白→黒ときて残るは赤だったんだけど…伝説は1回お休みw

白→黒ときて残るは赤だったんだけど…伝説は1回お休みwアイテム不足だと倒せないボスっているよね。アカムツもそうなんじゃないかと……。宇佐美・治久丸への弾丸プチ遠征。両手にアカムツとアラを持ち、真の伝説始まると宣言するつもりだったのだが世の中甘くない。もしかして?という魚信は何度かあった。巻き上げ中にことごとくバラす。

白→黒ときて残るは赤だったんだけど…伝説は1回お休みwあまり根を詰めずに次に深場で釣りをするのは9月にアカムツでと考えていた。でも、勇者様からキンメダイをいただいて気が変わる。アコウダイ、キンメダイとくると、深場釣りの3大ターゲットの残る1つ、アカムツも食べておきたくなった。5月の最終週は釣行プランが決まってなかったので急遽、宇佐美まで弾丸プチ遠征。7時ごろ家を出て、午後船に乗って夜9時ごろ家に帰ってくる。荷物を抱えて電車で伊豆まで往復なんて大変と思われがちだが、朝早くないし車の運転をしないで済む分、実は楽なんじゃないかと。帰りの東海道線は熱海始発のことが多いので座って帰れるしね。

■東伊豆のアカムツに誘いすぎはよくない!?と聞いてえ~~~~~~!!

白→黒ときて残るは赤だったんだけど…伝説は1回お休みw宇佐美駅から港まで徒歩15分ほど。ここのところ7月並みの気温といわれていたのですっかり夏の海を期待していたのだが、この日は曇天で暦通りに梅雨が近いことを感じさせる。凪いでいる。港へ通じる道の入り口にある公園で写真を撮っていたら、午前はカイワリで出船していた治久丸が帰ってくるのが見えた。船長いわく「カイワリまだだねぇ~。船中4匹!!」とのこと。剣崎沖のイサキで煮詰まったらカイワリに転戦するつもりだったが…。午後船の釣り客は2人。予定時刻より少し早く出船する。
白→黒ときて残るは赤だったんだけど…伝説は1回お休みw白→黒ときて残るは赤だったんだけど…伝説は1回お休みw

白→黒ときて残るは赤だったんだけど…伝説は1回お休みw船は初島の方向へ向かう。キンメ釣りで聞いたことがある初島沖ってのがこの辺りのポイントなのかな? 水深は270メートル。5センチくらいのサバ短とホタルイカの筒を取った物を両方付けて仕掛け投入。3本針だし、仕掛け長さもそれほど長くないので落ちついてやれば大丈夫。底を取って「アカムツは誘いが命」と聞いていたのでゆっくり頭上まで竿を持ち上げ底を取り直してクワセの間を10秒から長くても20秒くらいという竿の操作を手持ちで繰り返す。これは背筋と腕のいい筋トレになるなぁと考えていたら船長から指導が入る。「あまり誘い過ぎない方がいいですよぉ~」。え~~~~!!である。どうやら東伊豆のアカムツに誘いすぎはよくないらしい。
白→黒ときて残るは赤だったんだけど…伝説は1回お休みw白→黒ときて残るは赤だったんだけど…伝説は1回お休みw

■竿のせいばかりでもないんだろうが…アイテム不足でアカムツ倒せず

白→黒ときて残るは赤だったんだけど…伝説は1回お休みw魚信は結構ある。向こうアワセのはずなのだがちっとも針掛かりしてくれない。あれ? あれれれれ? である。ハリスを長くして針掛かりしない問題は解決しているはずなのだが……。船長から2つめの指導。「その竿はちょっと硬すぎますね~」。船長の竿(2.4メートルでワラサ用)も、もう一人の釣り客の竿も少し長めで胴寄りのムーチング調子。へた釣りの竿は北海道五目用に買ったディープゲーム120-180なので200号のオモリをぶら下げて竿先がちょっとおじぎをするだけ。魚信を弾いているような気がしたので捨て糸を少し長くしオモリを着底させてゼロテンションで食い込ませるようにするとなんとか魚が釣れ始めた。まずはシロムツを3本針に3つ、クロムツもゲット。釣り初めて1時間ほどで白、黒とそろえて残るは本命の赤だけになった。
白→黒ときて残るは赤だったんだけど…伝説は1回お休みw白→黒ときて残るは赤だったんだけど…伝説は1回お休みw

白→黒ときて残るは赤だったんだけど…伝説は1回お休みw針掛かりしないのはゼロテンションにして魚信があれば少し送り込むようにすればなんとか対応できたが、「硬すぎますね~」な竿のせいで巻き上げ中のバラシが多発した。今度こそアカムツ!?といういい魚信は何回かあった。巻き上げ中にときどきいい引きこみをみせる。暴れっぱなしではないのでサメではないと思う。海面間近や残り50メートル以内まできてフッとテンションが抜けて……ことごとくバラシ。そのたび船長から「針あります?」と確認されたのだが針は残っている。アカムツは口が柔らかい魚で外れやすいとは聞いたことがあるが…。カゴカマス(≒スミヤキ)などは外れずに上がってくるので……逃がした魚はアカムツ? ただし、勇者様によると「アカムツなら針にエサが残っている」そうなので…違うか!?

白→黒ときて残るは赤だったんだけど…伝説は1回お休みwというわけでクーラーの中はギンギンギラギラ白いのばっかり。クロムツ&カゴカマス(≒スミヤキ)は炙り刺しにすれば絶品だし、シロムツは天ぷらやフライで揚げれば美味しい魚ではあるが、ノドグロと呼ばれる最高級魚のアカムツとこれまた超高級魚のアラを両方持って帰るつもりだったのでちょっぴり残念な釣果。竿を買って出直すつもり。深場伝説はアイテム不足でボスを倒せず1回お休み。アカムツはたぶん船中ゼロ。



Twitter

2016年05月29日 10:52

« 真の伝説が今日始まる!? アカムツ目指し1人で釣れるもん | メイン | 欲しい物リストの最上位に…海人アカムツ225をポチッとなw »

最近の釣りに行った記事

【コロナで自粛】試行錯誤で美味しく! 日田風焼きそば開店
【コロナで自粛】大阪の居酒屋の味を求め串揚げやさん開店
【コロナで散財】美味い乾麺のそば番外編。ほうじ茶蕎麦編
【コロナで自粛】大阪の匂いに包まれお好み焼き屋さん開店
【コロナで自粛】子供1号バイト先より肉着弾し焼肉屋開店!!
【コロナで散財】一番美味い乾麺のそばを探す。天狗そば編
【コロナで自粛】陽気がよいので玄関先で焼き鳥屋さん開店
【コロナで散財】日本一美味い駅そば「音威子府そば」を食う
アラはともかくとして…クーラー真っ白でピント合わねぇよ(泣
前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!
怒涛の4連荘ありアカムツ5匹。極鋭CG釣れる気しかしない
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ

著者: へた釣り