オニカサゴおみくじ4籤目も凶。デカッw鬼学園は留年確定

オニカサゴおみくじ4籤目も凶。デカッw鬼学園は留年確定来季も頑張れるという手応えを掴みたいなんてことを考えてのオニカサゴおみくじ4籤目。結果は今季3度目の凶。どうにもならない。終盤に一度だけ、こりゃ中吉(40up)でしょ!!な魚信があったんだけど、なんだか変なカサゴ系の魚だった。これもオニだと言い張るのはみっともないので、凶!

オニカサゴおみくじ4籤目も凶。デカッw鬼学園は留年確定前日からあまり釣果がパッとしないのは分かっていたが、今季のオニカサゴはこれが最後と決めているので、なんとかなるさと予約を入れる。今年に入ってからの釣行は、あまり天気に恵まれないことが多いが、この日は凪とは言わないまでも、釣りに行くのをためらうような波・風ではない。前日の時点で予約2名だったので、ゆったり釣行(当然、割り当てが多い)かなと喜んでいたが、桟橋に着いてみると、片舷4~5人。ゆったりではなくなったがオマツリを恐れないで済む釣り座の間隔。右舷の前から2番目に入れてもらう。

■水深200メートルで錘120号という筋トレ。でもユメカサゴしか釣れん!!

オニカサゴおみくじ4籤目も凶。デカッw鬼学園は留年確定定刻通りに7時に桟橋を離れる。デカッw船長からのアナウンスは「ポイントまで1時間半ほど走ります」。いつものポイント、剣崎までなら1時間、プラス30分南下(勝山沖かな?)しての釣り開始。水深は200メートル前後のポイントを攻めていく。この日の邪道アイテムは、カツオのハラモ天日干し+御用液。紫外線に反応して光るビタミンB2効果でアピール度抜群…のはずだったのだが、魚信がない。15秒に一度底を取り直し、丁寧にタナ取りをし続けた。でも、何にも餌に触ってこない。

オニカサゴおみくじ4籤目も凶。デカッw鬼学園は留年確定1時間ほど水深200メートルで錘120号の仕掛けを上下させ続ける筋トレに勤しむ。魚信がないのに飽きてきたので、本日の邪道第2弾。オキアミ餌を投入。針はチヌ針4号なので、何かは掛かってくれるだろというボウズのがれ作戦。10時少し前にようやく1匹目の針掛かりに成功。ほとんど抵抗らしい抵抗をせずに上がってきたのは定番ゲストのユメカサゴ。ここからまた1時間ほど筋トレ。2匹目の獲物もやっぱりユメカサゴ。11時の段階でバケツの中は小ぶりなユメカサゴが2匹だけ。
オニカサゴおみくじ4籤目も凶。デカッw鬼学園は留年確定オニカサゴおみくじ4籤目も凶。デカッw鬼学園は留年確定

■中吉間違いない!! リリースサイズの鬼と鬼じゃない鬼の一荷(≧0≦)

オニカサゴおみくじ4籤目も凶。デカッw鬼学園は留年確定デカッw船長の鬼学園の進級には、45センチ以上のオニカサゴを釣って単位(シール)をもらわなくてはいけない。当然、この日もあわよくば45センチ以上を釣りたいと考えていたわけだが、残り3時間になると、何でもいいから持って帰れる魚が釣れてくれ!!と祈り始める。祈りはなかなか届かない。12時少し前に本日1匹目のオニカサゴ、ただし、サイズは21センチでリリース。1時少し前に本日2匹目の、これまた20センチでリリース。そのすぐ直後にもう1匹、22センチでリリース。今日もキープできるオニカサゴはなしかな? 45センチなんて贅沢言わない。ギリギリでいいから25センチ超えてくれぇ~。底を取り直して竿を持ち上げようとした瞬間に竿先がフルルと揺れる。
オニカサゴおみくじ4籤目も凶。デカッw鬼学園は留年確定オニカサゴおみくじ4籤目も凶。デカッw鬼学園は留年確定

オニカサゴおみくじ4籤目も凶。デカッw鬼学園は留年確定海底が少しずつかけ下がっていたので、竿を送って食い込むのを待つ。竿を下ろし切って、糸を出してもう少し送るべきかどうか、迷っていると竿先をガッガッと引きこむ針掛かりのシグナル。大きく竿を持ち上げて、乗った! 巻きあげ始めるといい引きこみをときどきみせる。デカッw船長がタモを持ってきてくれる。手応え的には40センチ以下ってことはないと信じていたのだが、海面に現れたのは2つの魚影。オキアミ餌の上針に赤いオニカサゴ、ハラモ餌の下針にシルエットはオニカサゴっぽいけど茶色い魚体。船長も「初めて見た」魚のようで写真を撮っていた。「フサカサゴではないか?」とのこと。上針のオニカサゴは24センチ…1センチ足りずでリリース。
オニカサゴおみくじ4籤目も凶。デカッw鬼学園は留年確定オニカサゴおみくじ4籤目も凶。デカッw鬼学園は留年確定

オニカサゴおみくじ4籤目も凶。デカッw鬼学園は留年確定家に帰って図鑑と照らし合わせてみた。背びれの模様に特徴があるので、すぐになんて魚か特定できると考えていたのだが、カサゴ目を分類するのに体色はあてにならないってことを忘れていた。棘の数を数えた感じでは、船長に言われた通り、フサカサゴの可能性が一番高さそうだ。東京湾オニカサゴと呼ばれる、イズカサゴでもニセフサカサゴでもないようである。ということは、本日もオニカサゴのキープなしで、凶(≧0≦)



Twitter

2014年02月23日 21:06

« 明日はオニカサゴ今季最終戦。悔いがないよう自分らしくw | メイン | あまりというか全く参考にならないオニカサゴの釣り方メモ »

最近の釣りに行った記事

手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ
ウィリーもカブラも無視するカイワリなんて大嫌いだぁあ
予想以上の時化に軽く船酔いげんなりしつつクロムツ6匹
尺には遠いが長井沖で人生初のイワシでメバルをゲット♥
猿アジ冬のトリプルまつり開催中でアジフライ半年分57匹♪
魚信を出せず心荒む展開も熟アマダイ(45)に慰められる
電車故障・潮超速・偏光グラス破損…ハードラックな1日
食っておくれと泣いてます…越冬シロギスでヒュルリララ
ほぼ25upのA5ランクアジで初釣りビシアジデート大成功
アマダイのやる気感じず…なんとか雑煮の具&ステッカー
誘うとキダイもサバも食わない海にこてんぱんにされたよ
シマアジは俺のこと大嫌いみたいだ。コマいのが1匹だけ

著者: へた釣り