良型アオゾイ×2匹ゲットし北海道遠征2015最後のドヤッ!!

良型アオゾイ×2匹ゲットし2015年の北海道遠征はドヤッ!!北海道遠征2015最終戦は北海道の師匠とともに釧路西港・釣りキチ丸からアオゾイ本命の北海道五目2戦目。うまくハマれば漁体験のような入れ食い針数コイノボリを楽しめるのだが、不漁を呼ぶ男は今年もやらかした。激渋の釧路沖で大苦戦。なんとか良型アオゾイ×2匹ゲットしドヤッ!!

良型アオゾイ×2匹ゲットし北海道遠征2015最後のドヤッ!!釣りキチ丸に乗るのはこれが2回目。前回乗ったのは4年前だ。まさか船長が覚えてくれているとは思わなかった。乗船名簿を書く前に「東京からでしょ、今日は釣れるといいですね」と言ってもらえてびっくり。席は北海道の師匠が右舷大艫。へた釣りはその横。といっても片舷3人なのでゆったり胴の間。この日は風が強まるという予報だったので、あまり遠くには行かずにアオゾイを狙うというのが船長の方針だった。船は4時半に港を離れる。霧はそれほど濃くはないが、しばらく走ると陸が見えなくなり、西を向いてるのやら東を向いているのやらさっぱり分からない。
良型アオゾイ×2匹ゲットし北海道遠征2015最後のドヤッ!!良型アオゾイ×2匹ゲットし北海道遠征2015最後のドヤッ!!

■念願のアオゾイ!! しかも良型。でも、1匹のみで後が続かず

良型アオゾイ×2匹ゲットし北海道遠征2015最後のドヤッ!!走っている最中に「仕掛けは用意しといてよ」というアナウンスがあり、反応が見つかればすぐに釣り開始となるようだ。30分ほど走って船は急に減速した。水深40メートルくらいのポイント(あとで北海道の師匠に確認すると白糠沖だったらしい)。着底したオモリから伝わる感触で根の上を攻めているのが分かる。「引っかかるから1メートルは底切ってよ」との指導が入るが無視することに。フワフワと底を少し切った位置で誘ってゼロテンションで待つというシマノには勝った釣行でうまくいった方法をまずは試してみる。結果は大正解。一投目からヤナギノマイをゲットでき、幸先のよいスタート。その後もゼロテンション釣法はうまくいき、まずまずサイズのヤナギノマイをダブルありトリプルありで拾っていける。たまにコマイ?と勘違いしそうな小さなタラも混じる。
良型アオゾイ×2匹ゲットし北海道遠征2015最後のドヤッ!!良型アオゾイ×2匹ゲットし北海道遠征2015最後のドヤッ!!

良型アオゾイ×2匹ゲットし北海道遠征2015最後のドヤッ!!へた釣りはまずまずペースで釣っていたつもりなのだが、釧路の沖でこの程度のペースでは船長的には満足できないようで、「これで食ってこないなら潮が悪い」と言い出す。へた釣りが船上で聞きたくないフレーズNo.1の「反応はあるのになぁ~」とほぼ同じ意味だが、釣り人も船長も悪くないというニュアンスがこもっていて物はいいようだなぁと感心する。悪いなりにもなんとかなっているへた釣りに待望の瞬間が訪れる。底を切って誘い始めようとした瞬間に竿先にゴッゴッというヤナギノマイより迫力のある魚信。ゆっくり聞きあげるとゴンッ!!と竿が曲がる。アオゾイだ。船中1匹目のアオゾイゲット。それも50センチはあろうかという超良型。続いて北海道の師匠にもアオゾイが掛かる。アオゾイ祭りが始まるかもと期待されたがそれっきり沈黙し、あれ?って感じ。
良型アオゾイ×2匹ゲットし北海道遠征2015最後のドヤッ!!良型アオゾイ×2匹ゲットし北海道遠征2015最後のドヤッ!!

■釧路の沖にまた来てねと営業アオゾイを追加し北海道を締めくくる

良型アオゾイ×2匹ゲットし北海道遠征2015最後のドヤッ!!船長もあれ?って感じだったようで、「上に走ります」とアナウンス。風が強いので避けていた根室方面に結局遠征することになった。1時間ほど東に向かって走る。船が止まったのは厚岸沖だったようだ。水深は100メートル前後の深場のポイント。これまでの経験で深いからといって型・数がよいわけではないと知っているが、少しでも釣況がよくなればと祈りながら仕掛けを投入。オモリを底から切った状態では魚信を出せず、ここでもゼロテンションから少しタルマセて誘うという釣りに。カジカに邪魔されながらも、ヤナギノマイはサイズアップした。ただし、船長はまだ不満のようで……「内に行きます」と再びポイントを移動。内というのは陸寄りのもう少し浅いポイントのことのようだ。

良型アオゾイ×2匹ゲットし北海道遠征2015最後のドヤッ!!ポイントの水深は40メートルくらいになった。ヤナギノマイはポツポツとは拾えるが、肝心のアオゾイは…卦もなしという状況が続いた。時刻は13時が近づき、そろそろ沖上がりの時間。北海道の師匠の竿が大きくしなる。2匹目のアオゾイだった。そしてへた釣りの竿も1匹目ほどの迫力はないが、ヤナギノマイとは違う重量感のある魚信。30センチくらいのアオゾイだった。終了間際のアオゾイ連発に「これに懲りずにまた来てね~」とアピールする営業魚が釧路の沖にもちゃんといるんだなぁっと。てなわけで、アオゾイは北海道の師匠と仲良く2匹ずつ。アオゾイ厳しいよというのが事前情報だったので、今年もアオゾイの味噌漬けを恵んでくれた北海道の師匠と釧路の沖、そして釣りキチ船長に感謝!
良型アオゾイ×2匹ゲットし北海道遠征2015最後のドヤッ!!良型アオゾイ×2匹ゲットし北海道遠征2015最後のドヤッ!!



Twitter

2015年07月27日 16:56

« 3日目は休竿日だけどニジマス&オショロコマと戯れる | メイン | 探険丸スマートで喜んでると北海道の師匠にMINIをもらう »

最近の釣りに行った記事

23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし
八景沖で小中アジほぼ入れ食い。アカクラゲさえいなければ
アカクラゲ大っ嫌い! アジもキスも目標未達でしょぼ~ん
強風の間隙縫って午前メバル。煮付け4匹含む19匹で満足
キントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果に

著者: へた釣り