じっとできない多動性中年が八景アジに弄ばれて鬱積する

じっとできない多動性中年が八景アジに弄ばれて鬱積する湾フグ行っとけば…タチウオだって行けたかもとほかの魚のことばかり考えていたのだからアジにしてみれば気分が悪かろう。見事なまでの低活性で魚信少なめ、魚信はあれど食い込まず、巻き上げ中の行方不明多数で大撃沈。じっとできない多動性中年は八景アジに弄ばれて鬱積する。

じっとできない多動性中年が八景アジに弄ばれて鬱積するカワハギ師匠から湾フグのお誘いがあったのに断ってしまった。風が強くフグの微細な魚信を取れる自信がなかったからだ。朝起きて、外に出てみるとほぼ無風でこれなら湾フグどころかもっと沖に出るタチウオにだって行けたかもと詮なきことを考えてしまう。タックルを詰め換えて釣り物を急遽変更するだけの気合も時間もないのに……。金沢八景・一之瀬丸の午前LTアジへと向かう。アジならそこそこ釣れるだろうと高を括っていたらきっちりお灸を据えられた。7匹だけ……八景沖の自己ワーストだ。

■船上激混み。スティーレ100PGの幸先は……高切れ&ビシロスト

じっとできない多動性中年が八景アジに弄ばれて鬱積する先週、午前LTアジ N村達人ご夫婦が乗っていたので挨拶にいったが、その日は釣り座に余裕がありあまり混んでいる風ではなかった。今日は強風予報もあり、さらに空いているのでは?と思っていたがとんでもなかった。左舷は11人で満員御礼を通り越して釣りづらそう。釣り座は左舷の前から2番目。一之瀬丸は艫寄りから席が埋まっていく傾向があり、舳近くは電車で行っても空いている。一番前でなかったのは、一段高くなったお立ち台席にあとから人がやってきたから。アジはコマセが効きやすい胴がいいとされるが、船が混んでいるときはオマツリが怖いので四隅に近い方が有利だ。この時点では釣果に何の不安も抱いていない。目標は控えめに15匹に設定したがそれくらいはいって当たり前だと思っていた。

じっとできない多動性中年が八景アジに弄ばれて鬱積する本日のLTアジのもう1つのテーマはスティーレ100PGの入魂の儀。100XGはマゴチで入魂メバル大会で入賞をもたらしてくれた。100PGも縁起よくスタートといきたかったが、そんな期待は裏切られる。右隣の人にサバがかかる。左隣の人にもサバ。間に挟まれたへた釣りのラインは両隣の天秤に巻かれてしまい高切れ。天秤&ビシをロストと幸先悪いスタートとなった。100PGで最初に釣った1匹は超小型のカサゴ。2匹目はサバ。3匹目もサバ。4匹目でようやく……。
じっとできない多動性中年が八景アジに弄ばれて鬱積するじっとできない多動性中年が八景アジに弄ばれて鬱積する

■魚信があれど…掛からないという超苦手なパターンにトホホホホ

じっとできない多動性中年が八景アジに弄ばれて鬱積するアジの活性はよくない。あまり激しくビシを動かすと魚信がでない。ベタ底から30センチ刻みでフワフワとコマセを振りながら誘い上げてくる。5回撒いたら50センチくらいスゥーと竿を持ちあげて魚信を待つ。150センチ+50センチだからタナは200センチ(2メートル)。最後の50センチをコマセを撒かずに持ち上げるのは仕掛けの一番上の針まで天秤から80センチあるから。コマセと仕掛けが同調しているイメージはできている。魚信もある。なのに、魚信はあってもちっとも針掛かりしない。食い込むまで待ってダメ、仕掛けを張るために竿を持ちあげてダメ、鋭くアワセてダメとなす術なし。1匹目のアジを手にするまでたっぷり1時間くらいかかってしまう。その後もマメにコマセを詰め替えて振り出していたので魚信はポツポツとあるにはあるのだが……掛からない。無理やり掛けると巻き上げ中にいなくなる。

じっとできない多動性中年が八景アジに弄ばれて鬱積するアジ相手にここまで苦戦を強いられるとなんだか泣きたくなってくる。ポツンポツンとアジを拾えている人は、タナでじっと待っている。あまり竿を動かさずコマセをビシに残した状態でじっくり待った方が釣れるということは想像できたが、想像できたからといってできるとは限らない。船上でじっとしてられない人なので待つことができない。ものすごく我慢しても20秒が限界。それ以上待っていると釣っている気分を味わえないから楽しくない。最後まで修正できず(修正せず?)アジは7匹止まり。じっと待ってないと釣れない日のアジは本当に苦手だ。待った方が釣れると分かっているのにどうして待てない?と聞かれたら…多動性だから仕方がないとしか答えようがない!?



Twitter

2016年06月26日 16:54

« 雨ニハマケズ、でも風ニハカテズ。風陰の八景沖アジかな? | メイン | LTアジ仕掛けを見直す。低活性時はハリスを細く枝を長く »

最近の釣りに行った記事

あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし

著者: へた釣り