イシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入る

イシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入るイシダイを釣って食べるぞチャレンジの第1戦目は金沢八景・一之瀬丸のマダイ&イナダ船で勝手に本命をイシダイに設定。深場伝説のように上手く行かずぐだぐだな長期戦になることも覚悟していたが…釣れた。それも5匹。体の半分から縞が消えている35センチ級まで。愛されてるね♪

イシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入る長ハリスを使った釣りが苦手。じっとしてられない多動性中年なので置き竿にしてタナでじっと待つなんてできない。そもそも大物運には見放されている。釣れる気はあまりしていなかった。イシダイを釣って食べるぞチャレンジの本命は腰越に遠征してのウィリーになるだろうと考えていた。なのに……なんとかなってしまった。どころか出来すぎな釣果だった。一之瀬丸のマダイ船の船長はイサキでお世話になっている瀧本船長。この船長の顔を見ると釣れる気がするのだから不思議な物である。席は左舷5人の前から2番目。

■マダイに「お前じゃない!!」。念願の初イシダイは縞が消えた良型

イシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入る船長いわく「指示ダナ+4メートル落として2メートル刻みでコマセをキビキビと振り出す」のがイシダイ狙いにはいいらしい。「いれば結構勝負が早い」そうで、多動性中年でもなんとかなりそう? 最初のポイントは久里浜沖。イシダイ狙いなのかマダイ狙いなのかは分からないが小規模な船団に合流して釣り開始。水深36メートルで仕掛けが6メートルなので、+2メートルして28メートルで勝負することに。船中すぐにイシダイが数枚釣れたとのアナウンスがあるが、へた釣りの竿は沈黙。ようやくムーチングロッドを大きくしならせる魚信があったのは釣り始めてから30分してからだった。重量感があり時々激しく抵抗してドラグが軽く滑る。さすがイシダイと思っていたら…上がってきたのは側面に青い星をちりばめたきれいなピンクの魚体。40センチくらいのマダイだった。ここで「やった!! マダイだ!」と喜ぶとイシダイが臍を曲げるのはアマダイ釣りで学習済みなので、「お前じゃない!!」とほざいておく。
イシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入るイシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入る

イシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入る次の魚信はその30分後。コマセを振り出しながらタナにビシの位置を合わせた瞬間にゴンッと穂先が海面に突き刺さった。竿を持ち上げると竿を大きくひん曲げて、グッグッという感じの引き込みをみせる。マダイの引きとは明らかに違う。引き込みは強いが重量感がない。もしかして…もしかして…と手巻きで間欠的な引き込みを楽しみながら上げてくる。水面に姿を現したのは、待望のイシダイ。体の前半分の縞が消え、口の周りは真っ黒。シマダイ呼ばわりされずにすむ威風堂々とした風格の魚体だ。40センチを少し切るくらいのサイズだった。お刺身サイズのイシダイをゲットするというミッションを釣り開始1時間で拍子抜けするほどあっさりと達成してしまう。その後餌取りの多さに苦戦するが、25センチくらいの縞々くっきりのかわいいシマダイサイズを追加。
イシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入るイシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入る

■剣崎沖で本日のお刺身ゲット。久里浜に戻りイシダイを立て続けに

イシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入る餌取りが多く(カワハギやウマヅラハギだったと思われる)タナで待つことができないことに焦れた船長は剣崎沖への移動を決断する。15分ほど南下し、タナの指示は50メートル。釣り方は同じで54メートル落として2メートル刻みにコマセを振り出し、タナで待つ。剣崎だからイサキが釣れるのかな?と期待したが、魚信どころか餌が取られない時間帯が続き、ようやくマダイを1匹ゲット。最初に釣った物より少し小ぶりで35センチ以上40センチ未満って感じ。周りではイナダが釣れ始めたのだが……なぜかへた釣りの竿には魚信らない。タナで待つ時間を長くしてみると、やっと穂先が曲がってくれる。その日の晩に食べられる夕ご飯用のお刺身ゲットである。イナダとは相性が悪いらしく、剣崎沖での魚信はそれっきり。
イシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入るイシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入る

イシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入る沖上がりの1時間前、14時にもう一度久里浜沖に戻った。指示ダナは朝と同じ28メートルくらい。「いれば勝負が早い」イシダイ釣りを体験できた。コマセを振り出し、指示ダナにビシを合わせようとしていると竿先がギュンと引き込まれたり、フルフルという前魚信があったり。竿を動かしている流れの中で魚信があるのは釣っている感が増して楽しい。沖上がりまでの1時間でイシダイを3匹追加できた。サイズはいずれも30センチ前後だった。というわけで、へた釣り的本命のイシダイは5匹、船宿的本命のマダイ2匹&イナダ1匹をお持ち帰り。タナでじっと待つ釣りじゃなかったし、引きが強烈で楽しかったので、イシダイ食べて美味かったら、これはまた絶対に行っちゃうなぁ~www
イシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入るイシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入る



Twitter

2016年11月13日 20:19

« 明日は勝手にイシダイ本命の一之瀬丸マダイ&イナダ五目 | メイン | マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪ »

最近の釣りに行った記事

血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか

著者: へた釣り