アマダイ、カイワリ、し~あ~わ~せ~すぎるLTウィリー五目

アマダイ、カイワリ、し~あ~わ~せ~すぎるLTウィリー五目釣り人の特権である最高級のお刺身=カイワリに加え、毎回何らかのサプライズゲストを用意してくれるのが金沢八景・一之瀬丸のLTウィリー五目。今回は30センチ級のカイワリ2匹に加えて、34センチのアマダイが釣れた。クーラー満タン率が高いし高級魚が釣れるし、し~あ~わ~せ~!!

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦館山沖は風速10メートル超えの予報であったため、本命ポイントまで行けるかな?という不安を抱えつつ一之瀬丸は9人の釣り人を乗せて定時に出港。船長からのアナウンスは「様子見ながら1時間ほど走りますよ~」。航行1時間ってことは本命ポイント?と思っていたら、「様子見ながら」の方に。久里浜沖からウネリがひどくなり、船がジャンプしまくる。保田沖で船は速度を落とし、様子見することに。

■「様子見ながら」の保田沖ポイントはシロムツの巣窟だった

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_シロムツ_オオメハタ保田沖は初めて釣るポイントなので、何が来るかなぁと、しばらくシャクリ続けると、竿先にフワフワという魚信。オキメバルならこのあと、グンッと竿先を引きこんでくれるのだが、そのままフワフワが続く。生態反応はあるので、何かが釣れたと思うのだが……巻き上げてみると、銀色の魚体がプカリと浮かぶ。関東ではシロムツと呼ばれるオオメハタという魚だ。煮付けたり天ぷらにするとそれなりに美味しいらしい。

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_へた釣り印のウィリー仕掛け船中、アジやオキメバルが上がったようなのだが、へた釣りの竿に掛かってくるのはシロムツばかり。へた釣り印のウィリーは本命は釣れないが、ゲストには強いという傾向は変わってないのか?と不安になったが、シロムツは順調に釣れているので、夜光目玉付きの仕掛けを変える気にもならず、シロムツを釣り続ける。そろそろ他の魚も欲しいなと思い始めたころ、船長から「風が収まってきたので、沖に出ますよ」というアナウンス。

■館山沖に移動し小さく鋭くシャクると30センチカイワリ2連発!!

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_館山沖_鳥山船は再度少し遅めの巡航速度で30分ほど走って、館山沖へ。鳥山が立っていたりして期待できちゃう雰囲気。カイワリが期待できるポイントなので、小さく鋭くシャクるカイワリモードのウィリーシャクリを始めると、2度目にタナに落とした直後に、竿先を大きく曲げるカイワリらしい魚信。電動で巻き上げるとバレる可能性が上がるので、水深100メートルを手巻き。銀色の体高のあるシルエット。結構デカい。めでたく30センチのカイワリをゲットする。

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_カイワリこの日は、カイワリ狙いのシャクリで、「ウィリーなのでタナで待ってても確率低いでしょ」と指摘された釣り方のまずさを修正するのが1つのテーマ。30センチくらいのシャクリ幅で小さく鋭く跳ねあげるように誘うと、すぐに2回目のカイワリらしき魚信。これまた30センチ級のカイワリだったからたまらない。カイワリのツ抜けなんて分不相応な夢を抱いてしまう。

■シャクリ方を変えるとオキメバル&アカイサキ…そしてアマダイ!!

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_アカイサキ11時くらいになり、潮が止まるとカイワリの魚信はピタリとなくなる。周りで餌釣りしている人がオキメバルをあげているのを見て、ゆっくり上げて3秒制止の標準的なウィリーシャクリに切り替えると、へた釣り印のウィリーにもオキメバルやアカイサキが喰ってくるように。シャクリ方で狙う魚を変えられるからこの釣りは面白い。大型のアカイサキの雄を2匹、オキメバルをトリプル3回を含めて24匹。

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_アマダイどうやら深場のウィリーなら仕掛け選びはそれほどシビアではないらしく、どんな色のウィリーの組み合わせでも魚は食ってくる。ビーズ類による差もほとんどないように感じた。オキメバルの煮付けはこれ以上いらないので、再びカイワリモードのシャクリ方に切り替えると、竿先がグンとしなるいい魚信。でも引きがちょっと違う。初めて体験する釣趣に、???となりつつリールを巻いていると……トロピカルな色の魚が浮いてくる。34センチのアマダイだった。カイワリのお刺身とアマダイの酒蒸しという超豪華メニューに、し~あ~わ~せ~!

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_クーラーというわけで、釣果はカイワリ2匹(~30センチ)、アマダイ1匹(34センチ)、アカイサキ2匹(~32センチ)、キツネダイ1匹(22センチ)、シロムツ6匹(~23センチ)。オキメバル24匹(~25センチ)、ヒメ9匹(~18センチ)で都合44匹。LTウィリー五目は2回連続でクーラー満タン。お刺身、酒蒸し、天ぷら、煮付け、天ぷら、さつま揚げと、しばらく豪勢な食卓が続きそう。
金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_オキメバル金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_シロムツ



Twitter

2012年04月07日 19:25

« 珍しく土日釣行OK? ウィリー&シーバスで連荘しちゃおう | メイン | 三歩進んで五歩戻る!? ルアー信じられない病が再発したぞ »

最近の釣りに行った記事

4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね

著者: へた釣り