隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク

隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク暑かった。死ぬかもってくらい暑かった。こんな日に釣りに行ってはいかんよね。小坪港・洋征丸からカツオチャレンジ2023。キハダなんて欲張ったことは端から考えていない。サイズ問わずカツオを1匹釣って食べたいという望みは2年連続でノーピクに散る。すぐ隣で深場の勇者様は……。

隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク不要不急の外出を避けるべき猛暑日になることはニュースで騒いでいたので知ってはいた。海の上なら風も通るだろうしそんなにつらくはないだろうと考えていたがとんでもなかった。深夜に勇者様に迎えに来ていただく。カツオならたっぷり入るクーラーを引っ張って待ち合わせ場所に向かったが、夜中でも汗ばむ暑さ。港で準備をしていても汗が吹きだしてくる。竿とロッドキーパーは船宿でお借りし、テンビンやビシ、仕掛け、餌まで勇者様に用意していただく。昨年は船中ノーピクで終わったカツオチャレンジだが、今年は好調とはいかないものの釣れてはいるので1匹くらいなんとかなる…かな?

■指示ダナ20メートルで今年こそカツオゲットのはずだったのに……

隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク船は港を出て昨年同様小田原沖へと思っていたら減速したポイントからは見慣れた島が見える。初島の沖で釣り開始となる。まずはカツオ狙いからという指示がありタナは20メートル。22メートルまでビシを落として22・21メートルでコマセを振り出して20メートルで待つ。コマセは2回振って全部出し切るようにと指導されたが2振りでビシを空にするのはなかなか難しい。タナで待つのは30秒ほどで魚信がなければハンドル1回転タナを上げて誘ってそれでも魚信がなければ仕掛けを回収しコマセを入れ替える。カツオ釣りはかなり勝負が早い釣りのようで1分も魚信がないと自主的に回収しなくても船長から移動の合図がある。

隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピクへた釣りの釣り座は左舷の前から3番目。舳と2つ左隣となる胴の間でカツオが釣れたのを確認する。カツオがいるならチャンスはあるはず。左隣の人の竿がほぼ直角に曲がる。船長が飛んできてサポートしている。引きでマグロだと分かったようだ。何度かドラグを引き出されながら上がってきたのはキハダマグロの若魚でキメジと呼ぶらしい。その後、同じ人にもう一度マグロらしい魚信があったがこれはハリス切れでバレた。それを見て勇者様はカツオの仕掛けからマグロの仕掛けに付け替えていた。へた釣りの本命はカツオなのでカツオの仕掛けのまま頑張ったが……ほぼ無風で太陽を遮るものがない船上は灼熱地獄。どんどん体力と集中力が奪われていき…釣りをやめずに続けているだけで十分頑張っている気になり始める。

■マグロって本当に釣れるんだね…カツオも大きいのちゃんといたよ

隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク指示ダナが少しずつ深くなっていく。25メートルになり、30メートルになり、40メートルに。カツオはいないわけではないがキメジと混泳している状態でカツオ狙いのタナは指示されなくなった。このタイミングでマグロの仕掛けに換えるようにと指示される。仕掛けの長さが長いので指示ダナの5メートル下まで落として1メートル刻みで2回コマセを巻いたら指示ダナに合わせる。竿を下げた状態でタナを合わせたら動かさずに待つ。勇者様の竿が大きくしなる。電動リールがうなりを上げてのやり取り。船長だけでなくいろんな人が集まってくる。勇者様いわく「道具が万全なら楽勝」でタモに収まったのは26キロのキハダマグロ。こんなのが普通に相模湾を泳いでいるんだなと驚いた。

隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク一方のへた釣りはというと教わったとおりコマセを巻いてタナで待ってを繰り返しているものの一度も魚信なしでノーピク継続中。大きな魚はへた釣りの餌を避けるという傾向…あきらかにあると思う。もう一度勇者様の竿が大きくしなる。キメジかな?と少し強引なやり取りで海面に姿を現したのはご立派サイズ、3.6キロのカツオだった。この魚は脳天〆したらへた釣りのクーラーに入れてもらえる。カツオを釣るという目標は達成できそうな気配はないが釣れたてのカツオを食べることはできそう。暑さと戦いながら最後まで頑張ったと書いて締めたいところだが…暑すぎて水分補給や冷感スプレーを使って休憩を挟みながらでないと釣りを続けられなかった。無風の猛暑日には二度と釣りには行かないと心に誓う。


Twitter

2023年08月20日 19:44

« 究極の糸巻きスプールHD+、キスワームフックが無事着弾 | メイン | 【動画】深場の勇者様のカメラマンとして乗船したような… »

最近の釣りに行った記事

特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ

著者: へた釣り