アジがイワシに、ヒラメがカマスに化けたサビキアジ泳がせ

アジがイワシに、ヒラメがカマスに化けたサビキアジ泳がせひっさびさのかみやフィッシングクラブ(KFC)の定例会。釣り物はサビキアジ泳がせリレーだったが、両方とも本命は絶不調。アジの鈴なりコイノボリのはずがカタクチイワシの入れ食いに。後半の泳がせ釣りヒラメがターゲットだったが魚信なし。イワシ餌で釣れたのはカマスだけ。

アジがイワシに、ヒラメがカマスに化けたサビキアジ泳がせサビキアジ泳がせ釣りなんてマニアックな組み合わせ、果たして人が集まるんかいな?と思っていたが、KFCが釣りマニアの巣窟だったってことを忘れてた。船上は16人で満員御礼状態。サビキアジは生まれて初めてって人がへた釣り以外にも多数いたようで、しゃちょう船長が出船前にレクチャーしてくれる。写真のアングルに他意はない。集合写真を撮った場所でレクチャーを聞いているとこんな写真になってしまった。ほぼベタ底で仕掛けの上部に付けたコマセカゴからコマセを振り出し、じっと待つ。魚信があったら追い食い狙ってしばし我慢。堤防のコマセ釣りとそう変わらないのでなんとかなりそう。

■サビキアジは活性次第? イワシが元気で泳がせ餌のコイノボリ

アジがイワシに、ヒラメがカマスに化けたサビキアジ泳がせポイントは風の塔だった。魂が抜けた江戸前LTアジ大会でも攻めたポイントでそのときも小型のアジが多かった。今回のサビキアジでは小型のアジこそが本命なので、期待して仕掛けを投入。仕掛け長さ1.8メートルなので2.7メートルのメバル竿を使ったのだが、これが正解だったみたい。魚を外す手際は悪いながらも仕掛けを絡ませずに釣ることができた。コマセが効き始めるとボチボチ釣れ始めるが…あまり活性がよろしくないようで追い食いはほぼなし。コイノボリは発生しない。デカッw船長直伝のコマセカゴの半開き(アジが掛かるとコマセが出て追い食いさせやすい)や魚信の大きさで巻き上げるかたるませるかを判断する追い食い必勝法の効果は試せず。
アジがイワシに、ヒラメがカマスに化けたサビキアジ泳がせアジがイワシに、ヒラメがカマスに化けたサビキアジ泳がせ

アジがイワシに、ヒラメがカマスに化けたサビキアジ泳がせアジは思ったほどには釣れてくれない。アジの代わりに入れ食いになってくれたのがカタクチイワシ(シコイワシ)だった。竿を大きく引き込まずフルフルと揺らす魚信はイワシ。15本針で13本まで付けることに成功したが、引きが弱いのであまり楽しくはない。でも、貴重なアジ泳がせ釣りの餌にするわけにはいかないので、頑張ってイワシを釣り続ける。ときどきアジが混じる。10時半まで釣ってアジは15匹までだった。コイノボリを期待していたのでがっかりな釣果だが、それでも船中釣れてた方のような気がする。
アジがイワシに、ヒラメがカマスに化けたサビキアジ泳がせアジがイワシに、ヒラメがカマスに化けたサビキアジ泳がせ

■ヒラメを狙ってじっと我慢の泳がせ釣り。カマスの干物で報われる?

アジがイワシに、ヒラメがカマスに化けたサビキアジ泳がせ泳がせ釣りは海堡の南まで大きく南下した大貫沖周辺がポイントとなった。しゃちょう船長の指示は「底を1メートル切ってヒラメカサゴ、青物狙うなら底を5メートル切ってやってみて」だった。バケツの中を確認するとイワシよりもサッパの方が元気よく泳いでいたのでサッパを餌にして仕掛け投入。水深やオモリの重さは違うがやることは宇佐美でのヒラメ釣りと変わらないはず。底を50センチ切って30秒。魚信がなければ竿いっぱい持ち上げてゆっくり落として底を取り直す。魚信は竿を持ち上げたり、落としている最中に出ることが多いのだが……何も起きない。ちょっぴり飽きて眠たくなっちゃうような展開。何も起きなさ過ぎて写真も撮ってないw

アジがイワシに、ヒラメがカマスに化けたサビキアジ泳がせ我慢の時間が続く。ポイントは少しずつ北上していく。ようやく魚信があったのは泳がせ釣りを初めて2時間半近く経ってから。イワシに食ってきた。ブルルと竿先が震え、竿先が少し曲がる。魚が釣れたのは間違いないが重量感が足りない。カサゴか何かかな?と思っていたら水面に姿を現したのは紡錘形の銀色の魚。カマスだった。25センチちょいのアカカマス。あとにも先にも泳がせ釣りでの魚信はこれ1回こっきりで、沖上がり。泳がせ釣りはボウズ覚悟の釣りなので、カマス1匹とはいえ手にできて幸せ♪ 干物にして食うともっと幸せになる予感がする。



Twitter

2015年11月29日 19:50

« 泳がせ竿で悩んでたらTKB44の案内がキタ━━(゚∀゚).━━!!! | メイン | 再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録 »

最近の釣りに行った記事

八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし
八景沖で小中アジほぼ入れ食い。アカクラゲさえいなければ
アカクラゲ大っ嫌い! アジもキスも目標未達でしょぼ~ん
強風の間隙縫って午前メバル。煮付け4匹含む19匹で満足
キントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果に
キントキ、尺イサキ込みクーラー六分で沖の瀬ウィリー堪能
春の海に癒し求め午前メバル・午後アジでひねもすリレー♪
3年ぶり3戦目で3匹。一ノ瀬丸マゴチ童貞の呪縛から解放♥
アジへた女王はまさかまさかの…妻1号。アジうま女王は…?
でっぷりアラフォーアマダイ込み4匹釣って俺、ピカチュー?
イカも二度目なら少しは上手に…? ツ抜けはしたが敗北感
潮めちゃ速でどうにもならず良型オニカサゴ?バラしため息
掛からんバレる…キンメに続いてクロムツにも嫌われたかも
きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ
初釣り2021は東京湾癒しのアジ&シロギス。胴突き面白い
釣り納め2020はアマダイ改めコレジャナイ十目釣りでチ~ン
チャンスタイムは根掛かりで…白間津シマアジまたもボウズ
久しぶりの宇佐美沖はカイワリ9匹込みで五目15匹と満足♪
ヤリイカデビュー戦ツ抜けに届かずも面白いのは分かった
どったんばったん大撃沈しホルモンまさるでがっつり反省会
ちょい時化でも妻はマグロ化せず良型アジ13匹と急成長?
タチウオはポンコツだけど頑張って9匹。アマダイはちっちゃ!!
一枚足らず…2020年のカワハギ開幕戦は竹岡ハギ屋敷?
高級魚は運次第? 本日の釣魚居酒屋へたはアジ専門店
カンパチガチャはハズレ! カイワリ2匹でなんとかなったぁ!!
テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!
居酒屋へたのお通しは小アジ南蛮漬け。それ食ったら寝る
雨中の筋トレのご褒美はラスト15分に30upクロムツを2匹だ
暑さ避けさくっと午前アジ作戦。サイズいろいろ39匹で成功
カイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼり
極鋭CGクロムツの章入魂。スミヤキ元気すぎて難しかった!!
2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続ける
ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹
気まぐれな剣崎沖イサキに翻弄されるのもいと嬉しで35匹♪
自己最大47センチ&自己最多更新で富戸オニカサゴ最高♪
A5ランク絶品アジばかり53匹。時化避けサクッと釣行大成功

著者: へた釣り