アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった

アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった北海道遠征2017最終日。夜の飛行機で東京に帰る。朝4時から釧路の沖へ。釧路港・海攻という船に乗って、昨日釣り忘れたアオゾイをゲットし今年の北海道での釣りは最高だったねと締めくくりたい。2日連続で大漁だったが、アオゾイには嫌われた。アオゾイチャレンジはまた来年。

アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった本日はお一人様釣行なので、朝4時にホテルをチェックアウトして、幣舞橋のたもとにある海攻の乗り場へと歩く。霧が濃い。信号や街灯が滲んで見える。フラッシュを焚いて写真を撮ると水滴がいっぱい写る。天然のミストシャワー状態なわけで、涼しいを通り越して肌寒い。気温は15度。もう1枚中になにか暖かい服を着てくるべきだったかも。船着場には釧路のフィーリング船長と勝手に呼んでいる半田船長が既に到着し、出船の準備をしていた。
アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかったアオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった

■一投目で「反応あるのになぁ」。ラバマックスでヤナギノマイを!!

アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった平日でしかも釧路の沖は波2.5メートルという予報だったので釣客は少なめで、へた釣りを含めて3人で出船。へた釣りの釣り座は右舷の舳。予定の5時より少し早く船は岸壁を離れる。ウネリで上がったり下がったりしながらの航行だが、昨日に比べればなんてことはない。これなら船酔いの心配はなさそうだ。航行中に見つけた反応に一投だけ寄り道する。早速、あの言葉が…「すごい反応なのになぁ。潮が悪いね」。魚信なしで寄り道作戦は失敗。95メートルのポイントに移動して本格的に釣り開始。
アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかったアオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった

アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかったオモリがめり込む感触があるので底は砂泥。ヤナギノマイのポイントだ。船長いわくこのポイントも「反応はバッチリ」。でも……何も起きない。「潮止まりだから粘りましょう」とのことなので低活性時に根魚に口を使わせるテロテンションからたるませ釣りをやってみるがそれでもダメ。工夫という名の愚作、ラバマックスをバルーンサビキに吹き付けてみると本日初めての魚信。少し粘って追い食いさせてヤナギノマイのダブルが本日の初釣果。それからヤナギノマイと中型タラがポツポツ連れ出したのでラバマックス効いてるかも。ウサギアイナメまで釣れた。
アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかったアオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった

■船長の予告通りに潮が動くと爆発。でも……アオゾイ延長戦は不発

アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった船長は自分も竿を出しながら頻繁に釣況を説明をしてくれる。「反応は針数ついてもおかしくない。でも潮が全く動いてくれない。潮が動けば釣れるからもう少し我慢ですよ~」。釣り客1人1人の釣り座まで行ってそんな説明をしている。釧路の遊魚船で最も客商売しているのが海攻だと思う。へた釣りとしては我慢してねと言われている釣果で十分にいいペースで釣れているという認識だったり。そして船長のいう我慢の先が突然やってきた。ヤナギノマイが5匹。特大マタラが釣れたかと思えば、中タラ3匹と良型ヤナギノマイ3匹の一荷も。難しく考えなくてもタナさえ合えば魚信が出る。
アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかったアオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった

アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった「十分釣れたので12時沖上がりでいいですか?」と船長が聞きにくる。これ以上魚はいらないと言いたいところだが…心残りがある。「アオゾイ釣ってない」。へた釣りのアオゾイのために延長戦をしてもらえることに。港に戻りながら60メートル、45メートルといったアオゾイが狙える岩礁ポイントを数カ所釣らせてもらう。アオゾイを1匹釣るまで何カ所でも行ってくれそうだったが、ほかの釣り客が竿をたたみ始め、へた釣りのためだけの延長戦に気がひけて「アオゾイは来年にします!!」とへた釣りがギブアップ。船着場に着くと前日に釣ったと思われるアオゾイが発泡ケースに入って用意されていた。ありがたく頂く。
アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかったアオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった



Twitter

2017年07月25日 23:25

« 2年ぶりの釧路の沖を満喫。ただしアオゾイ明日にオアズケ | メイン | バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸? »

最近の釣りに行った記事

佳肴求めて鴨川沖へ。クエ・クロムツ・アカハタでえっへん♪
プルルと魚信るが掛からない!? でも44匹でキス天食べ放題
40センチのデカイワリ含む5匹で夏の美酒佳肴作戦は大成功
気難しベイブリアジに翻弄され二人で83匹。釣りデート成功
【番外編】妻と釣りじゃないデートで大阪食い&呑みだおれ
猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦
特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹

著者: へた釣り