聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず

聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず今季は2月の開幕直後に行ったきりご無沙汰しているメバル釣り。来週末は第15回かみやメバルカサゴ釣り大会なので釣り方を思い出すために練習釣行。予報とは全く違う時化の海にメバルのご機嫌は麗しくなかったようで苦戦。メバルは6匹だけ。カサゴは31匹キープして合計37匹。

聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず嵐の予感は品川駅で訪れる。いつものように品川駅で京浜東北線に乗り換えて蒲田駅を目指していたのだが、ホームに止まった電車はちっとも動きだす気配がない。おかしいなと思っていたら車掌さんがやってきて「この電車は大宮に折り返し運転になる」と告げられる。蒲田駅で人身事故があったそうで運転再開の目途は立ってないとのこと。出船は7時半なので7時の送迎便でも間に合うとのんびり構えていたが慌てて京浜急行に。穴守稲荷駅から歩いて羽田・かみやに向かう。駅から意外と近かった。その気になれば送迎バスを利用するより早く着けるかも。電車賃が倍以上かかるのでその気になることは滅多にないとは思うが……。
聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず

■いきなりのメバルダブルで今日はイケる!? 風が強くどうもならん

聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず受付番号は4番でどうやら最後の到着。左舷にゆったり釣り座を取っていたので舳から4番目はちょうど操舵室前の胴の間。顔だけ怖い船長とお話しながら釣れるから楽しそうでいいやと思っていたのだが、実際に海に出てみるとそんな余裕はなかった。最初のポイントは多摩川を出てすぐの川崎の堤防。何カ所かやってみたが魚信なしで少しずつ南下していく。最後は本牧沖に至るといういつものパターンだ。次のポイントは橋脚のピンポイント狙い。この時間あたりから急に風が強くなってきて釣りにくくなる。橋脚際で竿先をフルフルと震わせるこの日最初の魚信。ゆっくり竿を持ちあげるとグンッと穂先を持って行く。メバルのダブルだった。今日はいいかもとこの一瞬だけ思った。
聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず

聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならずなんとか橋脚に船を寄せてメバルを引っ張り出そうとするのだが風と返し波で船はグラグラ。何度かチャレンジしたが魚信が頻繁にあるわけではないので見切りをつけてさらに南下。南下すればするほど風は強く、海は悪くなっていきメバル釣りには悪条件。魚信が出ても船の上下(返し波が強いので規則的ではない)で食い込ませられない。かといってタルマセ気味にして食い込ませようとするとエサだけ取られる。どうもならない感じ。凪ぎのはずだった天に向かって「聞いてないよぉ~」と叫ぶしかない。メバルかもという魚信が何度かあったが結局1匹も釣れず。釣れるのはカサゴばかり。カサゴの魚信はほぼ途切れずに出た。ただしキープするか迷うサイズが多く、半分以上リリースした。最大は25センチくらい。最小は…10センチ未満。
聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず

■風裏避難で4時間ぶりのメバルとの再開。やっぱりメバルは凪!!

聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず大荒れの本牧沖の外側でしばらく粘ったが、カサゴを釣り飽きてきて、そろそろ勘弁してよぉ~という気分になりかけていたら船長もそれを察したのか風裏になる「国際埠頭の中に入る」といううれしいアナウンス。顔は怖いが心遣いのできる船長である。中に入ってみると数百メートルしか離れてないのにこんなに海の状況が違うの?と驚くほどに凪ている。メバルもすぐに釣れた。ほぼ4時間ぶりのメバル。ただし、ここでもメバルよりもカサゴの方が優勢でカサゴが釣れ盛るのにまじってたま~にメバルが顔を出す。メバルカサゴ釣りだがへた釣りにとっての本命はメバル。それも25センチ以上の煮付けサイズのメバルこそが大本命なわけだが……大本命は本日は遂に姿を見せず。本命も6匹止まり。
聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず

聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならずバケツの中もクーラーの中も真っ赤に染まってカサゴだらけだ。釣れてくるのは15センチ前後の物がほとんどでリリースすべきがどうかに悩む。できるだけ大きめの物だけをキープしようと試みたが結構揺らいでいる。カサゴは唐揚げやフライにするので持ち帰った分が無駄になることはないのだが……もののあわれを感じて半分くらいはリリースした。来週の大会でもカサゴはいっぱい釣れそうな気がするのでこれだけあれば十分だ。



Twitter

2016年05月14日 19:56

« アカムツ専用竿…ダイワさん、へた釣りを破産させる気か? | メイン | へた釣りはレベル2に上がった。カケワクの呪文をおぼえた »

最近の釣りに行った記事

23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし
八景沖で小中アジほぼ入れ食い。アカクラゲさえいなければ
アカクラゲ大っ嫌い! アジもキスも目標未達でしょぼ~ん
強風の間隙縫って午前メバル。煮付け4匹含む19匹で満足
キントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果に

著者: へた釣り