イシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入る

イシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入るイシダイを釣って食べるぞチャレンジの第1戦目は金沢八景・一之瀬丸のマダイ&イナダ船で勝手に本命をイシダイに設定。深場伝説のように上手く行かずぐだぐだな長期戦になることも覚悟していたが…釣れた。それも5匹。体の半分から縞が消えている35センチ級まで。愛されてるね♪

イシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入る長ハリスを使った釣りが苦手。じっとしてられない多動性中年なので置き竿にしてタナでじっと待つなんてできない。そもそも大物運には見放されている。釣れる気はあまりしていなかった。イシダイを釣って食べるぞチャレンジの本命は腰越に遠征してのウィリーになるだろうと考えていた。なのに……なんとかなってしまった。どころか出来すぎな釣果だった。一之瀬丸のマダイ船の船長はイサキでお世話になっている瀧本船長。この船長の顔を見ると釣れる気がするのだから不思議な物である。席は左舷5人の前から2番目。

■マダイに「お前じゃない!!」。念願の初イシダイは縞が消えた良型

イシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入る船長いわく「指示ダナ+4メートル落として2メートル刻みでコマセをキビキビと振り出す」のがイシダイ狙いにはいいらしい。「いれば結構勝負が早い」そうで、多動性中年でもなんとかなりそう? 最初のポイントは久里浜沖。イシダイ狙いなのかマダイ狙いなのかは分からないが小規模な船団に合流して釣り開始。水深36メートルで仕掛けが6メートルなので、+2メートルして28メートルで勝負することに。船中すぐにイシダイが数枚釣れたとのアナウンスがあるが、へた釣りの竿は沈黙。ようやくムーチングロッドを大きくしならせる魚信があったのは釣り始めてから30分してからだった。重量感があり時々激しく抵抗してドラグが軽く滑る。さすがイシダイと思っていたら…上がってきたのは側面に青い星をちりばめたきれいなピンクの魚体。40センチくらいのマダイだった。ここで「やった!! マダイだ!」と喜ぶとイシダイが臍を曲げるのはアマダイ釣りで学習済みなので、「お前じゃない!!」とほざいておく。
イシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入るイシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入る

イシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入る次の魚信はその30分後。コマセを振り出しながらタナにビシの位置を合わせた瞬間にゴンッと穂先が海面に突き刺さった。竿を持ち上げると竿を大きくひん曲げて、グッグッという感じの引き込みをみせる。マダイの引きとは明らかに違う。引き込みは強いが重量感がない。もしかして…もしかして…と手巻きで間欠的な引き込みを楽しみながら上げてくる。水面に姿を現したのは、待望のイシダイ。体の前半分の縞が消え、口の周りは真っ黒。シマダイ呼ばわりされずにすむ威風堂々とした風格の魚体だ。40センチを少し切るくらいのサイズだった。お刺身サイズのイシダイをゲットするというミッションを釣り開始1時間で拍子抜けするほどあっさりと達成してしまう。その後餌取りの多さに苦戦するが、25センチくらいの縞々くっきりのかわいいシマダイサイズを追加。
イシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入るイシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入る

■剣崎沖で本日のお刺身ゲット。久里浜に戻りイシダイを立て続けに

イシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入る餌取りが多く(カワハギやウマヅラハギだったと思われる)タナで待つことができないことに焦れた船長は剣崎沖への移動を決断する。15分ほど南下し、タナの指示は50メートル。釣り方は同じで54メートル落として2メートル刻みにコマセを振り出し、タナで待つ。剣崎だからイサキが釣れるのかな?と期待したが、魚信どころか餌が取られない時間帯が続き、ようやくマダイを1匹ゲット。最初に釣った物より少し小ぶりで35センチ以上40センチ未満って感じ。周りではイナダが釣れ始めたのだが……なぜかへた釣りの竿には魚信らない。タナで待つ時間を長くしてみると、やっと穂先が曲がってくれる。その日の晩に食べられる夕ご飯用のお刺身ゲットである。イナダとは相性が悪いらしく、剣崎沖での魚信はそれっきり。
イシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入るイシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入る

イシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入る沖上がりの1時間前、14時にもう一度久里浜沖に戻った。指示ダナは朝と同じ28メートルくらい。「いれば勝負が早い」イシダイ釣りを体験できた。コマセを振り出し、指示ダナにビシを合わせようとしていると竿先がギュンと引き込まれたり、フルフルという前魚信があったり。竿を動かしている流れの中で魚信があるのは釣っている感が増して楽しい。沖上がりまでの1時間でイシダイを3匹追加できた。サイズはいずれも30センチ前後だった。というわけで、へた釣り的本命のイシダイは5匹、船宿的本命のマダイ2匹&イナダ1匹をお持ち帰り。タナでじっと待つ釣りじゃなかったし、引きが強烈で楽しかったので、イシダイ食べて美味かったら、これはまた絶対に行っちゃうなぁ~www
イシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入るイシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入る



Twitter

2016年11月13日 20:19

« 明日は勝手にイシダイ本命の一之瀬丸マダイ&イナダ五目 | メイン | マダイやイナダ、ショゴも!? 勝手にイシダイ五目の備忘録♪ »

最近の釣りに行った記事

前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ
ウィリーもカブラも無視するカイワリなんて大嫌いだぁあ

著者: へた釣り