ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦

ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦治らない痛風発作のせいでお酒も呑めず、散歩もできない。尿酸値と血糖値管理のために食事制限だけはしっかりしなければならないという生活を50日以上続けている。仕方がないと諦めつつもストレスはある。毎週末の釣りだけは楽しく過ごしたい。夏秋の癒しの釣魚アカハタに初挑戦した。

ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦冬春の癒しの釣魚はメバルである。ふるふると穂先を震わせる前魚信から勢いよく穂先を持っていく釣趣は抜群だしよほど悪い日に当たらなければ釣れないということはない。釣趣の良さと釣れる公算が高いことが癒しの釣魚の条件だとすると、アカハタは夏秋の癒しの釣魚になってくれるのではと…。三崎港・えいあん丸からアカハタに初挑戦。初めてなので今後試行錯誤すべき余地を大いに残しつつも、ガツ~ンと穂先持っていく釣趣よし、数もそれなりにと期待を裏切らなかった。癒し釣行で体調を崩しては台無しなので、締め付けなしの痛風サンダルと低糖質パンで節制しつつ楽しんできたよ。
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦

■すぐに人生初アカハタを釣ってこれはちょろいかもと勘違いする

ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦ポイントは城ヶ島をぐるりと周遊する感じで水深30メートルから15メートルくらいの根周りを攻める。エサは船宿支給のサバ短。ヒイカなどが特餌になるとの情報もあったが最初からあれもこれもと手を出すと課題を抽出しにくくなるので、エサの持ち込みはしなかった。仕掛けは枝ス40センチと少し長めの物を自作した。カサゴではなくアカハタ狙いにはエサが自然に動くように少し長めの枝スの方がよいのではと考えた。魚信はすぐにあってオキゴンべ。続いてカサゴにしてはよく引く魚信があり、本命アカハタ。25センチを少し切るサイズだが人生初のアカハタだ。
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦

ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦オモリを底に着けるとカサゴが優勢になる。底を切って誘うとエサ取りらしき小さな魚信が頻発しエサがなくなってしまう。エサ取りの正体はキタマクラ。サバ短だとかなりエサ持ちが悪い。ならばキタマクラを寄せないようにあまり誘わずに…という釣り方ができればもう少し釣りが上手になっている。底近辺で枝スがたなびくように誘いまくってキタマクラやベラと戯れる。そのうちと考えていたらガツ~ンと穂先を持っていかれた。先のアカハタに比べ重量感も抵抗の強さも格段に上で、35センチ以下ってことはないとにんまりしていたが、海面下に見えた魚影は赤くない。イトフエフキ(たぶん)でがっくし。
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦

■キタマクラ猛攻で苦戦。後半2匹追加できて自己最大28センチに

ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦キタマクラの猛攻が激しすぎる。魚信がでないなと仕掛けを回収したらエサなしなことが続く。カサゴはポツポツと釣れるが、アカハタは20センチくらいのを1匹追加できただけで、どうもぱっとしない。それでもカサゴやエソなどが遊んでくるので退屈はしない。誘うとキタマクラの餌食、誘わずに底をトレースだけしているとカサゴの餌食。アカハタはどうやって狙うんだろう? サバ短よりエサ持ちのよいイカ短を用意するのが正解? あれこれ試してみるのが釣りの楽しみなので、次回挑戦に向けて課題が見えてくるのはいいことだ。
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦

ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦昼をすぎてアカハタは2匹。癒しの釣行にしては少し寂しいかなと思っていたら、久々のガツ~ンという引き。カサゴとは違い巻き上げ中に何度か激しい抵抗をみせる。メバルよりもスタミナがあるので海面近くまで足掻くのがアカハタの引き。人生3匹目のアカハタで自己最大を28センチに。40センチを超える魚なので満足サイズではないがこれくらいの大きさならやり取りが面白い。さらに沖上がりの少し前に25センチのを追加して、アカハタ初挑戦は4匹に。カサゴは比較的大きなものと深めの水深で釣れてリリースできなかったもの6匹だけお持ち帰り。
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦


Twitter

2023年10月14日 21:33

« アカハタの枝スは良く動く短め? スローに誘える長め? | メイン | 【動画】熟れ熟れアラフォーアカハタ狙って作戦を練るよ »

最近の釣りに行った記事

前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ
ウィリーもカブラも無視するカイワリなんて大嫌いだぁあ

著者: へた釣り