釣りができる喜びに小突きまくった標津沖カレイは44cmまで

釣りができる喜びに小突きまくる標津沖カレイは44cmまで人生3度目の標津沖小突きカレイに。昨年は人生初の50UPクロガシラを仕留めてドヤ顔を決めたので今年もと意気込んで臨んだ。小突いて小突いてカジカをかわし、大型カレイのモタレるような魚信に対応してと妄想シミュレーションは完璧だったが、魚との折り合い悪く本日は44センチまで。

釣りができる喜びに小突きまくる標津沖カレイは44cmまで学校の関係で子供1号北海道に来れなかったので、子供2号とともに標津沖カレイ。恒例の最大魚一発勝負の北海道の師匠杯に参戦。優勝賞金1万円を狙って子供2号はやる気マンマンだった。へた釣りはというと、毎年釣り始める前は、空気を読んで子供たちに賞金が渡るようになどと殊勝なことを考えているのだが、いざ釣り始めると全く空気を読まずに真剣勝負。竿を握ってベストを尽くさない……そんなの無理だもんね。今年も空気を読まずに全力で頑張ったが…どうもうまくいかなかった。

■子供2号痛恨の海面バラシ。小突きすぎると大型が釣れないのかも…

釣りができる喜びに小突きまくる標津沖カレイは44cmまで4時半に北海道の師匠にホテルまで迎えにきてもらって、総勢8名で標津港を目指す。小雨がパラパラと降っているが釣りの邪魔になるほどの雨足ではない。むしろ風の方が気になる。強風というほどではないが、7、8メートルの風。標津の沖は風に強く海が荒れることはほとんどないそうだが……。7時半に標津港に到着し、8時に出船。船は毎年お世話になっている日陽丸だが、今年は船長が怪我をされたそうで、代理の人が操船してくれた。

釣りができる喜びに小突きまくる標津沖カレイは44cmまで小雨模様で陸地が見えないのでどの方向のポイントに向かったのかは定かでない。15分ほど走ったポイントで釣り開始となる。いきなり子供2号の竿が強烈に曲がり、ときどき激しい抵抗を見せる。海面に現れたのは50センチはあろうかといういきなり優勝サイズのクロガシラ。タモの準備ができてなかった(写真撮ってる場合じゃないだろ!!、俺w)ため痛恨の海面バラシ。幸先悪いスタートだが、子供2号にしてみれば人生最大のカレイの姿は拝めたわけで俄然テンションが上がる。その直後にへた釣りが船中1匹目のカレイ。でも…30センチくらいと小さい。
釣りができる喜びに小突きまくる標津沖カレイは44cmまで釣りができる喜びに小突きまくる標津沖カレイは44cmまで

■3匹合計寸なら子供2号健闘。へた釣りは動かしすぎてサイズ伸びず

釣りができる喜びに小突きまくる標津沖カレイは44cmまでこの日は子供2号が絶好調。45センチ級のカレイを数枚上げたかと思えば、45センチと40センチの一荷で、ドラグの滑りっぷりからオヒョウかも?なんてドキドキも味わった。一方のへた釣りはというと…釣れども釣れども小さい。30センチ級ばかりで40センチになかなか届かない。やっとまともな引きをする魚に大喜びするもドデカサイズのカジカでがっかり。小突きすぎると魚信は増えるが、サイズが小さくなると薄々は気づいていたが、そこは多動性中年の性で小突かず待つという作戦に切り替えられない。
釣りができる喜びに小突きまくる標津沖カレイは44cmまで釣りができる喜びに小突きまくる標津沖カレイは44cmまで

釣りができる喜びに小突きまくる標津沖カレイは44cmまでこのまま40センチ超えなしで終わりかもという予感がし始めたころ、ようやくアワセにいって竿を立てるのにちょっと苦労するいい魚信。ドラグを出しながらゆっくりファイトして取り込んだのが本日最大の44センチのクロガシラ。ソウハチガレイやヌマガレイ(北海道ではゴソガレイ)交じりで本命のクロガシラ、マガレイがポツポツと釣れ続き、12時で沖上がり。今年、空気を読まずに北海道の師匠杯を制したのは…北海道の師匠。55センチだった。第2位は北海道の師匠の釣友のA木師範でこれも52センチのご立派サイズ。へた釣りは空気を読んで着外。子供2号は数なら船中上位だったと思うのだが、へた釣りの指導のせいで小突きまくったのが仇となり45センチ級は3、4匹釣ったのに入賞サイズは手にできなかった。
釣りができる喜びに小突きまくる標津沖カレイは44cmまで釣りができる喜びに小突きまくる標津沖カレイは44cmまで



Twitter

2017年07月22日 16:59

« 予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す | メイン | なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらう »

最近の釣りに行った記事

かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!
釣り納め2017はカイワリ17匹で自己最多更新。ハマチも8匹
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳
ツイテないのか実力不足か。一之瀬丸感謝デーで撃ち~ん
時化の上に激渋カワハギだったがピカイチくんに救われる
入学初日に退学しよかなと頭をよぎった2017アマダイ初戦
平和島は果てしなく…。TKB6回目で初めて船中個人表彰♪
ダイ三元狙いも…中(マダイ)のみ。この釣り向いてないね
プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会
江戸前カワハギおかわりは船別で型数1位も3万円に届かず
台風前の強行午前アミ五目はマダイで入魂、イナダで痛恨
台風の中継かって時化海でたっのしーいカワハギ釣り大会
高切れ、竿折れ、コマセをかぶって…精も根も尽き果てたよ
ちいさいアジ、ちいさいアジ、ちいさいアジだけ釣…~れた♪
あと5g分の底力が足りず上州屋カワハギ大会はお土産なし
ウィリーたっのしーカイワリ5匹。カンパチきっびしー1匹だけ
1匹だけはという夢はかなえたもののマゴチに苦手意識は…
どっちつかずで狙いを絞れずアジのみで終わったアミ五目
時化後の××で八景沖アジがちょろいヤツに。半日で117匹♪
型(25up×7匹)よし、数(122匹)よしで2017イサキは最高だ♪
1匹1匹丁寧に真心込めて巻き上げたイサキは…88匹止まり
船上でムキー!!ってなったら負け。タチウオ迷宮に迷いこむ
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!
入れパク追い食いバリバリ。イサキ162匹に笑いが止まらん
アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった
2年ぶりの釧路の沖を満喫。ただしアオゾイ明日にオアズケ
なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらう
釣りができる喜びに小突きまくった標津沖カレイは44cmまで
予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す
カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果に
サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征
ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新

著者: へた釣り