良型アオゾイ×2匹ゲットし北海道遠征2015最後のドヤッ!!

良型アオゾイ×2匹ゲットし2015年の北海道遠征はドヤッ!!北海道遠征2015最終戦は北海道の師匠とともに釧路西港・釣りキチ丸からアオゾイ本命の北海道五目2戦目。うまくハマれば漁体験のような入れ食い針数コイノボリを楽しめるのだが、不漁を呼ぶ男は今年もやらかした。激渋の釧路沖で大苦戦。なんとか良型アオゾイ×2匹ゲットしドヤッ!!

良型アオゾイ×2匹ゲットし北海道遠征2015最後のドヤッ!!釣りキチ丸に乗るのはこれが2回目。前回乗ったのは4年前だ。まさか船長が覚えてくれているとは思わなかった。乗船名簿を書く前に「東京からでしょ、今日は釣れるといいですね」と言ってもらえてびっくり。席は北海道の師匠が右舷大艫。へた釣りはその横。といっても片舷3人なのでゆったり胴の間。この日は風が強まるという予報だったので、あまり遠くには行かずにアオゾイを狙うというのが船長の方針だった。船は4時半に港を離れる。霧はそれほど濃くはないが、しばらく走ると陸が見えなくなり、西を向いてるのやら東を向いているのやらさっぱり分からない。
良型アオゾイ×2匹ゲットし北海道遠征2015最後のドヤッ!!良型アオゾイ×2匹ゲットし北海道遠征2015最後のドヤッ!!

■念願のアオゾイ!! しかも良型。でも、1匹のみで後が続かず

良型アオゾイ×2匹ゲットし北海道遠征2015最後のドヤッ!!走っている最中に「仕掛けは用意しといてよ」というアナウンスがあり、反応が見つかればすぐに釣り開始となるようだ。30分ほど走って船は急に減速した。水深40メートルくらいのポイント(あとで北海道の師匠に確認すると白糠沖だったらしい)。着底したオモリから伝わる感触で根の上を攻めているのが分かる。「引っかかるから1メートルは底切ってよ」との指導が入るが無視することに。フワフワと底を少し切った位置で誘ってゼロテンションで待つというシマノには勝った釣行でうまくいった方法をまずは試してみる。結果は大正解。一投目からヤナギノマイをゲットでき、幸先のよいスタート。その後もゼロテンション釣法はうまくいき、まずまずサイズのヤナギノマイをダブルありトリプルありで拾っていける。たまにコマイ?と勘違いしそうな小さなタラも混じる。
良型アオゾイ×2匹ゲットし北海道遠征2015最後のドヤッ!!良型アオゾイ×2匹ゲットし北海道遠征2015最後のドヤッ!!

良型アオゾイ×2匹ゲットし北海道遠征2015最後のドヤッ!!へた釣りはまずまずペースで釣っていたつもりなのだが、釧路の沖でこの程度のペースでは船長的には満足できないようで、「これで食ってこないなら潮が悪い」と言い出す。へた釣りが船上で聞きたくないフレーズNo.1の「反応はあるのになぁ~」とほぼ同じ意味だが、釣り人も船長も悪くないというニュアンスがこもっていて物はいいようだなぁと感心する。悪いなりにもなんとかなっているへた釣りに待望の瞬間が訪れる。底を切って誘い始めようとした瞬間に竿先にゴッゴッというヤナギノマイより迫力のある魚信。ゆっくり聞きあげるとゴンッ!!と竿が曲がる。アオゾイだ。船中1匹目のアオゾイゲット。それも50センチはあろうかという超良型。続いて北海道の師匠にもアオゾイが掛かる。アオゾイ祭りが始まるかもと期待されたがそれっきり沈黙し、あれ?って感じ。
良型アオゾイ×2匹ゲットし北海道遠征2015最後のドヤッ!!良型アオゾイ×2匹ゲットし北海道遠征2015最後のドヤッ!!

■釧路の沖にまた来てねと営業アオゾイを追加し北海道を締めくくる

良型アオゾイ×2匹ゲットし北海道遠征2015最後のドヤッ!!船長もあれ?って感じだったようで、「上に走ります」とアナウンス。風が強いので避けていた根室方面に結局遠征することになった。1時間ほど東に向かって走る。船が止まったのは厚岸沖だったようだ。水深は100メートル前後の深場のポイント。これまでの経験で深いからといって型・数がよいわけではないと知っているが、少しでも釣況がよくなればと祈りながら仕掛けを投入。オモリを底から切った状態では魚信を出せず、ここでもゼロテンションから少しタルマセて誘うという釣りに。カジカに邪魔されながらも、ヤナギノマイはサイズアップした。ただし、船長はまだ不満のようで……「内に行きます」と再びポイントを移動。内というのは陸寄りのもう少し浅いポイントのことのようだ。

良型アオゾイ×2匹ゲットし北海道遠征2015最後のドヤッ!!ポイントの水深は40メートルくらいになった。ヤナギノマイはポツポツとは拾えるが、肝心のアオゾイは…卦もなしという状況が続いた。時刻は13時が近づき、そろそろ沖上がりの時間。北海道の師匠の竿が大きくしなる。2匹目のアオゾイだった。そしてへた釣りの竿も1匹目ほどの迫力はないが、ヤナギノマイとは違う重量感のある魚信。30センチくらいのアオゾイだった。終了間際のアオゾイ連発に「これに懲りずにまた来てね~」とアピールする営業魚が釧路の沖にもちゃんといるんだなぁっと。てなわけで、アオゾイは北海道の師匠と仲良く2匹ずつ。アオゾイ厳しいよというのが事前情報だったので、今年もアオゾイの味噌漬けを恵んでくれた北海道の師匠と釧路の沖、そして釣りキチ船長に感謝!
良型アオゾイ×2匹ゲットし北海道遠征2015最後のドヤッ!!良型アオゾイ×2匹ゲットし北海道遠征2015最後のドヤッ!!



Twitter

2015年07月27日 16:56

« 3日目は休竿日だけどニジマス&オショロコマと戯れる | メイン | 探険丸スマートで喜んでると北海道の師匠にMINIをもらう »

最近の釣りに行った記事

佳肴求めて鴨川沖へ。クエ・クロムツ・アカハタでえっへん♪
プルルと魚信るが掛からない!? でも44匹でキス天食べ放題
40センチのデカイワリ含む5匹で夏の美酒佳肴作戦は大成功
気難しベイブリアジに翻弄され二人で83匹。釣りデート成功
【番外編】妻と釣りじゃないデートで大阪食い&呑みだおれ
猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦
特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹

著者: へた釣り