貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて

貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて大漁を疑ってなかったというほどに腕に自信はない。でも、宇佐美までプチ遠征し大好きなウィリーをシャクればそれなり以上の釣果を出して初釣りは成功できると思っていた。それなりでよかったのに、それなりの釣果が果てしなく遠かった。カイワリ2匹いるから初釣り成功ってことにしといて。

貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて宇佐美・治久丸からカイワリ五目の午後船で2017年の釣りをスタートさせた。宇佐美港に11時半までに着けばいいので、のんびり釣行。品川駅を8時前に出る東海道線に乗れば余裕を持って間に合う。年末に予定していた釣り納めが悪天候で流れたので2週間ぶりの海だ。宇佐美駅に降り立ち、海が見えただけでテンション↑↑↑↑↑である。軽く食事をし、港で海中を眺めていると海底で蠢くヘビのような物が……2メートルはあろうかというハモ? それともウミヘビ? 更には巨大なアカエイまで。珍しい物が見られるということは海の様子がいつもと違う可能性がある。なんだか嫌な予感。片舷4人ずつの8人で定刻に船は港を離れる。
貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて

■ウェルカム・カイワリをゲットし好発進だと思ったのに……それっきり

貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといてこの時期のカイワリはホテルサンハトヤの沖合いにある噴火口と呼ばれる水深90メートルくらいのポイントで釣られる。マダイが混じることもあるポイントだ。船長からの指示は「底からハリス分切って12メートルまでシャクって。タナで待つ人は8メートルで」だった。こういう指示のときは3メートルから50センチ刻みでシャクって10シャクリめ、指示ダナである底から8メートルで魚信が出ることが多い。カイワリ狙いなのでスティ0の高速シャクリでスタート。魚信なし。もう一度底から3メートルまで落としてスティ1秒。といった具合に魚信が出るシャクリの速度を探っていく。スティ1秒で魚信が出た。シャクった直後にクンッと穂先を持って行くカイワリらしい魚信。重量感はないが引きはシャープ。20センチくらいのカイワリだった。オレンジのウィリーに食ってきていた。ウィリーに反応してくれてるから今日はイケるかもぉ~。
貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて

貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといてウェルカム・カイワリを手にして初釣りでボウズだけは避けたいというプレッシャーからは解放される。次の魚信もすぐに訪れた。スティ2秒のシャクリでシャクリ終えた瞬間に穂先が沈む。ちょっとだけサイズアップし22センチのカイワリ。今度は下針のオキアミに食ってきた。次の魚信もシャクった直後にすぐにあった。今度は少し重量感があり、よく引く。カイワリなら25センチ超えな手応え。もしかしたらマダイかも?とニヤニヤしながら手巻きで巻いていたらバラした。バレたってことはカイワリだった可能性が高い。あ~あとは思ったがこの時点ではシャクればいくらでも魚信があると思っていたので、あまり気にならない。

■シャクれどもシャクれども相手にされず……残りの時間で珍魚1匹

貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといてところがである。このバラシを最後に全く魚信が出せなくなる。船長の口から船上で最も聞きたくないセリフが漏れる。「反応出てるのになぁ、食ってきませんね~」。船長がお手上げの時に出る、言い訳ともボヤキともつかないこの言葉を、2017年の初戦で、しかも東京湾ではなくプチ遠征先の宇佐美で聞くことになるとは……。ポイントを大きく移動して網代寄りや初島沖を攻めたのだがどこもパッとしないどころか全く魚信がない。この間、唯一釣れたの……コショウダイの幼魚?ではなく、チョウセンバカマという珍しい魚だと教えてもらう。珍魚が釣れるってことはやっぱり海の様子がおかしいってことかな?
貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて

貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて結局噴火口に戻った。治久丸の午後便の沖上がりは17時。日が傾けばもしかして夕マヅメのチャンスタイムがあるかもと期待して最後まで諦めずにシャクリ続けたが、何も起きなかった。意地になってシャクり続けたのでいい筋トレ&ダイエットにはなったかなぁ~っと。船長に「一昨日は貸し竿の人でもバンバン釣れてたのに…へた釣りさんが来た日は本当に釣れませんね~」と言われる。へた釣りだけが釣れないのではない。カイワリは船中10匹も上がってないと思われる。



Twitter

2017年01月07日 23:01

« 餌がダメなら引っ掛けで。大カマスにはカットウ針が必携? | メイン | 初見の魚は刺身で食う。チョウセンバカマはタイに似た白身 »

最近の釣りに行った記事

釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ
ウィリーもカブラも無視するカイワリなんて大嫌いだぁあ
予想以上の時化に軽く船酔いげんなりしつつクロムツ6匹
尺には遠いが長井沖で人生初のイワシでメバルをゲット♥
猿アジ冬のトリプルまつり開催中でアジフライ半年分57匹♪
魚信を出せず心荒む展開も熟アマダイ(45)に慰められる
電車故障・潮超速・偏光グラス破損…ハードラックな1日

著者: へた釣り