2015年も東京湾は凶で始まる。クーラー空っぽで「軽っ!!」

2015年も東京湾は凶で始まる。クーラー空っぽで「軽っ!!」初釣りなんだからもっと釣れる釣り物を選ぶべきなんだよなぁ~と反省することしきり。昨年に続いてオニカサゴ東京湾の幕を開けたわけだが、昨年に続いてクーラー空っぽ。今年もあかんかもな予感。行きより帰りの方が荷物が軽かったなんて久しぶりだ。オニカサゴは苦手かも……。

2015年も東京湾は凶で始まる。クーラー空っぽで「軽っ!!」オニカサゴだからボウズ覚悟とわきまえてはいるが、だからといって自分がボウズを食らうとは微塵も考えないのが釣り人というものである。羽田・かみやオニカサゴ船は左舷、右舷ともに4人ずつ釣り人がいた。左舷の胴の間に入れてもらって、左舷5人、右舷4人の9人で出船。1月のこの時期にしては空いている。空いていると割り当てが多いはず。嫌な予感の欠片も感じず、うっすらと見える富士山を眺めながら剣崎沖へと1時間半の航路。

■剣崎沖で何にもない地獄にハマって報われない釣りだと思いだす

2015年も東京湾は凶で始まる。クーラー空っぽで「軽っ!!」行きの船中で一作業。御用水産のカツオのハラモをキッチンバサミで適当な大きさにカットする。胸ビレの部分は硬く食い付きが悪そうなので思い切ってカットする。どんな形状の餌が食いがいいのか分からないので、長いの短いの、身を薄く削いだもの、厚みのあるもの、横幅も指1本から2本のまでヴァリエーションを付けてトリミングしてみた。この作業、なかなか楽しいが手がベトベトになるのが難点。移動中なのでホースから水は出ていない。次からウェットティッシュを持って行こう。8時半に剣崎沖に到着し釣り開始。昼から風が強まる予報だったので、風が強くなる前に沖で釣り、風から逃げるように少しずつ北上していくというのがデカッw船長のプランのようだ。

2015年も東京湾は凶で始まる。クーラー空っぽで「軽っ!!」大型は沖の方が混じる可能性が高いので、気合いを入れて仕掛けを投入。着底したら底を30~50センチほど切る。5秒から長くても10秒に一度は誘いを兼ねて底を取り直す。……何も起きない。何か大事なことを忘れてるのかな?と、「船長! 釣り方忘れた」と聞いてみる。「竿持ち上げてゆっくり下ろして上から餌が落ちてくるのを見せるといいですよ」。言われた通りにやってみる。……やっぱり何も起きない。ようやく魚信があったのは10時半。釣り始めてから2時間も経っている。一応オニカサゴだった。ただし、サイズはデカッw。20センチあるかないかなのでリリース。報われない釣りだってことを思い出した!!

■オニカサゴ2匹で大凶は免れたが……クーラーに魚は入らずorz

2015年も東京湾は凶で始まる。クーラー空っぽで「軽っ!!」小さいとはいえオニカサゴが食ってきたのだから、釣り方は間違えてはないのだろうと、頑張ってタナの取り直し&竿持ち上げて落とすを繰り返してみた。何も起きずに時間だけが過ぎていく。次に魚信があったのは1時間後。竿先をフルフルさせるだけの微妙な魚信で、巻き上げても抵抗らしい抵抗はない。ユメカサゴだった。これまたサイズは20センチ前後。ユメカサゴでも何匹か釣れれば腹の足しにはなるのでキープしたが、釣れたのはこれ1匹限り。フィッシングショーの水槽展示用にもらわれていった。

2015年も東京湾は凶で始まる。クーラー空っぽで「軽っ!!」13時を過ぎると、このままじゃボウズかもとさすがに焦り始める。ポイントも剣崎沖から久里浜沖経由で観音崎沖へと移っている。オニカサゴだと、観音崎沖がおそらく最後のポイント。焦ったからと言って釣れるものではなく……。最後に魚信があったのは14時15分近く。オニカサゴが釣れた。ただし、またも20センチ以下のリリースサイズだった。もしかしてキープできるかもとメジャーで測る必要すらない。一目でリリース確定と分かるのを2匹釣っただけで無念の沖上がり。

2015年も東京湾は凶で始まる。クーラー空っぽで「軽っ!!」もしかすると、今一番苦手な釣りはオニカサゴかも。2014年から5戦してキープできたオニカサゴは1匹(+フサカサゴ1匹)だけ。しかもこの釣り、釣れれば楽しいし美味しいのだが、釣っている最中は魚信も少なく、水深200メートルの釣りなので出来ることも限られている。帰りのバスでクーラーを車から降ろしてくださったしゃちょう船長の一言、「軽っ!!」にグレて、オニカサゴ学園を退学しアマダイ学院に転校しちゃいそうだwww



Twitter

2015年01月11日 20:03

« フィーリング船長に会いに江戸前カレイ釣り大会ありかも? | メイン | オニカサゴ撃沈から一夜明け…新竿「DEEO TSG」を買った »

最近の釣りに行った記事

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す

著者: へた釣り