アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった

アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった北海道遠征2017最終日。夜の飛行機で東京に帰る。朝4時から釧路の沖へ。釧路港・海攻という船に乗って、昨日釣り忘れたアオゾイをゲットし今年の北海道での釣りは最高だったねと締めくくりたい。2日連続で大漁だったが、アオゾイには嫌われた。アオゾイチャレンジはまた来年。

アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった本日はお一人様釣行なので、朝4時にホテルをチェックアウトして、幣舞橋のたもとにある海攻の乗り場へと歩く。霧が濃い。信号や街灯が滲んで見える。フラッシュを焚いて写真を撮ると水滴がいっぱい写る。天然のミストシャワー状態なわけで、涼しいを通り越して肌寒い。気温は15度。もう1枚中になにか暖かい服を着てくるべきだったかも。船着場には釧路のフィーリング船長と勝手に呼んでいる半田船長が既に到着し、出船の準備をしていた。
アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかったアオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった

■一投目で「反応あるのになぁ」。ラバマックスでヤナギノマイを!!

アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった平日でしかも釧路の沖は波2.5メートルという予報だったので釣客は少なめで、へた釣りを含めて3人で出船。へた釣りの釣り座は右舷の舳。予定の5時より少し早く船は岸壁を離れる。ウネリで上がったり下がったりしながらの航行だが、昨日に比べればなんてことはない。これなら船酔いの心配はなさそうだ。航行中に見つけた反応に一投だけ寄り道する。早速、あの言葉が…「すごい反応なのになぁ。潮が悪いね」。魚信なしで寄り道作戦は失敗。95メートルのポイントに移動して本格的に釣り開始。
アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかったアオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった

アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかったオモリがめり込む感触があるので底は砂泥。ヤナギノマイのポイントだ。船長いわくこのポイントも「反応はバッチリ」。でも……何も起きない。「潮止まりだから粘りましょう」とのことなので低活性時に根魚に口を使わせるテロテンションからたるませ釣りをやってみるがそれでもダメ。工夫という名の愚作、ラバマックスをバルーンサビキに吹き付けてみると本日初めての魚信。少し粘って追い食いさせてヤナギノマイのダブルが本日の初釣果。それからヤナギノマイと中型タラがポツポツ連れ出したのでラバマックス効いてるかも。ウサギアイナメまで釣れた。
アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかったアオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった

■船長の予告通りに潮が動くと爆発。でも……アオゾイ延長戦は不発

アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった船長は自分も竿を出しながら頻繁に釣況を説明をしてくれる。「反応は針数ついてもおかしくない。でも潮が全く動いてくれない。潮が動けば釣れるからもう少し我慢ですよ~」。釣り客1人1人の釣り座まで行ってそんな説明をしている。釧路の遊魚船で最も客商売しているのが海攻だと思う。へた釣りとしては我慢してねと言われている釣果で十分にいいペースで釣れているという認識だったり。そして船長のいう我慢の先が突然やってきた。ヤナギノマイが5匹。特大マタラが釣れたかと思えば、中タラ3匹と良型ヤナギノマイ3匹の一荷も。難しく考えなくてもタナさえ合えば魚信が出る。
アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかったアオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった

アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった「十分釣れたので12時沖上がりでいいですか?」と船長が聞きにくる。これ以上魚はいらないと言いたいところだが…心残りがある。「アオゾイ釣ってない」。へた釣りのアオゾイのために延長戦をしてもらえることに。港に戻りながら60メートル、45メートルといったアオゾイが狙える岩礁ポイントを数カ所釣らせてもらう。アオゾイを1匹釣るまで何カ所でも行ってくれそうだったが、ほかの釣り客が竿をたたみ始め、へた釣りのためだけの延長戦に気がひけて「アオゾイは来年にします!!」とへた釣りがギブアップ。船着場に着くと前日に釣ったと思われるアオゾイが発泡ケースに入って用意されていた。ありがたく頂く。
アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかったアオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった



Twitter

2017年07月25日 23:25

« 2年ぶりの釧路の沖を満喫。ただしアオゾイ明日にオアズケ | メイン | バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸? »

最近の釣りに行った記事

台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新
6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?

著者: へた釣り