人事を尽くし天命(=魚信)を待つオニカサゴおみくじ三籤目

人事を尽くし天命(=魚信)を待つオニカサゴおみくじ三籤目「我に艱難辛苦を与え賜え」と祈ったのは山中鹿之助。「我に百難を与え賜え」と祈ったのは土光敏夫。へた釣りは艱難辛苦も百難もご免こうむる。「我に魚信を与え賜え」。祈るのはこれだけである。オニカサゴおみくじ三籤目。凶、凶と続いて…人事を尽くして天命(=魚信)を待つ。

人事を尽くし天命(=魚信)を待つオニカサゴおみくじ三籤目明日の羽田・かみやオニカサゴ大会に参加する予定だったのだが、昨夜、波・風の予報を確認して、まさに艱難辛苦としかいいようがない時化予報に大会をキャンセルし、凪の本日出撃に切り替える。その後予報はいくらかマシになり、大会は予定通り行われるようだが……先週のKFCウィリー五目よりもまだ予報が悪いので、百難を求めてないへた釣りとしては回避して正解だったと思う。釣り方がよく分かってない上に時化ではマグレすら期待できない。大会前日のせいか、本日のオニカサゴ船は片舷4人の8人で出船。オマツリを気にしないでいいので楽チン。

■鬼火、カツオのハラモ天日干し、ムラムラ真珠玉なのに魚信なし

人事を尽くし天命(=魚信)を待つオニカサゴおみくじ三籤目船長からのアナウンスは「沖まで1時間走ります」だったのだが、久里浜沖を越えたあたりでウネリがひどくなり、船はスローダウン。剣崎に行くのは諦めて久里浜沖で釣ることになった。船が止まれば海の状況はさほど悪くない。オニカサゴなんとしても1匹作戦で用意した新兵器がいろいろ。鬼火というオニカサゴに効果抜群らしい集魚ライトを付け、餌は人間様用カツオのハラモの天日干し、仕掛けはサンスイオリジナル仕掛けを改造したムラムラ真珠豆釣り方を勉強した。いろんな人の言うことも参考にした。ここまでやればきっとなんとかなるはずと信じて仕掛けを投入したのだが……何もな~~~い。
人事を尽くし天命(=魚信)を待つオニカサゴおみくじ三籤目人事を尽くし天命(=魚信)を待つオニカサゴおみくじ三籤目

人事を尽くし天命(=魚信)を待つオニカサゴおみくじ三籤目とにかく魚から何のシグナルも受け取れずに時間だけが過ぎていく。120号の錘をぶら下げた竿で10秒に一度底を取り直し、ときどき頭の上まで誘い上げる。水深200メートル超えなので腕への負担は軽くない。魚信があれば報われるのだが、ただ竿を上下し続けているだけとなると、筋トレ気分。今日もダメかなぁ?と開始2時間もすると既に弱気の虫が騒ぎだす。周りではスミヤキという真黒な魚やドンコが釣れていた。あまり潮色はよくない感じ? へた釣りの竿に微小な生体反応があったのは11時を少し回ったころ。ユメカサゴだった。デカッw船長に「おめでとうございます」と言われる……何も釣れないよりはマシだけど、これじゃな~~~い!!

■ナヌカザメの恩返し? 1年以上ぶりのオニカサゴ狙って本命キープ♪

人事を尽くし天命(=魚信)を待つオニカサゴおみくじ三籤目桟橋にて達人さんたちに「集魚ライトなんて付けたらサメ釣りになるよ」と言われた。サメでも何でもいいからあたってくれぇ~~~!!というのが正直なとこ。願いは天に通じたようで……12時少し前に変な魚信。魚っぽいような魚ではないような。巻き上げ始めると、重い。重いけど全く引かない。オマツリ?と思ったが周りにオマツリの気配はない。「ミズタコ? タカアシガニ? 底の石?」。船長ですら判別できない物の正体は。天秤と錘とナヌカザメ。誰かがナヌカザメを掛けて高切れし、ナヌカザメが付いたままの天秤と錘と仕掛け一式をへた釣りが釣り上げた。

人事を尽くし天命(=魚信)を待つオニカサゴおみくじ三籤目針は錆びていたので昨日、今日の物ではない。120号の錘を付けたままこのナヌカザメは何日我慢してたんだろう。針を外して海にお帰りいただいた。沖上がりの時間が近づく。ちっとも魚信がない久里浜沖に見切りを付けて船は観音崎沖へ。残り時間は1時間と少し。「ナヌカザメの恩返しとかないですかね」。デカッw船長がメルヘンなことを言う。ナヌカザメは手触りこそぬいぐるみのようで癒し系なのだが、目つきは大層悪い。絶対に恩返ししてくれるタイプではなさそうな気がするどころか、恩を仇で返すタイプにしか見えないのだが……。

人事を尽くし天命(=魚信)を待つオニカサゴおみくじ三籤目観音崎沖は根掛かり多発ポイントなので常時竿を動かしていると、ガッガッガッ。ん? この魚信って……。少し竿を送って様子をみてもガッガッガッ。ゆっくり聞き上げると竿に重みが……乗った!! 巻き上げ開始! 残り25メートルで一暴れ。オニカサゴ!!!! 問題はキープサイズ(25センチ)に届いているかどうか。海面に姿を見せ船長が構えたタモに収まったのは30センチくらいだけど、キープしていいサイズ♪ 1年以上ぶりのオニカサゴを狙って釣ったオニカサゴ! 本日のオニカサゴおみくじの卦は吉!!!!!!!!!
人事を尽くし天命(=魚信)を待つオニカサゴおみくじ三籤目人事を尽くし天命(=魚信)を待つオニカサゴおみくじ三籤目



Twitter

2014年01月25日 19:44

« オニカサゴなんとしても1匹作戦。一書(あるふみ)に曰く集 | メイン | シマノからデカハギマスターの証が届いてシール熱が再燃 »

最近の釣りに行った記事

台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新
6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?

著者: へた釣り