潮めちゃ速でどうにもならず良型オニカサゴ?バラしため息

潮めちゃ速でどうにもならず良型オニカサゴ?バラしため息キンメムツLT深場五目に続く中深場チャレンジは金沢八景・一ノ瀬丸からオニカサゴ東京湾口ではいい目に遭ったことがない釣り物だが洲の崎~沖の瀬まで南下すればなんとかなると信じていた。潮めちゃ速で釣りにくすぎる。唯一のまともな魚信は残り30メートルで痛恨のバラしで…。

潮めちゃ速でどうにもならず良型オニカサゴ?バラしため息ヤリイカ船に乗ったとき出船ギリギリの到着になって準備が慌ただしかった。洲の崎や沖の瀬まで行く船は出船時間が早いのかもと反省し、東海道線下りの始発で横浜へ。横浜から京急に乗り換えて金沢八景を目指す。席札を確認すると四隅は埋まっていたので右舷艫から二番目に釣り座を決める。右舷は5人での出船となる。横との間隔は十分にあるのでオマツリの心配もなく集中して釣れると喜んでいたのだが……。船は観音崎を越え、剣崎を越え、大島がうっすら遠くに見える沖の瀬へ。水深200メートルくらいのポイントで釣り開始となる。

■潮速くオモリを底から離せず苦戦。赤サンゴと小オニを釣る

潮めちゃ速でどうにもならず良型オニカサゴ?バラしため息エサは船宿支給のサバ短。海中でアピールするように一番下の針にはオレンジのタコベイト、真ん中の針には青のキラキラタコベイト、テンビンから直接出す一番上の針には「まだら発光」「檄臭」に釣られて買ったダッピーホタルイカを付ける。仕掛けを投入すると、途中までは素直に落ちていくのだが中層あたりからラインが鋭角に流れていく。底を取って10秒待って50センチ刻みで竿を持ち上げて誘うといつの間にか5メートルくらいオモリが底を切ってしまっている。右舷はラインが船下にどんどん潜っていくので極めて釣りにくい。おまけにフグ。ヨリトフグ(ミズフグ)が海底に群れているようでエサとタコベイトをスパッと噛み切られてしまう。
潮めちゃ速でどうにもならず良型オニカサゴ?バラしため息潮めちゃ速でどうにもならず良型オニカサゴ?バラしため息

潮めちゃ速でどうにもならず良型オニカサゴ?バラしため息潮がそういう状況なのでどうしても底べったりを意識せざるを得ない。オモリが着底したら底を切らずに仕掛けが底に着くのを待つ。エサが底に着く前にオニカサゴが捕捉してくれて食らいついてくるのが理想だが、そこまでの魚影も活性もない。オモリを底に置いて15秒待って聞きあげて、2メートルくらい持ち上げてもう一度底に落としなおす。この繰り返し。潮が速く抵抗がすごいのでいい筋トレになる。本日最初の獲物は赤サンゴ。この塊を巻いてくると既に腕がオパンパンに。その後、20センチを少し超えたサイズの小オニを2匹釣るが25センチ以下はリリースルールに則ってリリースする。小オニとはいえオニカサゴは釣れたので釣り方は合っている?
潮めちゃ速でどうにもならず良型オニカサゴ?バラしため息潮めちゃ速でどうにもならず良型オニカサゴ?バラしため息

■良型オニの手応えにフェイスカバーの下はドヤ顔だったのにぃ!

潮めちゃ速でどうにもならず良型オニカサゴ?バラしため息船長は潮が速くないポイントに移動してくれるが生体反応がほとんどなく苦戦。潮の速いのは我慢して結局元の場所に戻ったり、新たなポイントを探してみたり。何度か魚信はあったが、釣れてくるのはヨリトフグ(ミズフグ)ばかり。ほかにはアカトラギスを1匹スレ掛かりで掛けただけで黙々と筋トレに励む時間帯が続く。そして本日二度目のハードワークのお時間が訪れる。赤サンゴ付きの岩よりは抵抗なく上がってきたがそれでも十分に重かったのは18センチプラヅノがグッチャグチャに絡まっている塊。それも150号のオモリのオマケ付き。イカ釣りって高切れすることあるんだと初めて知る。
潮めちゃ速でどうにもならず良型オニカサゴ?バラしため息潮めちゃ速でどうにもならず良型オニカサゴ?バラしため息

潮めちゃ速でどうにもならず良型オニカサゴ?バラしため息本日のハイライトは沖上がりの時間が近づきボウズを覚悟したころだった。本日、最初のガシッと手元に感じる明確な魚信。一呼吸おいてなんて余裕はなかった。針掛かりを早く確定させたくて即アワセ&追いアワセ。しっかり竿に重みが乗りこれで獲ったも同然のつもりだった。巻き上げ中も間欠的にいい暴れ方をする。オニカサゴなら40センチ以下ということはない手応えに「筋トレは裏切らない。最後までやり切った者は報われる」とにんまり。残り50メートルで一暴れし、これはもうオニカサゴ確定とフェイスカバーの下は既にドヤ顔。残り30メートルでもう一暴れしたときブルルという嫌な手応えを残して……バレた。ラスト一投でユメカサゴが釣れたがこれもリリースして、クーラー空っぽで帰ることに。
潮めちゃ速でどうにもならず良型オニカサゴ?バラしため息潮めちゃ速でどうにもならず良型オニカサゴ?バラしため息


Twitter

2021年02月13日 19:52

« 「リアランサー X キス」と「ベイゲーム キス」どっちが正解? | メイン | 【動画】やりきっても報われないことがあるのだよ…こん畜生 »

最近の釣りに行った記事

あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし

著者: へた釣り