きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ

きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけきっちり丁寧に間違えないようにと言われるのが子供のころから大嫌いだ。金沢八景・一之瀬丸からキンメムツ五目へ。キンメダイを狙って釣るのはこれが初めて。タナさえ合わせられれば難しい釣りではないと聞いていたが、釣り方以前に整理整頓が苦手でガサツな人はこの釣り不向き。

きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけヤリイカ胴突きシロギスに続くはじめての××シリーズ。50代半ばにして初体験できることがいまだにあるのは素敵なことだと思う。出船時間が早いのでいつもの電車ではなく、東海道線の始発で横浜駅まで行ってから京急に乗り継ぎ金沢八景へ。緊急事態宣言のおかげで酔客はほぼおらず電車はガラガラだった。船宿で残っている席札を確認すると、例によって艫から埋まっており左舷の舳は空いていた。舳だと投入が一番先になる。スムーズに投入する自信がないので胴にしようかとも考えたが、せっかく空いている舳を譲ると釣りの神様に嫌われる気がした。左舷舳の札を取る。片舷5人ずつで出船となる。沖の瀬まで約1時間の航路。

■ポイント到着前からあたふた。サバに蹂躙されながらキンメも3匹

きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ普段ならポイントに到着して船が減速してから仕掛けを付けるのだが、一番最初に投入しなくてはというプレッシャーで、船が走っている最中にエサを付けた針を船べりのマグネットに並べていく。6本針ならなんとかなりそうと安心しているとロッドキーパーに立てかけてあった竿が倒れて仕掛けがぐしゃぐしゃに。親子サルカンで仕掛けを切って修復することに。ポイントに着く前からあたふた。ポイントの水深は400メートルくらい。投入にはなんとか成功しそろそろ底?と構えていたら魚信。レンタルタックルなのでキンメダイの魚信がどんな感じなのか分からない。キンメかもと大事に巻き上げるも5本針に4匹のサバでがっかり。仕掛けが再起不能になってさらにがっかり。
きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけきっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ

きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ沖の瀬は潮がかなり速く300号のオモリでも底がかなり取りづらい。最初の着底の糸吹けを見逃すと底はどこぉ?となってしまう。2個所めのポイントでは着底し2メートルほど仕掛けを巻き上げると穂先に違和感。魚信というほど明確に引き込んではくれない。シロムツか何かが食ってきたのかもと巻き上げの合図があるまで放置してから巻き上げると、なんと上の方の針にキンメダイが2匹。上の方の針に食ってきたら魚信は大きく出るはずなのに……。とはいえキンメダイを狙って釣ったキンメダイの1匹目と2匹目をゲットする。ポイントによってはサバの猛攻に遭い仕掛けが底に着く前に巻き上げざるを得ないことも。底まで仕掛けを送り込めれば小さな魚信があって3匹目のキンメダイ。1、2匹目に比べて体高があり、これってフウセンキンメ? ナンヨウキンメ?
きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけきっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ

■きっちり丁寧に仕掛けを正せないので明らかにチャンスを逃して…

きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ3匹目を釣ったのは11時少し前。目標は家族4人に1匹ずつで4匹だったので楽勝と思っていたら、きっちり丁寧に作業ができない男は大失速する。まずは仕掛けを踏んだままオモリを投入してしまい仕掛けが切れて1回休み。風もなく凪。ほかの人が10本針でやっている中、自信がないので半分の5本針。なのにとにかく仕掛けが手前でマツリまくる。仕掛けを回収するたび、枝スを切って結び直さないといけない。準備に時間がかかって、船が減速すると「間に合わない!」と絶望感が押し寄せる。仕掛け回収時にマグネットに順に針を置いていけばよいという知識はあるが、そんなきっちり丁寧な作業はできない。間に合わないと判断したら針数を減らしてなんとか投入。針は5本になり、4本になり、3本になり……針数が減ったせいではないのだろうが船長から「魚信はでてますよ」というアナウンスがあっても完全に蚊帳の外に。

きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ水深450メートルくらいのポイントまでいろんなポイントに連れて行ってくれるが潮が速すぎて底が全く取れなかったり(取れても自信が持てなかったり)、サバの猛攻でなす術がなかったりと全く魚信が出せない時間が続く。キンメダイに有効な誘い方は知らない。バカの一つ覚えというか、深場の釣りはこの誘い方しか知らない誘い下げを試してみるも好転せず。サバすらも食ってこなくなる。手前マツリだけは相変わらずで仕掛けだけがどんどん減っていく。最後の流しというアナウンスがあったときなんて仕掛けを全く正せずに、でもパスするのは癪なので1本針で投入した。当然、魚信なしで終了。仕掛けをきっちり丁寧に扱えない自分がちょっぴり嫌いになった一日だった。
きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけきっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ


Twitter

2021年01月30日 20:37

« キンメダイは誘い下げより底を15秒に1回取り直しが基本? | メイン | 【動画】きっちり丁寧に間違えなくを頑張らないとね!と反省 »

最近の釣りに行った記事

潮めちゃ速でどうにもならず良型オニカサゴ?バラしため息
掛からんバレる…キンメに続いてクロムツにも嫌われたかも
きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ
初釣り2021は東京湾癒しのアジ&シロギス。胴突き面白い
釣り納め2020はアマダイ改めコレジャナイ十目釣りでチ~ン
チャンスタイムは根掛かりで…白間津シマアジまたもボウズ
久しぶりの宇佐美沖はカイワリ9匹込みで五目15匹と満足♪
ヤリイカデビュー戦ツ抜けに届かずも面白いのは分かった
どったんばったん大撃沈しホルモンまさるでがっつり反省会
ちょい時化でも妻はマグロ化せず良型アジ13匹と急成長?
タチウオはポンコツだけど頑張って9匹。アマダイはちっちゃ!!
一枚足らず…2020年のカワハギ開幕戦は竹岡ハギ屋敷?
高級魚は運次第? 本日の釣魚居酒屋へたはアジ専門店
カンパチガチャはハズレ! カイワリ2匹でなんとかなったぁ!!
テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!
居酒屋へたのお通しは小アジ南蛮漬け。それ食ったら寝る
雨中の筋トレのご褒美はラスト15分に30upクロムツを2匹だ
暑さ避けさくっと午前アジ作戦。サイズいろいろ39匹で成功
カイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼり
極鋭CGクロムツの章入魂。スミヤキ元気すぎて難しかった!!
2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続ける
ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹
気まぐれな剣崎沖イサキに翻弄されるのもいと嬉しで35匹♪
自己最大47センチ&自己最多更新で富戸オニカサゴ最高♪
A5ランク絶品アジばかり53匹。時化避けサクッと釣行大成功
推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…
和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた
イサキ開幕戦は尺級5匹込み23匹。でも剣崎は撃ちーん!
復活の日釣行。まずはめでタイ、あとはひたすらイサキで…
【コロナで自粛】試行錯誤で美味しく! 日田風焼きそば開店
【コロナで自粛】大阪の居酒屋の味を求め串揚げやさん開店
【コロナで散財】美味い乾麺のそば番外編。ほうじ茶蕎麦編
【コロナで自粛】大阪の匂いに包まれお好み焼き屋さん開店
【コロナで自粛】子供1号バイト先より肉着弾し焼肉屋開店!!
【コロナで散財】一番美味い乾麺のそばを探す。天狗そば編
【コロナで自粛】陽気がよいので玄関先で焼き鳥屋さん開店
【コロナで散財】日本一美味い駅そば「音威子府そば」を食う
アラはともかくとして…クーラー真っ白でピント合わねぇよ(泣
前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!
怒涛の4連荘ありアカムツ5匹。極鋭CG釣れる気しかしない
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉

著者: へた釣り