いたいけどどう思います?」。担当者はちょっぴり弱ったなって感じの顔になって「う~~~ん、いろいろ試してみるのがいいと思います」と、ナノチヌふかせの試供品をくれた。買う前にこれで試した方が…ってこと?

フィッシングショー2014で得た気になる商品の情報+αまとめホソ・カル・ピン 金剛 激 カワハギ竿 雅とテレフィック カワハギ竿178を触りにサクラ高級竿のブースに行くと、ちょうどカワハギ達人の後藤利宏と鈴木孝が竿の説明をしていた。雅は竿の調子などをチューニングできるわけでなく装飾ができるというだけの物。テレフィックは「7:3強という竿」であるという。7:3強と言われてもよく分からないので、話を聞いてみる。テレフィックは柔らかめの竿なので底釣り用だと認識していたのだが、鈴木孝の説明によれば「底釣りに適しているのはむしろ金剛 激 カワハギ。テレフィックは宙釣り用の竿」ってことらしい。穂先が軟らかいから底用って認識は間違いみたいだ。

フィッシングショー2014で得た気になる商品の情報+αまとめアミノ酸αの展示担当者にも話を聞く(というか妙な絡み方をする)。当然だけど「どんな種類のアミノ酸が入っているかは企業秘密」だった。アミノ酸αは多くの魚が好む最大公約数的なアミノ酸を配合したもので、「チヌにはこれ、グレにはこれ、など特定魚種に絞り込んだアミノ酸添加剤がある場合は、そちらの方が効果が大きい」とのこと。カワハギ職人の場合は? カワハギ職人はアサリを締めるのが主目的でアミノ酸αを添加してからカワハギ職人で好みの硬さに締めるという具合に併用するといいそうだ。来シーズンもカワハギに特化しているつもりのハギポンを合成することになりそうだ。



Twitter

2014年03月21日 22:41

« かみやでもらったメバル竿が曲がりすぎて不安になったよ | メイン | 今年も大阪のおばちゃん!? フィッシングショー2014の戦果♪ »

最近の釣りに行った記事

釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ
ウィリーもカブラも無視するカイワリなんて大嫌いだぁあ
予想以上の時化に軽く船酔いげんなりしつつクロムツ6匹
尺には遠いが長井沖で人生初のイワシでメバルをゲット♥
猿アジ冬のトリプルまつり開催中でアジフライ半年分57匹♪
魚信を出せず心荒む展開も熟アマダイ(45)に慰められる
電車故障・潮超速・偏光グラス破損…ハードラックな1日

著者: へた釣り