アジがイワシに、ヒラメがカマスに化けたサビキアジ泳がせ

アジがイワシに、ヒラメがカマスに化けたサビキアジ泳がせひっさびさのかみやフィッシングクラブ(KFC)の定例会。釣り物はサビキアジ泳がせリレーだったが、両方とも本命は絶不調。アジの鈴なりコイノボリのはずがカタクチイワシの入れ食いに。後半の泳がせ釣りヒラメがターゲットだったが魚信なし。イワシ餌で釣れたのはカマスだけ。

アジがイワシに、ヒラメがカマスに化けたサビキアジ泳がせサビキアジ泳がせ釣りなんてマニアックな組み合わせ、果たして人が集まるんかいな?と思っていたが、KFCが釣りマニアの巣窟だったってことを忘れてた。船上は16人で満員御礼状態。サビキアジは生まれて初めてって人がへた釣り以外にも多数いたようで、しゃちょう船長が出船前にレクチャーしてくれる。写真のアングルに他意はない。集合写真を撮った場所でレクチャーを聞いているとこんな写真になってしまった。ほぼベタ底で仕掛けの上部に付けたコマセカゴからコマセを振り出し、じっと待つ。魚信があったら追い食い狙ってしばし我慢。堤防のコマセ釣りとそう変わらないのでなんとかなりそう。

■サビキアジは活性次第? イワシが元気で泳がせ餌のコイノボリ

アジがイワシに、ヒラメがカマスに化けたサビキアジ泳がせポイントは風の塔だった。魂が抜けた江戸前LTアジ大会でも攻めたポイントでそのときも小型のアジが多かった。今回のサビキアジでは小型のアジこそが本命なので、期待して仕掛けを投入。仕掛け長さ1.8メートルなので2.7メートルのメバル竿を使ったのだが、これが正解だったみたい。魚を外す手際は悪いながらも仕掛けを絡ませずに釣ることができた。コマセが効き始めるとボチボチ釣れ始めるが…あまり活性がよろしくないようで追い食いはほぼなし。コイノボリは発生しない。デカッw船長直伝のコマセカゴの半開き(アジが掛かるとコマセが出て追い食いさせやすい)や魚信の大きさで巻き上げるかたるませるかを判断する追い食い必勝法の効果は試せず。
アジがイワシに、ヒラメがカマスに化けたサビキアジ泳がせアジがイワシに、ヒラメがカマスに化けたサビキアジ泳がせ

アジがイワシに、ヒラメがカマスに化けたサビキアジ泳がせアジは思ったほどには釣れてくれない。アジの代わりに入れ食いになってくれたのがカタクチイワシ(シコイワシ)だった。竿を大きく引き込まずフルフルと揺らす魚信はイワシ。15本針で13本まで付けることに成功したが、引きが弱いのであまり楽しくはない。でも、貴重なアジ泳がせ釣りの餌にするわけにはいかないので、頑張ってイワシを釣り続ける。ときどきアジが混じる。10時半まで釣ってアジは15匹までだった。コイノボリを期待していたのでがっかりな釣果だが、それでも船中釣れてた方のような気がする。
アジがイワシに、ヒラメがカマスに化けたサビキアジ泳がせアジがイワシに、ヒラメがカマスに化けたサビキアジ泳がせ

■ヒラメを狙ってじっと我慢の泳がせ釣り。カマスの干物で報われる?

アジがイワシに、ヒラメがカマスに化けたサビキアジ泳がせ泳がせ釣りは海堡の南まで大きく南下した大貫沖周辺がポイントとなった。しゃちょう船長の指示は「底を1メートル切ってヒラメカサゴ、青物狙うなら底を5メートル切ってやってみて」だった。バケツの中を確認するとイワシよりもサッパの方が元気よく泳いでいたのでサッパを餌にして仕掛け投入。水深やオモリの重さは違うがやることは宇佐美でのヒラメ釣りと変わらないはず。底を50センチ切って30秒。魚信がなければ竿いっぱい持ち上げてゆっくり落として底を取り直す。魚信は竿を持ち上げたり、落としている最中に出ることが多いのだが……何も起きない。ちょっぴり飽きて眠たくなっちゃうような展開。何も起きなさ過ぎて写真も撮ってないw

アジがイワシに、ヒラメがカマスに化けたサビキアジ泳がせ我慢の時間が続く。ポイントは少しずつ北上していく。ようやく魚信があったのは泳がせ釣りを初めて2時間半近く経ってから。イワシに食ってきた。ブルルと竿先が震え、竿先が少し曲がる。魚が釣れたのは間違いないが重量感が足りない。カサゴか何かかな?と思っていたら水面に姿を現したのは紡錘形の銀色の魚。カマスだった。25センチちょいのアカカマス。あとにも先にも泳がせ釣りでの魚信はこれ1回こっきりで、沖上がり。泳がせ釣りはボウズ覚悟の釣りなので、カマス1匹とはいえ手にできて幸せ♪ 干物にして食うともっと幸せになる予感がする。



Twitter

2015年11月29日 19:50

« 泳がせ竿で悩んでたらTKB44の案内がキタ━━(゚∀゚).━━!!! | メイン | 再戦の機会があるかどうかは分からんがサビキアジ備忘録 »

最近の釣りに行った記事

ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新
6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く

著者: へた釣り