紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい

紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい2017年の初釣り東京湾での初釣りが思うようにいかず、羽田・かみやからの初釣りなんてこじつけもいいところではあるが、三度目の初釣りにしてようやくそれなりの釣果を得られた。タチアマリレーで紅(アマダイ)白(タチウオ)をそろえる。サイズ的には不満も残るが贅沢は言わないよ。

紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい天候が悪かったり釣り物の折り合いが悪いなどとなにかとスケジュールが合わず、1月の最終週になって、2017年初のかみやからの釣行。ライト深場にするかタチアマリレーにするかで悩んだが、三度目の初釣りまで失敗は避けたいので苦手な深場は回避してタチアマリレーにする。片舷7人ずつの14人でまずはアマダイを狙って富浦沖へ。午前中はやや強めの風が残るという予想通り、観音崎を超えたあたりから海が悪くなったが、先週の爆時化に比べてばなんてことはない。

■50センチ刻みでタナを探りアマダイ2匹、イトヨリ2匹、ポニョ1匹

紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい富浦沖の水深80メートルくらいのポイントから釣り開始。少しウネリがあったのでオモリが着底したらまずは小突いて底から50センチ刻みで誘い上げるという釣り方に。4回誘ったら底立ちを取り直す。最初の魚信は底立ちを取り直した直後にあった。ゴツゴツという感じの魚信でアマダイぽっくはない。竿を持ち上げてアワセると重量感はないが間欠的に引く。20センチくらいのオニカサゴだった。25センチ以下はリリースルールに従って海にお帰りいただく。次の魚信もすぐにある。今後はアマダイっぽかったし、サイズもまずまずだと疑ってやまなかったがソコイトヨリでがっかり。続いて…特大のヒメ。魚信は頻繁にあって楽しいのだが肝心のアマダイが釣れない。
紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい

紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だいソコイトヨリが釣れたってことはタナの探り方は合っているんだろうと、辛抱強く底から2メートルを50センチ刻みで探っていく。釣り始めて1時間くらい経過した10時20分にトラギス?な魚信がある。でも巻き上げ出すとトラギスにしては引く。途中であ~あと気付いたが針掛かりした魚を巻き上げ中にわざとバラしてリリースする技は持ってない。15センチくらいのポニョアマダイ。内臓が飛び出ていたのでやむなくキープ。ところでポニョの横にある謎の物体Xはなんなんだろう? 一応口らしき部分に針掛かりして上がってきた。
紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい

紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だいポニョの20分後にやっと竿先をグンと引き込むアマダイらしい魚信が訪れる。重量感はないのでサイズはそこそこだが、引きが強いのでポニョサイズではない。これが本日最大の35センチ弱のアマダイだった。リレーの本命の1つを手にしてようやくホッと一息。25センチの松笠揚げ級をもう1匹追加する。タチウオへの切り替えの直前にもう一度そこそこサイズのアマダイ?という魚信があったが、またもソコイトヨリでリレー前半のアマダイ釣りは終了。
紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい

■200メートルの超ディープタチウオはダイエット効果抜群かもね

紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい12時にタチウオのポイントに移動し始めたのだが、しゃちょう船長から恐ろしいアナウンスが「タチウオは200メートルのポイントで糸が足りないって人はいます?」。150メートルくらいまでは何度か経験があるが200メートルは初めて。フォースマスター400ではラインの量が微妙な上にオマツリ時にラインが痛みそうなのでフォースマスター1000MKにリールを替える。久里浜沖にできていたタチウオ船団の端に合流して釣り開始。指示ダナは「底から10メートル切ってそこから上20メートルを探って」。190メートルから170メートルくらいに反応があるようだ。オモリ80号とはいえ水深200メートルで休まずにシャクルのはなかなかにハードな筋トレだ。でもシャクらないと魚信がだせないので頑張ってシャクる。
紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい

紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい深場のタチウオは警戒心が薄いので、魚信さえ出せれば針掛かりは素直なことが多いのだが、タチウオのサイズが指3本までと小さかったせいもあるのか、エサを齧られておしまいということもしばしば。それでも掛かるヤツは素直に掛かってくれるのでポツ~ン、ポツ~ンとは拾っていける。14時45分の沖上がりまでにタチウオは5匹。ドラゴンとまではいかないにしても大物がいるかもと2/0の針で挑んだのにサイズは指3本ばかり。休みなく竿を動かすことになるので超ディープタチウオダイエット効果抜群かも。
紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい



Twitter

2017年01月28日 19:53

« なぜアマダイに愛されないのか? ウジウジと悩んでみたよ | メイン | アマダイ特餌はオキアミ強化? ホタルイカ? アオマム? »

最近の釣りに行った記事

あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし

著者: へた釣り