アマダイ、カイワリ、し~あ~わ~せ~すぎるLTウィリー五目

アマダイ、カイワリ、し~あ~わ~せ~すぎるLTウィリー五目釣り人の特権である最高級のお刺身=カイワリに加え、毎回何らかのサプライズゲストを用意してくれるのが金沢八景・一之瀬丸のLTウィリー五目。今回は30センチ級のカイワリ2匹に加えて、34センチのアマダイが釣れた。クーラー満タン率が高いし高級魚が釣れるし、し~あ~わ~せ~!!

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦館山沖は風速10メートル超えの予報であったため、本命ポイントまで行けるかな?という不安を抱えつつ一之瀬丸は9人の釣り人を乗せて定時に出港。船長からのアナウンスは「様子見ながら1時間ほど走りますよ~」。航行1時間ってことは本命ポイント?と思っていたら、「様子見ながら」の方に。久里浜沖からウネリがひどくなり、船がジャンプしまくる。保田沖で船は速度を落とし、様子見することに。

■「様子見ながら」の保田沖ポイントはシロムツの巣窟だった

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_シロムツ_オオメハタ保田沖は初めて釣るポイントなので、何が来るかなぁと、しばらくシャクリ続けると、竿先にフワフワという魚信。オキメバルならこのあと、グンッと竿先を引きこんでくれるのだが、そのままフワフワが続く。生態反応はあるので、何かが釣れたと思うのだが……巻き上げてみると、銀色の魚体がプカリと浮かぶ。関東ではシロムツと呼ばれるオオメハタという魚だ。煮付けたり天ぷらにするとそれなりに美味しいらしい。

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_へた釣り印のウィリー仕掛け船中、アジやオキメバルが上がったようなのだが、へた釣りの竿に掛かってくるのはシロムツばかり。へた釣り印のウィリーは本命は釣れないが、ゲストには強いという傾向は変わってないのか?と不安になったが、シロムツは順調に釣れているので、夜光目玉付きの仕掛けを変える気にもならず、シロムツを釣り続ける。そろそろ他の魚も欲しいなと思い始めたころ、船長から「風が収まってきたので、沖に出ますよ」というアナウンス。

■館山沖に移動し小さく鋭くシャクると30センチカイワリ2連発!!

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_館山沖_鳥山船は再度少し遅めの巡航速度で30分ほど走って、館山沖へ。鳥山が立っていたりして期待できちゃう雰囲気。カイワリが期待できるポイントなので、小さく鋭くシャクるカイワリモードのウィリーシャクリを始めると、2度目にタナに落とした直後に、竿先を大きく曲げるカイワリらしい魚信。電動で巻き上げるとバレる可能性が上がるので、水深100メートルを手巻き。銀色の体高のあるシルエット。結構デカい。めでたく30センチのカイワリをゲットする。

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_カイワリこの日は、カイワリ狙いのシャクリで、「ウィリーなのでタナで待ってても確率低いでしょ」と指摘された釣り方のまずさを修正するのが1つのテーマ。30センチくらいのシャクリ幅で小さく鋭く跳ねあげるように誘うと、すぐに2回目のカイワリらしき魚信。これまた30センチ級のカイワリだったからたまらない。カイワリのツ抜けなんて分不相応な夢を抱いてしまう。

■シャクリ方を変えるとオキメバル&アカイサキ…そしてアマダイ!!

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_アカイサキ11時くらいになり、潮が止まるとカイワリの魚信はピタリとなくなる。周りで餌釣りしている人がオキメバルをあげているのを見て、ゆっくり上げて3秒制止の標準的なウィリーシャクリに切り替えると、へた釣り印のウィリーにもオキメバルやアカイサキが喰ってくるように。シャクリ方で狙う魚を変えられるからこの釣りは面白い。大型のアカイサキの雄を2匹、オキメバルをトリプル3回を含めて24匹。

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_アマダイどうやら深場のウィリーなら仕掛け選びはそれほどシビアではないらしく、どんな色のウィリーの組み合わせでも魚は食ってくる。ビーズ類による差もほとんどないように感じた。オキメバルの煮付けはこれ以上いらないので、再びカイワリモードのシャクリ方に切り替えると、竿先がグンとしなるいい魚信。でも引きがちょっと違う。初めて体験する釣趣に、???となりつつリールを巻いていると……トロピカルな色の魚が浮いてくる。34センチのアマダイだった。カイワリのお刺身とアマダイの酒蒸しという超豪華メニューに、し~あ~わ~せ~!

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_クーラーというわけで、釣果はカイワリ2匹(~30センチ)、アマダイ1匹(34センチ)、アカイサキ2匹(~32センチ)、キツネダイ1匹(22センチ)、シロムツ6匹(~23センチ)。オキメバル24匹(~25センチ)、ヒメ9匹(~18センチ)で都合44匹。LTウィリー五目は2回連続でクーラー満タン。お刺身、酒蒸し、天ぷら、煮付け、天ぷら、さつま揚げと、しばらく豪勢な食卓が続きそう。
金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_オキメバル金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_シロムツ



Twitter

2012年04月07日 19:25

« 珍しく土日釣行OK? ウィリー&シーバスで連荘しちゃおう | メイン | 三歩進んで五歩戻る!? ルアー信じられない病が再発したぞ »

最近の釣りに行った記事

53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし
八景沖で小中アジほぼ入れ食い。アカクラゲさえいなければ
アカクラゲ大っ嫌い! アジもキスも目標未達でしょぼ~ん
強風の間隙縫って午前メバル。煮付け4匹含む19匹で満足
キントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果に
キントキ、尺イサキ込みクーラー六分で沖の瀬ウィリー堪能
春の海に癒し求め午前メバル・午後アジでひねもすリレー♪
3年ぶり3戦目で3匹。一ノ瀬丸マゴチ童貞の呪縛から解放♥
アジへた女王はまさかまさかの…妻1号。アジうま女王は…?
でっぷりアラフォーアマダイ込み4匹釣って俺、ピカチュー?
イカも二度目なら少しは上手に…? ツ抜けはしたが敗北感
潮めちゃ速でどうにもならず良型オニカサゴ?バラしため息
掛からんバレる…キンメに続いてクロムツにも嫌われたかも
きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ
初釣り2021は東京湾癒しのアジ&シロギス。胴突き面白い
釣り納め2020はアマダイ改めコレジャナイ十目釣りでチ~ン
チャンスタイムは根掛かりで…白間津シマアジまたもボウズ
久しぶりの宇佐美沖はカイワリ9匹込みで五目15匹と満足♪
ヤリイカデビュー戦ツ抜けに届かずも面白いのは分かった
どったんばったん大撃沈しホルモンまさるでがっつり反省会
ちょい時化でも妻はマグロ化せず良型アジ13匹と急成長?
タチウオはポンコツだけど頑張って9匹。アマダイはちっちゃ!!
一枚足らず…2020年のカワハギ開幕戦は竹岡ハギ屋敷?
高級魚は運次第? 本日の釣魚居酒屋へたはアジ専門店
カンパチガチャはハズレ! カイワリ2匹でなんとかなったぁ!!
テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!
居酒屋へたのお通しは小アジ南蛮漬け。それ食ったら寝る

著者: へた釣り