聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず

聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず今季は2月の開幕直後に行ったきりご無沙汰しているメバル釣り。来週末は第15回かみやメバルカサゴ釣り大会なので釣り方を思い出すために練習釣行。予報とは全く違う時化の海にメバルのご機嫌は麗しくなかったようで苦戦。メバルは6匹だけ。カサゴは31匹キープして合計37匹。

聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず嵐の予感は品川駅で訪れる。いつものように品川駅で京浜東北線に乗り換えて蒲田駅を目指していたのだが、ホームに止まった電車はちっとも動きだす気配がない。おかしいなと思っていたら車掌さんがやってきて「この電車は大宮に折り返し運転になる」と告げられる。蒲田駅で人身事故があったそうで運転再開の目途は立ってないとのこと。出船は7時半なので7時の送迎便でも間に合うとのんびり構えていたが慌てて京浜急行に。穴守稲荷駅から歩いて羽田・かみやに向かう。駅から意外と近かった。その気になれば送迎バスを利用するより早く着けるかも。電車賃が倍以上かかるのでその気になることは滅多にないとは思うが……。
聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず

■いきなりのメバルダブルで今日はイケる!? 風が強くどうもならん

聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず受付番号は4番でどうやら最後の到着。左舷にゆったり釣り座を取っていたので舳から4番目はちょうど操舵室前の胴の間。顔だけ怖い船長とお話しながら釣れるから楽しそうでいいやと思っていたのだが、実際に海に出てみるとそんな余裕はなかった。最初のポイントは多摩川を出てすぐの川崎の堤防。何カ所かやってみたが魚信なしで少しずつ南下していく。最後は本牧沖に至るといういつものパターンだ。次のポイントは橋脚のピンポイント狙い。この時間あたりから急に風が強くなってきて釣りにくくなる。橋脚際で竿先をフルフルと震わせるこの日最初の魚信。ゆっくり竿を持ちあげるとグンッと穂先を持って行く。メバルのダブルだった。今日はいいかもとこの一瞬だけ思った。
聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず

聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならずなんとか橋脚に船を寄せてメバルを引っ張り出そうとするのだが風と返し波で船はグラグラ。何度かチャレンジしたが魚信が頻繁にあるわけではないので見切りをつけてさらに南下。南下すればするほど風は強く、海は悪くなっていきメバル釣りには悪条件。魚信が出ても船の上下(返し波が強いので規則的ではない)で食い込ませられない。かといってタルマセ気味にして食い込ませようとするとエサだけ取られる。どうもならない感じ。凪ぎのはずだった天に向かって「聞いてないよぉ~」と叫ぶしかない。メバルかもという魚信が何度かあったが結局1匹も釣れず。釣れるのはカサゴばかり。カサゴの魚信はほぼ途切れずに出た。ただしキープするか迷うサイズが多く、半分以上リリースした。最大は25センチくらい。最小は…10センチ未満。
聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず

■風裏避難で4時間ぶりのメバルとの再開。やっぱりメバルは凪!!

聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず大荒れの本牧沖の外側でしばらく粘ったが、カサゴを釣り飽きてきて、そろそろ勘弁してよぉ~という気分になりかけていたら船長もそれを察したのか風裏になる「国際埠頭の中に入る」といううれしいアナウンス。顔は怖いが心遣いのできる船長である。中に入ってみると数百メートルしか離れてないのにこんなに海の状況が違うの?と驚くほどに凪ている。メバルもすぐに釣れた。ほぼ4時間ぶりのメバル。ただし、ここでもメバルよりもカサゴの方が優勢でカサゴが釣れ盛るのにまじってたま~にメバルが顔を出す。メバルカサゴ釣りだがへた釣りにとっての本命はメバル。それも25センチ以上の煮付けサイズのメバルこそが大本命なわけだが……大本命は本日は遂に姿を見せず。本命も6匹止まり。
聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならず

聞いてないよぉな時化に苦戦。煮付けメバルはゲットならずバケツの中もクーラーの中も真っ赤に染まってカサゴだらけだ。釣れてくるのは15センチ前後の物がほとんどでリリースすべきがどうかに悩む。できるだけ大きめの物だけをキープしようと試みたが結構揺らいでいる。カサゴは唐揚げやフライにするので持ち帰った分が無駄になることはないのだが……もののあわれを感じて半分くらいはリリースした。来週の大会でもカサゴはいっぱい釣れそうな気がするのでこれだけあれば十分だ。



Twitter

2016年05月14日 19:56

« アカムツ専用竿…ダイワさん、へた釣りを破産させる気か? | メイン | へた釣りはレベル2に上がった。カケワクの呪文をおぼえた »

最近の釣りに行った記事

5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!

著者: へた釣り