西表島2011 最終日はお土産のグルクンをウィリーサビキで

西表島2011 最終日はお土産のグルクンをウィリーサビキで3泊4日の西表島遠征2011も最終日。午後には島を後にし、東京に帰らなければならない。4日目はこれまでやったことのない釣りということで、西表島土産のグルクンの数釣りを楽しむことに。サビキ釣りだとあなどっていたら、グルクンの繊細な魚信に思わぬ苦戦を強いられることに。

西表島_島道楽_海上保安庁沖縄県の県魚で、地元の人が口をそろえて美味だと言うグルクン。標準和名はタカサゴ。沖縄以外でも釣れるが、沖縄では安くて味がよい大衆魚ということなので、東京湾のアジのようなイメージだろうか? 島道楽ではウィリー巻きのサビキ仕掛けでアミコマセで魚を寄せて釣る。小渕船長いわく「釣れるときはいくらでも釣れるが一度ヘソを曲げると、魚探が真っ赤になっていても釣れない魚」なんだという。ヘソを曲げたと言えば、短時間集中の釣りなのに海上保安庁のゴムボートに臨検されて、貴重な釣り時間を奪われたのには、へた釣りがヘソを曲げたぞ! 海の安全を守る仕事なのは分かるが、こちらは安くはないガイド料を払って船をチャーターしているわけで、釣りの邪魔をされるのはたまらない。

■サビキだから楽勝なんてとんでもない。アジより難しいかも

西表島_島道楽_小渕船長_グルクングルクン釣りのコツは、コマセ呆けさせないことに尽きる。コマセには反応しているけど、群れに十分にコマセが行きわたっていないという状況を作れば、喰いが立ってくる。初夏にハマったイサキのウィリー釣りに通じる。コマセカゴの窓を絞って、鋭くシャクってポロリとコマセをこぼすようなコマセワークが肝心。ポイントに着くと、まずは船長が見本を見せてくれたのだが、3シャクリか4シャクリ目でいきなりグルクンをゲット。

西表島_島道楽_グルクン船長の真似をして、釣り始めるへた釣り、妻、子供1号&2号。魚の活性は抜群のようで、シャクると小さなコツコツという魚信が竿先に出る。魚信は出るのだがグルクン釣りはここからが難しい。アジとは違って口が小さな魚な上にアジと同様口が膜状で弱いので、ウィリーを咥えてもなかなか針掛かりさせられる魚信にならないし、掛かりが浅いとすぐにバレてしまう。ゆっくり聞き上げて、竿先がグンッと引きこまれたらゆっくりと同じテンションを保って巻き上げてようやくグルクンをゲットできる。

■繊細なグルクンの魚信を獲れる魚信に変えるコツとは?

西表島_島道楽_子供1号_メガネモチウオグルクン釣りのコツを最初にマスターしたのは意外にも、船からのコマセ釣り初体験の妻。結構乱暴にシャクってアワセているように見えるのだが、これが功を奏したようで、順調にグルクンを釣りあげていく。子供2号はアワセ方が全く分からないようで、早々にギブアップ。子供1号もアワセが決まらず、魚信は出せているのに針掛かりさせられない。へた釣りは最初は苦戦したが、聞き上げたあとリールで巻きアワセをいれることでなんとかグルクン釣りが分かってきた。

西表島_島道楽_妻_子供2号天候はあいにくの雨模様。妻と子供2号は土砂降りの雨に嫌気がさして浜に張ったテントに避難。子供1号とへた釣り、そして小渕船長の3人は全身びしょ濡れになりながら約4時間にわたって、グルクンを釣りまくってきた。ゲストにメガネモチウオ、モンガラカワハギ、キツネウオ、ススメダイなどが混じりながら、午前中で30リットルのクーラーは氷を入れるスペースを残して満タンに。

西表島_島道楽_子供2号_小渕船長西表島遠征2011は、クロダイ、マングローブジャックに始まり、リーフ五目でフエフキダイの大漁GTには今年も出会えなかったが強烈な大型魚の引きを何度か味わえグルクンのお土産をクーラー一杯に確保して帰途に着くと大満足。4日間の西表島釣り満喫プランをコーディネートしてくれた島道楽の小渕船長には大感謝なのであった。


より大きな地図で 2011‐10‐09 西表島・島道楽 グルクン を表示



Twitter

2011年10月09日 23:47

« 西表島2011 島道楽の“漢の釣り”で1日ダイエットコースだ!! | メイン | 沖縄の県魚はグルクン。東京にも都魚ってのがあるのかな? »

最近の釣りに行った記事

釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ
ウィリーもカブラも無視するカイワリなんて大嫌いだぁあ
予想以上の時化に軽く船酔いげんなりしつつクロムツ6匹
尺には遠いが長井沖で人生初のイワシでメバルをゲット♥
猿アジ冬のトリプルまつり開催中でアジフライ半年分57匹♪
魚信を出せず心荒む展開も熟アマダイ(45)に慰められる
電車故障・潮超速・偏光グラス破損…ハードラックな1日

著者: へた釣り