どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらない

どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらない釣況がよくないカワハギを回避し、前回ボウズを食らったアマダイのリベンジに行く。アマダイとよりを戻すつもりだったのだが……また拗ねられた。2釣行連続の本命ボウズ。原因はカイワリを釣って「アマダイよりうれしい」なんて言っちゃったから? アマダイのツンデレ化が止まらない。

どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらない一度、ストックしてあるハギポンアサリを冷凍庫から出して解凍の準備をし、羽田・かみやのサイトで予約を入れようとすると、なぜかカワハギではなくLTアマダイを予約していた。野生の勘なんて格好いいものではない。なんとなくである。釣れる気がしない竹岡沖のカワハギに行くのやだな~っと思ってたんだと思う。アサリを冷凍庫にしまってアマダイの用意をする。沖は少し風が強そうだが釣りにならないってことはないはず。アマダイからの愛を取り戻すために富浦沖へと出撃。席は左舷の胴。後ろから2番目。

■釣れないなんて思ってもない。でも…アマダイにはアが足りない

どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらないアマダイに関してはしゃちょう船長とは相性がよく何度もいい思いをさせてもらっているので、今日も釣れないかもなんて悪い予感は欠片もなかった。いつものようにオモリが着底したら底を7、8回小突いて餌をアピールし、50センチから70センチほど持ち上げて魚信を待つという釣り方でスタート。タナは釣れるゲストによって上下に調整していくつもりだが…な~んも魚信らない。艫で30センチくらいのアマダイが上がる。舳でもドン・サイ~キが小ぶりではあるが本命ゲット。おかしいな~とタナを少しずつずらしてみたが、ムシガレイが1匹釣れただけ。それでも、今日もアマダイに相手にされないとはこの時点では思ってない。

どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらないアマダイはツボにハマれば船中上位になれることもある釣り物なので慌てずにやるべきことをやっていれば……ほらっ!! きた! 竿先を大きく引きこむ魚信があり、竿を持ち上げるとなかなかの重量感。巻きあげ始めるとときどき大きく竿を引きこんで暴れる。手応え的には40センチ以下ってことはなさそうだ。ドン・サイ~キから「デカいんじゃないですか~」と声をかけていただく。でも、巻き上げ中になんだか違和感。引きの強さは間違いなく40センチ超級なのに、暴れてないときの重量感が足りない。海面に姿を現したのは…デッカいキダイ? 取りこんでみると34センチのマダイだった。アマダイ釣りでマダイを釣ったのは初めてかも。

■アマダイよりカイワリが好き。本音を言ったらアマダイがツンモード

どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらないその後も沈黙。釣れるゲストによってタナを調整したいのだが、ゲストからの魚信がほとんどなく、時間だけが過ぎて行く。お昼少し前に少し南下し水深80メートルくらいのポイントへ。この時点でキープできているのはマダイが1匹だけ。さすがにちょっと嫌な予感を覚え始めるが、小突いてフワリと竿を持ち上げた瞬間に竿先をグンッと持って行かれる。今度こそアマダイ!! 重量感はないが引きが強く、ときどき竿を送っていなさないとダメな感じだった。これまた、なんだか違和感。違和感というよりこの引きには覚えがある。海面に現れたのはひし形に輝く銀色のシルエット。カイワリだ!! 無事取り込みにも成功し、このとき思わず出た一言が「アマダイよりうれしい」。負け惜しみではない。本気でそう思っている。

どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらないマダイ、カイワリとくればあとは30センチ級1匹でいいから本命のアマダイが釣れてくれれば、大満足の釣行になる。カワハギじゃなくてアマダイにしといてよかったぁ~となるはずだった。もう一度、穂先を大きく引きこむいい魚信が訪れる。「さすがに今度はアマダイでしょ!!」と、嬉々として巻き上げ始めたのだが……重量感が足りないのに引きこみはシャープで力強い。本日2匹目のカイワリアマダイはへた釣りのことを避けているとしか思えない。

どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらない
どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらない28センチ、26センチとお刺身サイズのカイワリが2匹、食べ頃サイズで少し前に調べて食べてみたかった紅葉鯛(マダイ)が1匹。ほかはリリースしても死んじゃうのでキダイ、ソコイトヨリ、カナドを1匹ずつキープした。アマダイ釣りで一番大事なのはタナでも誘いでもなく、ツンデレ化が止まらないアマダイに一途アピールし、デレモードになってもらうことではないかとwww 次回からはカイワリが釣れても感情を押し殺して「外道かよ!!」と言うことにする。



Twitter

2016年10月15日 19:41

« DKO予選結果を見ているとカワハギを頑張る気がどんどん | メイン | 縦縞6本がイトヨリダイ。腹黒ならぬ腹黄なのがソコイトヨリ »

最近の釣りに行った記事

前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ
ウィリーもカブラも無視するカイワリなんて大嫌いだぁあ

著者: へた釣り