釣りができる喜びに小突きまくった標津沖カレイは44cmまで

釣りができる喜びに小突きまくる標津沖カレイは44cmまで人生3度目の標津沖小突きカレイに。昨年は人生初の50UPクロガシラを仕留めてドヤ顔を決めたので今年もと意気込んで臨んだ。小突いて小突いてカジカをかわし、大型カレイのモタレるような魚信に対応してと妄想シミュレーションは完璧だったが、魚との折り合い悪く本日は44センチまで。

釣りができる喜びに小突きまくる標津沖カレイは44cmまで学校の関係で子供1号北海道に来れなかったので、子供2号とともに標津沖カレイ。恒例の最大魚一発勝負の北海道の師匠杯に参戦。優勝賞金1万円を狙って子供2号はやる気マンマンだった。へた釣りはというと、毎年釣り始める前は、空気を読んで子供たちに賞金が渡るようになどと殊勝なことを考えているのだが、いざ釣り始めると全く空気を読まずに真剣勝負。竿を握ってベストを尽くさない……そんなの無理だもんね。今年も空気を読まずに全力で頑張ったが…どうもうまくいかなかった。

■子供2号痛恨の海面バラシ。小突きすぎると大型が釣れないのかも…

釣りができる喜びに小突きまくる標津沖カレイは44cmまで4時半に北海道の師匠にホテルまで迎えにきてもらって、総勢8名で標津港を目指す。小雨がパラパラと降っているが釣りの邪魔になるほどの雨足ではない。むしろ風の方が気になる。強風というほどではないが、7、8メートルの風。標津の沖は風に強く海が荒れることはほとんどないそうだが……。7時半に標津港に到着し、8時に出船。船は毎年お世話になっている日陽丸だが、今年は船長が怪我をされたそうで、代理の人が操船してくれた。

釣りができる喜びに小突きまくる標津沖カレイは44cmまで小雨模様で陸地が見えないのでどの方向のポイントに向かったのかは定かでない。15分ほど走ったポイントで釣り開始となる。いきなり子供2号の竿が強烈に曲がり、ときどき激しい抵抗を見せる。海面に現れたのは50センチはあろうかといういきなり優勝サイズのクロガシラ。タモの準備ができてなかった(写真撮ってる場合じゃないだろ!!、俺w)ため痛恨の海面バラシ。幸先悪いスタートだが、子供2号にしてみれば人生最大のカレイの姿は拝めたわけで俄然テンションが上がる。その直後にへた釣りが船中1匹目のカレイ。でも…30センチくらいと小さい。
釣りができる喜びに小突きまくる標津沖カレイは44cmまで釣りができる喜びに小突きまくる標津沖カレイは44cmまで

■3匹合計寸なら子供2号健闘。へた釣りは動かしすぎてサイズ伸びず

釣りができる喜びに小突きまくる標津沖カレイは44cmまでこの日は子供2号が絶好調。45センチ級のカレイを数枚上げたかと思えば、45センチと40センチの一荷で、ドラグの滑りっぷりからオヒョウかも?なんてドキドキも味わった。一方のへた釣りはというと…釣れども釣れども小さい。30センチ級ばかりで40センチになかなか届かない。やっとまともな引きをする魚に大喜びするもドデカサイズのカジカでがっかり。小突きすぎると魚信は増えるが、サイズが小さくなると薄々は気づいていたが、そこは多動性中年の性で小突かず待つという作戦に切り替えられない。
釣りができる喜びに小突きまくる標津沖カレイは44cmまで釣りができる喜びに小突きまくる標津沖カレイは44cmまで

釣りができる喜びに小突きまくる標津沖カレイは44cmまでこのまま40センチ超えなしで終わりかもという予感がし始めたころ、ようやくアワセにいって竿を立てるのにちょっと苦労するいい魚信。ドラグを出しながらゆっくりファイトして取り込んだのが本日最大の44センチのクロガシラ。ソウハチガレイやヌマガレイ(北海道ではゴソガレイ)交じりで本命のクロガシラ、マガレイがポツポツと釣れ続き、12時で沖上がり。今年、空気を読まずに北海道の師匠杯を制したのは…北海道の師匠。55センチだった。第2位は北海道の師匠の釣友のA木師範でこれも52センチのご立派サイズ。へた釣りは空気を読んで着外。子供2号は数なら船中上位だったと思うのだが、へた釣りの指導のせいで小突きまくったのが仇となり45センチ級は3、4匹釣ったのに入賞サイズは手にできなかった。
釣りができる喜びに小突きまくる標津沖カレイは44cmまで釣りができる喜びに小突きまくる標津沖カレイは44cmまで



Twitter

2017年07月22日 16:59

« 予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す | メイン | なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらう »

最近の釣りに行った記事

猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦
特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ

著者: へた釣り