2回目のジンクスでドツボにハマってオニカサゴはキープできず

2回目のジンクスでドツボにハマってオニカサゴキープできず!!初挑戦でうまくいった釣りは2戦目で酷い目に遭う……2回目のジンクスというのがへた釣りにはある。オニカサゴも案の定というか、恐れていた通りというか、ドツボにハマって、キープサイズ(25センチ)は1匹も釣れず。初戦よりも船全体で釣れた数は多いはずなのに…なんでぇ~~~~~。

本日発売の釣場速報にちゃんと載ってて\(`∇\)(/`∇)/今日は釣らなきゃというプレッシャーがあった。2日前に発売された釣場速報に「ガッツ~ンと大型 身エサジャンプで鬼カサゴ攻略」というあまりにも分不相応なタイトルで釣行記が掲載されているのである。でもって、羽田・かみやに到着すると、社長とばったり。挨拶すると、「釣場速報の記事、読みました。面白かったですよ」。……このプレッシャーは何だ? 40センチ超えを釣ればいいんだろ、釣ればっ!!と開き直るしかない。開き直りつつも、2回目のジンクスが心に重くのしかかる。カワハギ大会でも思い知っているが……へた釣りはプレッシャーに弱い。心臓に毛が生えているように見えて…実はガラスのハートの持ち主なのだw

■なんにもない♪ なんにもない♪ まったくなんにもない♪

2回目のジンクスでドツボにハマってオニカサゴキープできず!!本日もオニカサゴ船は大人気で片舷8人。オマツリ回避で浅場かな?と思っていたら、船は一路、久里浜沖へ。仕掛け投入。船内、何匹かオニカサゴがあがるが、へた釣りの竿には魚信すらない。頭の中で「なんにもない♪ なんにもない♪ まったくなんにもない♪」という不吉な歌がエンドレスリピートし始める。水深は80メートルくらい。オニカサゴでなくても何かが身餌を突く感触くらいはありそうなものなのだが、なんにもない♪ なんにもない♪ まったくなんにもない♪ なんにもないから手元の写真と富士山の写真しかない。
2回目のジンクスでドツボにハマってオニカサゴキープできず!!2回目のジンクスでドツボにハマってオニカサゴキープできず!!

2回目のジンクスでドツボにハマってオニカサゴキープできず!!船は南下し剣崎沖の水深100メートルから深いところでは160メートルくらいのポイントへ。へた釣りは左舷胴で右隣はアマダイの達人さん。左隣は走水の大アジの達人さん。右隣の竿が曲がりオニカサゴが釣れても、左隣でオニカサゴがあがっても……相変わらず、なんにもない♪ なんにもない♪ まったくなんにもない♪ 唯一の釣果は、巻き上げ中に食いついてきた良型のサバのダブルのみ。大艫の人の竿が大きく曲がる。ギンザメという深海ザメだった。船長いわくこれが釣れると水温が低すぎるってことらしい。

■洲崎沖へ大遠征。深場に対応しようと足掻いてはみたが……

2回目のジンクスでドツボにハマってオニカサゴキープできず!!11時少し前に水温の高いポイントを求めて、船は大移動。大島がはっきり見え始める。へた釣りだってなんとか釣ろうと足掻く。というかむしろ諦めが悪い方である。釣れている人の仕掛けを見ると、タコベイトや大きな発光系のパーツが付いている。深いポイントでは仕掛けのアピール力をあげないとダメなのかも、と仕掛けを変更。タナも底0メートルから仕掛けの長さ分まで、10センチ刻みで試してみた。タコベイト付きの仕掛けにすると魚信が出始め、ようやくなんにもない♪状態から抜け出せた。
2回目のジンクスでドツボにハマってオニカサゴキープできず!!2回目のジンクスでドツボにハマってオニカサゴキープできず!!

2回目のジンクスでドツボにハマってオニカサゴキープできず!!なんとかオニカサゴは釣れるようになったのだが……今度はサイズが…。ダブルもあったりして、4~5匹釣ったのだが、25センチには届かない。イズカサゴとフサカサゴ(東京湾では両方オニカサゴと呼ぶ)が混じっていた。結局右隣の人が6匹で竿頭、左隣の人が5匹で次頭。間のへた釣りはボウズ。いったい何が起きたんだ?ってほどの大惨敗である。右隣の人はホタルイカを、左隣の人はアナゴの切り身を持ち込んでいたので、ホタルイカとアナゴに挟まれたへた釣りの船宿支給のサバの切り身はオニカサゴの食欲を全く刺激できなかったってこと?
2回目のジンクスでドツボにハマってオニカサゴキープできず!!2回目のジンクスでドツボにハマってオニカサゴキープできず!!

2回目のジンクスでドツボにハマってオニカサゴキープできず!!反省しようにも分かっていることが少なすぎて、何が悪かったかすら特定できてない。100メートル以深のオニカサゴは、釣り方が違うのか? 伊豆でも初戦オニカサゴ釣りでは浅目の60~80メートルくらいのポイントでの釣りだった。仕掛けを変えれば小型とはいえオニカサゴが釣れるようになったので、誘いだけでなく仕掛けのアピール力を上げるのも必須? 餌も工夫する必要があるんだろうなぁ~。すぐ横で釣っていてこの釣果の差…理由は、「明日考えましょ(Tomorrow is another day)」。



Twitter

2013年01月27日 19:23

« 2月3日のメバル開幕戦に向けて気の早いことにPaint it Black | メイン | オニカサゴ・リベンジに向けてエサ、仕掛け、誘いを見直しだ »

最近の釣りに行った記事

手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ
ウィリーもカブラも無視するカイワリなんて大嫌いだぁあ
予想以上の時化に軽く船酔いげんなりしつつクロムツ6匹
尺には遠いが長井沖で人生初のイワシでメバルをゲット♥
猿アジ冬のトリプルまつり開催中でアジフライ半年分57匹♪
魚信を出せず心荒む展開も熟アマダイ(45)に慰められる
電車故障・潮超速・偏光グラス破損…ハードラックな1日
食っておくれと泣いてます…越冬シロギスでヒュルリララ
ほぼ25upのA5ランクアジで初釣りビシアジデート大成功
アマダイのやる気感じず…なんとか雑煮の具&ステッカー
誘うとキダイもサバも食わない海にこてんぱんにされたよ
シマアジは俺のこと大嫌いみたいだ。コマいのが1匹だけ

著者: へた釣り