アマダイ、カイワリ、し~あ~わ~せ~すぎるLTウィリー五目

アマダイ、カイワリ、し~あ~わ~せ~すぎるLTウィリー五目釣り人の特権である最高級のお刺身=カイワリに加え、毎回何らかのサプライズゲストを用意してくれるのが金沢八景・一之瀬丸のLTウィリー五目。今回は30センチ級のカイワリ2匹に加えて、34センチのアマダイが釣れた。クーラー満タン率が高いし高級魚が釣れるし、し~あ~わ~せ~!!

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦館山沖は風速10メートル超えの予報であったため、本命ポイントまで行けるかな?という不安を抱えつつ一之瀬丸は9人の釣り人を乗せて定時に出港。船長からのアナウンスは「様子見ながら1時間ほど走りますよ~」。航行1時間ってことは本命ポイント?と思っていたら、「様子見ながら」の方に。久里浜沖からウネリがひどくなり、船がジャンプしまくる。保田沖で船は速度を落とし、様子見することに。

■「様子見ながら」の保田沖ポイントはシロムツの巣窟だった

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_シロムツ_オオメハタ保田沖は初めて釣るポイントなので、何が来るかなぁと、しばらくシャクリ続けると、竿先にフワフワという魚信。オキメバルならこのあと、グンッと竿先を引きこんでくれるのだが、そのままフワフワが続く。生態反応はあるので、何かが釣れたと思うのだが……巻き上げてみると、銀色の魚体がプカリと浮かぶ。関東ではシロムツと呼ばれるオオメハタという魚だ。煮付けたり天ぷらにするとそれなりに美味しいらしい。

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_へた釣り印のウィリー仕掛け船中、アジやオキメバルが上がったようなのだが、へた釣りの竿に掛かってくるのはシロムツばかり。へた釣り印のウィリーは本命は釣れないが、ゲストには強いという傾向は変わってないのか?と不安になったが、シロムツは順調に釣れているので、夜光目玉付きの仕掛けを変える気にもならず、シロムツを釣り続ける。そろそろ他の魚も欲しいなと思い始めたころ、船長から「風が収まってきたので、沖に出ますよ」というアナウンス。

■館山沖に移動し小さく鋭くシャクると30センチカイワリ2連発!!

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_館山沖_鳥山船は再度少し遅めの巡航速度で30分ほど走って、館山沖へ。鳥山が立っていたりして期待できちゃう雰囲気。カイワリが期待できるポイントなので、小さく鋭くシャクるカイワリモードのウィリーシャクリを始めると、2度目にタナに落とした直後に、竿先を大きく曲げるカイワリらしい魚信。電動で巻き上げるとバレる可能性が上がるので、水深100メートルを手巻き。銀色の体高のあるシルエット。結構デカい。めでたく30センチのカイワリをゲットする。

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_カイワリこの日は、カイワリ狙いのシャクリで、「ウィリーなのでタナで待ってても確率低いでしょ」と指摘された釣り方のまずさを修正するのが1つのテーマ。30センチくらいのシャクリ幅で小さく鋭く跳ねあげるように誘うと、すぐに2回目のカイワリらしき魚信。これまた30センチ級のカイワリだったからたまらない。カイワリのツ抜けなんて分不相応な夢を抱いてしまう。

■シャクリ方を変えるとオキメバル&アカイサキ…そしてアマダイ!!

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_アカイサキ11時くらいになり、潮が止まるとカイワリの魚信はピタリとなくなる。周りで餌釣りしている人がオキメバルをあげているのを見て、ゆっくり上げて3秒制止の標準的なウィリーシャクリに切り替えると、へた釣り印のウィリーにもオキメバルやアカイサキが喰ってくるように。シャクリ方で狙う魚を変えられるからこの釣りは面白い。大型のアカイサキの雄を2匹、オキメバルをトリプル3回を含めて24匹。

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_アマダイどうやら深場のウィリーなら仕掛け選びはそれほどシビアではないらしく、どんな色のウィリーの組み合わせでも魚は食ってくる。ビーズ類による差もほとんどないように感じた。オキメバルの煮付けはこれ以上いらないので、再びカイワリモードのシャクリ方に切り替えると、竿先がグンとしなるいい魚信。でも引きがちょっと違う。初めて体験する釣趣に、???となりつつリールを巻いていると……トロピカルな色の魚が浮いてくる。34センチのアマダイだった。カイワリのお刺身とアマダイの酒蒸しという超豪華メニューに、し~あ~わ~せ~!

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_クーラーというわけで、釣果はカイワリ2匹(~30センチ)、アマダイ1匹(34センチ)、アカイサキ2匹(~32センチ)、キツネダイ1匹(22センチ)、シロムツ6匹(~23センチ)。オキメバル24匹(~25センチ)、ヒメ9匹(~18センチ)で都合44匹。LTウィリー五目は2回連続でクーラー満タン。お刺身、酒蒸し、天ぷら、煮付け、天ぷら、さつま揚げと、しばらく豪勢な食卓が続きそう。
金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_オキメバル金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_シロムツ



Twitter

2012年04月07日 19:25

« 珍しく土日釣行OK? ウィリー&シーバスで連荘しちゃおう | メイン | 三歩進んで五歩戻る!? ルアー信じられない病が再発したぞ »

最近の釣りに行った記事

午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新

著者: へた釣り