紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい

紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい2017年の初釣り東京湾での初釣りが思うようにいかず、羽田・かみやからの初釣りなんてこじつけもいいところではあるが、三度目の初釣りにしてようやくそれなりの釣果を得られた。タチアマリレーで紅(アマダイ)白(タチウオ)をそろえる。サイズ的には不満も残るが贅沢は言わないよ。

紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい天候が悪かったり釣り物の折り合いが悪いなどとなにかとスケジュールが合わず、1月の最終週になって、2017年初のかみやからの釣行。ライト深場にするかタチアマリレーにするかで悩んだが、三度目の初釣りまで失敗は避けたいので苦手な深場は回避してタチアマリレーにする。片舷7人ずつの14人でまずはアマダイを狙って富浦沖へ。午前中はやや強めの風が残るという予想通り、観音崎を超えたあたりから海が悪くなったが、先週の爆時化に比べてばなんてことはない。

■50センチ刻みでタナを探りアマダイ2匹、イトヨリ2匹、ポニョ1匹

紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい富浦沖の水深80メートルくらいのポイントから釣り開始。少しウネリがあったのでオモリが着底したらまずは小突いて底から50センチ刻みで誘い上げるという釣り方に。4回誘ったら底立ちを取り直す。最初の魚信は底立ちを取り直した直後にあった。ゴツゴツという感じの魚信でアマダイぽっくはない。竿を持ち上げてアワセると重量感はないが間欠的に引く。20センチくらいのオニカサゴだった。25センチ以下はリリースルールに従って海にお帰りいただく。次の魚信もすぐにある。今後はアマダイっぽかったし、サイズもまずまずだと疑ってやまなかったがソコイトヨリでがっかり。続いて…特大のヒメ。魚信は頻繁にあって楽しいのだが肝心のアマダイが釣れない。
紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい

紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だいソコイトヨリが釣れたってことはタナの探り方は合っているんだろうと、辛抱強く底から2メートルを50センチ刻みで探っていく。釣り始めて1時間くらい経過した10時20分にトラギス?な魚信がある。でも巻き上げ出すとトラギスにしては引く。途中であ~あと気付いたが針掛かりした魚を巻き上げ中にわざとバラしてリリースする技は持ってない。15センチくらいのポニョアマダイ。内臓が飛び出ていたのでやむなくキープ。ところでポニョの横にある謎の物体Xはなんなんだろう? 一応口らしき部分に針掛かりして上がってきた。
紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい

紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だいポニョの20分後にやっと竿先をグンと引き込むアマダイらしい魚信が訪れる。重量感はないのでサイズはそこそこだが、引きが強いのでポニョサイズではない。これが本日最大の35センチ弱のアマダイだった。リレーの本命の1つを手にしてようやくホッと一息。25センチの松笠揚げ級をもう1匹追加する。タチウオへの切り替えの直前にもう一度そこそこサイズのアマダイ?という魚信があったが、またもソコイトヨリでリレー前半のアマダイ釣りは終了。
紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい

■200メートルの超ディープタチウオはダイエット効果抜群かもね

紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい12時にタチウオのポイントに移動し始めたのだが、しゃちょう船長から恐ろしいアナウンスが「タチウオは200メートルのポイントで糸が足りないって人はいます?」。150メートルくらいまでは何度か経験があるが200メートルは初めて。フォースマスター400ではラインの量が微妙な上にオマツリ時にラインが痛みそうなのでフォースマスター1000MKにリールを替える。久里浜沖にできていたタチウオ船団の端に合流して釣り開始。指示ダナは「底から10メートル切ってそこから上20メートルを探って」。190メートルから170メートルくらいに反応があるようだ。オモリ80号とはいえ水深200メートルで休まずにシャクルのはなかなかにハードな筋トレだ。でもシャクらないと魚信がだせないので頑張ってシャクる。
紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい

紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい深場のタチウオは警戒心が薄いので、魚信さえ出せれば針掛かりは素直なことが多いのだが、タチウオのサイズが指3本までと小さかったせいもあるのか、エサを齧られておしまいということもしばしば。それでも掛かるヤツは素直に掛かってくれるのでポツ~ン、ポツ~ンとは拾っていける。14時45分の沖上がりまでにタチウオは5匹。ドラゴンとまではいかないにしても大物がいるかもと2/0の針で挑んだのにサイズは指3本ばかり。休みなく竿を動かすことになるので超ディープタチウオダイエット効果抜群かも。
紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい



Twitter

2017年01月28日 19:53

« なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ | メイン | アマダイ特餌はオキアミ強化? ホタルイカ? アオマム? »

最近の釣りに行った記事

5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!

著者: へた釣り