アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった

アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった北海道遠征2017最終日。夜の飛行機で東京に帰る。朝4時から釧路の沖へ。釧路港・海攻という船に乗って、昨日釣り忘れたアオゾイをゲットし今年の北海道での釣りは最高だったねと締めくくりたい。2日連続で大漁だったが、アオゾイには嫌われた。アオゾイチャレンジはまた来年。

アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった本日はお一人様釣行なので、朝4時にホテルをチェックアウトして、幣舞橋のたもとにある海攻の乗り場へと歩く。霧が濃い。信号や街灯が滲んで見える。フラッシュを焚いて写真を撮ると水滴がいっぱい写る。天然のミストシャワー状態なわけで、涼しいを通り越して肌寒い。気温は15度。もう1枚中になにか暖かい服を着てくるべきだったかも。船着場には釧路のフィーリング船長と勝手に呼んでいる半田船長が既に到着し、出船の準備をしていた。
アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかったアオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった

■一投目で「反応あるのになぁ」。ラバマックスでヤナギノマイを!!

アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった平日でしかも釧路の沖は波2.5メートルという予報だったので釣客は少なめで、へた釣りを含めて3人で出船。へた釣りの釣り座は右舷の舳。予定の5時より少し早く船は岸壁を離れる。ウネリで上がったり下がったりしながらの航行だが、昨日に比べればなんてことはない。これなら船酔いの心配はなさそうだ。航行中に見つけた反応に一投だけ寄り道する。早速、あの言葉が…「すごい反応なのになぁ。潮が悪いね」。魚信なしで寄り道作戦は失敗。95メートルのポイントに移動して本格的に釣り開始。
アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかったアオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった

アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかったオモリがめり込む感触があるので底は砂泥。ヤナギノマイのポイントだ。船長いわくこのポイントも「反応はバッチリ」。でも……何も起きない。「潮止まりだから粘りましょう」とのことなので低活性時に根魚に口を使わせるテロテンションからたるませ釣りをやってみるがそれでもダメ。工夫という名の愚作、ラバマックスをバルーンサビキに吹き付けてみると本日初めての魚信。少し粘って追い食いさせてヤナギノマイのダブルが本日の初釣果。それからヤナギノマイと中型タラがポツポツ連れ出したのでラバマックス効いてるかも。ウサギアイナメまで釣れた。
アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかったアオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった

■船長の予告通りに潮が動くと爆発。でも……アオゾイ延長戦は不発

アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった船長は自分も竿を出しながら頻繁に釣況を説明をしてくれる。「反応は針数ついてもおかしくない。でも潮が全く動いてくれない。潮が動けば釣れるからもう少し我慢ですよ~」。釣り客1人1人の釣り座まで行ってそんな説明をしている。釧路の遊魚船で最も客商売しているのが海攻だと思う。へた釣りとしては我慢してねと言われている釣果で十分にいいペースで釣れているという認識だったり。そして船長のいう我慢の先が突然やってきた。ヤナギノマイが5匹。特大マタラが釣れたかと思えば、中タラ3匹と良型ヤナギノマイ3匹の一荷も。難しく考えなくてもタナさえ合えば魚信が出る。
アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかったアオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった

アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった「十分釣れたので12時沖上がりでいいですか?」と船長が聞きにくる。これ以上魚はいらないと言いたいところだが…心残りがある。「アオゾイ釣ってない」。へた釣りのアオゾイのために延長戦をしてもらえることに。港に戻りながら60メートル、45メートルといったアオゾイが狙える岩礁ポイントを数カ所釣らせてもらう。アオゾイを1匹釣るまで何カ所でも行ってくれそうだったが、ほかの釣り客が竿をたたみ始め、へた釣りのためだけの延長戦に気がひけて「アオゾイは来年にします!!」とへた釣りがギブアップ。船着場に着くと前日に釣ったと思われるアオゾイが発泡ケースに入って用意されていた。ありがたく頂く。
アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかったアオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった



Twitter

2017年07月25日 23:25

« 2年ぶりの釧路の沖を満喫。ただしアオゾイ明日にオアズケ | メイン | バルーンサビキに餌が主流? シシャモは7月後半に接岸? »

最近の釣りに行った記事

曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!
釣り納め2017はカイワリ17匹で自己最多更新。ハマチも8匹
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳
ツイテないのか実力不足か。一之瀬丸感謝デーで撃ち~ん
時化の上に激渋カワハギだったがピカイチくんに救われる
入学初日に退学しよかなと頭をよぎった2017アマダイ初戦
平和島は果てしなく…。TKB6回目で初めて船中個人表彰♪
ダイ三元狙いも…中(マダイ)のみ。この釣り向いてないね
プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会
江戸前カワハギおかわりは船別で型数1位も3万円に届かず
台風前の強行午前アミ五目はマダイで入魂、イナダで痛恨
台風の中継かって時化海でたっのしーいカワハギ釣り大会
高切れ、竿折れ、コマセをかぶって…精も根も尽き果てたよ
ちいさいアジ、ちいさいアジ、ちいさいアジだけ釣…~れた♪
あと5g分の底力が足りず上州屋カワハギ大会はお土産なし
ウィリーたっのしーカイワリ5匹。カンパチきっびしー1匹だけ
1匹だけはという夢はかなえたもののマゴチに苦手意識は…
どっちつかずで狙いを絞れずアジのみで終わったアミ五目
時化後の××で八景沖アジがちょろいヤツに。半日で117匹♪
型(25up×7匹)よし、数(122匹)よしで2017イサキは最高だ♪
1匹1匹丁寧に真心込めて巻き上げたイサキは…88匹止まり
船上でムキー!!ってなったら負け。タチウオ迷宮に迷いこむ
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!
入れパク追い食いバリバリ。イサキ162匹に笑いが止まらん
アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった
2年ぶりの釧路の沖を満喫。ただしアオゾイ明日にオアズケ
なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらう
釣りができる喜びに小突きまくった標津沖カレイは44cmまで
予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す
カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果に
サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征

著者: へた釣り