入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ

入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ幼稚園のときから人と同じペースで決められた動作をするのが苦手だったし嫌いだったと思い出す。内房勝山港・萬栄丸の半夜クロムツで良型望める洲崎沖に初めて行けた。潮が速く投入は同時に1回。遅れるとお休み。入れて入れて休んで入れて休んで休んで…半分は投入できたかな?

入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわラーク名人の仕立てに混ぜていただいて昨年11月からほぼ1年ぶり人生四度目の半夜クロムツへ。うち2戦は萬栄丸から昨年釣行しており、16匹27匹と順調に釣れていた。釣り方もうっすらとは分かってきている気がしていたので、自己最大(38センチ)&自己最多(27匹)をダブルで更新狙っちゃおうと気合だけは十分。十分すぎた気合は空回りしてしまい前夜は寝付けず寝不足気味。入れ込みすぎたときはだいたい結果はよくない。高活性なクロムツに助けられて貧果でこそなかったが…自己最大にも自己最多にもほど遠く。釣り座は右舷の前から二番目。舳には深場の勇者様

■良型狙える洲崎沖で投入できれば一投1匹以上のペースで順調だが…

入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ16時すぎの出船時刻は凪だが、20時を過ぎると北風が強くなる予報。りょう船長は凪のうちに沖と呼ばれる洲崎沖まで行って、勝負を決めちゃおうという戦略らしく、45分走って洲崎沖へ。良型が望めるポイントだが、行けたのは初めて。念願の40超えをと3本針の仕掛けで底を10メートルくらい切って、枝ス長の70センチ刻みとストンストンと落として誘ういつもの釣り方。サバやアジより先にクロムツが食ってくるタナを探せば一荷で数を伸ばせる。いつもと違うのは潮が速く投入がブザーと同時に1回だけだったこと。キンメダイとかヤリイカとか……このルールがあるだけで面白いし美味しいけれど釣りに行くのは年に一度でいいかなと考えちゃうほどに苦手かつ嫌いなルールだ。

入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわりょう船長は高活性のクロムツの群れの上に船を付けてくれた。ただしクロムツ以上にサバ元気で2投ほどサバに捕まってしまい出遅れた上にオマツリで仕掛けをロストすることに。仕掛けを付け替えてようやく竿先をガコッと揺するような魚信がある。昼間は250メートルで釣るクロムツだが夜は水深100メートルくらい。同じガコッでも迫力倍増で楽しい。30センチを少し超える満足サイズ。サバだけでなくアジも元気だった。アジの邪魔が少ない底から7~8メートルが当たりタナかなという手応えだった。しばらく一投1匹以上で釣れる。

■入れて入れて休んで入れて休んで休んで入れて休んで入れて休んで

入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ一投1匹以上ではあるが、船長から投入の合図の回数だけ投入できていたわけではない。釣りは遊びなので苦手なことは頑張らない。サバがかかると仕掛けを正すのに時間がかかってしまい次の投入はパス。投入をパスすると、魚をクーラーに移したり、カメラのバッテリーを入れ替えたりする時間を作れるので自分のペースで釣れる。仕掛けは捌きやすいように幹糸フロロ14号で作ってあるのにどうして仕掛けを正すのにいつも以上に時間がかかる?と原因を考えると思い当たったのが白内障。日常生活では特に不便を感じていなかったが、暗いと仕掛けがどう絡んでいるのか全く識別できず作業が捗らない。改善しようがないことでイライラするのは嫌なので急がずゆっくりやろうと決める。オマツリで高切れしてリーダーを組み直して3回連続休みになっても気にしない。

入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ20時を過ぎると予報通り風が急に吹き始めてきた。吹いても9メートルまでのつもりだったが、洲崎沖はチェックしていた海域よりも風が明らかに強くあっという間に釣りの継続が困難な感じの海になってしまう。元々投入が間に合っていなかったへた釣りはこうなると相当厳しい。やっと投入できても合図より少し遅れてしまっているのかサバやアジばかりで、ラスト1時間でクロムツは2匹追加できただけ。りょう船長は1匹でも多く釣らせてくれようと時化の中できるギリギリまで頑張ってくれたが応えられず。21時に沖上がり。帰りは船揺れまくりで酔い止めを飲んでいても軽く船酔いするほどの揺れ具合だった。クロムツは15匹。サイズは小ぶりだった1匹を除いて30~35センチ。痛風で魚はたくさん食べられないので十分。


Twitter

2023年10月22日 12:20

« 楽しみすぎて寝られんかった。おかたずけバッカン持ってく | メイン | 【動画】投入できないのにビデオ撮影はしちゃうのであった »

最近の釣りに行った記事

前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ
ウィリーもカブラも無視するカイワリなんて大嫌いだぁあ

著者: へた釣り