なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらう

なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらう本日は北海道遠征2017の折り返し日にして休竿日。明日、明後日の釧路沖の波風予報は好転し、出船できそうな雰囲気。2年ぶりのアオゾイとの対面を果たしたい。休竿日といっても船には乗らないが竿は握る。ホテルの脇を流れる小川で渓流釣りの真似事。オショロコマと戯れる。

なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらうお気に入りの宿、ヘイゼルグラウスマナーに今年も一泊。美味しい料理とワイン、カクテルを楽しんで、どこの王侯貴族用?という豪勢なベッドで眠る。せっかくの寝心地最高のベッドなのだからゆっくり寝てればいいのだが、日が昇り窓の外が明るくなると不思議と目が覚める。渓流竿と仕掛け一式、エサのブドウ虫を持って、ホテル脇を流れる虹別川の支流に向かう。散策用にかそれともへた釣り同様ここで渓流釣りの真似事をして楽しむ人がほかにもいるのか、足場がきれいに拓かれており、スニーカーでだって釣りができるようになっている。

■川の中に進んで丁寧にバイカモ際を流すとオショロコマが飛び出す

なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらう川は毎年姿容を変える。今年はこの数日降った雨のせいか流れが急で手前側は極端に浅くなっており、本流は竿が届かない奥の方になってしまっていた。まずは手前の浅いポイントを流してみるが水深が浅すぎるのか魚の反応はなし昨晩雨が降り、足元の草が濡れていそうだったので長靴を履いていたので手前の浅い場所を渡って奥の本流に仕掛けが流せる位置まで前進する。

なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらう渓流の魚は神経質なので音を立てない、姿を見せないなんて繊細なことを考える必要はこの川に限ればない。バチャバチャと本流のバイカモの際に竿が届く場所まで進んで、仕掛けを投入する。なるべくエサが自然に流れるように糸を張らず緩めず流していくと道糸に付けた目印が不自然な動きをする。ゆっくりとラインを張ると手元まで魚が暴れる小気味よい感触が伝わってくる。オショロコマというイワナの仲間だ。広い場所ではないので、あまりたくさんは釣れないが、オショロコマのいそうな場所を予想してエサを流すといい確率で魚が飛び出してくる。8匹ほど釣ったころに背後から子供の声。
なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらうなんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらう

■橋の上から…釣れるかと不安だったが子供たち3人ともゲットに成功

なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらう子供2号と姪1号、姪2号が3人でやってくる。子供2号と姪1号は昨日の標津沖カレイ釣りにも参加しているが、姪2号はまだ小さいという理由でカレイ釣りには混ぜてもらえない。禁止されるとやりたくなるのが子供というもので、姪2号は釣りに興味津々。昨年は釣堀に離してあったニジマスとのファイトを楽しんでもらったが、今年は釣堀にニジマスは入っていない。川の中に立つのは危険なのでポイントを移動することに。少し上流に小さな木の橋がかかっておりその上から釣ることに。

なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらう普通の渓流での釣りとは違い上流から下流に竿を扇形に動かして流すという釣り方はできないので釣れるかどうか不安だったが、子供2号がなんなく1匹目のオショロコマをゲット。いい位置にエサが入れば難しいことを考えなくても魚が飛び出してくる。続いて姪2号。これまたなんなくオショロコマを釣り上げる。好きこそものの上手なれで釣り方を説明するとすぐに理解する。来年はカレイ釣りにも参加できそう? 最後に姪1号。お姉さんらしくあっさりと魚を釣り上げる。3人とも2、3匹ずつ釣り上げた。無事に全員釣ってもらえることができて、へた釣りはミッションコンプリート。
なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらうなんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらう



Twitter

2017年07月23日 16:48

« 釣りができる喜びに小突きまくった標津沖カレイは44cmまで | メイン | 2年ぶりの釧路の沖を満喫。ただしアオゾイ明日にオアズケ »

最近の釣りに行った記事

釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ
ウィリーもカブラも無視するカイワリなんて大嫌いだぁあ
予想以上の時化に軽く船酔いげんなりしつつクロムツ6匹
尺には遠いが長井沖で人生初のイワシでメバルをゲット♥
猿アジ冬のトリプルまつり開催中でアジフライ半年分57匹♪
魚信を出せず心荒む展開も熟アマダイ(45)に慰められる
電車故障・潮超速・偏光グラス破損…ハードラックな1日

著者: へた釣り