アマダイ、カイワリ、し~あ~わ~せ~すぎるLTウィリー五目

アマダイ、カイワリ、し~あ~わ~せ~すぎるLTウィリー五目釣り人の特権である最高級のお刺身=カイワリに加え、毎回何らかのサプライズゲストを用意してくれるのが金沢八景・一之瀬丸のLTウィリー五目。今回は30センチ級のカイワリ2匹に加えて、34センチのアマダイが釣れた。クーラー満タン率が高いし高級魚が釣れるし、し~あ~わ~せ~!!

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦館山沖は風速10メートル超えの予報であったため、本命ポイントまで行けるかな?という不安を抱えつつ一之瀬丸は9人の釣り人を乗せて定時に出港。船長からのアナウンスは「様子見ながら1時間ほど走りますよ~」。航行1時間ってことは本命ポイント?と思っていたら、「様子見ながら」の方に。久里浜沖からウネリがひどくなり、船がジャンプしまくる。保田沖で船は速度を落とし、様子見することに。

■「様子見ながら」の保田沖ポイントはシロムツの巣窟だった

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_シロムツ_オオメハタ保田沖は初めて釣るポイントなので、何が来るかなぁと、しばらくシャクリ続けると、竿先にフワフワという魚信。オキメバルならこのあと、グンッと竿先を引きこんでくれるのだが、そのままフワフワが続く。生態反応はあるので、何かが釣れたと思うのだが……巻き上げてみると、銀色の魚体がプカリと浮かぶ。関東ではシロムツと呼ばれるオオメハタという魚だ。煮付けたり天ぷらにするとそれなりに美味しいらしい。

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_へた釣り印のウィリー仕掛け船中、アジやオキメバルが上がったようなのだが、へた釣りの竿に掛かってくるのはシロムツばかり。へた釣り印のウィリーは本命は釣れないが、ゲストには強いという傾向は変わってないのか?と不安になったが、シロムツは順調に釣れているので、夜光目玉付きの仕掛けを変える気にもならず、シロムツを釣り続ける。そろそろ他の魚も欲しいなと思い始めたころ、船長から「風が収まってきたので、沖に出ますよ」というアナウンス。

■館山沖に移動し小さく鋭くシャクると30センチカイワリ2連発!!

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_館山沖_鳥山船は再度少し遅めの巡航速度で30分ほど走って、館山沖へ。鳥山が立っていたりして期待できちゃう雰囲気。カイワリが期待できるポイントなので、小さく鋭くシャクるカイワリモードのウィリーシャクリを始めると、2度目にタナに落とした直後に、竿先を大きく曲げるカイワリらしい魚信。電動で巻き上げるとバレる可能性が上がるので、水深100メートルを手巻き。銀色の体高のあるシルエット。結構デカい。めでたく30センチのカイワリをゲットする。

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_カイワリこの日は、カイワリ狙いのシャクリで、「ウィリーなのでタナで待ってても確率低いでしょ」と指摘された釣り方のまずさを修正するのが1つのテーマ。30センチくらいのシャクリ幅で小さく鋭く跳ねあげるように誘うと、すぐに2回目のカイワリらしき魚信。これまた30センチ級のカイワリだったからたまらない。カイワリのツ抜けなんて分不相応な夢を抱いてしまう。

■シャクリ方を変えるとオキメバル&アカイサキ…そしてアマダイ!!

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_アカイサキ11時くらいになり、潮が止まるとカイワリの魚信はピタリとなくなる。周りで餌釣りしている人がオキメバルをあげているのを見て、ゆっくり上げて3秒制止の標準的なウィリーシャクリに切り替えると、へた釣り印のウィリーにもオキメバルやアカイサキが喰ってくるように。シャクリ方で狙う魚を変えられるからこの釣りは面白い。大型のアカイサキの雄を2匹、オキメバルをトリプル3回を含めて24匹。

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_アマダイどうやら深場のウィリーなら仕掛け選びはそれほどシビアではないらしく、どんな色のウィリーの組み合わせでも魚は食ってくる。ビーズ類による差もほとんどないように感じた。オキメバルの煮付けはこれ以上いらないので、再びカイワリモードのシャクリ方に切り替えると、竿先がグンとしなるいい魚信。でも引きがちょっと違う。初めて体験する釣趣に、???となりつつリールを巻いていると……トロピカルな色の魚が浮いてくる。34センチのアマダイだった。カイワリのお刺身とアマダイの酒蒸しという超豪華メニューに、し~あ~わ~せ~!

金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_クーラーというわけで、釣果はカイワリ2匹(~30センチ)、アマダイ1匹(34センチ)、アカイサキ2匹(~32センチ)、キツネダイ1匹(22センチ)、シロムツ6匹(~23センチ)。オキメバル24匹(~25センチ)、ヒメ9匹(~18センチ)で都合44匹。LTウィリー五目は2回連続でクーラー満タン。お刺身、酒蒸し、天ぷら、煮付け、天ぷら、さつま揚げと、しばらく豪勢な食卓が続きそう。
金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_オキメバル金沢八景・一之瀬丸_LTウィリー五目_2012年_第3戦_シロムツ



Twitter

2012年04月07日 19:25

« 珍しく土日釣行OK? ウィリー&シーバスで連荘しちゃおう | メイン | 三歩進んで五歩戻る!? ルアー信じられない病が再発したぞ »

最近の釣りに行った記事

【番外編】妻と釣りじゃないデートで大阪食い&呑みだおれ
猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦
特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと

著者: へた釣り